FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

規模・美しさ共に県下一のブナ林かも:  笠杖山その3 

2020年5月24日(日) 岡山県新庄村 笠杖山(標高1063m) 日帰り単独行 


IMG_20200524_132004.jpg
13:20 1003ピークに着きました。三角点が落ち葉に埋もれながら存在を主張していました。ここも森の中のピークなので、展望はまったくありません。笠杖山に関しては展望のきく場所はまったく無く、笠杖山はもとより縦走路においても展望を期待して登って来るとがっかりすること間違いなしです。


IMG_20200524_132052.jpg
今日のところは1003ピークで引き返すことに決めたわけですが、この先の状況を少し確認するために、道が下り始めるところまで行って見ました。地形図から予想したとおり、そこそこの傾斜の下りが続いているようです。さすがにこの時間から100mも下る気にはなりません。ということで、予定どおりここで引き返すことにしました。


復路もブナの写真を撮りながらのんびり帰りました。せっかくなので、一眼レフで撮影した写真を、何枚か掲載しておきます。横位置写真はクリックで拡大します。


ペンタックスの一眼レフは、緑が派手目に再現される癖があり、デフォルトだと彩度をあげすぎた写真のように見えるので、どれも彩度を落とす調整をしていますが、それでもスマホなどのデバイスによってはまだ派手目に見えます。新緑が透過光に光る森の雰囲気はよく出ているので、記憶色に近いという意味ではまあありかなという気もします。でも、やっぱりどこか不自然さを感じるので、今後は新緑の撮影はやはりキヤノンのカメラで撮ることにします。

IMGP1476_20200602203443fb4.jpg

IMGP1469_20200602203443541.jpg

IMGP1484_2020060220350947b.jpg

IMGP1509_202006022034433f1.jpg

IMGP1498_20200602203511794.jpg

IMGP1526_20200602203443b9d.jpg

IMGP1533_20200602203445e8a.jpg



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_20200524_141502.jpg
14:15 笠杖山の北にある1053.4ピークまで戻ってきました。ここから西へ下るトレースがあり、ピンクテープが森の奥のほうまで設置されているので、麓の林道まで下ることができそうです。来た道をそのまま戻ってもあまり面白くないので、1053.4ピークから西へ下ってみることにしました。


IMG_20200524_141512.jpg
トレースは、踏み跡というよりもしっかりと笹が刈り払われた登山道といってもいいレベルです。


IMG_20200524_141619.jpg
1分も下ると、前方にかなりの太さの巨樹が見えました。残念ながらすでに朽ちていましたが、この山で見た中でも最大級の太さのようです。手前にあるブナも直径1m級の巨木ですが、それと比べても倍近い太さのようです。樹種はブナだと思いますが、幹周はおそらく4mを越えていると思われます。笠杖山でみたブナの中では、間違いなく最大のブナです。朽ちてしまったのが残念です。


IMG_20200524_141633.jpg
朽ちたブナの下にもう1本ブナの巨木があり、こちらも半ば朽ちていましたが、まだ葉をつけていました。太さもかなりのもので、もしかしたら生きているブナとしては最大級かもしれません。トレースはこの木の下を通って下っていきます。


IMG_20200524_142001.jpg
14:20 朽ちたブナの巨樹から3分ほど下ると、再びブナの巨木に出合いました。直径1mを越えているであろう巨木です。下り始めてまだ5分程度しか経っていないのに、すでに朽ちたものもくわえて4本の巨樹・巨木に出合うなんて、偶然にしてもできすぎのようなトレースです。


IMG_20200524_142342.jpg
結構な急坂をほぼまっすぐ下ってきましたが、倒木が道をふさいでいたりして、楽に下れる道とは言い難い状況でした、とはいえ、崖のような場所は無いので、倒木があっても楽に迂回でき、その意味ではまだ歩きやすい道と言えるかもしれません。


IMG_20200524_142459.jpg
驚いたことに、さらに2分ほど下ると、先ほどのブナをしのぐほどの巨木がありました。標高960m付近ですが、これで5本目です。このトレースは意図的に笠杖山西面にある巨樹をつないでつけられているのではないかとさえ思えます。


IMGP1534_202006022035122d6.jpg
ちなみに、この写真は同じ木を一眼レフで撮影したものです。


IMG_20200524_142838.jpg
さすがに標高950mから下になるとブナは減ってきて、しだいに森を構成する樹種が変わってきました。巨木、大木と呼べるような木も見かけなくなり、ピンクテープをたどって急斜面をひたすら下るだけです。


IMG_20200524_144524.jpg
14:45 途中から植林帯に入り、ピンクテープもほとんど見かけなくなってトレースが若干怪しくなりかけましたが、なんとかそれらしいトレースを探して下っていくと、ようやく林道に出ました。この5分ほど前に、左下に林道が見えましたが、地形図に載っているものではなさそうだったので、そのままトレースをたどりました。


IMG_20200524_145619.jpg
14:56 最初の分岐で、右へUターンするように下ります。


IMG_20200524_151146.jpg
15:11 2つ目の分岐です。地形図では丁字路になっていますが、現場は十字路になっていました。いずれにしても右へ行くことにかわりは無いはずなので、右へ下る道へ進みます。


IMG_20200524_152447.jpg
15:24 GPSで正しいルートを進んでいることを確認しながら歩き続けると、アスファルト舗装の道に出ました。ここを左へ進めば、駐車場所まで一本道です。


IMG_20200524_154334.jpg
10分ぐらいで着くだろうと思っていましたが、行けども行けどもアスファルト道が続きます。


IMG_20200524_154459.jpg
15:44 予想の倍の20分かかってようやく駐車場所に戻ってきました。写真を撮りながらの山行だったので、時間がかかるのは仕方が無いとはいえ、結局6時間強もかかってしまいました。結構疲れましたが、予想よりもずっとブナ林の規模が大きく、かつ美しい森でした。


岡山でブナ林といえば毛無山のブナ林が県下では一番といわれているようですが、歩いてみた感覚では笠杖山北の縦走路まで含めれば毛無山のブナ林よりも大規模で美しいと思います。特に、1053.4ピーク北斜面から1003ピークにかけての縦走路のブナ林の美しさは、確実に毛無山のブナ林をしのいでいると言えそうです。そのうえ、巨樹巨木にもたくさん出会うことができ、なんだかとても充実した山歩きだったように感じます。今回は1053.4ピークから西へ下りましたが、ほかにも土用ダムのほうへ下る道が稜線上に2箇所ほどあったので、いつかそれらの道を下ってみたいと思います。もしかしたら、まだ知られざる巨樹巨木に出合えるかもしれません。

map20200524kasatueyama.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










スポンサーサイト



| 2020年5月 笠杖山 | 16:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

規模・美しさ共に県下一のブナ林かも:  笠杖山その2 

2020年5月24日(日) 岡山県新庄村 笠杖山(標高1063m) 日帰り単独行 


IMG_20200524_114649.jpg
11:46 休憩を終えて北に向けて歩き出すと、すぐ近くにあった木に、消えかけた文字で笠杖山と書かれた札が設置されていました。なぜここに?という気がしないでもないのですが、まあ登山道脇の適当な木というとこれぐらいしかなかったということなのでしょう。


IMG_20200524_114700.jpg
北に向けて平坦な山頂部を進みます。



IMG_20200524_114844.jpg
道が下り始めるとブナが増えてきて、どうやらブナの純林になってきたようです。


IMG_20200524_114859.jpg
登山道脇には直径30cmを超える太いブナが立ち並びます。


IMG_20200524_115040.jpg
ブナはもともと日陰でも生育できる樹種なので、他の樹種よりも日照条件の悪い環境で成長することができます。そのため、標高1000m付近の北向き斜面で他の樹種を圧倒し、森の変遷の最終段階でブナの純林を形成します。その状態を極相林といいますが、自然災害などの外力が加わらないかぎり、ブナの純林が森の完成形として維持され続けるというわけです。今回は笠杖山の南側から登って来ましたが、南側はまだ他の樹種との混成林でした。日照条件がいいので他の樹種も負けずに生育しているというわけです。そのため、綺麗なブナ林は日本海側に多く残っているようです。


IMG_20200524_115100.jpg
笠杖山の北側にある1053.4三角点が近くなると、いよいよブナだらけの様相になってきました。しかも、太いブナのオンパレードで、ブナ回廊といってもいいほどです。


IMG_20200524_120048.jpg
ただし、なだらかな斜面のほうを見ると、案外細めの同じような太さのブナが多いので、もしかしたら一度は人の手が入っているのかもしれません。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_20200524_120314.jpg
12:03 四等三角点が登山道の真ん中に埋まっていました。


IMG_20200524_120406.jpg
三角点のすぐ先で、左手(西側)の木々の奥にテレビ電波の反射板らしきものが建っているのが見えました。


IMG_20200524_120517.jpg
道が下り始めると、あたりはすっかりブナの純林となりました。登山道脇には直径50cmオーバーの大木もあり、なかなかいい雰囲気です。


IMG_20200524_120714.jpg
茶色の落ち葉が敷き詰められた登山道が、新緑のフレッシュグリーンの森の中に続く風景を見ると最高に癒されるような気がします。しかし、この縦走路はせっかくのこの風景を楽しむことなく走り抜けるだけのトレラン用コースとして整備されたものというのが、なんとも皮肉な話です。


IMG_20200524_122601.jpg
ひときわ大きなブナが登山道脇にありました。幹周3m近くありそうです。


IMG_20200524_122706.jpg
すぐ先にはまた別の大木です。奥に見える木もそこそこの太さがあります。


IMG_20200524_123320.jpg
美しいブナ回廊を楽しみながらゆっくりと進んでいきます。


IMG_20200524_123429.jpg
わずかながらツツジもまだ残っていました。


IMG_20200524_123601.jpg
1006ピークを過ぎて、鞍部に向けて下ります。このあたりも左右にブナの大木があり、美しい森が広がっています。


IMG_20200524_124117.jpg
12:41 1006ピークの北側にある、標高960m付近の鞍部まで下りて来たところで、ランチ休憩をとることにしました。


IMG_20200524_124501.jpg
今回はコンビにおにぎりとカフェオレです。冬と違ってお湯をたくさん持ってくる必要が無いので、350mlのポットに直接カフェオレスティックを入れて直飲みです。いちいちカップを使う必要が無いので楽でした。ポットに匂いが着くのが嫌でいままではお湯以外は入れませんでしたが、このポットを使う機会がほぼなくなったので、コーヒー系を入れるのを解禁しました。


おにぎりを食べながら、どこまで行くか考えました。あまりにも綺麗なブナ林が広がっていてゆっくりと歩きすぎてすでに午後1時前です。当初の目標であった、金ヶ谷山手前の稜線分岐まで行って帰ってくると遅くなりそうです。それに、この先いったん標高900m近くまで下ることになるので、ブナ林も一時混成林となってしまいそうです。そこから稜線までまた100mほど登り返すのですが、今度は南向き斜面になるので、笠杖山何面の登山道と似た雰囲気かもしれません。また、帰りは再び100m下って100m登ることになり、かなり疲れることは明らかです。ということで、少し北にある1003ピークで引き返すことにしました。


IMG_20200524_125757.jpg
12:57 ランチを終えて、1003ピークに向けて登り返します。


IMG_20200524_130000.jpg
標高差30m程度の軽い登り返しですが、休憩後ということもありちょっと疲れました。


IMG_20200524_130243.jpg
1003ピークに続く平坦な尾根になると、再びブナの大木がちらほらと現れました。太いブナがあるとやはり森の重厚感がちがってくるので、歩いていて楽しさがかわってきます。


IMG_20200524_130506.jpg
このブナもなかなかの大木でしたが、主幹の下のほうはかなり痛んでいました。


IMG_20200524_130518.jpg
それでもしっかりと枝葉を広げて、まだまだ生命力に満ち溢れていました。


IMG_20200524_130810.jpg
先に進むと、別の大木が2本順番に出迎えてくれました。ちょうどこのあたりでGPSからビープ音が鳴りました。バッテリー切れの合図です。出発時に半分ほど残っていたので、今日一日は十分もつと思っていたのになぜだ?と思いながら確認してみると、なんといつもオフにしている画面のバックライトが強設定になっていました。


やっちまったなあと思っても、GPSの予備電池は4本とも一眼レフに使っているので、もう予備はありません。他に単3電池がなかったかと考えてみたところ、電池切れで交換した一眼レフの電池が4本あるのを思い出しました。GPSに必要な電力は一眼レフに比べればかなり小さいので、もしかしたら使えるかもと思い電池を入れ替えてみると、なんと満タン表示になり、無事電源がはいりました。これなら下山するまで問題なさそうです。


IMG_20200524_131913.jpg
1003ピーク手前までくると、ブナ林の感じが少し変わりました。太いブナが無くなり、直径15~20cmぐらいの細いブナばかりが狭い間隔で密生しているような森になりました。ちょうど、大山の木谷のブナ林に似た雰囲気です。おそらく伐採された後にできた二次林なのでしょう。ただ、林床の笹の背丈が低いので比較的すっきりしていて、新潟にある松之山美人林というブナ林に似た雰囲気もありました。

map20200524kasatueyama2.jpg

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 2020年5月 笠杖山 | 17:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

規模・美しさ共に県下一のブナ林かも:  笠杖山その1 

2020年5月24日(日) 岡山県新庄村 笠杖山(標高1063m) 日帰り単独行 


11日に仕事で行けなかった笠杖山に行ってきました。すっきりと目が覚めたとはいいがたいものの、気力がなくなるほどの眠さはなくそこそこ気分も盛り上がったので、6時過ぎに起きて7時過ぎに出発。岡山から北房ICまで高速道路を使い、北房ICからは下道で登山口まで走りました。


今回は笠杖山の南側から登る事にしました。前回のように北からアプローチすると笠杖山までの距離が長く、かなり朝早く出発しないと日のあるうちに戻ってこれなさそうだし、前回歩いた道と同じ道を使うのも気が進まなかったので、登山口を変更したというわけです。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス パラマウントタンク
 ベースレイヤ: マムート コンフォートジップ L/S
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート エアロスピードジャケット
 インサレーション: なし
 グローブ: コーナン ネクストフォース 作業用グローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: マムート エアロスピードパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: クロスプロ 脚力サポートソックス for Trekking
 シューズ: マムート テトンGTX

●ギア
 バックパック: マムート リチウムスピード20L
 ストック: なし


IMGP1456.jpg
もはや夏山シーズンといってもいい天気だったので、前回同様ジャケットはレインウェアで兼用することとして、山シャツだけの軽装で入山です。特に新しいものもありません。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




笠杖山は、もともとちゃんとした登山道はなかった山みたいですが、2016年にトレラン大会が開かれたときにコース整備が行われたらしく、金ヶ谷山から笠杖山までの稜線を通る縦走路と、南麓の高下集落から山頂へ通じる道が拓かれたようです。わずか2年前のことなので、当然ガイドブックに掲載されているわけも無く、現状ではほぼ知られていない登山道といってもいいのかもしれません。


map1s.jpg
登山道として新庄村が整備したわけではないので、毛無山登山口のようなちゃんとした駐車場はありません。 なので、車をどこに停めるかですが、幸い登山口となる場所に多少のスペースはあります。僕が停めたのは赤丸の場所です。ただし、ここは木材を搬出するためのトラックが橋を渡るためにカーブを大回りするための場所だと思われるので、平日や土曜日はトラックの通行の邪魔になる可能性があります。なので、日曜日以外に停める場合は、県道58号線から毛無山方面に入り、最初の左カーブのところが広くなっていて路肩に駐車スペースがあるので、そちらに停めたほうがよさそうです。そのカーブから右へ下り、橋を渡ったところが僕が停めた場所です。


map2s.jpg
このカーブから下りてくる道は、なぜかグーグルマップには描かれていませんが、Yahoo地図には描かれています。グーグルマップは衛星写真にするとちゃんと写っているのですが、ゼンリンのデータを使わなくなってからグーグルマップの質が落ちたと感じるところです。


IMGP1459_20200525213050a7a.jpg
9:27 駐車場所から歩き始めます。ひとまず、アスファルト舗装された林道を北へ進みます。


IMGP1462.jpg
7分ほど進んだところで、左手に笠杖山が見えました。


IMGP1463.jpg
笠杖山が見えたところのすぐ先に案内板が設置されていました。左手の林道へと書かれています。


IMGP1464.jpg
そのすぐ先で左へ入る道が分かれています。


IMGP1465.jpg
分岐のところにもちょっとわかりにくい道標がありました。ところで、ここまでは一眼レフで写真を撮っていたのですが、あろうことかいきなり電池切れになってしまいました。ペンタックスK-50は単3電池4本で動きますが、付属していた単3型リチウム電池(充電できない一次電池)が切れたわけです。出発時はまだ半分ほどある表示になっていたので1日ぐらいもつだろうと思っていたのですが、大電流が必要な一眼レフはある程度のレベルまで電圧が下がると、突然電池切れになるので困り者です。予備のニッケル水素電池を入れてみると、なんとこちらも電池切れ。しばらく使っていなかったので、放電してしまったようです。


記録写真の撮影も兼ねて一眼レフだけしか持ってこなかったので、コンデジはありません。仕方が無いので、スマホで撮影することにしました。スマホのカメラを山行記録に使うのは初めてなので、まともに撮れるのかどうか不安が残りますが、これしかないので背に腹はかえられません。ということで、これ以後の記録写真はスマホの写真となります。


IMG_20200524_094433.jpg
9:44 砂利道に入って最初の分岐を右へ進みます。


IMG_20200524_094448.jpg
ちゃんと道標もありました。


IMG_20200524_094757.jpg
2つ目の分岐は、左へ進みます。しかし、この分岐は地形図には載っていません。


IMG_20200524_095323.jpg
9:53 3つ目の分岐です。といっても、左の道は草が繁茂していてあまり分岐っぽくありませんでした。ちなみに、ここが地形図の2つ目の分岐になります。ここは右というか、直進です。


IMG_20200524_100440.jpg
10:04 標高650m付近のヘアピンカーブを過ぎたところで、4つ目の分岐がありました。ここも地形図には載っていません。地形図では直進する道だけですが、直進の道はあまり使われている雰囲気はありません。道標に沿って左へ進みます。



IMG_20200524_102113.jpg
10:20 出発してから1時間近い林道歩きがようやく終わりました。ここから右の尾根に上って行くようです。ここが本当の登山口といってもいいようです。林道はまだ先へ続いているようですが、草が伸びていて使われている雰囲気はありません。


IMG_20200524_102125.jpg
道標にも、「いよいよ始まり 笠杖山」と書かれていました。とりあえず、ここで小休止をとりました。このときふと思いついたのが、GPS用の予備電池が一眼レフで使えるのではということでした。GPSは単3が2本ですが、幸い2組4本の予備があります。充電後少し日がたっているので、自然放電が進んでいなければなんとかなるはずです。電池を交換してみると、無事満充電の印が表示されました。しかし、山行記録の撮影に使っているとまた電池切れにならないとも限らないので、とりあえず山行記録はスマホでそのまま撮ることにしました。


IMG_20200524_102135.jpg
10:28 休憩を終えて、登山道を登りはじめました。楽な林道歩きからいきなり急な坂道になりますが、やはり林道歩きでは盛り上がりません。登山道に入るとようやく山に来たということを実感しました。


IMG_20200524_102827.jpg
いきなり結構な急坂が始まりました。薄暗いので、手振れが発生。スマホにもデジタル手振れ補正機能ぐらいはついているのかもしれませんが、やはり光学式手振れ補正のついたカメラに比べると暗い場所での撮影は苦手のようです。


IMG_20200524_103531.jpg
登山道は尾根をまっすぐに上がっていきます。左側(西)はヒノキ林ですが右側(東)は広葉樹林なので、朝の光が広葉樹の新緑を通して降り注ぎ、なかなか気持ちのいい登山道です。


IMG_20200524_103926.jpg
けっこう太くてりっぱな木も生えていたりして、あまり人の手が入っていない雰囲気です。


IMG_20200524_104542.jpg
林床の下草や笹があまり繁茂していないし、背丈も低いので、森の奥まで視界が広がりいい感じの森です。


IMG_20200524_104923.jpg
整備された登山道ではないので階段などまったくなく、脚への負担はけっこう厳しいものがありますが、グリーンシャワーを浴びながら、急勾配の道をゆっくりと登って行きます。


IMG_20200524_105348.jpg
10:53 標高900mでテラス状の平坦な場所がありました。脚への負担がやっと軽減されて一息つけるところです。立ったままドリンク休憩をとりました。


IMG_20200524_110710.jpg
休憩場所からふたたび急坂が続きますが、標高1000mの手前あたりからようやくなだらかな道になりました。直径50cmを超えるような大木もちらほらあって、原生林のような雰囲気の森になってきました。


IMG_20200524_111124.jpg
これは登山道脇にあったブナの巨木です。ここまでで一番の巨木で、ゆうに直径1mを超えていると思われます。


IMG_20200524_111316.jpg
ブナの巨木の先に、さらに大きなミズナラの巨木がありました。


IMG_20200524_111458.jpg
幹周は推定4m近い巨木です。山頂に着く前にこんな大物に出会えるとは、想定外でした。


IMG_20200524_112630.jpg
道もほぼ平坦になり、そろそろ山頂に着きそうです。


IMG_20200524_113214.jpg
11:29 三角点のような石が埋めてありましたが、笠杖山の山頂には三角点は設置されていません。とりあえず、GPSで確認してみても山頂にいるようなので、休憩をとることにしました。三角点もどきの石の先の少し広くなった場所でハイキングチェアーを出して、ようやく座って休むことができました。


山頂は完全に森の中なので、展望はまったくありません。しかし、ブナやナラの広葉樹林なので薄暗い感じは無く、気持ちのいい森です。啄木鳥のドラミングの音を聞きながら、水分補給と、行動食としてラムネをかじっておきました。ここまではまだブナの純林ではありませんでしたが、この先北斜面に進めば、美しいブナ林が広がっているかもしれません。


山頂までは日当たりのいい南側の尾根を登ってきた訳ですが、その割に林床の笹や下草はあまり繁茂していませんでした。つまり、森の木々がしっかりと枝葉を広げて林床まで光が届きにくい状態だと考えられるので、森の生命力が強く、木々が大きく成長している山だと思われます。なにしろ、ここまでにすでに何本もの大木巨木に出会ったので、この山には深く美しい森が広がっているような、そんな予感がしてきます。

つづく。

map20200524kasatueyama1.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 2020年5月 笠杖山 | 21:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |