FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

プチ滑落でビビって撤退: 伯耆大山天狗ヶ峰その2 

西日本ではそろそろ残雪期もおしまいです。今週末が雪山を楽しむ最後のチャンスかもしれません。といっても、雪が残っているのはもう大山ぐらいしかないので、今週末も4週続けて大山登山になりそうです。




2020年3月21日(土) 鳥取県大山町 天狗ヶ峰(標高1711m) 日帰り単独行 


IMG_5924_202003272027268cc.jpg
11:53 ユートピア避難小屋から象ケ鼻に向けて出発しました。


IMG_5925.jpg
象ケ鼻のトップは雪がなく、折り重なった巨岩が出ていました。左側から巻く道もありますがあまり楽な道でもないので、まっすぐ巨岩を越えていくことにしました。


IMG_5926_2020032720295888e.jpg
クランポンで岩場を越えるのはなかなか神経を使いますが、無事に象ケ鼻のトップに着きました。ここから先は比較的傾斜の緩い尾根道です。


IMG_5927_202003272029590ad.jpg
雪の積もった尾根の上を進みます。このあたりは左右の傾斜が緩いので、あまり怖い感じはありませんが、かなり風が強く、時折吹き飛ばされそうな突風に襲われます。耐風姿勢で少しの間風をやり過ごしては進むということを繰り返しながら、天狗ヶ峰に向かいました。


IMG_5929_20200327203001596.jpg
前方に先行者がいて、どうやら引き返して来たみたいですが、同じ場所にじっと立ったままです。


IMG_5930_20200327203002a50.jpg
そのうち降りてくるだろうと思いながら歩き続けました。ところが、いっこうに小ピークの上から下りてこないので、とうとう先行者が立っている小ピークの下まで来てしまいました。


IMG_5930b.jpg
先行者が立っている小ピークはそれなりの広さがありますが、そこに登るルートは狭い尾根をたどって赤線のように行くのがいいのですが、まるでそのルートに立ちふさがるように先行者が立っているので、左側の斜面を青線のように迂回して行くことにしました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ところが、小ピークの斜面が思いのほか傾斜がきつく、しかも表面数センチの雪が柔らかく、その下は凍った状態だったので、つま先を蹴りこんで足場を作ることができません。そこで、横向きになってサイドステップで登っていったのですが、それだと当然ながらクランポンの片側の爪しか雪面に引っかかりません。その上、下が凍っていて硬くアックスを差し込むことができないので、ストックのように雪面に突き立てて手すりがわりに使うことしかできません。これではまったく3点支持をとることができませんが、全然気にしないで登っていました。完全に油断していました。


小ピークの上に出る少し前で一度立ち止まって休憩したのですが、足を止めて一息ついた瞬間、足がスッと滑りました。ほぼ両足が同時に滑ったのでそのまま横倒しに雪の斜面に倒れたのですが、ほぼ同時に体が斜面下に向かってずり落ち始めました。やばいと思ってすぐにアックスのピックを雪面に突き立てたのですが、体が滑って腕が伸びきった状態になってしまったので、手首でアックスを振ることしかできず、硬い雪の斜面にはわずかしか突き刺さりません。すぐにピックは外れてしまい、体は横向きのままさらに落ち続けます。


まずいぞと思いながら、アックスを引き寄せてシャフトの中ほどを握って肘を支点にしてアックスを振り上げて雪面に突き刺すと、今度はそこそこ深く刺さったようでぐっとブレーキがかかりましたが、シャフトを握った右手が滑ってアックスから手が外れそうになりました。右手を渾身の力で握り、同時に左手を伸ばしてアックスのヘッドを握り、体をひねってアックスに体重をかけるようにして、ようやく落下が止まりました。ただし、このときも腕が伸びた状態で、アックスは体から離れた場所にありました。今思えば、アックスを引き寄せたときに胸元まで持ってきて、体をひねってうつぶせになり、体の下でピックが雪面に突き刺さるようにする、いわゆる滑落防止姿勢をとればよかったのでしょうが、とっさの時にはとりあえず落下を止めようとしてしまうようで、反省点でした。


IMG_5983_20200327203802eda.jpg
けっこう長い時間に感じたのですが、どうやらほんの数秒のことだったらしく、改めて滑落した痕跡を確認してみると、せいぜい5mあるかないかという程度でした。人間、非常事態にはスローモーションのように感じることがありますが、今回もそのような感じだったのかもしれません。雪面に露出した登山道の土が薄く乗った状態だったのでそれが抵抗になったらしく、一気に速度を増して落下することがなかったのも幸運でした。倒れたときにちょうど雪面に接していた右足部分は、ゴアテックスパンツではなく冬用の山パンツだったので滑りにくかったということもあったのかもしれません。



IMG_5986_202003272038053d9.jpg
滑落が止まらず、ずっと下まで落ちたとしても、このようにほとんど障害物のない振子沢なので、命を落とす可能性はあまりなさそうですが、それでも落下中にアックスが刺さったり、クランポンの爪が雪面に引っかかって足を骨折したりという事故もないわけではないので、滑落などしないにこした事はありません。


このときはすぐに停止できたためかあまり恐怖感も感じることなく、登山道に上がって一息ついたら、すぐに1636ピークまで進みました。


IMG_5933.jpg
12:18 1636ピークに着いてすぐに、後続の登山者が天狗ヶ峰に向かって登っていったので、しばらくどんな具合なのか様子を見てみることにしました。


IMG_5948_20200327203007708.jpg
手に何も持っていない状態で登って行くので、大丈夫かいなと思いながら見ていたのですが、天狗の難所と呼ばれる場所で引き返すこともなく登って行きます。ということは、登山道自体はそれほど崩落が進んでやばい状況になっているわけではないのかもしれません。


IMG_5952_202003272030088e0.jpg
しかし、途中で立ち止まってしばらく動かないでいたと思ったら、姿が消えたので反対側に滑落したのかと気になっていました。


IMG_5957_20200327203010630.jpg
上から下山してくる登山者もいます。


IMG_5974_20200327203011ffd.jpg
姿の見えなかった先行者が再び姿を見せました。どうやら稜線の向こう側の斜面を登っていたようです。なぜそうしたのでしょうか。理由は尾根を通る登山道が危険だからということなのでしょう。逆に言えば、尾根の向こう側の雪面は通過しやすいということなのかもしれません。しかし、アックスももたずに雪面をトラバースしたことになるわけで、どういうことなんだといぶかしく思うばかりです。


IMG_5978_20200327203756c82.jpg
とりあえず、登りも下りも目の前で登山者が通過して行ったので、行けそうだということで天狗ヶ峰を目指してみることにしました。


IMG_5979.jpg
しかし、難所が近づいてくると、危険度は一気に増して来ました。雪のない崩落した尾根で、しかも段差も乗り越えていかなければなりません。クランポンの爪を引っ掛けないように気をつけないといけないし、雪がないとアックスも無用の長物となりかえって邪魔だったりします。まして、胸元にぶら下げた一眼レフが邪魔だし、ぶつけたりしないように手で押さえたりしなければならなかったりで、登山に集中できません。


IMG_5980_202003272037592f0.jpg
12:40 いよいよ核心部となる天狗の難所に差し掛かりました。ルートはおおむね青線のように登るのですが、左側の雪のあるところに先行者の足跡が残っています。けっこう深い足跡なので雪は柔らかいようです。南向き斜面なので、融けかけなのでしょう。とりあえず、最初の難関は手前にあるコブです。高さ50センチほどのコブですが、右側は崩落して絶壁になっていて、絶対に右に落ちるわけにはいきません。しかし、左側も急傾斜の雪壁なので、そちらにも落ちるわけにはいきません。クランポンを装着したまま、小石の浮いたコブを乗り越えていくわけですが、右手にアックスを持ち、左手でぶらつく一眼レフを押さえながらコブを越えるのもけっこうきつい作業でした。


なんとかコブを越えて、その先の尾根道に立ったのですが、そこから上が思っていた以上に傾斜がきつく、砂利の浮いた急傾斜の尾根道でした。先行者が左側の雪壁にルートを取った理由がわかります。クランポンでこの砂利の浮いた急傾斜の道を登るのはかなりリスクが高そうです。ならば、先行者と同じルートで左から巻いて行くかと思って雪の斜面のほうに行きかけて、足が止まりました。突然、もし滑落したらという思いがわきあがってきて、一気に恐怖心にかられてしまったのです。


さっきのちょっとした滑落が思いのほかトラウマになったらしく、脚が前に進みません。すっかり体も萎縮してしまい、その場でしゃがみこんでしまいました。もはやこれまでです。こんな状態でこの先に進めるわけがないので、ここで撤退するしかありません。しかし、振り返ってみると、絶壁にはさまれたコブがまるで空に突き上げた巨大な塔のようにさえ見えます。登りではまだ先に高いピークがあるので、なんてことのないコブでしかありませんが、下りだと目の前に見えるわずか50センチほどのコブが遥か眼下に広がる風景の中でもっとも高い場所になるのです。


IMG_5982_20200327203801fd8.jpg
しかし、こんなところで恐怖におののいてしゃがみこんでいても埒が明きません。無雪期とはいえ、一度は普通に歩いて通過した事のある場所です。それを思い出しながらなんとかコブを乗り越え、難所の下まで戻ってきました。ほっと一息つくことができたものの、まだもう少し楽に歩ける道ではありません。ビビる気持ちを押さえながら、ゆっくりと慎重に下りました。


IMG_5985_20200327203804d36.jpg
当初、下りで使うつもりだった上宝珠越にダイレクトに下る尾根ですが、さすがにこちらも下る気になれず、おとなしくユートピア経由で帰ることにしました。


IMG_5987_20200327203807ec8.jpg
13:20 避難小屋まで戻ってくると、ようやく気持ちも落ち着き、どっと疲れが出てきました。避難小屋にはもう誰もいなかったようですが、日当たりのいい先ほど休憩した場所で再び休憩して行くことにしました。甘くて熱いカフェオレが体に染み渡りました。


IMG_5989_20200327203808dbe.jpg
休憩しているときに、前方に見える野田ヶ山の山頂に赤いものが見えるなと思っていたのですが、どうやら登山者のジャケットだったようです。写真を拡大してみると、青色のジャケットを着た人もいるようですが、肉眼で判別できたのは赤色だけでした。やはり、山で目立つ色は赤系統が一番のようです。


IMG_5991_2020032720381086d.jpg
避難小屋には常設の携帯トイレブースができていました。以前はテント式の簡易ブースだったので積雪期は撤去されていましたが、これで積雪期でも利用できるようになったわけです。


IMG_5995_202003272042029d1.jpg
避難小屋の内部は、相変わらず綺麗に保たれていました。


IMG_5996_20200327204203f5b.jpg
13:46 下山しようと避難小屋前に出てみると、なんとこんな時間に登って来た登山者がいました。今から休憩したり、象ケ鼻あたりまで行っていたらすぐに1時間が経つでしょうから、下山開始は15時ぐらいです。下山に2時間かかるとしたら、17時になってしまいます。日が長くなって17時ならまだ真っ暗ではないものの、捻挫とか膝痛とかで下山にかかる時間が長くなったらあっという間に真っ暗になります。あいかわらず山でトラブルが起こることを想定していない、時間感覚のおかしい登山者は後を絶ちません。


IMG_5998_202003272042053ad.jpg
落石に注意しながら下っていくと、上宝珠越が近くなったあたりで、今度は6名ぐらいの団体が登ってくるのに出会いました。あまり大きな荷物でもないのでユートピア小屋泊まりのようにも見えませんでしたが、どういう山行計画なんでしょうか。


IMG_6000.jpg
14:00 上宝珠越を通過します。


IMG_6001.jpg
上宝珠越のすぐ先から、登って来た斜面を下ります。斜面の降り口に立っている登山者が天狗の難所を越えて登っていた人で、このとき少し話をしたら、クランポンもアックスも持たずに来ていることがわかりました。もはや言葉もありません。


IMG_6002.jpg
急斜面を下っていくと、登って来たときには見覚えのない土石がたまっていました。朝通過した後に上から崩れ落ちて来たもののようで、油断は禁物です。


IMG_6007.jpg
元谷の下まで降りてきました。朝は堰堤の向こう側、右岸を登ってきましたが、今度はここから左岸側で下ります。クランポンもアックスもすべて装備を外して身軽になり、あとはのんびりと登山道を下るだけです。


IMG_6008_202003272042125dd.jpg
15:23 無事に駐車場に戻りました。プチ滑落という失敗をしたものの、怪我もなく、無事に下山できてなによりでした。一瞬の気の緩みが事故につながるのが登山だということを、今回改めて認識することになりました。とくに、雪山は慎重の上にも慎重であることが必要だと、肝に銘じておくことにします。

map20200321houkidaisen_tengugamine.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











スポンサーサイト



| 2020年3月 伯耆大山天狗ヶ峰 | 21:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プチ滑落でビビって撤退: 伯耆大山天狗ヶ峰その1 

2020年3月21日(土) 鳥取県大山町 天狗ヶ峰(標高1711m) 日帰り単独行 


3週続けての伯耆大山登山でした。本当は烏ヶ山に登るつもりで家を出たのですが、米子道蒜山SAから見た烏ヶ山は、かなり黒々としていて雪が少ないことが予想できたのに対して、大山のほうはまだけっこう雪がありそうだったので、急遽予定を変更しました。


先週、三鈷峰から眺めた北壁が気持ちよさそうだったので、再びユートピアに登って、今回は天狗ヶ峰まで行ってみることにしました。あわよくば剣ヶ峰まで行くことも頭の片隅に入れつつ、蒜山SAから大山寺へと向かいました。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス パラマウントタンク
 ベースレイヤ: マムート アタカソジッププルAF
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: マムート アルティメイト V ライト SO フーデッドジャケット
 ハードシェル: マムート エアロスピードジャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: ショーワ テムレス02ウィンター
     モンベル ジオラインLWインナーグローブ
 キャップ/ハット: なし
 バラクラバ: なし

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マーモット AWストレッチパンツ
 ハードシェル: マムート エアロスピードパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: BVD 5本指化繊ソックス(インナー)
     ノンブランド ウールソックス
 シューズ: シリオ 712GTX

●ギア
 バックパック: マムート トリオンプロ35+7L
 ストック: なし
 アックス: ブラックダイヤモンド ベノムアッズ ウィズ リーシュ
 クランポン: グリベル G10ワイド
 ゲイター: マムート ゴアテックスゲイター
 スノーシュー: なし


IMG_5898_20200324133033b8f.jpg
出発前に写真を撮れなかったので、元谷で冬装備を装着したときのものです。もともと烏ヶ山に登るつもりだったので、装備は先週までよりも少しグレードダウンして暑さ対策優先としています。ハードシェルは無雪期のレインウェアであるエアロスピードジャケット/パンツにしましたが、使うことはありませんでした。


気温が朝夕で3~4度、風が17m/秒以上あるという天気予報だったので、汗抜けと保温力のバランスがいいポーラーテックパワードライ素材のシャツをベースレイヤにして、ゴアテックス ウィンドストッパー素材のソフトシェルジャケットにしました。登っているときの暑さと稜線に出てからの風と寒さへの対策として選んだ組み合わせですが、けっこう当たりました。ジャケットはジッパーをすべて閉めてしまうと内部に暖かい空気がたまるので、薄手の割りに思いのほか暖かく、稜線で強風に吹かれても大丈夫でした。一方、脇のピットジップなど全開にするとあまり暑くなく、春はハードシェルよりもソフトシェルが向いていることを実感しました。


パンツも、ゴアテックスのハードシェルパンツはやめて、冬用の山パンツを素足に履きました。最初は少し寒かったのですが、すぐに慣れて稜線で強風に吹かれても寒くはありませんでした。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




8時過ぎに南光河原駐車場に着いてみると、すでに満車になっていました。さすがに3連休中日は人出が多いようです。すぐに博労座の駐車場に移動しました。大山ナショナルパークセンター横の駐車場はまだ余裕があったので、建物に近いところに車を停めることができました。


この日は大きな失敗をひとつしてしまいました。山行記録用のコンデジを家に忘れてきてしまいました。スマホで代用するか、一眼レフを使うかのどちらかですが、スマホだといちいちグローブを外さないとシャッターを押せないので、一眼レフで代用することにしました。しかし、胸元にでかいカメラがぶら下がった状態になるので何かと行動に制限がかかることになりそうで、若干の不安は残ります。とはいえ、写真なしというわけにはいかないし、その都度バックパックから取り出していては面倒くさ過ぎます。なので、これで行くしかありません。


IMG_5885.jpg
8:48 準備を整え出発です。登山届けはナショナルパークセンターから向かいの交番に移動したとのことだったので、交番に寄って登山届けを出しておきました。


IMG_5886_202003241330247b9.jpg
大神山神社の参道は、先週と比べて凍結していなかったので楽に歩けました。先週の寒気でけっこう積雪があったようですが、週末にかけて気温が高くなったので、参道脇の森の中に痕跡程度に雪が見られるだけでした。


IMG_5887_20200324133025271.jpg
大神山神社横の登山道入口あたりも、融け残った雪がわずかに残っているだけです。


IMG_5889_20200324133027327.jpg
下宝珠越への道を左に分けて、今回は直進します。今日はユートピアまでは元谷経由で登ることにしました。先週の下山路を逆にたどることになります。


IMG_5891.jpg
進むにつれて雪が徐々に出てくるようになりました。しかも、ガチガチに固まった氷の状態です。上宝珠越に上る急斜面がガチガチだったらやばいかもと、少し気になりました。


IMG_5893_2020032413302929e.jpg
9:38 元谷に出ました。雪は先週よりも減っている感じで、16日頃に降った雪はすべて消えてしまったようです。


IMG_5894.jpg
元谷に出たところから先週の下山ルートを正直にたどったので、堰堤左側の少し藪化したところを進んだのですが、よく見れば右側の土手のようなところを上がって堰堤を越えることができます。無駄な回り道でした。


IMG_5895_20200324133032f11.jpg
堰堤を越えて元谷避難小屋の近くまで来ましたが、雪はすっかり消えています。先週は、まだこのあたりは雪に覆われていました。


IMG_5898_20200324133033b8f.jpg
9:48 少し進んで雪が出て来たところで、休憩がてら冬山装備を装着しました。上宝珠越下の急斜面まではなくてもいいのですが、どうせ装着するものなので、さっさとつけておくことにしました。


IMG_5899_20200324133035f67.jpg
10:10 休憩後、元谷の上流に向かって進みます。1週間前に通ったばかりですが、逆向きに歩くとなるとやはり見覚えのない風景のように感じます。とにかく、元谷の左岸をまっすぐ大屏風岩に向かって進むだけです。


IMG_5900_2020032413323949a.jpg
上流に行くにつれて雪が増えると思いきや、案外砂礫が露出していて、雪解けが進んだことを感じます。先週はこのあたりは一面の雪原でした。


IMG_5901_2020032413324087a.jpg
黒々とした大屏風岩が近づいてきました。この先を左に入ります。


IMG_5902_20200324133242ae2.jpg
正面に、先週下りて来た急斜面が見えてきました。けっこうトレースがついているので、登るのにそれほど苦労しなくて済みそうです。


IMG_5903_2020032413324363f.jpg
砂すべりの谷からひっきりなしに落石が転がり落ちてくるので、合流地点を直進するのはやめて、左側の斜面のほうを回りこんで通過しましたが、かなり雪が柔らかくなっていて、踏み抜いたり滑ったりで思うように進めず、転がり落ちてくる岩にビビリながらなんとか突破しました。時には人の頭ほどの岩が転がってくるので、うかつなところを歩いていると直撃されかねません。それなのに、そこに足跡が残っているというのが理解できません。ほんとに、危険を回避しようという意識のない登山者が多すぎます。


IMG_5905_20200324133245c73.jpg
落石の心配が低くなって、ようやく雪壁の登りに集中できました。雪は表面が柔らかく、中が硬い状態でしたが、足跡がしっかりと残っていたので、無理につま先をけりこんだり足場を作ったりしなくてもよく、傾斜の割りに案外楽に登ることができました。


IMG_5906_202003241332462cd.jpg
中ほどまで登ってくると、先週はなかった雪崩の跡があり、この斜面も油断はできないとわかりました。もっとも、もう落ちてきそうな雪は上のほうになさそうなので、今日はあまり雪崩の心配はしなくてよさそうです。


IMG_5908_20200324133248187.jpg
デブリの中に100kgぐらいありそうな大きな岩があり、落石の警戒も怠ることができないとわかります。安全を優先するなら、やはり宝珠尾根を歩いて来たほうがよさそうです。


IMG_5909_202003241332491b9.jpg
ブッシュが近づいてきました。ブッシュ帯を抜ければ尾根上です。先日の記事でも書きましたが、このブッシュ帯を抜けている最中に上のほうから声がして、ここを下るのは難しいかと聞かれたわけです。誰でもそうですが、自分で見てわからないのなら、素直に登山ルートを下るのが正解です。難しいかどうかは人によるし、装備内容でも違います。自分の経験や装備を総合的に判断して、行けると思えない場所には立ち入らないことです。それがすなわち身の程を知るということです。僕もそうしてます。


IMG_5910_20200324133251d2e.jpg
11:06 宝珠尾根に出ました。この右手すぐのところが上宝珠越です。



IMG_5911_2020032413325265a.jpg
11:08 1週間ぶりの上宝珠越です。先週、宝珠尾根経由で3時間かかりましたが、今回は2時間で着きました。やはり、元谷経由のほうが圧倒的に早いことがわかりました。もっとも歩いて面白いかというと、北壁の眺めはいいもののほとんどが元谷の単調な雪原歩きなので、宝珠尾根経由のほうが登山している気分にはなります。


IMG_5912_20200324133424ca5.jpg
今回は時間が早いので、上宝珠越では休憩しないで通過します。平日だった先週よりも確実に入山者は多いみたいで、かなりしっかりとしたトレースができていました。


IMG_5914_20200324133426d7e.jpg
背後の北壁は雪が減ったためか、ひっきりなしに落石が発生していて、常にガラガラと音が聞こえてきました。


IMG_5915_20200324133427fe2.jpg
上宝珠越からユートピアに向かう斜面でも、勝間ケルンの前後で落石が多くあり、通過には最新の注意が必要でした。小石ならまだましですが、通過しているときにハンドボールぐらいの大きさの岩が自分の方に転げ落ちてきてヒヤリとしました。こういうときはあわてて動かず、石の動きをよく見て、じっとしていたほうがいいのか、左右どちらかに移動すべきなのかを判断したほうがいいです。柔らかくなった雪の斜面は案外石の落下速度を押さえてくれるので、よく見てから動いても十分避けることができる程度の速度で落ちてきます。とにかく、雪の斜面に石が落ちている場所は、要注意です。


IMG_5917_20200324133429c6a.jpg
今回は、途中からユートピア避難小屋へ直接上がるトレースをたどりました。


IMG_5918_20200324133430ac6.jpg
11:35 ユートピア避難小屋に着きました。


IMG_5919.jpg
まずは雄大な北壁の眺めを楽しみます。


IMG_5922_202003241350183db.jpg
避難小屋に入って休憩しようかと思いましたが、入口前にクランポンが数組置いてあったのでやめました。元谷方面から冷たく強い風が吹き上がってくるので、風下になる反対側の斜面の緩くなった場所で休憩することにしました。座ってしまえばほとんど風もなく、背中側から日が当たるので温かく、気持ちよく休憩することができました。


IMG_5923_20200324135020d1e.jpg
小腹が空いたので、菓子パンをひとつ食べました。最近はランチとしてがっつり時間をとるよりも、空腹感がでればそのつど軽く食べるという方式にしています。そのほうが短時間で休憩を終えられるし、継続して行動できてシャリばてで余計な時間を費やすことがなくなるので、時間を読みやすいと感じます。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











| 2020年3月 伯耆大山天狗ヶ峰 | 13:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |