FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

やっと降った雪に喜び勇んで新設トレイルへ: 高清水トレイルその2 

5日夜からの寒気で、県北の恩原高原で45センチの積雪があったようです。これでようやく例年並みの積雪状況に近づいてきたようで、冬山を楽しむことができそうです。


今日から4連休の予定ですが、本日は山の天気がよくないみたいなので、家でゆっくりしてます。今晩もけっこう雪が降りそうですが、明日は四国方面の天気が回復しそうなので、久しぶりに遠征してみようかと思います。


というわけで、出かける前に先週のレポを完結させておきます。




2020年2月2日(日) 岡山県鏡野町 池川山(標高1030m) 日帰り単独行 


IMG_5070.jpg
御林山を越えると、道はいったん下ります。向こうに見えているのが今日のコースで最高地点となる池川山です。御林山から池川山にかけてはブナ林が広がっていて、歩いていて気持ちのいいコースです。


IMG_5071_20200208155356e25.jpg
10:46 池川山の道標です。標高は1030mとなっていますが、地形図では1031mとなっています。この差は何なんでしょうか。


IMG_5072.jpg
池川山からはしばらく平坦な道が続きます。本来は尾根道ですが、山頂部の尾根が広くて平坦すぎるため、尾根という雰囲気は皆無でした。


IMG_5073_20200208155358ed1.jpg
10:51 丸山分岐に着きました。ここから南へ少し下ると丸山という三角点ピークがあるようですが、今回はパスです。


そういえば、御林山の手前あたりでスノーシューを装着したソロの男性が追いついて来たのですが、どんどん差をつめてすぐ後ろまで来たものの、追い越すわけでもなくずっと後ろをついて歩くので気味が悪いと感じていました。御林山から少しペースを上げて引き離したものの、池川山の登りでまた追いつかれてしまいました。こちらはつぼ足なので、登りでペースが上がらないのが原因のようです。


疲れてきたこともあって、丸山分岐で休憩して後ろをついてくるソロ男性をやり過ごすことにし、分岐から丸山方向に入ってすぐの木の下で休憩スペースを作ろうと雪をならしていました。追いついて来たソロ男性は丸山分岐の道標のところで少し立ち止まったかと思うと、なんとこちらを見て近づいてきたではありませんか。これ以上まとわりつかれたくないので、彼がこちらに向かってきたところで休憩をやめてすれ違うようにして出発しました。


IMG_5074.jpg
後ろも見ずに早足でブナの谷頭へ向かったので、ソロ男性がついて来ているのかどうかわかりませんが、足音がしなかったのでどうやらそのまま丸山へ行ったか、休憩したかのどちらかのようです。なんにしても、これですぐ後ろをストーカーのようについて歩かれるストレスからは開放されました。


IMG_5075_20200208155401a2a.jpg
丸山分岐から進んでいくと、前方に展望台のあるピークが見えました。どうやらあれがブナの谷頭のようです。


IMG_5076.jpg
しかし、そこに行くにはいったん鞍部に下って登り返さなければいけません。丸山分岐で休憩できなかったため、けっこう疲れてきたのですが、この際休憩なしで一気にブナの谷頭まで行くことにしました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





IMG_5077_20200208155648a45.jpg
11:09 登り返しを汗をだらだら滴らせながら登り、やっとブナの谷頭に着きました。鞍部に下っているときには、展望台のあたりに数人の登山者が見えていましたが、到着すると誰もいなくなっていました。後ろを見ると誰も来ていないので、例のソロ男性は丸山のほうへ行ったみたいです。これで、しばらくは静かなブナの谷頭を独占できます。


IMG_5078_20200208155650fbe.jpg
とりあえず、展望台に上ってみました。


IMG_5079.jpg
眼下に雪原になった赤和瀬の集落があり、奥のほうには花知ヶ仙や三ケ上も見えています。


IMG_5080.jpg
展望をひとしきり楽しんだ後、ベンチの雪を払ってランチタイムです。今日は、初めて食べるとろりたまご風カレー南蛮そばと黒胡椒カルパスです。


IMG_5081_20200208155654ecc.jpg
出来上がりに、付属の黄身のペーストをかけて食べるのですが、混ぜてしまうと黄身の味がなくなりそうだったので、黄身のペーストが汁に混ざらないように最初に麺と一緒に食べたら、とろりとした黄身の甘味が口の中に広がってなかなか美味でした。


IMG_5083_20200208155656544.jpg
ランチタイムが終わる頃になるとかなり天気も良くなって、西にうっすらとですが大山が見えました。肉眼でも微かに見えるという程度でしたが、さすがに1インチセンサーのG7Xはしっかり写し取ってくれました。スマホに駆逐されつつあるコンパクトデジタルカメラですが、風景写真を綺麗に撮りたかったら、やはり大型センサーのカメラのほうが1枚上手です。キヤノンの決算発表では、カメラ関係の売り上げは前年比の半分ほどに減ってしまったようですが、高付加価値のハイエンドコンデジは生き残って欲しいものです。


IMG_5084_20200208155657923.jpg
食事の後、もう一度展望台に上ってみました。東に見える台地状のピークが1046ピークの手前にある小ピークで、その奥に1046ピークと伯州山があるはずですが、展望台からは見えません。1046ピークは、駐車場にあった案内板に霧が原と書かれていた場所だと思われますが、案内板では1049mとなっていて標高がビミョーに異なります。


IMG_5085_20200208155659b5b.jpg
静かだったブナの谷頭もいつの間にか登山者が増えてにぎやかになってきました。6つあるベンチは満員となっています。


IMG_5086_202002081557002cc.jpg
11:55 団体が到着したのと入れ違いで、下山開始です。西の空には黒い雲が空を覆っていて、天気が崩れそうな雰囲気です。


IMG_5088_20200208160222e33.jpg
池川山の西斜面の登山道脇にあった大ブナです。大人二抱えほどありそうなので、幹周はおそらく3.5mほどだと思われます。ただ、これぐらいの大ブナはそれほど珍しくないので、もっと大きなブナを見てみたいものです。


IMG_5089_202002081602237b7.jpg
御林山の山頂近くで、登山道から50mほど奥に大きなブナがあるのが見えたので、ちょっと立ち寄ってみました。残念ながら、さきほどのブナと同じぐらいの大きさでした。やはり、幹周4mを越えるブナの巨樹はめったに出合えるものではないようです。


IMG_5090.jpg
13:00 御林山のブナ林を抜けて、西側の鞍部まで下りてきました。このあたりでかなり疲労感が強くなって来たためか、前方に見えるピークを高清水高原と勘違いして、あれを登ればあとは下るだけだと思っていました。


IMG_5091.jpg
ところが、ピークについてみると大畝山の標柱が! そうです、高清水高原と御林山の間には大畝山があったことをすっかり忘れていました。とはいえ、ここからは下りだし、高清水高原への登り返しは10mもないような坂なので、それほどしんどい登り返しはありません。


IMG_5093_20200208160228ea8.jpg
そして、高清水高原への最後の登り返しです。


IMG_5094_202002081602299a7.jpg
登り返しの坂の上に、登山口まで1.6kmの道標があります。まだ1.6kmもあるのかと思うとちょっとがっくりしたので、東屋で少し休憩していくことにします。


IMG_5096.jpg
13:18 高清水高原に戻ってきました。往路で自撮りをしなかったので、ここで撮っておきました。


IMG_5097_2020020816023202e.jpg
南側の展望です。


IMG_5098.jpg
山座同定は、たぶん正しいと思います。


IMG_5099_202002081602365d6.jpg
西方向は、大山は見えず、下蒜山がうっすらと見えていました。


IMG_5100.jpg
13:23 東屋まで下りて来たので、休憩をとりました。


IMG_5101_20200208160356006.jpg
疲労にはアミノバイタルです。ドラッグストアで105円だったので、残っていた5個を買い占めてきました。


IMG_5104_20200208160359c41.jpg
ベンチを見ると積雪量がわかりやすいです。20センチぐらい積もったようです。


IMG_5102_202002081603581c4.jpg
怪しげな雲行きの下、下山を急ぎます。


IMG_5105_20200208160401b8a.jpg
13:55 登山口に着きました。往路は右から来ましたが、今度は直進してトイレの裏から駐車場のほうへ戻ります。


IMG_5106_202002081604026bd.jpg
13:56 トイレ前に出てきました。駐車場の車は朝より増えていましたが、路面の雪はだいぶん溶けていました。


高清水トレイルはそれほど期待していたわけではありませんが、思っていたよりも良かったというのが正直な感想です。特に、御林山のブナ林が綺麗でした。今回歩かなかったブナの谷頭から伯州山までのコースは、いずれ伯州山のほうから歩いてみようと思います。

map20200202takasimizu_trail.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










スポンサーサイト



| 2020年2月 高清水トレイル | 16:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっと降った雪に喜び勇んで新設トレイルへ: 高清水トレイルその1 

2020年2月2日(日) 岡山県鏡野町 池川山(標高1030m) 日帰り単独行 


正月山行の後、約1ヶ月山から遠ざかっていました。成人の日の連休は天気が悪かったし、正月の疲れが残っていたのかいまいち気乗りがしなかったので完全オフ。次の週末は仕事、その次の週末は春のような天気で山に雪がないのでパス。ちょうど腰痛が再発したこともあって、1月は養生期間としてのんびりしていました。とはいえ、気持ちはなんとなく欲求不満がたまってきて、1月末になる頃には、早く雪が降らないものかとしょっちゅうライブカメラで積雪状況を確認するような状況でした。


というわけで、1月末に来た寒波で県北の山にも10~20センチ程度ですが積雪があったというネットの情報を得て、2月最初の週末に久しぶりに山に行くことができました。腰の調子は全快とは行かないまでもほぼ痛みは治まったので、いいタイミングでした。ただし、運転中に少し痛みを感じたので、まだ無理は禁物だなと思っていたのですが、結局休憩込みの6時間行動になってしまい、1ヶ月ぶりの山行としてはちょっとハードすぎる山行でした。


訪れたのは、鳥取県との県境にある人形峠から伯州山までの県境尾根に2019年秋に新設された高清水トレイルという縦走路です。1ヶ月ぶりの山行なので、あまりきついのはやめておこうということで、比較的高低差の少ない高清水トレイルを歩いてみることにしました。



装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス L/S ハイブリッドパラマウントメッシュクルー
 ベースレイヤ: バーグハウス メリノウール200クルーネック
 ミドルレイヤ: マムート ロワーモーズリージャケット
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート マサオジャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: アクシーズクイン ウィンドストッパ―グローブ
      ショーワ テムレス02ウィンター
 キャップ/ハット: マムート トゥウイークビーニー
 バラクラバ: マムート バラクラバアークティックウィンドストッパー

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: バーグハウス メリノウール200タイツ
 ミドルレイヤ: なし
 ハードシェル: マムート ゴアテックスクァンタムストレッチパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: バーグハウス メリノウール トレッキング ソックス
 シューズ: シリオ 712GTX

●ギア
 バックパック: マムート トリオンプロ35+7L
 クランポン: マウンテンダックス HG121(4本爪)
 ストック: なし
 アックス: なし


IMG_5023.jpg
天気予報では、最高気温が5度ぐらいまで上がるとのことで、けっこう暑いかもしれないと思いましたが、朝のうちは0度前後とそこそこ冷えるようなので、きつい登りがないことを考慮して200番手のメリノウールのシャツとタイツを選びましたが、これは大失敗でした。やはりかなり暑くて汗をかく羽目になってしまいました。迷ってやめたジオラインLWの上下にしておくべきでした。


グローブは、朝のうちはテムレスを素手にはめて問題なしでしたが、途中から暑くなって薄手のアクシーズクイン ウィンドストッパ―グローブに換えました。しかし、日が翳ってしまうとちょっと寒かったりで、このぐらいの気温だとメリノウールのインナーグローブとアウターグローブの組み合わせのほうがよかったかもしれません。


靴とソックスの組み合わせもちょっと失敗でした。寒かったわけではなく、靴に対してソックスが薄かったため、足が靴の中で少し動いて歩きにくいなと感じました。バーグハウス メリノウール トレッキング ソックスは触った感じがかなりしっかりとしていて厚手のマウンテニアリングソックスと同等かと思って選んだのですが、トレッキングソックスというだけあって思ったよりも薄かったみたいです。シリオ712GTXは少し大きめのサイズなので、それもあって靴紐をかなりしっかり締めても若干緩くなってしまいました。


マムート トゥウイークビーニーは、好日山荘でワゴンセールになっていたので購入してみました。いままでよく使っていたマムート ストーニービーニーが厚手のせいかけっこう汗をかきやすいので、少し薄手のマムート トゥウイークビーニーはどうかと思っていたのですが、少し汗をかきにくいように感じます。



IMG_5025_202002051753405cd.jpg
国道179号線の県境にある人形トンネル手前を左折して旧道を登っていくと、人形峠手前に高清水トレイル駐車場が設置されていました。駐車場の隅にはログ造りのトイレもあります。登ってくる道には雪はありませんでしたが、駐車場には雪が積もっていました。天気もどんよりとしていて、小雪がぱらつく状況でした。


IMG_5024.jpg
トイレの前には高清水トレイルの大きな案内板が設置されていました。ルートはずっと尾根筋なので道迷いの心配はまずないと思います。


IMG_5024s.jpg
所要時間も書かれていて、けっこう役立ちます。伯州山まで往復したいところですが、合計すると伯州山まで150分、つまり2時間半となっていますが、これは無雪期の所要時間のはずなので、積雪期は2割り増しとして3時間はみておいたほうがよさそうです。となると往復で6時間、休憩を入れると7時間以上かかりそうなので、1ヶ月ぶりの山行としてはハードすぎます。ということで、今日はブナの谷頭までの往復にします。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_5026_202002051753426c9.jpg
8:29 駐車場から旧道を人形峠方面に進んでいくと、すぐに峠に着きました。しかし、どこが高清水トレイルなのかわかりません。何も案内がないのです。どういうことかと辺りを見回してみると、右手に少し下ったところに丸太を3本並べて立てたものが見えました。


IMG_5027.jpg
丸太3本の道標の反対側を見ると、高清水トレイルと書かれていました。どうやら、駐車場からトイレに向かって右から行くべきところを、左の旧道を通って裏から回り込んでしまったようです。


IMG_5028_20200205175345e77.jpg
道端に入山届ポストが設置されていて、中に用紙と鉛筆があったので、念のため届けを出しておきました。


IMG_5029_20200205175346ade.jpg
登山口からは車道を登っていきます。積雪は10センチ程度で、凍結もしていないのでつぼ足のままで問題ありません。


IMG_5030_20200205175347a83.jpg
弘法大師石像がありましたが、チラッと眺めてそのまま通過します。


IMG_5031_20200205175615b9c.jpg
緩やかな林道のような道が続きますが、風もなく気温も思ったよりも高く、すぐに汗ばんできました。稜線に出ると寒くなりそうですが、とりあえず稜線に出る前に汗だくになっては困るので、ハードシェルジャケットとメリノウールシャツを脱いで、ドライレイヤとフリースだけで行くことにしました。


IMG_5034_2020020517561697d.jpg
清水という名前が書かれた標柱のところで林道は終わりになっているらしく、ここから先は狭い登山道になりました。当然、勾配もきつくなります。


IMG_5035_20200205175618fb1.jpg
斜度のある斜面を登っていきます。トレースがあるので特に困ることもなく、つぼ足で登っていきます。


IMG_5036_2020020517561927d.jpg
9:26 稜線に出たところで東屋が見えました。少し風が出てさすがにフリースだけでは寒くなりそうなので、休憩がてらメリノウールシャツを再び着こんで行くことにしました。ハードシェルはもう少し様子を見てからにします。


IMG_5037.jpg
9:31 もう少しゆっくりしたいところでしたが、直後に団体さんがやってきてしまったので、いっしょに歩くことにならないようにすぐに出発しました。



IMG_5038_20200205175622aea.jpg
東屋からひとのぼりで標柱のあるピークのような場所がありました。


IMG_5040.jpg
ここが高清水高原らしいです。高原というからにはもっと広い場所を想像していましたが、これなら大山の山頂のほうが高原っぽいなと思いました。


IMG_5039.jpg
展望はそこそこいいみたいですが、天気がいまいちなので麓のあたりが見えているだけです。


IMG_5046.jpg
写真だけ撮ったら、すぐに先に進みました。標柱の先から、右に下ります。


IMG_5047.jpg
坂を下ったところで左に進んでいくと、森の中に入っていきます。


IMG_5048_20200205175757125.jpg
ずっとなだらかで広い尾根筋だと思っていましたが、すぐに狭くて傾斜のある尾根道になりました。とはいえ、しっかりと整備されているので、歩くのには十分な広さです。


IMG_5049_20200205175759820.jpg
狭い尾根を登っていくと、前方に青空がのぞき始めました。


IMG_5050_20200205175800adc.jpg
右手に見える山は、これから向かう稜線だと思われます。


IMG_5051_20200205175802860.jpg
9:54 大畝山二等三角点と書かれた標柱が建つ小ピークにつきました。標高は高清水高原よりも少し高いぐらいです。東屋にいた団体はまだ来る様子はなく、小腹がすいてきたので小休止をとりました。


IMG_5052_2020020517580390f.jpg
いつも行動食として愛用している1本満足バーにプロテイン入りの新作が出ていたので、買って来ました。これはシリアルヨーグルト味で、そこそこおいしかったです。


IMG_5053_20200205175805c7f.jpg
大畝山二等三角点の先は、少し急な下りとなります。


IMG_5055_202002051758063be.jpg
このあたりは霧氷がびっしりと枝についていて、青空が見え初めて明るくなって来たこともあり、すごくきれいでした。


IMG_5057_202002051758084fe.jpg
大畝山二等三角点から鞍部へ下りてくると、完全に晴れてきました。


IMG_5059_2020020517580942f.jpg
しばらくは平坦な道が続きます。


IMG_5060_202002051758111da.jpg
ブナの原生林という標柱があったあたりから徐々に上り坂となり、大きなブナが道の両側に立ち並ぶようになりました。


IMG_5061_20200205175949a2b.jpg
びっしりと霧氷をつけたブナの並木道のような場所を進みます。ただし、気温が上がって霧氷が溶け始めたため、ひっきりなしに氷の塊が雨のように降り注いできて、首筋に入らないように手でガードしながら歩きました。


IMG_5062_2020020517595053c.jpg
前日の土曜日は県北の天気はあまり良くなかったみたいですが、そのおかげで真っ白になったブナ林を見ることができました。


IMG_5063.jpg
直径が40~50センチはありそうなブナの大木がたくさんあるきれいなブナ林が続きます。林床の笹はけっこう背が高そうなので、無雪期はちょっと雑然とした感じになりそうです。なので、笹が雪の下に隠れてしまう積雪期のほうが美しいかもしれません。


IMG_5066_20200205175953f62.jpg
青空が出てくると、雪の華を咲かせたブナ林の美しさが輝きます。


IMG_5069.jpg
10:28 ブナ林の登りが終わり道が平坦になると、御林山と描かれた標柱がありました。ブナの谷頭までの行程の、ほぼ2/3に相当するところです。特に展望があるわけでもなく、ベンチも何もないので、休憩なしで通過しました。

つづく。
 

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 2020年2月 高清水トレイル | 18:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |