FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

山の上だけ悪天候: 蓼科山その2 

2020年1月3日(金) 長野県茅野市 蓼科山(標高2531m) 日帰り単独行 


正月休みが明けて7日から仕事始めでしたが、7日から10日までの4日間が怒涛の仕事ラッシュでした。通常の倍の仕事量で、4日連続で朝から夕方まで出ずっぱりというのはめったにありません。一体全体どういうことなのでしょうか。年明け早々アホみたいに仕事してんじゃねえといいたいところです。おかげでせっかくの晴天の土曜日は疲れて早起きすることができず、洗濯してから部屋で映画を見たり動画を見たりのだらけた週末を送る羽目になってしまいました。もっとも、西日本の山には雪がなく、山に行くモチベーションもなかったので、当然の週末というべきかもしれません。


というわけで、動画を見るのも飽きたので、蓼科山のレポの続きをアップしておきます。



IMG_4963_202001112131318c2.jpg
10:40 2013mの三角点ピークでの休憩を終えて、再び山頂を目指します。暑かったので、休憩のときにハードシェルは脱いでしまいましたが、ソフトシェルだけで全然問題ありません。


IMG_4964_20200111213132114.jpg
10分ほど歩くと、幸徳平という場所がありました。場所としては、地形図の2156mピークを越えたあたりです。確かに地図で見ると平坦な広い尾根のような場所ですが、たくさんの木が生えていて広々とした雰囲気はありません。


IMG_4965_20200111213134fab.jpg
標高2200mあたりから再び岩ゴロの急斜面が始まりました。大汗をかかないようにゆっくりと登りますが、しばらくすると汗をかきやすい頭からやはり汗が流れ落ちます。


IMG_4966_20200111213135ea9.jpg
休憩してクールダウンするために立ち止まって振り返ってみると、雲の高さがだいぶん近づいてきた感じです。麓は日が差していて明るいというのに、山の上だけ悪天候という状況です。


IMG_4967_20200111213137abc.jpg
登っていくと、だんだんガスっぽい感じになってきました。風も出てきて、木々の上のほうでざわざわと梢が揺れる音が大きくなってきました。


IMG_4968_20200111213139c71.jpg
11:39 森の様子が変わってきました。今までは木の枝に雪が積もっているという状態でしたが、このあたりから上は木全体が白くなっています。標高は2400mあたりになります。


IMG_4969_2020011121314003e.jpg
標高2400mが近くなってくると、枯れ木の森に変わりました。雲の中に入って来たらしく、視界も白くかすんできました。風も徐々に強くなってきました。そろそろ森林限界に達するので、強風の吹きつける悪天候のコンディションに対応できるようにしておく必要があります。


IMG_4970.jpg
11:52 山頂下の岩ゴロの斜面が見えてきました。森林限界まであと少しなので、登山道脇の小さな平地を見つけて、服装を整えました。風通しのいいニットのビーニーでは汗で濡れた頭が風で冷やされて痛くなってきたので、バラクラバを装着し、ハードシェルも着てフードをかぶりました。雪は深くないので、クランポンに付け替えるのはやめてチェーンスパイクのままで行くことにしました。


IMG_4971_202001112131430dd.jpg
気温を確認すると、意外にもマイナス5.5度と登山口のあたりとあまり変わっていません。この温度なら、グローブはオーバーミトン+テムレス02ウィンターのままで大丈夫だろうということで、ソロイストに変更するのはやめました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4972_2020011121333326d.jpg
12:05 森林限界を突破して、岩ゴロの山頂下斜面に出ます。


IMG_4973_20200111213335389.jpg
道標にえびのしっぽが付着しているとおり、風は強く吹いています。背中から強風を浴びながら岩ゴロの道を進みます。


IMG_4974_20200111213336e90.jpg
直接山頂に向かうのかと思いきや、ぐるりと巻くように道がついていて、南西から上ってきて、山頂の北東にある蓼科山頂ヒュッテ前に着きました。風は南西から吹いていたので、ここまで来ると山の風下になって森林限界を突破した直後に比べるとかなり弱くなっていました。


IMG_4975_20200111213337804.jpg
山頂はここからUターンするように左後方に進みます。



IMG_4976_20200111213340795.jpg
12:19 トレースがすこし不明瞭でしたが、特に迷うこともなく山頂に着きました。ガスで何も見えないし、風で寒いしで、感動も何もない登頂です。


IMG_4978_20200111213340b99.jpg
とりあえず、記念の自撮りをしてさっさと山頂ヒュッテに引き返しました。


IMG_4980_20200111213342143.jpg
山頂ヒュッテは休業中です。小屋の隅なら風が当たらず休憩にいいかなと思っていましたが、ロープで立ち入りが規制されていたので、道標の近くにあった岩に座って休憩することにしました。風はありますが、バックパックを背負って背中を向けていればそれほど寒いということもなかったので、短時間の休憩なら大丈夫でした。


IMG_4981_20200111213344c71.jpg
ランチタイムですが、行動食で簡単に済ませます。


IMG_4982.jpg
12:33 わずか5分に満たない昼休憩を早々に切り上げて、下山にかかります。


IMG_4983.jpg
岩だらけの何もない山頂下の斜面ですが、ガスで視界が悪いとはいえ、ロープや鎖は見えているので、迷うことなく下山することができました。


IMG_4984_20200111213532b55.jpg
森林限界より下に戻ってくると、風が木々にさえぎられて急に弱くなりました。急斜面をひたすら下ります。チェーンスパイクのままですが、滑ることもなく全然問題ありませんでした。


IMG_4985_20200111213534da4.jpg
13:08 登りで休憩した2013mピークで、もう一度休憩しました。暑くなって来たのでハードシェルを脱ぎ、バラクラバも外しました。


IMG_4986_20200111213536411.jpg
休憩を終えて下っていると、陽射しが出てきました。感覚的に天気が回復したように感じますが、もともと麓のほうは晴れていたので、晴れているところに戻って来たというだけです。


IMG_4990_202001112135365b4.jpg
ところが、登山口も近くなって来た頃にふと振り返ってみると、なんと山頂が見えているではありませんか。写真ではわかりにくいのですが、木々の向こうに富士山のような円錐形の山頂部が日を浴びて白く輝いていました。マジかっ!と思いましたが、いまさら登り返すこともできません。あきらめて歩き出して、少し下ってもう一度振り返ったら、もう山頂は雲に隠れて見えなくなっていました。ほんの数分間程度の晴れ間だったようです。


IMG_4991_20200111213537cf3.jpg
蓼科山が見えたときは、となりの北横岳も見えていました。


IMG_4992_20200111213539af8.jpg
最後の急坂を下ります。


IMG_4994_202001112135406e6.jpg
14:03 登山口に戻ってきました。


IMG_4995_20200111213542b2e.jpg
14:05 登山口でチェーンスパイクを外し、アスファルト道を歩いて駐車場まで戻ってくると、車はかなり減っていました。往復で約5時間の行程でした。登り3時間、下り2時間とおおむねコースタイムどおりですが、休憩時間を除くと30分ぐらい早かったかなという感じです。


IMG_5000_2020011121354393b.jpg
茅野市街に近いあたりまで下りてきて信号待ちで蓼科山を振り返ると、やっぱり山頂付近は雲に隠れていました。あの晴れ間は本当に貴重な晴れ間だったようです。


諏訪湖畔の片倉館で温泉に入ったあと、岡山に向けて出発しました。

map20200103tatesinayama.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











スポンサーサイト



| 2020年1月 蓼科山 | 21:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山の上だけ悪天候: 蓼科山その1 

2020年1月3日(金) 長野県茅野市 蓼科山(標高2531m) 日帰り単独行 


1月2日に休養日をとったおかげで疲労感も腰痛もだいぶん改善したので、3日は朝から蓼科山に登りに行きました。朝は前日ほどは冷え込まなかったものの、それでもやっぱり車内でマイナス1度ぐらいにはなっていました。前日の反省で結構着こんで寝たのに朝方寒くて目が覚めて、電気毛布のスイッチをいれましたがそれでも寒いのでフリースのブランケットをかけたりしてなんとか寒さをしのぐ有様でした。念のため言っておきますが、寝袋はモンベル ダウンハガー800#1なので、寝袋がだめなんだろうという指摘はあたりません。なんでこんなに寒さに弱くなってしまったのでしょうか。疲労の程度や体調で寒さに対する耐性は違ってきますが、単に疲れていたというよりも、体質そのものが変わってしまったような気がします。なんとか、対策を検討したいと思います。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ミレー ドライナミックメッシュ3/4シャツ
 ベースレイヤ: バーグハウス メリノウール200クルーネック
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: マムート フォレイカーハイブリッドジャケット
 ハードシェル: マムート マサオジャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: スマートウール メリノ150グローブ
ショーワ テムレス02ウィンター
イスカ ウェザ-テック オ-バ-ミトン
ブラックダイヤモンド ソロイスト
 キャップ/ハット: マムート ストーニービーニー
 バラクラバ: マムート バラクラバアークティックウィンドストッパー

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: バーグハウス メリノウール200タイツ
 ミドルレイヤ: なし
 ハードシェル: マムート クルーズHSサーモパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: モンベル メリノウールエクスペディションハイソックス
 シューズ: スカルパ モンブランGTX

●ギア
 バックパック: マムート トリオンプロ35+7L
 ストック: ブラックダイヤモンド トレイルコンパクト
 アックス: カンプ カシン Xライトアッズ


IMG_4996_202001102222118d3.jpg
本日はおおむね天狗岳のときと同じウェアです。違うのは、アッパーのベースレイヤを厚めの200番にし、ミドルレイヤのフリースをやめて中綿入りのソフトシェルに変更しました。ソフトシェルのマムート フォレイカーハイブリッドジャケットは、昨年比婆山で使って具合が良かったのでもって来たのですが、今回もいい具合でした。中綿入りとはいえ汗抜けがよく蒸れ感が少ないうえに、前面や背面にはパーテックスクァンタムが使用されていて防風性能もそこそこあるので、冬山向きのジャケットといえます。


ボトムスのほうはベースレイヤにメリノウールのタイツをもってきたという点だけですが、これは単純に着替えとしてもってきたものだからというだけの話です。


ギア関係では、アックスを使うような山ではないので、一応アックスももっていくもののストックを使うことにしました。実際、ストックだけで十分でした。というより、急斜面が続くのでアックスよりもストックを使ったほうが断然いいといえます。もっとも、大雪で登山道の岩がすべて雪に埋まって雪壁のような斜面になってしまった場合は、アックスのほうが安心かもしれません。状況によって使い分けるので、どちらにしても冬の山に入る場合はアックスは必携です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





IMG_4939_20200110221318cae.jpg
7時前に諏訪湖畔を出発し、蓼科山を目指して車を走らせていくと、前方に八ヶ岳の山々が見えてきました。しかし、山の上のほうには雲がかかっていて、山頂部分はガスの中です。頭上には青空が広がっているというのに、どういうことなんでしょうか。この光景を見て一気にモチベーションが下がってしまいましたが、この後晴れるかもしれないので、とりあえず登山口までは行くことにします。


IMG_4942_202001102213235bb.jpg
雪も凍結もないビーナスラインを上っていくと、女乃神茶屋を過ぎたところにある登山口の駐車場に着きました。ところが、思いのほか混んでいます。道路側から見たところほぼ満車のように見えます。


IMG_4941_20200110221321030.jpg
幸い道路の反対側にも駐車場があり、そちらは空きがあったので車を停めることができました。僕がとめたときはまだ3台ほどしか停まっていなかったのに、準備をしているうちにすぐにいっぱいになってしまいました。やたら人気のある山だなと不思議に思いましたが、あとで百名山だったと知りました。


IMG_4940_20200110221320257.jpg
駐車場入口そばにバイオトイレがあり、唐沢鉱泉の駐車場のバイオトイレと違って使用可能でした。また、登山届けを提出するポストもトイレのそばに設置されていました。


IMG_4943_202001102213247b8.jpg
8:55 天気は相変わらずで、山の上のほうだけ雲に覆われていますが、登って行くうちに晴れることを願って出発します。登山口は女乃神茶屋方面にビーナスラインを少し下ります。


IMG_4944.jpg
女乃神茶屋前の登山口です。


IMG_4945_2020011022132786d.jpg
道標もしっかり設置されています。


IMG_4946_202001102213296fe.jpg
登山道に入るとすぐに雪道になりましたが、積雪はわずかです。


IMG_4947_202001102213307dc.jpg
ダケカンバの巨木が登山道脇に立っていました。幹周はふた抱えほどありそうで、なかなかの風格です。


IMG_4948.jpg
サルオガセの垂れ下がった木もありました。サルオガセも久しぶりに見たような気がします。


IMG_4949_2020011022203644c.jpg
9:07 登山口からはほぼ平坦な道が続いていましたが、ここから登り勾配の道が始まります。


IMG_4950.jpg
9:24 上り坂が終わり、再びなだらかな樹林帯になりました。少し汗ばんで来たので倒木のあるところで休憩をとり、ハードシェルを脱ぎました。風はあまり吹いていないし、気温もマイナス5度程度なので、ベースレイヤとソフトシェルだけでも寒くありませんでした。また、この先勾配がきつくなるので、チェーンスパイクを装着しておきました。12本爪クランポンもありますが、この雪ではチェーンスパイクのほうが楽に歩けるだろうという判断です。


IMG_4951_20200110222039924.jpg
9:44 なだらかな樹林帯が終わり、徐々に勾配がきつくなってきました。



IMG_4953_20200110222041991.jpg
9:53 岩ゴロの急斜面が現れました。ここからが本番です。


IMG_4954_20200110222042690.jpg
行けども行けども岩ゴロの急斜面は続きます。


IMG_4955_20200110222044dc8.jpg
10:14 急斜面はいっこうに終わる気配がありません。


IMG_4956_20200110222045070.jpg
傾斜が一段ときつくなったと思っていると、突然青空が現れました。このまま晴れるのかと思いきや、すぐにまた雲に覆われてしまい、せっかく上がったテンションも再び急降下です。


IMG_4958_20200110222047ef2.jpg
10:24 ようやく岩ゴロの急斜面が終わったと思ったら、小ピークのような場所になりました。


IMG_4962_20200110222209e53.jpg
どうやら、蓼科山の中腹にある2113mの三角点ピークまで来たようです。風もほとんどなく、休憩に適地だったのでここで休憩をとりました。


IMG_4959_20200110222048348.jpg
樹間の向こうに見えるのは南八ヶ岳の山だと思いますが、山頂部はガスで隠れています。蓼科山も同じ状況なので、どうやら晴れる可能性は薄そうな雰囲気です。


IMG_4961.jpg
今回は気温がそれほど低くないので、テムレス02ウィンターでそのまま登ることにしましたが、このあと風が強くなったり気温が下がる可能性もあるので、イスカ オーバーミトンをテムレスの上から装着しておきました。オーバーグローブをつければ、マイナス10度ぐらいまで冷たさを感じずにいけるかどうかのテストも兼ねています。天狗岳で試せなかったので、とりあえずここで試してみることにしたのですが、山頂でもマイナス10度まで行くかどうかはビミョーな感じです。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 2020年1月 蓼科山 | 22:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |