FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

晴天だけが救いの極寒と強風の頂: 天狗岳その2 

2020年1月1日(水) 長野県茅野市 天狗岳(標高2646m) 日帰り単独行 


10:44 休憩と装備の交換を終えて、黒百合平を出発しました。装備の交換のほかに食事をしたりトイレに行ったりしたので、いつの間にか45分も休憩していました。


指先が冷たくなりかけていたテムレス02ウィンターからブラックダイヤモンド ソロイストにグローブを交換したおかげで、指の冷たさは消え手がホカホカしてきました。さすがは厳冬期の山岳エリアで使うことを前提に開発されたグローブだけの事はあります。


IMG_4872_2020010813481971a.jpg
10:51 なだらかな樹林帯の中を5分ほど歩いたところで、中山峠に出ました。直進すると急斜面を下ってしらびそ小屋のあるみどり池方面ですが、ちゃんととレースがついていて、年末年始はしらびそ小屋方面からの登山者はそれなりにいるようです。通年営業のしらびそ小屋や本沢温泉の利用も考えましたが、岡山からだといったん八ヶ岳を回りこんで東麓へ行かないといけないということで、やはり西麓の登山口からのアプローチが便利で現実的です。


IMG_4874_20200108134821a25.jpg
中山峠を右折すると、前方に東天狗岳が見えました。東天狗に登るのは2002年の夏以来で、冬季は初登頂になります。


IMG_4876_202001081348228cb.jpg
中山峠から7分ほど登ったところで、一気に展望が開けました。三角形の東天狗岳とおわんを伏せたような丸っこい西天狗岳が並んで青空にそびえています。ちょうど東天狗岳の上に太陽があり、きりっと引き締まった透明感のある冬山らしい光景に思わず足が止まりました。


IMG_4881_202001081348247c7.jpg
展望の開けた場所から15分ほどで、巨岩の折り重なる岩稜になりました。特別通過に困るようなことはありませんが、このあたりからそろそろ森林限界に差し掛かるので、風がどんどん強くなってきました。


IMG_4882_202001081349449f4.jpg
森林限界を超えて吹きさらしの稜線に出てくると、右手方向(西側)から冷たい風が吹き付けてくるので、右頬だけがやたら冷たくなってきました。はじめはグローブで頬を覆ったりして風を避けていましたが、さすがに耐えられなくなってネックゲイター状態だったバラクラバを引っ張り上げました。


IMG_4884_2020010813494678c.jpg
11:41 すりばち池経由のコースとの合流点を通過します。ここまでくれば山頂までもうすぐです。


IMG_4885_202001081349477a9.jpg
山頂直下の岩壁への取り付きです。このコースで唯一難度の高い場所ですが、特に危険というほどの難度ではないので、通過に困ることはありませんでした。


IMG_4886.jpg
ただし、上のほうで若干コースがよくわからないところがあり、岩を伝って行こうとしてちょっと面倒なことになった箇所がありました。基本的に岩の下のほうを通過する西天狗岳へ向かうように見えるトレースをたどり、途中から東天狗岳方向に上がることができるので、岩をたどるようなコースとりはやめたほうが楽です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4887_2020010813495029f.jpg
11:58 東天狗岳の山頂に着きました。17年ぶりの山頂です。東天狗岳の標高は地形図には記載されていませんが、ウィキペディアによると2640mらしいです。西天狗岳よりも6m低いということになります。


東天狗岳の山頂は、けっこうな強風が吹いていました。立っているとときおり押されたようにバランスを崩しかける突風も吹くので、瞬間的には15m/秒ぐらいの風は吹いていたようです。気温はマイナス10度だったので、体感温度はマイナス20~25度ぐらいということになります。


IMG_4888_20200108134952a79.jpg
硫黄岳を見ていると稜線で雪煙が舞っていたので、あちらでもかなりの強風が吹いているようです。


IMG_4889.jpg
硫黄岳の先には、赤岳と阿弥陀岳もきれいに見えていました。厳冬期の赤岳は2度登頂しているものの、どちらもガスガスの悪天候でした。3度目に登るときは晴天に恵まれたいものです。


IMG_4890.jpg
西側にある西天狗岳山頂には、人影は見当たりません。こちらの東天狗も3名いるだけなので、お正月ですが意外と人が少なく静かな山頂です。


IMG_4892_20200108134956e83.jpg
なだらかな北八ヶ岳の山々の向こうに、ひときわ高い蓼科山がそびえています。


IMG_4896.jpg
山頂にある岩には、西向きに伸びたえびの尻尾がたくさんついていました。強烈な西風が吹き付けてくる証拠です。


IMG_4895_2020010813520089c.jpg
お昼時ですが、強風の吹きつける山頂でのんびりと座って食事などする気にはなれないので、西天狗岳を背景に自撮りして出発することにしました。


IMG_4899_20200108135203047.jpg
12:19 西天狗岳に向けて下ります。


IMG_4900.jpg
鞍部まで下ってきました。鞍部でランチにしようかと思っていたのですが、思っていたほど風が弱くなかったので、そのまま西天狗岳に登ることにしました。


IMG_4904_202001081352368ae.jpg
鞍部から山頂までの登り返しは標高差50mほどだし、傾斜もそれほどきつくないので楽でした。


IMG_4905_202001081352385c8.jpg
山頂までもう少し。


IMG_4906_20200108135239e0c.jpg
振り返って東天狗岳。


IMG_4909_202001081352410b7.jpg
12:36 ほぼ山頂に着いたのですが、山名の書かれた標柱の周りにおばさんたちが集まって写真の撮り合いをしていて当分終わりそうにないので、先に展望を楽しむことにしました。


IMG_4910_2020010813524230d.jpg
3分ほど待たされてようやくおばさんたちが標柱の周りから離れてくれたので、すかさず標柱だけを撮影。しかし、このあとも標柱の近くで別のソロで登って来たおじさんの自慢話と山座同定の話に盛り上がって動こうとしないので、さらに風景を眺めて時間をつぶしました。


IMG_4913_20200108135243b1c.jpg
結局、彼らが東天狗岳方面に下り始めるまで5分ほどぶらぶらする羽目になりましたが、ようやく誰もいなくなった山頂でゆっくりと自撮りすることができました。


IMG_4915_20200108135245a81.jpg
硫黄岳や赤岳を背景にもう一枚。


IMG_4916_20200108135246c3d.jpg
東天狗岳を背景に西天狗岳の標柱を記念撮影。


IMG_4917_20200108135248fe8.jpg
西天狗岳山頂からは諏訪湖も見えていました。


IMG_4918_202001081352495dc.jpg
12:50 いつの間にか青空はグレーの雲の覆われてきて、陽射しもなくなり寒さも増してきたので、そろそろ下山することにしました。下山は、西天狗岳から西尾根を下って唐沢鉱泉に戻ります。


IMG_4920.jpg
西天狗岳からの下りは結構な急斜面です。風が下から吹き上げてくるのでかなり寒く、岩ゴロの急斜面をクランポンの爪を引っ掛けないように気をつけながら下りました。


IMG_4921_20200108135440bd3.jpg
13:02 ようやく樹林帯に入って、吹きさらしの風から逃れることができました。


IMG_4922.jpg
小さな鞍部を通過します。


IMG_4923_20200108135443c18.jpg
鞍部から小ピークへの登り返しになりますが、そろそろ空腹感が出て来たので、ちょっとしんどい登り返しとなりました。


IMG_4925_202001081354459db.jpg
13:13 登り返した先のピークには、第二展望台と書かれた道標が立っていました。そういえば、登山地図にそんな記載があったなと思い出しました。ランチ休憩には絶好のロケーションですが、いかんせん風が吹き付けてきて寒いので、こんなところでランチは無理。ということで、さっさと通過しました。


IMG_4926.jpg
振り返れば西天狗岳が見えました。


IMG_4928_20200108135448e20.jpg
13:35 第一展望台に着きました。第二展望台よりも風は弱くなっていますが、やはり展望台という名前がついている場所は風が吹き抜けやすいようで、ここでもそこそこ風があったのでやっぱり通過します。


IMG_4929_2020010813544905c.jpg
それに、空模様も黒っぽい雲が増えて山頂が隠れてしまいなんだか怪しい雰囲気なので、のんびりする気分にはなりませんでした。


IMG_4930.jpg
13:43 第一展望台からしばらく下ったところで、風もなく椅子代わりの段差のある休憩適地があったので、ここでようやくランチタイムです。といっても、もって来たカップラーメンをわざわざ作るのはめんどくさいので、行動食で簡単に済ませました。黒百合平でアミノバイタルゼリーを飲んでいてあまり空腹感は強くなかったので、1本満足バーだけで十分でした。


IMG_4931.jpg
その後、急降下が続く道をひたすら下りました。


IMG_4932_2020010813561774a.jpg
14:18 ようやく涸尾の峰分岐まで下りてきました。ここを右へ下ります。


IMG_4933_20200108135619843.jpg
分岐からもまだまだ下りが続きます。


IMG_4934.jpg
14:52 長い下りがやっと終わって、小さな沢に出てきました。ここからは沢に沿って下っていきます。


IMG_4935_20200108135622cb9.jpg
14:56 唐沢鉱泉前の橋に戻ってきました。駐車場に戻ったときの写真は撮り忘れましたが、GPSによると15時ちょうどでした。コースタイムだとおおむね6時間ですが、休憩時間がトータルで1時間以上あるので、7時間強の時間がかかってしまいました。休憩時間を除くと、コースタイムより少し早いぐらいですが、寒いし、食事をちゃんと取らなかったためか思いのほか疲労感が強く、消耗したなという感じでした。


唐沢鉱泉で温泉に浸かり、ツルツルテカテカの凍結路面をゆっくり下って、コンビニ弁当で夕食を終えて、この日は茅野市運動公園の駐車場で夜を過ごしました。もともとは翌日の甲斐駒登山のために、登山口に近い富士見高原スキー場の駐車場で車中泊するつもりでしたが、疲労感と腰痛が思ったよりもきつく一晩寝たぐらいでは回復しそうにないので、周囲に何もない富士見高原スキー場よりも便利な茅野市運動公園に変更したというわけです。


実際、翌朝起きたときにこれは無理だと悟ったので、近くのコンビニでゆっくり朝食をとったあと、お昼前に諏訪湖畔に移動して温泉につかったりしてのんびり過ごしたのでした。

map20200101tengudake.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











スポンサーサイト



| 2020年1月 天狗岳 | 13:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晴天だけが救いの極寒と強風の頂: 天狗岳その1 

2020年1月1日(水) 長野県茅野市 天狗岳(標高2646m) 日帰り単独行 


今年の正月山行は、ある意味計画の段階で失敗でした。一番行きたかったのは甲斐駒ケ岳で、黒戸尾根経由七丈小屋泊で登るつもりでした。12月30日に入山し、31日に登頂という計画でしたが、12月31日の天気が荒れるとの予報でやむなく計画変更。1月1日入山にすればよさそうなものですが、今年は南アルプスの営業小屋がいくつか休業していることが引っかかっていました。


たとえば、北沢峠のこもれび山荘と長衛小屋は台風19号で戸台の駐車場が流されたことや戸台川沿いの登山道が通れないなどが理由での休業です。鳳凰山の鳳凰小屋も台風19号の影響で地形が変わり雪崩の危険性が高いので休業するとのことで、当然ながら本来そちら方面に分散していたはずの登山者が、他の営業小屋へ流れる可能性が高くなります。北アルプス方面は天気がずっとよくないみたいなので、晴天予報の八ヶ岳や南アルプスの営業小屋が混雑するのではないかと考え、七丈小屋も正月の宿泊は厳しいか、泊まれてもかなり混雑しそうだという結論に達しました。


であれば、日帰りでまずは天狗岳に登り、2日の七丈小屋宿泊ならいけるだろうということで、登山計画を決めました。しかし、入山前日に天狗岳で体力を消耗した状態で長く厳しい黒戸尾根に挑もうというのがそもそもの間違いでした。これが10年前ならまだしもですが、腰痛も完治していない上に体力も衰えつつある自分のコンディションを冷静かつ的確に把握できていませんでした。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス L/S ハイブリッドパラマウントメッシュクルー
 ベースレイヤ: アイベックス ウーリーズ150ロングスリーブ
 ミドルレイヤ: マムート アコンカグアジャケット
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート マサオジャケット
 インサレーション: ノースフェイス レッドポイントライトジャケット
 グローブ: スマートウール メリノ150グローブ
ショーワ テムレス02ウィンター
ブラックダイヤモンド ソロイスト
 キャップ/ハット: マムート ストーニービーニー
 バラクラバ: マムート バラクラバアークティックウィンドストッパー

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: モンベル ジオラインEXP.タイツ
 ミドルレイヤ: なし
 ハードシェル: マムート クルーズHSサーモパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: モンベル メリノウールエクスペディションソックス
 シューズ: スカルパ モンブランGTX

●ギア
 バックパック: マムート トリオンプロ35+7L
 ストック: なし
 アックス: カンプ カシン Xライトアッズ


IMG_4848_20200106011741a42.jpg
今年は、ハードシェルの上下を新しいものにしました。別に、今まで使っていたものに問題があったわけではなく、単なるカラーバリエーションの変更です。上下とも中古品です。赤いジャケットに黒いパンツというのはどこでも見かける組み合わせですが、黒いジャケットに赤いパンツという組み合わせはほぼ見た記憶がありません。マムートのカタログでこの組み合わせの写真を見て、気になっていました。


マサオジャケットはあまり使用感のないきれいなものでした。ゴアテックスではなく、マムート独自のメンブレンであるDRYtech Premiumの3レイヤ生地を使ったハードシェルジャケットです。ポリウレタン系のメンブレンは加水分解でだめになるのが早いので基本的には購入しない方針ですが、以前マムートショップの店員さんに聞いた話だと、DRYtechには2~3種類あって、最上級のPremiumの耐久性はかなりいいとのことだったので、3レイヤでもあるし買ってみました。


クルーズHSサーモパンツは登山用ではなくスキー用のパンツです。中綿入りハードシェルパンツなので保温性能は抜群です。登山には暑過ぎるかという気もしますが、太もも内側にベンチレーションがあるので、ベースレイヤを薄手のものにしておけば厳冬期の3000m級にはちょうどいいのではないかと思ったわけです。それに、メンズの登山用パンツで赤色ってのはまったくないので、スキー用しか選択肢はないということもあります。未使用の新同品でしたが、2万円を切る価格で購入でき、上下で4万円もかからず購入することができました。もともとはこの山行で使う予定ではなかったのですが、年内には間に合わないと思っていたクルーズHSサーモパンツが奇跡的に出発前日に届いたので、急遽使ってみることにしました。


Balaclava Arctic WS2
あとは小物ですが、マムート バラクラバアークティックウィンドストッパーも年末ギリギリに購入しました。昨年まではアウトドアリサーチのウィンドストッパーバラクラバを使用していましたが、鼻と口の部分に穴が開いているわりには息の抜けがいまいちで、すぐにサングラスやゴーグルが曇ってしまうというのが不満でした。マムート バラクラバアークティックウィンドストッパーは鼻の部分が穴ではなく切り欠きになっていて鼻息が直接下に抜ける構造なので、サングラスなどが曇りにくいだろうということでの購入です。市場在庫はあまりなかったのですが、たまたま好日山荘楽天市場店で見つけたので購入しました。僕が購入したらすぐに在庫なしになったので、最後の1つだったようです。ラッキーでした。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4846.jpg
今年も諏訪湖畔の公園で車中泊をして、早朝、天狗岳の登山口となる唐沢鉱泉に向かいました。出発時の外気温がマイナス6度ぐらいだったので、かなり冷え込みそうだなと思いながら車を走らせていると、三井の森の入口あたりですでにマイナス9度になっていました。


唐沢鉱泉に着いたのは、7時ごろでした。三井の森の別荘地区を過ぎて林道に入ってくると、なかなか厳しい急坂やヘアピンカーブが現れ、しかも地面は凍結路面だったりするのでビビリながら運転しました。幸い、まだ2シーズン目のヨコハマタイヤのスタッドレスなのでグリップ力は十分残っていたし、なによりやばそうな場所は土がまかれていて滑り止めがされていたので、FFの車で登りきることができました。


IMG_4849_20200106011743e05.jpg
7:42 準備を整え、歩き出します。ところで、写真にあるとおり駐車場は結構な傾斜地になっていて、しかも車が通る部分はがちがちに踏み固められた凍結圧雪路です。なので、駐車場所を探して下手に減速したり止まろうものなら、4WDでない車は発進不可能になります。なので、空きがあったらすかさず頭から突っ込んでしまうことです。もしくは、唐沢鉱泉前の平坦な場所まで登って、切り返して下りながら駐車場所を探すことをおススメします。なお、こちらは駐車料金は不要です。


また、駐車場が坂道なので、車を停めると当然ながら斜めに傾いた状態になります。なので、ここで車中泊をすると寒さが厳しいうえに相当寝苦しい状態になると思われるので、車中泊には不向きな駐車場です。それでも車中泊する人もいるようで、隣の車には助手席にサーマレストのマットが広げられていました。


IMG_4850_20200106011744fc9.jpg
駐車場の一番上に立派なバイオトイレがありますが、冬季は使用できません。冬季は、左手奥に見えている簡易トイレを使用します。


IMG_4852_2020010601174631e.jpg
この簡易トイレは、さすがに目の前にある唐沢鉱泉が管理しているようで、ペーパーもありきれいな状態でした。


IMG_4853.jpg
登山届けは、唐沢鉱泉の入口脇に設置されているポストに入れます。


IMG_4854.jpg
唐沢鉱泉前を奥に進んでいくと、右に西天狗岳への道を分けます。下りは、ここへ下りて来る予定です。


IMG_4855_20200106011750d26.jpg
西天狗岳への分岐を過ぎてさらに奥へ進んでいくと、再び分岐があります。黒百合平経由の天狗岳へのコースは、ここを右へ入ります。


IMG_4856_20200106011752c41.jpg
分岐を右へ行くと、すぐに橋を渡ります。この後は、比較的緩やかな樹林帯の中をずっと進んでいきます。


IMG_4857_20200106011753625.jpg
8:17 出発して30分が経過したあたりで少し汗ばんで来たこともあり、休憩をかねてチェーンスパイクを装着しました。クランポンでもよさそうなものですが、まだ雪は深くなく、岩や木の根が露出していたり雪のすぐ下にあったりで、爪の短いチェーンスパイクのほうが圧倒的に歩きやすいです。八ヶ岳のアプローチは、少し荷物になってもこうしたチェーンスパイクのようなものを持っていると楽です。


IMG_4858_202001060120160ff.jpg
単管パイプで組まれた橋を渡ります。


IMG_4859_202001060120179aa.jpg
代わり映えのない樹林の中を坦々と進んでいきます。


IMG_4860.jpg
再び橋を渡ります。


IMG_4861_2020010601202009b.jpg
8:36 2つ目の橋を渡ると、谷沿いに緩やかに上ってきた道が急に傾斜のきつい尾根斜面を登る道になりました。


map20200102tengudake2s.jpg
ちょうど標高2050mあたりで橋を渡った後のS字状に道が折り返している場所になります。


IMG_4863_20200106012022974.jpg
8:53 急坂はすぐに終わり、再びなだらかな樹林の中を進んで行くと、ほとんど平坦といってもいい場所に小さなベンチがぽつんと設置してありました。先の休憩からちょうど30分ほど経っていて、再び汗ばんできたところなのでここで休憩をとりました。今回はソフトシェルを省いて初めからハードシェルを着ているので、気温が低いとはいえ風の吹かない樹林帯を登っていると、いくら汗をかかないようにゆっくり歩いても、さすがに体温は上がってしまいます。なぜ通気性のいいソフトシェルを省いたかというと、気温が低く風が強いという予報だったので、樹林帯でもそこそこ風があって寒いだろうと予想したわけですが、残念ながらその予想ははずれて、樹林帯ではほぼ無風でした。


IMG_4864_202001060120246e5.jpg
気温は相変わらずマイナス9度です。陽が昇ってそろそろ気温が上がってきてもよさそうなものですが、標高も上がっているのでプラスマイナス0ということなのかもしれません。ちなみに、グローブはテムレス02ウィンターで、メリノウールのインナーグローブをはめていましたが、これで寒くはありませんでした。



IMG_4865_2020010601202503c.jpg
9:11 ようやく渋の湯方面からの登山道との合流点に着きました。


IMG_4866_20200106012026802.jpg
黒百合平方面に進みます。


IMG_4867_20200106012028b93.jpg
分岐からしばらくは緩いのぼりの道でしたが、7分ほど進んだあたりから傾斜が急になってきました。


IMG_4868_20200106012029670.jpg
9:44 ようやく傾斜が緩んで楽になってきました。


IMG_4870.jpg
9:56 黒百合平に着きました。巨大な太陽光パネルを設置した黒百合ヒュッテが存在感を放っています。


IMG_4871_20200106012245e0c.jpg
黒百合ヒュッテの前がテント場になっていて、テントがちらほらと張られていました。昨晩はいったいマイナス何度まで下がったのかわかりませんが、相当冷え込んだことでしょう。


小屋前にあった半分雪に埋まったドラム缶をベンチ代わりにして休憩しましたが、さすがに日のあたる場所にいるとマイナス9度という気温を感じさせない暖かさがあります。しかし、この先は森林限界を超えた吹きさらしの稜線になるので、ここで装備をそれなりのものに変更します。


まずは、チェーンスパイクを12本爪クランポンに付け替えます。今回は急傾斜の雪壁を登るような場所はないし、爪が短くて雪が少ない状態でも爪を引っ掛けにくく歩きやすいグリベル エアーテックニューマチックを持ってきました。つぎに、グローブをテムレスからブラックダイヤモンド ソロイストに変更です。テムレスもインナーグローブをしているとマイナス9度でも大丈夫でしたが、黒百合平に着く少し前から指先が冷たくなり始めていたので、そろそろ限界かもしれないと考え、厳冬期用グローブに変更しておきました。また、ネックゲイター兼用でバラクラバも装着しておきました。ハードシェルのベンチレーションもほぼ閉じて冷たい風で体温が奪われるのを防ぎます。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











| 2020年1月 天狗岳 | 01:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |