FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

絶景! 独り占め: 三嶺その2 

2019年12月14日(土)~15日(日) 徳島県三好市 三嶺(標高1894m) 避難小屋泊単独行 


15日の朝は5時過ぎに目を覚ましました。昨晩は、夕方からガスが出て、しかも結構な強風が吹いていましたが、夜半を過ぎる頃から風は弱まって、静かな朝でした。この時期の5時はまだ真っ暗なので、天気がどういう状態なのかは窓から覗いただけではよくわかりません。


IMG_4713_20191225112248cf5.jpg
しばらく寝袋の中でグダグダしていましたが、6時前に起床。室温は2.8度で、思っていたよりも寒くありませんでした。


IMG_4714_2019122511224957d.jpg
朝食は、山菜おこわと赤だし味噌汁でおいしくいただきました。洋風のピラフはあまりおいしくなかったのですが、和風の山菜おこわはけっこうおいしく食べることができました。五目ごはんもわりといけるので、尾西のアルファ米は和風のメニューのほうがよさそうです。


IMG_4715_201912251122510e9.jpg
6:53 ちょっと遅くなってしまいました、防寒準備を整えて外に出ました。天気予報は的中して、真っ青な空が広がっています。新雪で真っ白かと思いきや、意外にも積雪はなく、木の枝に霧氷がついて白くなっているだけでした。


IMG_4716_2019122511233840b.jpg
今日は、テムレス02ウィンターを装着しました。デビュー戦です。マイナス5度ぐらいまでいけるとのことなので、期待が大きかったのですが、出てしばらくは指先が冷たくてけっこうがっかりでした。


IMG_4719_201912251123406f6.jpg
小屋の横から崖の上に上がると、絶景が広がっていました。眼下には雲海が遥か彼方まで広がっていて、彼方に剣山と次郎笈が島のように浮かんでいます。右手奥には、いままさに昇らんとしている太陽が雲の隙間から紅い光をほとばしらせていました。


IMG_4720_20191225112341a8a.jpg
少し小高い場所まで上って振り返ると、うっすらと白くなった笹原の先に三嶺の頂が天を突き、遥か上空には残月が冴え冴えと浮かんでいます。誰もいない静寂と、凛とした空気が張り詰めた朝の三嶺山頂を、ただ一人独占していると思うと、まさに至高の瞬間だと思いました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4721.jpg
7:02 この素晴らしい光景を山頂から見ようと、歩き始めました。


IMG_4722_20191225112344b94.jpg
山頂手前の台地まで登ると、コメツツジの群落も霧氷で白くなっていました。


IMG_4723.jpg
三嶺から剣山へ続く稜線がちょうどダムのように雲海を堰き止めていましたが、低い鞍部からは滝雲となって高知県側にあふれ出ていました。


IMG_4724_20191225112347cd3.jpg
山頂直下の急登は以前降った雪が残っていましたが、まだ凍結していない状態なので滑ることなく登ることができました。


IMG_4726.jpg
7:18 三嶺山頂は静かでした。風は少しあるものの凍えるほどではなく、風の音もしない静寂の空間が広がっていました。


IMG_4727_201912251123508fa.jpg
稜線に堰き止められていた雲が、ついに稜線を越えてあふれ出していました。


IMG_4731_20191225112518e6a.jpg
雲海は瀬戸内海方面から三嶺のある四国の脊梁山脈までは埋め尽くしています。雲の上に頭を出しているのは、おおむね1700mを越える標高の山だけです。


IMG_4732.jpg
天狗塚方面の山々も雲海の上に姿を見せていますが、標高1700mぐらいの鞍部には雲が流れ込んでいました。ちょうどお亀岩がある鞍部には、白い滝が出現していました。


IMG_4734.jpg
天狗塚の遥か彼方には、石鎚山系も見えていました。


IMG_4738.jpg
雲に隠れていた太陽がようやく顔を出し、三嶺山頂を照らし出してくれました。


IMG_4740.jpg
日が差し始めると雲海は徐々に薄くなってきましたが、それでもまだまだ荒海のようにうねりながら地表を覆いつくしていました。


IMG_4729.jpg
ひととおり山頂からの展望を楽しんだ後、記念撮影。このときは、ソフトシェルジャケットの下にフリース、上にダウンジャケット、ボトムスはグレイシャーパンツの上にエアロスピードパンツという組み合わせでしたが、まったく寒さは感じませんでした。


IMG_4730.jpg
このときの気温は、マイナス2.3でした。かれこれ30分ほど山頂にいましたが、寒くもなく快適でした。そういえば、小屋を出た直後は指先が冷たかったテムレスですが、歩き出すと血行がよくなったためか、指先の冷たさは消え、その後は山頂でじっとしていてもまったく冷たさは感じませんでした。素手にテムレスをはめていただけなのに、マイナス2.3度でまったく寒さを感じないとは、驚くべき耐寒性能です。そのうえ、蒸れ感も全然ありませんでした。


IMG_4742.jpg
7:50 太陽が上がって朝のドラマチックな光景も徐々に見慣れたものになってきたので、山頂を後にしました。


IMG_4744.jpg
笹原の向こう、北側には矢筈山とその周辺の山々が姿を見せています。はじめのうちは一部の山頂しか見えていませんでしたが、だいぶ雲海が下がって来たようです。


IMG_4745.jpg
剣山と次郎笈は、相変わらず堂々とした姿で、白い海に浮かぶ島となっていました。


IMG_4746_20191225112530d93.jpg
8:49 小屋に戻って荷物を片付け、パッキングが完了しました。Fpmat125は、折りたたんで前面の大きなポケットにすっぱりとおさまるので、パッキングが楽だし見た目にもすっきりして助かります。銀マットのほうがかえってかさばるほどです。


IMG_4749_20191225112722061.jpg
そういえば、百円ショップで見つけたタオルホルダーがけっこう便利でよかったです。汗拭きタオルをいつもどこにキープしておこうかと悩んでいたのですが、これがあると落とす可能性もほぼないし、手の届く範囲に自由に付けることができるので便利です。セリアで購入しましたが、ダイソーにも同じものがありました。


IMG_4750.jpg
9:00 避難小屋を出発します。


IMG_4751_201912251127256ab.jpg
すっかり霧氷も消えた山頂を下ります。


IMG_4752_201912251127278c0.jpg
池のほとりの分岐から、激くだりの始まりです。


IMG_4753.jpg
雲海もすっかり消えてしまいました。あの絶景を見ることができたのは、本当に幸運でした。


IMG_4754_20191225112730605.jpg
ガレ場を通過します。ここを過ぎると樹林帯に入るので、この展望も見納めです。


樹林帯に入ると登山者とすれ違うようになりましたが、あの絶景を彼らが見ることができないのは残念です。


IMG_4759_20191225112731616.jpg
9:46 ダケモミの丘で休憩をとりました。さすがに山頂でちょうどよかった服装は、ここまで降りてくると暑すぎます。ソフトシェルジャケットの下に来ていたフリースを脱ぎました。ネックゲイターも外します。


IMG_4761_201912251127335fb.jpg
10:34 林道出合いの直前で、2度目の休憩をとりました。


IMG_4763_20191225112734ef9.jpg
朝食が6時ごろで小腹が空いてしまったので、行動食でエネルギー補給です。


IMG_4765.jpg
11:13 下山完了です。昨日よりも車の数は増えています。三嶺は土曜日よりも日曜日のほうが混雑するようです。


帰路は、西祖谷から祖谷川沿いに県道32号線を通ってみましたが、狭くてカーブが連続する大変な道でした。普通に帰るなら県道45号で大歩危に出て、国道32号で池田まで出たほうが断然楽だし早いです。

map20191214miune.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










スポンサーサイト



| 2019年12月 三嶺 | 11:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絶景! 独り占め: 三嶺その1 

2019年12月14日(土)~15日(日) 徳島県三好市 三嶺(標高1894m) 避難小屋泊単独行 


年末も近くなって、どうしても気がかりなことがひとつありました。それは、腰の状況です。腰痛は完治したという状況ではなく、それほどひどくはないけれどちょっとしたことで痛みが出てくることもあり、はたして重い荷物を背負った泊まりの山行が可能なのかどうかがわからないのです。やはり、今年のGWに歩き始めて2時間、登山口から登り始めて45分で引き返す羽目になってしまったことがトラウマになってしまいました。


そこで、とにかく泊まりの装備で登ってみようということで、天気のよさそうな三嶺に出かけてきました。といっても、いきなりの冬季テント泊フル装備となると重すぎるし、そもそも三嶺は避難小屋があるのでテント泊の装備は必要ありません。ということで、少し軽量に抑えられる避難小屋泊装備で行くことにしました。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ミレー ドライナミックメッシュ3/4シャツ
 ベースレイヤ: マムート パフォーマンスサーマルジップ L/S
 ミドルレイヤ: マムート デイトリッパーフリースジャケット
 ソフトシェル: マムート アルティメイトフーディー
 ハードシェル: マムート オールラウンダージャケット
 インサレーション: マムート セラックダウンフーディー
 グローブ: マムート メリットパルスグローブ
       ショーワ テムレス02ウィンター
       モンベル ジオラインLWインナーグローブ
 キャップ/ハット: マムート ストーニービーニー

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: ノースフェイス ウォームトラウザーズ
 ミドルレイヤ: マムート グレイシャーパンツ
 ハードシェル: マムート エアロスピードパンツ
 インサレーション: モンベル ULダウンパンツ
 ソックス: ファイントラック メリノスピンソックスEXPレギュラー
 シューズ: スポルティバ トランゴアルプGTX

●ギア
 バックパック: マムート リチウムクレスト50+
 ストック: レキ マイクロバリオタイタニウム
 寝袋: モンベル ダウンハガー800 #1
 マットレス: エバニュー Fpmat125+銀マット
 クランポン: マウンテンダックス HG121(4本爪)


IMG_4661_20191222101325f8d.jpg
入山日はそれほど気温が低くないという予報だったので、ゴアテックスのハードシェルパンツはやめて、グレイシャーパンツで登る事にしました。もともとグレイシャーパンツは冬季の低山や春秋のトレッキング用のつもりで購入しましたが、生地がそこそこしっかりしている割に通気性や透湿性がすこぶるいいので、こういう冬季の高い山に登るときには涼しすぎるかもしれないと多少不安要素がありました。ショーラーという生地は撥水性や通気性は驚くほど優秀なので、冬季の使用にはあまり向いていないのかもしれません。しかし、実際に登ってみたら、標高が上がるにつれてたしかにちょっと涼しいかもという感じでしたが、今回はなんとか問題なく山行を終えることができました。


seracdown.jpg
ウェアに関して言えば、マムート セラックダウンフーディーを本格的に使うのは今回が初めてになります。購入したのは2018年2月で、同年の12月に日帰り登山の昼食時に軽く羽織って以来使う機会がなかったので、満を持しての投入になります。使った感想は、おおむね予想通りでした。モンベルのライトアルパインダウンの代わりとして購入したもので、スペック的にもほぼ同等と思っていたので、着心地もほぼ同じでした。十分暖かいのですが、避難小屋でじっとしていると二の腕あたりにちょっと寒さを感じました。極寒の塩見岳で最上級の暖かさを誇るバーグハウス ラムチェダウンを経験しているので、やはり中級クラスのダウンで感動するほど暖かいとは思えなくなってしまいました。とはいえ、気温がマイナス2.8度の山頂で寒さを感じなかったので、一般的な冬山であれば十分な保温性能を有しています。


fpmat125s.jpg
ギア関係では、エバニュー Fpmat125というマットを新しく導入しました。このマットは厚さ5ミリの薄くて硬い折りたたみ式のマットです。夏山での軽量化を考えて購入したものですが、夏に利用する機会がなかったので今回使ってみることにしました。冬とはいえ避難小屋利用なので、ホームセンターで買った厚さ4ミリの銀マットと組み合わせればいけるだろうと思ったのですが、使ってみると思っていたよりもずっと寝心地がよくて、サーマレストなどの厚くてかさばるマットでなくても十分だなと思えるものでした。単体で使った場合の断熱性や、テント泊で小石のでこぼこをどれほど解消してくれるのかは未知数ですが、詳しくはまた個別にレビューしようと思います。


IMG_4095_20191021221046014.jpg
テムレス02ウィンターも今回がデビュー戦でした。今年10月に購入して、2ヶ月間室内にぶら下げていたおかげでゴム臭さもほぼ取れて、快適に使うことができました。こちらも個別にレビューしようと思います。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4663_20191222101326ca9.jpg
11:13 名頃登山口の駐車場を出発します。日帰り登山なら遅すぎる時間ですが、山頂の避難小屋泊まりなので、下山時刻を考慮する必要がなく、この時間の出発でちょうどいいぐあいのはずです。のんびり歩いて、休憩込みで4時間ぐらいと見ているので、15時ぐらいに避難小屋に着く目論見です。駐車場には、ほかに車が2台停まっているだけでした。


IMG_4664_20191222101328d28.jpg
ちなみに、公衆トイレは閉鎖されていました。トイレは、コンタクトレンズ装着のついでに「道の駅にしいや」で済ませており、ここは当てにしていなかったので助かりました。いつからいつまで閉鎖されているのか知りませんが、おそらく12月から3月までの冬期間は閉鎖しているのでしょう。


IMG_4665_20191222101329e25.jpg
林道に入ってすぐのところから、尾根コースの登山道が始まります。林道経由の旧登山道が閉鎖されてこちらの尾根コースが正規の登山道になってだいぶ経ちますが、いまだに国土地理院は地形図に尾根コースを記載していません。誰かが指摘するまでそのままなんでしょうか。


IMG_4667_20191222101331e14.jpg
11:43 最初の急登をゆっくりと登ってきましたが、やっぱり汗ばんで来たので、急登が緩んだ巨木のある場所で休憩をとりました。とりあえず、この時点ではまだ腰のほうは大丈夫です。


IMG_4668_20191222101332757.jpg
休憩を終えて登っている途中、とつぜん目の前を黒い影が横切って行きました。突然のことでびっくりしましたが、鹿でした。鹿は少し離れたところで止まって、こちらをじっと観察していました。まだ若い鹿のようですが、群れとはぐれたんでしょうか。


IMG_4670_201912221013347cf.jpg
12:10 林道との出合いまで来ると、車が1台停まっていました。登山口には林道は崩落のため通行禁止になっていて、一般車は進入禁止だと書かれていましたが、この車は林業の関係者でしょうか。どちらにしてもここまで車で来られるということは、林道は復旧しているということのようです。


IMG_4671_20191222101335852.jpg
12:29 林道から再び尾根コースを登ってきましたが、徐々に腰にじんわりとした痛みを感じ始め、たまらず荷物を降ろして休憩です。時間がかかってもしっかりと休憩をとってなんとか頂上までたどり着きたいものです。この場所はちょうど倒木がベンチ代わりになり、日当たりもよく風も弱くて休憩にいい場所でした。


IMG_4672.jpg
気がつけばランチタイムでお腹も空いたので、昼食用のコンビニおにぎりをひとつ食べました。


IMG_4675_20191222101824850.jpg
林道出合いからしばらくは比較的緩やかな尾根コースでしたが、ダケモミの丘の手前から急登になります。腰の負担を軽減するためにできるだけ直立した姿勢をキープしながら、ゆっくりと登って行きます。


IMG_4676_20191222101825cdb.jpg
腰がじんわりとしびれたような感じになってきましたが、もすうぐダケモミの丘です。とりあえず、急登は終わったので、休憩しないでもう少し先まで進んでみることにしました。


IMG_4677_201912221018277b5.jpg
13:29 ダケモミの丘です。休憩しようかと思いましたが、ちょっと風があって寒いし日当たりもよくないので、ここは通過します。


IMG_4678_20191222101828253.jpg
旧登山道の合流点ですが、旧登山道は相変わらず通行止めのままです。夏場だと、ここは風が通り日陰になって涼しいので休憩適地ですが、冬はちょっと寒いので、もう少し先に進んでから休憩することにします。


IMG_4679_20191222101830bb0.jpg
13:39 旧登山道の合流点から5分ほど歩いたところに、日当たりがよくちょうどベンチ代わりになる倒木がある休憩適地があったので、やっと休憩をとることができました。ちょうど尾根に上がる急登が始まる直前の場所なので、タイミング的にもグッドでした。


IMG_4680_20191222101831b96.jpg
ここまではマムート メリットパルスグローブを直接素手にはめていましたが、指先が冷たくなって来たので、ここからインナーグローブを装着しました。気温は計測していなかったのでわかりませんが、指先が冷たくなるぐらいなので、5度を下回るぐらいまで下がっていたのかもしれません。


IMG_4681_20191222101833a38.jpg
山頂につながる尾根に出るために、急斜面を登ります。


IMG_4682_20191222101834294.jpg
尾根に出ました。ここから山頂直下までは、すこし緩めの尾根道です。


IMG_4683_201912221018368e0.jpg
三嶺山頂も見えてきました。


IMG_4684_201912221018371ee.jpg
尾根が細くなり、傾斜が徐々にきつくなってきました。腰のほうはなんとか悪化せずに沈静化います。


IMG_4685.jpg
いよいよ急登が始まる手前で、最後の休憩をとりました。今回の荷物は、おそらく12kgぐらいかなと思われます。この程度であれば、それほど重いとは感じません。上の水場が凍っている可能性もあるし、ボッカ訓練もかねているので、水は最初から3リットル強を担いできています。


IMG_4687_20191222101958323.jpg
14:47 山頂直下の急斜面にさしかかりました。大きな段差や岩を越えたりするので腰に負担のかかるところですが、ストックを使って上半身をかがめなくてすむように気をつけて登ったおかげもあってか、腰の痛みが再発することもなく通過することができました。


IMG_4689_2019122210195916c.jpg
水場の分岐を通過します。気温がそれほど低くないので凍結はしていないと思いますが、水は担いできているので水場に用はありません。そのまま通過します。


IMG_4690.jpg
ガレた急斜面をトラバースしていくと、山頂の上空を雲の塊がものすごいスピードで東に流れていくのが見えます。このあたりは山の東斜面なのであまり風はありませんが、山頂に出るとけっこう強い西風が吹いているのかもしれません。


IMG_4694.jpg
急傾斜の区間が終わり、笹原の斜面の緩やかなトラバース区間に入りました。前方に見える黒い岩の下を過ぎたら、山頂はすぐです。


IMG_4696.jpg
15:11 山頂の池の縁に出ました。


IMG_4697_201912221020050e3.jpg
池は完全に凍結していました。


IMG_4698.jpg
山頂まで行くかどうか迷いましたが、風もそれなりにあって日も翳って寒いので、さっさと避難小屋に行くことにしました。


IMG_4699_20191222102008bc5.jpg
15:13 避難小屋に着きました。15時ごろの到着を予定していたので、ほぼ予定通りでした。


IMG_4700_20191222102010fe9.jpg
中に入ってみると、予想に反して誰もいませんでした。土曜日だし、一人二人は宿泊客がいると思っていましたが、どうやら今日は貸切のようです。


IMG_4701_20191222102219dba.jpg
さっそくマットを広げて寝床のセッティングです。ホームセンターで買ったコタツの下などに敷く4ミリ厚の断熱シートの上に、エバニュー Fpmat125を広げます。2枚合わせても9ミリにしかならないし、Fpmat125はわりと固めのマットなので寝心地は期待していませんでしたが、横向きに寝ても腰骨があたって痛いということもなく、思いのほか快適で驚きました。


IMG_4702.jpg
宿泊の準備ができたところでトイレに行きましたが、玄関前に腕時計を放置しておいたところ、もどってきたら気温は2.1度を示していました。天気予報では、夜になって冷え込み雪も舞うとのことで、夜半には氷点下まで下がることでしょう。明日の朝は白銀の世界かもしれません。


IMG_4703.jpg
天気はどんどん曇ってきて、いまさら山頂まで行く気にもなれず、今日はこのまま小屋でのんびりすることにします。


IMG_4705_20191222102224390.jpg
入口前にあった看板です。青空はでていませんが、まさに静寂とともに山頂を独り占め状態です。


IMG_4709_20191222102227fc5.jpg
夕食の時間まで寝袋に包まって寝ているとなんだか背中が冷たいので、Fpmat125にエマージェンシー用シルバーシートを巻いてみたら暖かく寝られるようになりました。


IMG_4708.jpg
夕食はえびピラフとカレー、しじみのスープでした。


IMG_4710_20191222102228b89.jpg
できあがりです。尾西のえびピラフは、正直あまりおいしくないと思いますが、山で食べるものなので食べられないほどまずくなければOKです。でも、リピートはしないかな。


18時過ぎに寝袋に入り、すぐに眠りに落ちたものの21時ごろいったん目が覚めて午前0時すぎまで寝られませんでしたが、その後はいつの間にか眠りに落ちていました。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











| 2019年12月 三嶺 | 10:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |