FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

| PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

コカ・コーラ アップルを飲んでみた

コカ・コーラ アップルというのをスーパーで見つけて買って帰りました。ネットで調べてみると、9月16日から期間限定で発売されたものらしいのですが、以前コカ・コーラ ピーチが残念な結果になっているので、はたして今回はどうでしょうかと期待半分で飲んでみました。


coke_apple.jpg
結論から言えば、ピーチと同じでした。なんというか、昔銭湯に行ったときに飲んだ瓶入りのりんごジュース的なテイストで、人工的なリンゴ味をつけたコカ・コーラでした。まあ、まずくはないけどリピートしたくなるほどでもないというものでした。


コカ・コーラって、たまにこういうのを出していきますが、結局定番になったものはなく、やはりオリジナルのコカ・コーラが一番おいしいということのようです。下山すると無性にコーラが飲みたくなるのは、やっぱりおいしいからですね。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング












スポンサーサイト



| 時事ネタ・ニュース | 16:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旭日旗の代わりに朝日新聞社旗を振るのはどう?

なんだか旭日旗が嫌いな人たちがスポーツ大会の会場で旭日旗を見たくないと騒いでいるようですが、世界中で旭日旗とはまったく無関係の壁画やステンドグラス、ひいては童話絵本にまでクレームをつける尋常ではないセンスと努力に免じて旭日旗を振るのは自粛し、かわりに朝日新聞社旗を振るというのはどうでしょうか。


asahinewspaper_flag.jpg
(朝日新聞社HPより抜粋)

朝日新聞社は、あの社旗は旭日旗ではありませんと断言しているし、旭日旗が嫌いな人たちも不思議と朝日新聞社旗に関してクレームをつけていません。ということは、あの旗は旭日旗ではないと認めているということですから、何も問題ないわけです。要は気持ちの問題なわけです。旭日旗だと思って降れば旭日旗だし、でも公には旭日旗ではないのですからクレームの対象にはなりません。ということで、使う人が納得できればみんな丸く収まるわけです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




もしかしたら、大会スポンサーでもない会社の旗を振るのは困りますと、大会運営者から文句を言われるかもしません。でも、そのときは、これは旭日旗ですから朝日新聞社旗ではありませんと言えばいいわけです。でも、まったく朝日新聞社旗そのものだと言い逃れが苦しいので、朝の字のところを別の字にしておくというのもありかもしれません。Jとか、日とか。


もしも、会場でクレーマーにからまれたら、これはあの慰安婦記事を捏造し、今も反省することなくせっせと反日記事を配信して某国に協力しようとがんばっている朝日新聞社の社旗をベースにしたデザインですからといえば、きっと何もいわずに許してくれることでしょう。


朝日新聞社は、もちろん自社の旗がたくさん使われることを喜びこそすれ、反対するようなことないはずです。だって反日に注力しすぎて読者が激減して倒産の可能性もささやかれているぐらいですから、無料で多くの人が宣伝してくれるならこれほどありがたいことはありません。むしろ、旗を作って無料で配るぐらいしてくれてもいいと思います。


ということで、誰もが納得できる唯一の解決策として、スポーツ大会で旭日旗をもって応援したい人は朝日新聞社旗を振ろうという提案でした。


ちなみに、僕は旭日旗にこれといった思いいれもないし、日本代表の選手を応援するなら国旗である日章旗でいいんじゃない? と思いますが、さりとて旭日旗を禁止にする理由もないからご自由にどうぞという意見です。


kitamakedonia_flag.jpg
だって旭日旗を禁止にしたら、北マケドニアの人たちは、国旗を持って応援することができなくなりますから。ところで、旭日旗が嫌いな人たちは、北マケドニアにはどのような要望を伝えたのでしょうか。まさか、オリンピックで国旗を掲揚するなとは言ってないですよねえ。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング














| 時事ネタ・ニュース | 21:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アマゾンを語るフィッシング詐欺にご用心

昨日、アマゾンのアカウントが凍結されたというメールが届きました。


amazon_fishingsagi.jpg
タイトルは 「あなたのAmazonアカウントはセキュリティ上の理由で中断されました」 というものでした。誰かが不正利用しようとして引っかかったのかと思ってメールの内容を読んでみると、なんか変な感じです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





まずおかしいのが、アマゾンから買い物をしたときなどに直接送られてくるメールには、最初に名前で○○○○様となっているのに、このメールではメールアドレスが書かれています(黒線で隠した部分)。


次におかしいと感じたのが本文の日本語はなんだか変で、少し意味不明な表現になっていることです。


そして、本文の最後が「あなたのアカウントは永久ロック」で終わっていることです。こんな脅しのような文言をアマゾンが書くわけが無いし、永久ロックのところをわざわざ太字にしているのも怪しいと感じます。


amazon_fishingsagi2.jpg
念のためこのメールに対して返信ボタンをおしてアドレスがどうなっているのかを確認してみると、なんと@amazon.co.jpではなく、@accounts.google.comになっていました。アマゾンがgoogleのアドレスを使うわけがありません。すぐばれるような稚拙なフィッシング詐欺ですが、こういうことさえ気がつかずひっかかる人も世の中にはそれなりにいるんでしょう。オレオレ詐欺もそうですが、この手の詐欺がいつまでもなくならないわけです。


ということで、明らかにアマゾンに成りすました何者かが、アカウントとパスワードを盗むために送りつけて来たフィッシング詐欺メールだと思われます。おそらく、同じようなメールが無数に送られていることでしょうから、同じようなメールを受け取った方はくれぐれもメール内のリンクをクリックすることのないようお気をつけください。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 14:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに観た「ドラゴン怒りの鉄拳」にがっかり

GYAOでブルース・リー主演のカンフー映画「ドラゴン怒りの鉄拳」を久しぶりに観ました。最後に観たのはいつのことだか記憶にないぐらい遠い昔の話です。ロードショーではなくレンタルビデオで借りて観たはずなので、おそらく大学生か社会人になってすぐぐらいの頃だろうと思います。


とにかく、うっすらと残る記憶においては、、カンフーアクションにしびれたような記憶しかありませんでした。ところが、今回観てみてると、なんとも後味の悪い消化不良のような感想しか残りませんでした。


というのも、悪役である日本人たちの描き方がそれはもうひどくて、反日プロパガンダの映画としか思えないほどなのです。勧善懲悪の話なので、悪役は極悪非道でないと話が盛り上がらないというのもあるんでしょうが、観ていて気分が悪くなるほどでした。ところが、そういう悪者の日本人でも、言葉がひどいだけで手を出しているわけでもないのに、主役のブルース・リーは話をするでもなくいきなりカンフーでボコボコにやっつけてしまうわけです。たまたま悪役が日本人になっていただけで、悪者を懲らしめるのはよしとするということなのかもしれませんが、気に入らないやつは力づくで言うことをきかせればいいという考え方が根底にあるように感じてしまい、現代の中国映画なのかと思ってしまいます。1972年の製作ですから返還前の香港映画だったはずで、まだ英国の主権下にあった香港でこんな演出の映画が撮られていたとは、残念であり驚きでもあります。英国主権とはいえ中華文化圏なので、そんなものなのかもしれませんが。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




さらに驚いたことには、ブルース・リーが犬の丸焼きではないかと思われるものを食べるシーンがあったことです。


bluce_lee3.jpg
このシーンですが、これってどう見ても犬でしょう。なお、肖像権の問題があるので、念のためブルース・リーの顔には黒帯をつけてます。


中国の一部地域や朝鮮半島で犬食文化があることは知っていましたが、香港映画でこういうシーンが使われるとは驚きです。映画の舞台は上海租界なので、上海で当時普通の食材だったのか、それとも香港で普通に食されていたから映画の中で使ったのかわかりませんが、ちょっとショッキングな映像でした。食文化に関してはいい悪いを言うつもりはありませんが、犬食文化のない日本人としては正直引いてしまう映像でした。以前見たときにまったく気がつかなかったのは、なぜなんでしょうか。


そういうわけで、同じ映画を観ても年代によって受け取り方や観方が違って、感想も大きく異なるということを改めて実感しました。そういえば昔はよく観ていたホラー映画ですが、最近はまったく観なくなりました。むやみやたらにむごたらしい殺人が繰り返されるのを観るに耐えないので、スプラッター系はもちろんサスペンス系もほぼ観ません。その意味では、やたらめったら暴力シーンが繰り返されるカンフー系のアクション映画も、今後観る機会は激減しそうです。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 22:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日韓問題の本質を明快かつ論理的に解説した記事

なかなか治まる気配のない日韓問題ですが、Yahooにいい記事が載っていたので紹介したいと思います。


20190901yahoo.jpg


”韓国・文在寅が「徴用工問題」で嘘をつき「反日扇情」する本当のワケ”というタイトルのこの記事はYahooに掲載されていますが、出典は講談社の現代ビジネスというメディアに掲載されているもののようです。書籍として出ているのか、ネット専門のメディアなのか知りませんが、どうやら雑誌 週刊現代のネット版のようです。


著者は橋爪 大三郎氏です。あいにく、どういう方なのか知りませんが、記事を読むと反韓に偏っているという感じもなく、冷静に日韓問題を分析し、韓国側の問題を明快かつ論理的に分析していると感じます。


この問題に関してはいろいろな意見があるでしょうが、一読してみる価値のある記事だと思います。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング











| 時事ネタ・ニュース | 14:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うなぎでプチ贅沢

7月27日は土用の丑の日でしたが、山に登っていたこともありうなぎのことなどすっかり忘れていました。


本日、近所のスーパーで買い物をしていたときに、ふと魚売り場のうなぎが目に付きました。そういえば、土用の丑の日だったなあと思い出して、3日遅れとなりましたが、昼食用にうなぎを買ってかえりました。宮崎県産うなぎ一尾で1980円でした。うなぎを食べるのも何年かぶりで、半分ではものたりなさそうだし、6月7月はそこそこ良く働いたのでプチ贅沢もOKということに。お店で食べれば3000円ぐらい取られるでしょうから、それを思えば安いものです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4859.jpg
家に戻ってさっそく冷や飯の上にうなぎを載せて電子レンジで1分半ほど暖めれば、美味そうなうな丼のできあがりです。こってりと油がのり、弾力のある良くしまった身のプリンとした歯ごたえもあいまって、おいしくいただくことができました。


しかし、のどに小骨がささったらしく、つばを飲み込んだりするとちょっと痛いのです。贅沢しすぎだという天の戒めなのでしょうか。いやいや、普段はコンビニおにぎりなどの粗食で済ませているのだから、これぐらいの贅沢は許してもらいたいものです。


ところで、7月から暇になるかと思いきや、6月とあまりかわらない仕事量でした。考えてみれば、5月、6月の着工物件の構造や防水の検査が1ヵ月後ぐらいから出てくるので、6月まで忙しかったら当然7月も似たようなものになります。ただし、7月は新規着工件数が少なかったので、さすがに8月からは余裕ができそうです。暑い夏はのんびりするのが一番です。


話は変わりますが、最近コメント欄でアンケートだの宣伝だのと個人のブログに関係のないことを書き込むバカが増えて来たので、バカに利用されないようにコメント欄を閉鎖することにします。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 15:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かつての日本政府と同じ過ちを繰り返すユニクロ

FRT.jpg

ユニクロを運営するファーストリテイリングの決算発表で、役員がかの国の不買運動は長く続かないと思うと発言したことに関して、かの国で消費者を軽視しているという批判が巻き起こり、ファーストリテイリングは謝罪文をホームページに記載しました。


ところが、日本法人ではなく現地法人から謝罪文を発表したため、誠意が足りないなどとクレームが相次ぎ、二度目の謝罪文を掲載するはめになったようです。まるでしつこく絡んでくるチンピラそのものです。


謝罪文で、願っていると言うべきところを思っていると言ってしまったことが誤解の元だったと苦しい言い訳をしていますが、「願っている」と「思っている」ではまったく意味が異なります。この発言はかの国の不買運動に関する質問に対する回答だったと言っていますが、おそらく質問は不買運動による売り上げへの影響をどうみているのかということだったのでしょう。会社としては、直接的な影響は出ているものの、それほど深刻な状況ではなく、過去何度も行われた不買運動が長期化しなかったことを考えると、今回も深刻な影響が出るほど長期化するとは思っていないというのが回答の趣旨だったはずです。これを「願っている」とすると、単なる願望であり、市場動向と売り上げ予想に対する分析にはなりません。早くお客さんが戻ってきてくれることを願っているなどと間抜けなことをいう会社なんて、投資対象になりません。僕が株主だったら、すぐに株を売り払って別の会社に投資します。


で、2度も謝罪文を掲載して、かの国では不買運動をやめたかといえば、そんなことはありません。ますますヒステリックになって、配送業者もユニクロ製品の配送を拒否するなどと言い出し、どんどんエスカレートしています。まさに火病です。彼らは感情が行動原理であり社会秩序なので、冷静に物事を判断することはできないし、それが国民性なのです。常識的には謝罪を要求されて謝罪したら和解するものですが、そのときの感情の捌け口として謝罪を要求しているだけなので、何かあればすぐに過去のことを持ち出してきていつまでも謝罪を要求し続けます。謝罪すれば問題は解決するなどと言ったりもしていますが、息をするように嘘をつく人々ですから、問題は解決しません。だから謝罪をしても意味がないのです。ごく最近多くの問題が発生し、見事にこのことを証明しているではありませんか。


不買運動のパフォーマンスでキヤノンやソニーのロゴが描かれた箱を踏み潰したりしてたようですが、それを撮影したり放送したりしているカメラや放送機器は、まさにキヤノンやソニーなど日本製品そのものです。スマホの中身もたくさんの日本製品が使われているし、そもそも貿易立国であるかの国の銀行は国際的な信用がないため輸出入における決済の保証ができず、自分たちだけでは輸入も輸出もできません。日本の銀行が信用のないかの国の銀行に代わって決済を保証する信用状を発行しているからこそ輸出入が可能になっているのであり、日本抜きには国が存続し得ないという実情を理解できていないのだから、おめでたい人々です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




結局、彼らの謝罪要求に屈して謝罪を繰り返しても、何も問題は解決しないのです。慰安婦問題で歴代の日本政府が何度も何度も謝罪をしたのに、何も解決されていないではありませんか。しかも、いまだに日本は謝罪していないと何もなかったことにされていて、これこそが繰り返し謝罪や賠償を要求するための彼らの常套手段なのです。ユニクロは、今後事あるごとにターゲットにされて、何度も何度も謝罪を要求されることでしょう。そのうち、ユニクロの服を着てダサいとバカにされて精神的苦痛を受けたから慰謝料をよこせなどと訴訟をおこされる可能性が高いと思われます。かの国でユニクロの業績が悪化し、社員がリストラでもされた日には、不当に解雇されたから損害賠償を請求するなどと言い出すに違いありません。チンピラのゆすりたかりと同じです。


そもそも、日本国内の決算発表で市場動向をどのように見ているかという発言に、いちいちいちゃもんをつけるほうもつけるほうですが、それに謝罪するほうもするほうです。しょせんその程度の企業かと、すっかりあきれてしまいました。


以前はユニクロもちょくちょく利用していましたが、しょせん安かろう悪かろうのブランドだと気がついたのでここ数年はほとんど利用していません。今後は、脱ユニクロをモットーにして、かの国を見習って不買ブランドの筆頭に上げておきたいと思います。かの国から全面撤退したらまた利用することもあるかもしれませんが、しまむらのほうが耐久性などがいいと感じているので、もう利用することはなさそうです。


ちなみに、個人的に数年前からかの国とその旧宗主国の製品(原産地表記品を含む)は、食料品に関しては購入しないプライベートな不買運動を実施中ですが、なにも困ることはありません。ばかげたパフォーマンスなんかしなくても、自分の意志で取捨選択すればいいだけです。民度の高い大人は、黙って行動するのがスマートです。


なにしろ、かの国の海産物など一部の食品は、糞便に汚染された場所で採取されているとして、米国で食用に不適であると判定されているほどだし、日本でもたびたび輸入品から大腸菌が検出されています。わざわざお金を出して不衛生な食品を購入する理由はありません。かの国の旧宗主国の食品も、過度な農薬や薬品の汚染がひどいものがあったり、かつての毒入り餃子のようなこともありえるので、安いという理由で自分の健康や生命と引き換えにして購入するメリットはありません。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 00:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不幸はまとめてやってくる

何年か前に、プリンタが2台同じ日に壊れて、新しいプリンタを買いに行った帰りに購入後数ヶ月の新車で事故にあったという記事を書きました。それ以来、複数のトラブルが同時に発生するということはなかったのですが、本日久しぶりに発生しました。


今回は機械トラブルです。最初はメインで使っているデスクトップPCが起動しなくなりました。以前からあまり調子がいいとは言えない状態で、今年の1月15日に一度同じ状態になってしまいましたが、OSを再インストールしたらなんとか復活してくれました。しばらくは何のトラブルもなく使えていましたが、1ヶ月ぐらい前から突然画面が乱れてフリーズするということが発生するようになりました。それほど頻度が多いわけではないので、電源ボタンで強制終了して再起動させて使っていたのですが、この数日頻度が多くなり、本日とうとう再起動しなくなったというわけです。パソコンはトラブルが多くなるとそろそろ寿命だと考えたほうがいいので、起動ドライブであるCドライブが逝ってしまったのだろうと判断し、起動ドライブを交換することにしました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1504_20190714165359f10.jpg
パソコンのケースをはずして中を確認してみると、ケースの底に綿ぼこリがたまり、基盤のパーツにもホコリがついていました。しかも、CPUのクーリングファンの奥のヒートシンクにもホコリが布団のように張り付いています。これではCPUの冷却効率がかなり落ちているだろうから、何かとトラブルの原因になりそうです。ドライブを交換してもこのままではまともに使えないかもしれないので、ひとまず掃除機でホコリを吸い取り、いくつかのコネクタ部分もはずして付け直したりしておきました。


IMG_1505_20190714165402856.jpg
その後、問題のCドライブを取り外しました。こちらが、Cドライブのインテル320/MLC SSD 80GBです。ハードディスクと違ってSSDは機械的な稼動部分がないはずなのでトラブルは起こりにくいと思っていましたが、それほど甘くはないようです。いったんドライブを取り外してみたのですが、念のためもう一度起動しないことを確認しておこうと接続しなおしてみると、なんと再起動したではありませんか。どういうことだと思いましたが、ホコリが何らかのトラブルを引き起こしていたのか、はたまた接続しなおしたケーブルのコネクタ部分にトラブルの原因があったのかわかりませんが、起動するのであればもう少し様子を見てみることにしました。


IMG_1507_20190714165401510.jpg
ところで、マザーボードにCR2023のボタン電池が組み込まれているのを見つけました。いったい何の電池だろうと思ったのですが、購入後かれこれ7年半が経っているので、とりあえず交換しておいたほうがいいだろうということで、手持ちのCR2023に交換しておきました。ちなみに、この電池は電源オフのときでも時計の設定などを保つための電源として使われているようで、交換後に起動したら時計が購入時の年月に戻っていました。


パソコンを組みなおして起動してみると問題なく起動しましたが、どういうわけかDドライブを認識しません。もしかしてDドライブが死んでそれが原因だったのかとも思いましたが、Dドライブは起動とは無関係。再起動しなくなる直前にも使っていましたが、Dドライブのファイルを読み込むのにトラブルが発生したことはありません。ケーブルコネクタを接続しなおしたときにもDドライブは触っていません。なので、認識しない理由がさっぱりわかりませんが、とりあえずもう一度ケースをはずして、Dドライブのケーブルを接続しなおしてみると、無事に認識してくれるようになりました。まったく、手のかかるパソコンです。


IMG_4636.jpg
今回、ケースをばらしていたら、このパソコンがどこのものかようやく判明しました。購入したのはPCデポで、オリジナルブランドのO'ZZIOというパソコンなんですが、マウスコンピューターと書かれたシールが貼ってありました。オリジナルでパーツを組んだものではなく、マウスコンピューターのOEM品だったというわけです。まあ、そのほうが安心ですけどね。


IMG_4640.jpg
さて、二つ目のトラブルは、コンデジのキヤノン パワーショットS110です。こちらは、上で使った写真を撮影していたら、突然レンズを収納することができなくなりました。電源を入れなおせとメッセージが出てきますが、何度電源を入れなおしてもレンズは収納されずすぐに電源がシャットダウンされてしまうので、カメラとして使用することができません。こうなるともうお手上げです。


コンデジは、修理に出すと最低でも人件費として1万円強の費用がかかります。これにレンズユニットの交換となると、さらに数千円以上かかるわけですが、残念ながらS110はすでに修理期間がおわっていて修理そのものができません。ということで、このカメラは寿命を向かえたということになってしまいました。撮影するための機能には問題ないのでなんだかもったいないのですが、こればっかりはいかんともしがたいのであきらめざるを得ません。


そういえば、仕事で使っているパワーショットA2300というカメラは新品で5980円という激安カメラですが、レンズの収納時にときどき異音が発生してトラブルが起こるものの、とりあえず電源を入れなおせば復帰してくれます。購入時期はA2300のほうが1年早いし、仕事で使っているので落としたり雨に濡らしたりということも圧倒的に多いのに、なぜ高級コンデジのS110のほうが早く壊れるのでしょうか。耐久性と価格はあまり関係ないということのようです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 17:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アマゾンで4800円の空調服を買ってみた

仕事柄真夏の炎天下に住宅建築の現場に出向くので、蒸し風呂のような暑さの中で仕事をすることになります。ヘルメットの暑さもなんとかしたいところですが、とりあえず体の暑さをなんとかしようということで、今年は空調服を購入することにしました。


kuchofuku.jpg
配筋検査の現場に行くと鉄筋工の職人さんがけっこう空調服を着ているのを見ますが、見た感じではやっぱり涼しそうです。アマゾンで空調服を探してみたところ、4800円のものがあったのでさっそくポチッて見ました。以前は、空調服というと1万円以上するのが当たり前でしたが、そういうのは専用のリチウム電池がついているタイプなので、ほとんどは電池代のようなもの。しかも専用電池なので電池の買い替えや追加購入が割高になるのですが、購入したものは電池は付属していなくて、USBタイプのモバイルバッテリーが使用できるという仕様でした。ということは、手持ちのモバイルバッテリーが利用できるので、電池を新たに購入しなくてもいいわけです。




ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_1485_20190630164341719.jpg
本日11時ごろ商品が届いたので、さっそく使ってみることにしました。中身はいたってシンプルで、ぺらぺらの薄いナイロンジャケットとファン2個と接続ケーブルの3点にワープロで作ったような簡易な日本語説明書(A5ペラ紙片面のみ)がついていました。若干日本語が怪しいところもありますが、イラストを使ってそれなりにわかりやすく書かれていて、この手の中華製品にしてはまともな説明書でした。サイズは、空気が流れる隙間ができる必要があるので、XLを購入(通常はぴったり目でM、ゆったり目でL)。丈は若干長いものの、袖の長さなどはちょうどいい感じでした。


もっとも、ジャケットの耐久性はあまり期待できそうにありません。僕の場合は検査業務なので、いってみれば見て回るだけ。荷物を持ったり、狭い場所で作業をしたりということはないので、それほど耐久性が重視されるような使い方ではありません。なので、はじめから期待もしていなかったのでがっかりもしていませんが、それなりに体を動かす用途で使うのなら、やはりもっと価格の高いものを買ったほうがいいと思います。


IMG_1489_2019063016434330e.jpg
腰の左右に開いているファンを取り付ける穴は、ゴムの縁取りがされています。切りっ放しか、せいぜい折り返して縫っている程度の処理かと思っていましたが、意外にちゃんとしています。何のためかわかりませんが、外側には反射材まで塗られています。


IMG_1490_201906301643445c5.jpg
ファンはオールプラスチック製で安物感満載ですが、服に取り付けるので軽いプラスチック製で正解なんでしょう。カバーと本体の接続はネジ式です。


IMG_1491.jpg
まずは、カバーのほうを服の外側から穴に通します。


IMG_1493_20190630164347bce.jpg
中から見るとこんな感じです。単にカバーを差し込んだだけだとゴムの縁がネジ山にかぶるので、指でネジ山にかぶらないように平らにしてやると、本体を取り付けるのが楽になります。


IMG_1494_20190630164348490.jpg
あとは本体をねじ込んでやれば装着完了です。このとき、電源ケーブルの接続部分がどこに来るのか確認して、もしもケーブルの取り回しが遠くなるようなら、ある程度本体をねじ込んだ段階でカバーごと回転させて位置調整をしてやる必要があります。


IMG_1495_20190630164350d51.jpg
電源ケーブルは根元の部分に妙なでっぱりがありますが、これはケーブルを外れにくくするためのストッパーのようです。



IMG_1496.jpg
まずはでっぱりが邪魔にならないようにケーブルが上に向くような状態で接続します。


IMG_1497_20190630164447ecc.jpg
その後、でっぱりを指先で押し込むようにしながらケーブルを横倒しに回転させてやれば、でっぱりがプラスチックのカバーの中に押し込まれてケーブルの抜け防止ストッパーとしての役割を果たすようになります。この点については説明書には何も書かれていませんが、案外ちゃんと考えられているなと感心しました。


IMG_1498.jpg
最後に、ケーブル末端のUSBコネクタを、モバイルバッテリーに接続して内側のポケットに電池を入れてやればOKです。


IMG_1484_20190630164451b98.jpg
準備ができたところで、ちょうどやろうと思っていた庭の草刈に使ってみることにしました。電動草刈機を使うのでそれほど体を動かすわけではありませんが、それでも炎天下で30分ほど作業をするので、けっこう汗をかきます。空調服を着ることで、どれほど暑さが軽減されるかです。


IMG_1483_201906301644533fb.jpg
後ろはこんな感じです。撮影した時点ですでにファンが回っているので、そこそこジャケットが膨らんでいるのがわかります。


実際に使ってみた感想は、おもったほど涼しくはないけれど、それなりに効果はあるみたいという感じで、100点満点の65点といったところです。ロンTを着ていたせいか、ファンの回転が弱いのか、がんがん風が通り抜けていくという感じはありません。すそは絞っていたし、首周りも絞り気味にして服の中に空気がたまりやすくしてみたのですが、腕やお腹のほうにはあまり風が回ってくるかんじはなく、ファンの風が直接当たる腰周りや背中の辺りが気持ち涼しいかなという程度です。まあ、30度ぐらいある外気を取り込んでいるだけなので、当然といえば当然かもしれません。


それでも、長袖のジャケットを着ているのに作業中暑いと感じることもなく、汗ばむことはなかったので、それなりに効果はあるようです。インナーに吸汗速乾性のシャツを着ていればもう少し涼しくなりそうです。また、フードをかぶれば頭周りもそれなりに涼しくなるのかもしれません。


ということで、空調服にエアコンのような涼しさを期待しても、それは無理ということのようです。汗をかきにくいということは、つまり体に熱がこもらないというなので、熱中症予防にはやはり効果があるといえるのかもしれません。とりあえず、今年の夏はこの空調服で乗り切りたいと思います。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











| 時事ネタ・ニュース | 17:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気がつけば今年も半分終わり

6月ももう終わりです。あっという間に2019年も半分終わってしまいます。ほんと、ここ最近の時間の流れの速いことといったら、驚愕ものです。


ところで、今週はこれまでの疲れですっかり体にガタが来たのか、しんどいし苦しいしでやばいんじゃないかと思ったほどでした。月曜日からなんとなく息苦しいような感じがしていたのが、火曜日になると本格的になってしまい、動くのがつらいと感じるほどになってしまいました。夕方2時間ほど寝ていたのですが、18時に起きてもぜんぜん改善していないので、かかりつけの病院にいって診てもらいました。幸いにも、吸気音、心音、心電図ともに異常なしということで、どうやら過労のようです。


悪いことに、そういうときに限ってしばらく調子の良かった胃がまた悪くなってしまい、まさに泣きっ面に蜂です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




そういえば、以前にも仕事が立て込んだりしたときに心筋梗塞かと思うような胸の痛みを感じたりしたことがあるのですが、そのときも診察では心臓に異常なしでした。どうも、疲れがたまるとなぜか胸が苦しくなるという妙な症状が出るようです。


ということで、水曜日もまだ症状を引きづったまま仕事に出て、移動途中でちょっとやばい感じになったものの、しばらく休憩していたら症状が軽くなって無事仕事を終えて戻ることができました。


今日は朝から仕事がありましたが、昨夜早く寝たこともあり症状はかなり治まって、どうやら回復に向かいつつあるようです。それでもまだ完治したという雰囲気でもないので、今日もこのあとすぐ風呂に入って、11時前には寝ようと思います。


明日の土曜日も、あさっての月曜日も朝一番に仕事が入っているので、早寝してとにかく疲れを取ることを第一に考えようと思います。ということで、天気も悪いし、今週末も休養の予定です。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 21:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

消費税増税前の駆け込み需要もお終いか

今年は年が明けてからというもの、ずっと昨年より忙しい状況が続いていたのですが、今月はこれまでで最も忙しい月となりました。


おそらく、秋からの消費税増税をにらんで、高額な買い物となる住宅購入に拍車がかかったものと思われます。なにしろ、2%上がるということは、2千万円の住宅なら40万円も支払いが増えるわけですから当然といえば当然です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




住宅の着工から完成引渡しまでは、大手プレハブメーカーなら3ヶ月もあれば大丈夫かもしれませんが、通常の木造軸組構法の場合なら急いでも4ヶ月はかかるのが普通なので、6月の着工でぎりぎりという状況です。なので、今月が一番忙しい状況になったのだと思われます。しかし、来週に関してはほとんど予定は白紙状態で、6月末に着工しても完成が10月になるだろうことから、新しく着工する物件はがくんと減ってしまったようです。


増税分による負担増を軽減するために住宅ポイント制度なるものがあり、実質的に増税分を補填してくれるようになりますが、いちいち申請しないといけないし、余計な手続きが増えるのも面倒だしということで、やはり直接の支払額が少なくてすむ駆け込み需要ということになったようです。


どれぐらい忙しかったかというと、1月から3月までの第1四半期で、対前年度比21%増、4月から6月までの第2四半期で44%増(推計)という状況です。しがない個人設計事務所でこういう状況なので、住宅産業全体でもけっこうな好況だったことと思います。


しかし、喜んでばかりもいられません。7月以降は反動でがくんと売り上げが落ちることが予想されるわけで、年間を通してみれば前年並みか、下手をすれば後半の落ち込みが前半の好況を上回ることもありえるわけで、どうなることやらです。


ま、7月以降が暇になれば山に行く時間がとりやすくなるので、個人的にはむしろありがたいかもという気持ちもあります。生活に困らない程度に収入が得られればいいので、たいして儲からなくてもいいのです。年を重ねるごとにできることはだんだんと少なくなります。できるときにやりたいことをやらなければ生きている意味がないと思うので、仕事なんて適当でいいのです。


実際のところ、この1ヶ月は疲れてしまって山に行けてません。先週も、先々週も週の半ばまでは行く気でいたのに、週末になるとがっくりとしてしまい、惰眠をむさぼる週末になってしまいました。せっかく入梅が遅れてチャンスに恵まれていたのにまったくもって時間を無駄にしてしまったと思います。しかし、ようやく忙しさから開放されそうなので、そろそろ再始動していきたいところです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 22:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブログのコメントに宣伝を書き込む馬鹿大学

コメント欄に以下のような書き込みがありました。


名前:岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!
タイトル:岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!
ホスト:softbank220049118059.bbtec.net
送信者URL:http://www.osu.ac.jp/annai/movie/
********************
岡山市北区に位置する岡山商科大学は、社会に有為な人材の育成 及び 輩出に努めた結果、地元への就職や大学院進学に強い のが大きな特徴です。 大学選びは あなたの人生 を大きく左右します。 産学官連携活動を通して 地域の活性化 に貢献しております。 学部・学科毎に 専門性の高いコース制度 と WEBの資格講座 があるので、将来やりたい事 が見つかります。 就職活動の際には 面倒見が良くて親切 なので、入って良かったと言えます!
********************



この大学は、地元にある私立の大学です。なんで僕のブログのコメント欄に宣伝を書き込んだのかさっぱりわかりませんが、おそらくブログ村などのランキングで上位にあるブログに片っ端から書き込んでいるか、管理人が岡山市在住というブログを選んで書き込んでいるんでしょう。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




大学の良し悪しを判断する材料は、偏差値以外にもいろいろとあります。施設の充実度だったり、就職率だったり、教授など教育者の質の高さだったりするわけですが、大学の事務方の頭の良し悪しもひとつの指標として考えるべきなのかもしれません。


私立大学にとっては、入学希望者をより多く集めることが大学が生き残るための重要な要素ですから、大学の宣伝は事務方にとって大変重要な職務になるわけです。予算も限られているでしょうから、いかに効率よく受験生に向けてアプローチするか、また受験生の親にむけての情報提供も重要になるわけです。また、大学というところは最高学府であり教育や就職において大切な場所となるわけですから、使用する媒体や宣伝内容にそれなりのものが求められるわけです。


この宣伝の内容をみると受験生を対象にしているような感じですが、ブログをやっているのが10代の高校生がほとんどだと思っているのなら、とんだマヌケ野郎です。何かで調査したのかどうかしりませんが、明らかにマーケティングの失敗で、しかもブログのコメント欄など媒体としての価値もないわけで、まるでトイレの壁の落書きのようなものです。


そもそも、もしもブログ管理者が親世代だった場合、子供をこんなアホな学校に行かせたいと思うでしょうか。僕が受験生の親なら、絶対この大学には行かせません。浪人させてでも他の大学を受けさせます。


それに、個人のブログのコメント欄を勝手に営利活動に利用するのはモラル違反です。そういうモラル違反を平然と行える事務方がいる大学なら、学生が充実した生活を送れるように学生本意のきめ細かなサポートやサービスを行っているとはとても思えません。書き込み内容にあるようなことも、ただのつり文句のようでうそ臭いと感じてしまいます。その意味でもこの宣伝活動は、大失敗といわざるを得ません。宣伝ひとつとっても、大学のレベルが知れるといういい見本でした。


okayamashodai.jpg
ちなみに、岡山商科大学でネット検索してみたところ、なんと岡山県議会議員の太田氏のブログにも同じ文章で書き込みをしていました。時期は2018年10月なので、すくなくとも昨年の秋からこのバカ丸出しの宣伝を行っているみたいです。太田氏はさすがに大人なコメントを返していますが、こんな意味のないコメントの返信に無駄な時間をとられて、正直なところどう思ったんでしょうか。


他にもいくつか同様の書き込みがあるブログが見つかりましたが、どうやら岡山と周辺地域に関連するブログもしくは記事に書き込みまくっているようです。このさい、岡山招禍大学と改名することを謹んでご提案させていただきます。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落

航空自衛隊が新しく導入したステルス戦闘機F35Aが、4月9日の夜間訓練中に消息不明になりました。そして、本日10日に墜落したものと断定されたようです。


f35img0003s.jpg
F35といえば最新鋭のステルス戦闘機で、1機約96億円といわれている超高額な戦闘機です。それが導入後わずか1年ほどで墜落したということで、防衛省も相当あわてているようです。なにしろ、今後タイプの異なるF35Bも含めて147機を導入する予定なので、これが次々と墜落されてはたまったものではないわけです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




周辺諸国の状況を鑑みれば、防衛力を維持するために陳腐化の進むF4や初期型F15を最新鋭の機体にリプレイスすることに反対するものではありませんが、最新鋭の主力戦闘機が墜落したというのは大きな問題です。


支援戦闘機である日米共同開発機F-2のリプレイスとなるF-3は純国産で行くという方向で決まりつつあるようですが、こちらのほうはなにしろ初めての国産ジェット戦闘機の開発ということになるので、順調にいくかどうかはまだ未知数のところがあります。そういう状況で主力戦闘機F35がこけたら大変です。


なんにしても、墜落の原因が早期に解明されて、防衛計画の見直しなんてことにならないことを願うばかりです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング














| 時事ネタ・ニュース | 14:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新元号は 「令和」 だそうだ

singengou.jpg
新しい元号が 「令和」 に決まったとニュースで報じられていました。別にどんな名前だろうとこれといって感慨もなければ感動もないので、ふーんという程度のことでしかありません。


元号の必要性に疑問を感じる者の一人ではありますが、さりとてなくすべきだとまでは思いません。古代より続いている日本の伝統でありしきたりであるので、何かしら害悪になるものでなければ存続させることに反対するものではありません。ただし、各種書類に年号を記載する場合は、そろそろ西暦に統一してもらいたいというのは切に願います。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




元号で記載させられたり西暦で記載させれられたりと、その都度違うと何年だっけと戸惑ってしまうこともときどきあります。記入するときもそうですが、中古自動車だったり、中古住宅だったりを検討するようなときに、平成何年型とか昭和何年建築などと書かれていても、結局何年経っているのかいちいち頭の中で計算しないとわからないわけで、迷惑以外の何者でもありません。生年月日でも元号で記載させるものも多々ありますが、たとえば昭和60年生まれといわれてすぐに何歳だとわかる人なんて、ほとんどいないと思うわけです。


一番最近の例では、毎年提出している建築士事務所の事業報告書です。書式があるので必要事項を記入して提出するだけなのですが、この書式の中で扱われる年月日の表記がすべて元号式なのです。年度ごとの事業報告書なので前年もしくは現在の年しか記入することはなく、いちいち計算したり換算したりという手間はないのですが、元号にしなければいけない理由があるかというと、まったくありません。どうせ過去の書式が元号だから、新しく作る場合も何も考えずに元号表記にしているのでしょう。


事業年度が1月から12月までの場合、今年度は1月から4月までは平成31年度ですが、5月以降は令和1年度になるわけで、来年の報告書はどうするんだということになります。そういうあやふやな要素を公式文書の世界に持ち込まないでもらいたいものです。


年賀状のように伝統文化的なものには元号を使えばいいと思いますが、ビジネスの世界とそれ以外とは明確に線引きしてもらいたいものです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 時事ネタ・ニュース | 14:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GYAOで 「K2~初登頂の真実」 が無料視聴

Movie_K2.jpg
現在、Yahooの動画サイトGYAOで、「K2~初登頂の真実」が無料で視聴できます。ずっとDVDを買おうかと思っていたので、早速観てみました。


1954年の話なので、装備や服装などいまとなっては参考になるようなものではありませんが、登山映画としては山でのロケシーンが長く、それなりに楽しめました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ただ、ずっと晴天無風のいい天気でロケが行われていたのが、ちょっとうそ臭くていまいちリアリティにかけるようにも思えます。実際のところ登頂時の天候がどうだったのか知らないのでなんともいえませんが、あまり細かいところは気にしないで観た方がいいのかもしれません。



ところで、この話はイタリア隊がK2に初登頂したときの隊員間で発生した疑惑の話がベースになっているのですが、前知識なしで観てしまったので、それがどういうものなのかよくわからないまま観終わってしまいました。鑑賞後にウィキペディアで調べてようやくタイトルの意味がわかりました。登場人物の一人である 「ヴァルテル・ボナッティ」 のウィキペディアに詳しく書かれています。


もしもこれから観る人は、ウィキペディアを読んで前知識を持っておいたほうが、理解しやすいと思います。なお、無料視聴は3月31日までなので、残り2日しかありません。興味のある方はお早めに。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 時事ネタ・ニュース | 00:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | PREV