FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

| PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

岡山市でコロナ感染者

本日21時30分に、岡山県知事と岡山市長がそれぞれ会見し、岡山市内在住の60代女性が新型コロナウィルスに感染していることが判明したと報告しました。


この女性は3月9~15日にスペインを旅行し、17日に発熱の症状が出たため、帰国者・接触者外来を受診。21日に再度受診し、22日にPCR検査で陽性と判明したということです。


大阪でも3月22日に感染がわかった人が3名あり、3名とも3月18日にスペインから帰国しているところを見ると、同じツアーだったのかもしれません。なぜこの時期にわざわざ感染が拡大しているところへ旅行に行くのでしょうか。自分だけが感染して終わるのならまだしも、自分が感染すれば家族や友人、仕事の同僚や取引先の関係者などにも感染させる可能性があるし、そうでなくても検査や自宅待機などで迷惑をかけるのですから、自重するという選択があっても良かったのではないかと思うのですが、状況がわかって行っているわけですから、そういう考えはなかったんでしょうねえ。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング












スポンサーサイト



| 時事ネタ・ニュース | 23:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コロナウィルス関連 もろもろのこと

その1
先日、愛知県蒲郡市でコロナウィルスを撒いてやるといって飲食店2軒を訪れた男性が、入院先で亡くなったそうです。ニュースでカラオケを歌っている当人の画像が流れていましたが、かなり肥満体で、生活習慣病を患っていそうだなと思っていたのですが、どうやら肝臓癌だったようです。ただし、死因は肺炎だとか。他人を巻き込んではた迷惑な行動をした挙句に命を落としたわけですが、本人はどんな気持ちで最後のときを迎えたのでしょうか。してやったりと思ったのか、反省していたのか、回復してどこかで会見でもしてくれないかと思っていたのですが、本心を語らぬままかえらぬ人になってしまいました。


ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




その2
コロナウィルスは、エアロゾルという微粒子の状態で3時間程度生存できるというニュースが流れていました。エアロゾルというのは、人のくしゃみなどの飛沫よりももっと小さい微粒子だそうで、飛沫は1~2mほどしか飛ばず重さですぐに落下してしまうのに対して、エアロゾルは長時間空気中を浮遊するそうです。コロナウィルスはその微粒子に付着した状態で3時間程度生存するそうです。ただし、このことがすなわち空気感染するというわけではなく、外を出歩いているだけで感染するということではないので心配しすぎないことです。要するに、人の多く集まる場所で、近くに人がいて接触や会話があり、換気もよくない場所であれば、空気中にコロナウィルスが付着した微粒子が漂っていて感染リスクが高まるということのようです。いままでは、飛沫感染や接触感染が感染の原因だとされていたので、マスクをしてうがいや手洗いをしっかりすれば感染をかなり防ぐことができるとされていましたが、それほど甘くはないということだと認識しておいたほうがよさそうです。やはり、この時期に人の多く集まる場所に出かけていくのは、かなり感染リスクが高いということだけは間違いないといえます。


その3
茨城県で感染者が出ていないのは、納豆がコロナウィルスに効くからだというデマが広まって、納豆が品薄になっているとか。よくもまあ、そんなでたらめを思いつくものだと思う反面、そんなでたらめを信じるバカが世の中にいっぱいいるんだなとあきれてしまいます。納豆なんて日本中で食べられているのに、そんなわけないだろうとなぜ思えないのでしょうか。その理屈で言えば、18日現在感染者が出ていない県の特産品はすべてコロナに効くという話になってしまいます。鹿児島県の芋焼酎、富山県の白えび、青森県のリンゴ、山形県のさくらんぼ、岩手、福井、鳥取、島根は何でしょうか。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

会計ソフトと税務署Web 確定申告の還付金に2万円以上の差

今年の提出期限はまだ1ヶ月先ですが、3月中に事業報告書を建築士事務所協会に提出しなければいけないため、例年通りのスケジュールで提出してきました。


岡山西税務署管轄の提出場所は本日まで岡山駅前のママカリフォーラムですが、最終日とはいえさすがにガラガラに空いていました。コロナウィルスのためなのか、提出期限まで1ヶ月あるからなのか知りませんが、以前は提出だけでも列に並んで待っていたのに、今年は列さえない状態で、会場に入ったらそのまま受付カウンターに行って、書類を出してチェックを受けたら終了でした。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ところで、確定申告書は例年税務署のWebで作っていたのですが、今年は青色申告書を作成している弥生のソフトに付属している確定申告書作成モジュールを使って作ってみました。青色申告書のデータがそのまま反映されるので、入力項目が少なくて済むので楽でした。しかし、念のため税務署のWebでも作ってみたところ、なんと還付金が2万円以上も違っているではありませんか! 税務署のWebで作ったほうが還付金が多いのです。二つを見比べて違っていたのは源泉徴収税額でした。会計ソフトのほうでは、収入のほうで源泉徴収された金額だけが源泉徴収額になっていて、配当金のほうで源泉徴収された金額が反映されていませんでした。


株式の配当金の入力欄で、税務署Webでは配当金と源泉徴収されている所得税と住民税の金額を入力したのに対して、会計ソフトのほうでは税込み配当金額しか入力項目がなく、その違いなのでしょう。税額は決まっているので、てっきり自動で計算されるのかと思っていましたが、どうやらそうではないみたいです。会計ソフトのバグなのかどうかわかりませんが、いちいち調べるのも面倒なので、結局例年通り税務署Webで作成した書類を提出しました。やはり、還付金がからんでくる確定申告書は税務署Webで作ったほうが安心ということのようです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 16:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新型コロナ 喫煙で重篤化

ヤフーニュースに、「指摘され始めた「喫煙」と「新型コロナ感染症」の関係」という記事が載っていました。


簡単に言うと、喫煙は全身の免疫系に悪影響を与えるためウィルスなどの病原菌に感染しやすくなるだけでなく、呼吸器疾患が重症化し、治りにくくなるということだそうです。これは受動喫煙でも同じで、家族に喫煙者がいる場合は、要注意というわけです。


喫煙が体に悪影響を与えるということはずいぶん昔からわかっていることなのでいまさらという気がしないでもないですが、肺炎を発症する新型コロナウィルス感染症では、喫煙で痛めつけられた呼吸器をずばり重篤化させる要因となってしまうということなのでしょう。そのうえ体の免疫系まで低下しているのですから、悪化するだけでなく治るものも治らないのは自明の理です。


もしもこの感染症が今後も拡大を続け感染者が増え続けることになれば、喫煙者に限ると致死率はぐっと高くなるという可能性もあります。それでも喫煙を続けるというのであればそれは個人の自由ですが、少なくとも受動喫煙で周囲の人間を巻き込むのだけはやめてもらいたいものです。いずれにしても、これを機に喫煙率が大きく下がることを切に願うばかりです。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 11:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ついに中国地方でもコロナ感染者

山口県と広島県でコロナウィルスの感染者が出たようです。韓国ほど爆発的に感染者が増えているわけではないにしても、じわじわと増えているので、当分はこの傾向が続きそうな雰囲気です。岡山県内ではまだ感染者がでていませんが、倉敷市在住の夫婦が、帰省先の高知で発症したというニュースが流れていたので、事実上岡山でも感染が広がりつつあると考えていたほうがよさそうです。


仕事柄、建設現場に行くだけなので、不特定多数の人が集まるような場所に行くことはありませんが、月に1度程度、完成後の住宅の検査をすることがあり、その場合家主が住んでいる家に入ることになるので、もしもその家に感染者がいたらと思うとちょっとなあと思うわけですが、とりあえずマスクだけは忘れないようにするしかありません。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ところで、愛知県蒲郡市で感染した50代男性が、感染していることをわかったうえで「ウィルスをばら撒いてやる」と言って、2件の飲食店に行ったというニュースが流れていましたが、こうなるともはやバイオテロです。こういう奴は反社会的勢力として実名報道してやればいいのです。なぜマスゴミは意味のない匿名報道をしているのでしょうか。やっぱり、どこまでいってもマスゴミはゴミの集団でしかないということなのでしょう。


毎日新聞にいたっては、コロナウィルス感染が拡大している最中に韓国釜山が旅行先として魅力的だとアピールするような記事をだしていましたが、これぞまさにゴミ中のゴミといってもいいクズゴミ会社です。おそらく、韓国の観光関連の団体かどこから金をもらって提灯記事を書いたのではないかと思うわけですが、日本国民が感染するリスクよりも韓国に金を落とさせることを目論むこんなクソ記事をだせるなんて、ある意味反社会的勢力といってもいい会社です。それなのに自分たちが社会に害をなすゴミ以下の存在であるということ自覚しないばかりか、吾こそは社会の公器だなどととんだ勘違いをしているのですから始末に終えません。すべての報道機関がそうだとはいいませんが、朝日新聞、毎日新聞、NHK、テレビ朝日(朝日新聞系列)、TBS(毎日新聞系列)などはその代表なので、これらのマスゴミの偏向報道は耳目に触れさせないほうがいいと思います(あくまでも個人的な意見ですが)。


そういえば、先日発表された中国と韓国からの渡航者を2週間待機させるという措置に対して、中国は自分たちが同じことをしているためもあるのでしょうが、日本の措置は理解できるというコメントを発表し、とくに何も言ってきていません。ところが韓国のほうは、予想通り大騒ぎで、在韓日本大使を呼びつけたり、即時撤回を要求したりと、あいかわらずのクレーマーぶりです。そのコメントが噴飯もので、日本の措置は非友好的だなどと言い出す始末です。


poster4.jpg
戦後のどさくさにまぎれて竹島を占拠し、日本漁船を多数拿捕して乗員を死なせたりしただけでなく、最近では朝日新聞の捏造記事を使って慰安婦問題をでっち上げ世界中で反日活動を行い、あまっさえ両国間で合意して設立した財団を一方的に解散させました。日韓基本条約を反故にする自称徴用工問題では、でたらめな判決を認めて日本企業の財産を差し押さえています。ほかにも自衛隊機に対する火器管制レーダー照射問題、日本国元首である天皇に対する侮辱発言、事実無根であるにもかかわらず放射能汚染があるとして日本産海産物などの輸入規制、うその放射能汚染データをでっち上げて放射能防護服を着た聖火ランナーのポスターを世界中に配布するなどして東京オリンピックに対する妨害工作の実施、日本製品不買運動など数え上げればきりがないほどの非友好的な活動をしている国のくせに、どの口が言っているのか!


そもそもすでに韓国からの渡航者を受け入れ拒否している中国を筆頭に世界中で100になろうかという国々に対しては何も言わないのに、日本にだけは烈火のごとく激昂しているのはなんなんでしょうか。そのくせ、コロナウィルスに効果があるとされる富士フイルムの子会社富山化学が開発したアビガンという薬を売って欲しいと擦り寄ってきたりで、言行不一致、支離滅裂です。日本製品は買わないのだから、自分たちで特効薬を開発すればいいのです。中国と比べるとその小物ぶりが遺憾なく発揮されているわけで、まさに迷惑で厄介な隣人です。これを機会にビザなし入国は全面的に廃止してビザ発給要件を厳格化、必要最低限の国交しか維持しないというレベルにしておいたほうが日本の国益にかなうといえます。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 12:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

確定申告の期限が4月16日に延長

昨日ニュースで流れていましたが、コロナウィルスの感染拡大防止のために、今年の確定申告の申告・納付期限が3月16日から4月16日へ1ヶ月延長されました。2月も終わりのこの時期に、そろそろ領収書の整理を始めようかと思っていたところだったので、1ヶ月先延ばしされてちょっと拍子抜けの気分です。でも、いつもどおり3月16日のつもりで、いまからちびちびとやっていこうと思います。


そういえば、来年から青色申告事業者は65万円の控除を受けるためには、電子データによる帳簿の保存か、e-Taxによる申告のどちらかに該当する申告方法でないといけないということになるそうですが、最初から申告ソフトで帳簿を作成している自分としては、とくになにもしないでいいのだろうかとちょっと気になってます。この際、マイナンバーカードを取得してe-Tax申告にしておくほうがいいのかもしれませんが、とりあえずもう少し情報を集めてから検討したいと思います。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング











| 時事ネタ・ニュース | 21:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コロナウィルスに関するデマ

コロナウィルスに感染しない方法がまことしやかにチェーンメールで拡散されているみたいです。内容に多少の差異はあるものの、お湯を飲めば治るという点が共通しているそうで、お湯の温度が異なるぐらいの差異のようです。


たとえば、「50度以上でウィルスは死ぬので熱いお茶やコーヒーを飲めば大丈夫」といったものや、「武漢ウイルスは耐熱性がなく26~27度の温度で死ぬのでお湯を飲めば予防できる」といった具合だそうです。前者の内容はなんとなく信じてしまう人もいるかもしれませんが、そんなに間単にウィルスが死ぬのならこれほど感染が広がっているわけがないことは、ちょっと考えればわかります。後者にいたっては、人間の体温が36度ほどあるのに、26~27度の温度で死ぬようなウィルスが人間に感染するわけがありません。こんなバカな内容のデマがチェーンメールで回ってきたって誰も信じないだろうと思うのですが、驚くべきことにこれを信じる人が世の中にはいるのです。いつまでたってもオレオレ詐欺がなくならないわけです。


温度のことはさておき、のどに付着したウィルスは飲み物を飲むことで洗い流され、強酸性の胃に入ったウィルスは死滅するというのは本当のことらしく、15~20分に1度ぐらいの頻度で飲み物を飲むとうがいと同じような効果はあるようです。この方法はインフルエンザなども含めてウィルス全般に効果があるようなので、一日外仕事だったりでうがいをすることができない人は、水筒やペットボトルを持参して、ちょくちょくのどを潤せば感染のリスクを軽減できるようです。この話の根拠は、ウィルスは粘膜に付着して15~20分すると発症するので、その前に飲み物で洗い流してしまえば大丈夫ということらしいです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 17:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

激安輸入スタッドレスタイヤが安い理由

最近はオートバックスなどの量販店で激安輸入タイヤを目にすることがよくあります。中国、台湾、韓国、東南アジアの国で生産されたタイヤですが、決して安かろう悪かろうというだけのタイヤではなく、一般的な使用においては特に問題ないといってもいいレベルです。


ところが、スタッドレスタイヤにおいては、かならずしもそうとはいえないことがあるようです。まずは、こちらの動画を見てみてください。硬度計を使って、国産や輸入タイヤのゴムの硬度を計測してくれているのですが、製造年が新しいものと5年ぐらい前の古いタイヤも比較してくれていて、かなり興味深い内容になっています。とくに、後ろのほうで2017年製造の韓国製ハンコックタイヤのスタッドレスと2007年製のブリジストンのスタッドレスを計測していて、その結果が驚きです。






ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ということで、製造後3年目の2017年製ハンコックのスタッドレスタイヤはすでにゴムの硬化が危険域に達してしまっているのに、2007年製ブリジストンのスタッドレスタイヤは製造後13年を経過してもまだスタッドレスタイヤとして必要な柔らかさを維持しているという驚愕の結果になっています。


つまり、激安輸入スタッドレスタイヤは、購入後3年目ぐらいからはスタッドレスとして十分な性能を発揮しなくなるかもしれません。ちなみにハンコックタイヤは、反日に命を懸けているあの国の企業ですが、まさか日本向け製品だけ意図的に3年たつと極端に性能が劣化して事故を起こしやすくなるような仕様にしているというわけではないと思いますが、安いのにはそれなりに理由があるということのようです。


スタッドレスタイヤは滑りやすい雪道や凍結路で安全に運転できることが重要なものですから、やはり性能重視で選びたいと思います。安いからといって2年しか性能を維持できないタイヤでは、さすがに不安が残ります。走行距離の少ない人なら、5年、6年と使うこともありえるわけで、保管方法さえちゃんとしていれば、国産スタッドレスタイヤは十分性能を維持してくれるといえそうです。


一度事故を起こせば、タイヤの差額など軽く消し飛んでしまう費用が発生しますし、人身事故でも起こしたらそれどころではありません。もちろん、激安タイヤを2年使って3年目で交換するという方法もありでしょうが、それなら国産ブランドのタイヤを4年~5年使うほうが、工賃や古タイヤ処分料など余計なコストをかえって節約できるということになるかもしれません。


それにしても、スタッドレスタイヤでこういうことなら、ノーマルタイヤでも多かれ少なかれ同様の傾向があるとも考えられます。アスファルト道ではそのあたりの問題があまり顕著に出にくいというだけなのかもしれませんが、ウェット路面などでは制動距離に差が出る可能性もあるので、やはり条件が厳しくなるほど国産タイヤと激安輸入タイヤの性能差が顕著になってくるのかもしれません。タイヤに関して言えば、安物に良品なしということなのかもしれません。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 16:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポータブル電源でマキタバッテリーを充電する方法

IMG_5276.jpg
昨日、ユーチューブの動画を見ていたら、ポータブル電源 suaoki PS5B でマキタのバッテリーを充電することができないのが残念といっていたのを聞いて、何で? と思いました。というのも、僕はマキタのバッテリーをPS5Bで何度も充電しているからです。


charger03s.jpg
そこで、ちょっと調べてみたのですが、どうも理由がよくわかりません。充電できないということは、おそらく急速充電器の消費電力が300Whを越えるからだと思うのですが、一般的によく使われているマキタの急速充電器DC18RCの取扱説明書には、出力電圧7.2-18V、出力電流直流9Aとなっています。ということは最大電圧18Vの場合でも18×9=162Whということになり、充電時の消費電力が162WhならPS5BのAC出力300Wで十分対応できるはずです。


ここで、入力容量410VAという数値が気になります。入力容量というのがどういうことなのかよくわかりませんが、どうやら電気機器が動作するために必要な電力(入力)ということのようです。VとAの積が消費電力Wですから、ポータブル電源から電気を取り込むときにDC18RCは410W相当の電気が必要になるということなら、PS5Bの定格出力300Wではぜんぜん足りないということになります。充電できないというのは、そのあたりのことが原因なんだろうと思われます。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




charger01s.jpg
ところで、僕が使用している充電器はマキタDC18RC互換充電器なので、純正品ではありません。


charger02s.jpg
アマゾンで購入したもので、商品紹介ではマキタ純正品と同じ時間で充電できるとうたっていましたが、少なくともPS5Bから充電する場合においては、これはまったくのウソです。DC18RCでは18V/3AのBL1830なら約22分、18V/6AのBL1860なら約55分で充電できるとなっていますが、僕が使っている互換品はほぼ倍の充電時間がかかります。通常のコンセントから充電すると違うのかどうかはわかりません。まあ、仕事で使っているわけではないので、充電時間は遅くてもかまいません。むしろ、PS5Bから充電できるということのほうがありがたいわけです。ちなみに、充電時間が遅いためかバッテリーが熱くなることもなく、互換品ですが安心して使用できています。


IMG_5277.jpg
しかし、充電中にPS5Bの出力状況を確認すると、Wの値がけっこう不安定なのです。空に近い状態のバッテリーを充電し始めたときは、最高で167Whぐらいなのですが、110Wあたりとを行ったりきたりして、充電が進むと70Wぐらいになったりときには0Wになったりと、どういうことなんだろうかと思わないでもありません。とりあえず異常加熱とかはしていないし、多少時間はかかっても充電もちゃんとできているので、まあいいかという感じです。


ということで、マキタのバッテリーをポータブル電源から充電するためには、定格出力が400W以上のポータブル電源を買わないといけないということではなく、純正品よりも性能の落ちる互換充電器を使えば時間はかかるけれど充電はできるというわけです。互換充電器は、アマゾンで3000円台で売られているので、5万円を越えるような大容量のポータブルバッテリーよりも経済的です。互換品というと安物で性能がいまいちという場合がよくありますが、この場合はそれがかえっていいほうに転んだというところでしょうか。


charger04s.jpg
しかし、互換品ではやはり不安だという場合は、マキタ純正の充電器DC18SDならおそらく充電できるのではないかと思います。というのも、DC18SDは”急速”がつかない充電器で、例の入力容量は125VAとなっているので、この容量なら大丈夫なんじゃないかと思うわけです。ただし、実際に使ったわけではないのであくまでも取扱説明書のスペックを見た上での推測です。ただ、DC18SDだと互換機とほぼ同じぐらい充電時間が必要になるみたいなので、マキタブランドにどこまで価値を見出すかで判断の分かれるところです。





ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 時事ネタ・ニュース | 15:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感染拡大を後押しするマラソン大会主催者

2月16日に京都マラソンが開催されたそうですが、386人の中国在住の参加者に対して事前に参加自粛要請をしていたものの強制はなく、結果的に28人が自粛要請を拒否し参加したそうです。京都マラソンの場合、自粛した場合は来年の参加権を認めることで、実質的な返金に対応した形にしたわけですが、それでも全員自粛にはなりませんでした。もしもこの28人の参加者の中に症状はないが感染している人がいた場合、京都市中にコロナウィルスをばら撒きながら走ったことになるわけで、実行委員会がスーパースプレッダーをつくり、感染拡大に手を貸したことになるわけです。


この時期はマラソン大会が各地で行われるわけですが、どうやらどの大会でも中国在住者への参加自粛要請はするものの、強制的に参加を認めないという大会はないみたいです。


3月1日に開催予定の東京マラソンでは、自粛要請をするものの返金はしない方針らしく、いまのところ来年の参加権付与という話も出ていないようなので、自粛受け入れの期待はあまりできないといえそうです。


返金しない理由はよくわかりませんが、それほど困難なことではないはずなのに、大会主催者の危機意識の低さに唖然としてしまいます。クルーズ船の入港を拒否し、武漢からの帰国者を隔離している一方で、中国在住者の入国は自由なうえに、スポーツ大会への参加も放置というのですから、政府の場当たり的な対応にはあきれるばかりです。こんなものは非常事態として強制的に参加拒否すればいいだけなのに、なぜできないのでしょうか。すでに中国からの観光客を乗せたタクシー運転手や観光バスの運転手への感染が起こっているだけでなく、感染経路のわからない感染者が見つかっているのですから、中国在住者や2週間以内に中国への渡航履歴のある人の入国拒否をしてもいいほどなのにまだこんなずさんなことをやっているようでは、パンデミックは事実上始まったといわざるを得ません。


この時期にこのような大会に参加する人も見に行く人も、新型肺炎に感染する可能性が高いということをよく理解しておいたほうがいいでしょう。参加者には手をアルコールで消毒させることをやったりしているようですが、マスクもしないで走るランナーは人ごみの中で飛まつ感染を防ぐことはできません。まして感染者ならコロナウィルスを撒き散らしながら走るわけですから、正気の沙汰とは思えません。


大会開催後に各地で感染者が増加するような事態にならないことを願うのみです。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 18:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今シーズン最強寒波がやって来る!

5日から6日にかけて、数年に一度というレベルの、今シーズンでもっとも強い寒波が来るそうです。


20200206tenkizu.jpg
予想天気図を見ると、西高東低の典型的な冬型気圧配置になっていて、等圧線の間隔も混みあっています。これだけ見ても相当寒くなるなとわかります。当然ながら山は大荒れで、6日の白馬岳3000m付近の午前9時の予報では、気温マイナス20度、風速27.2m/sとなっています。これは、台風の暴風域レベルの強風が吹き荒れるということになります。


平地で雪が降る目安であるマイナス6℃以下の寒気が、本州の南まで南下する見通しとなるため、北日本や東日本の日本海側で大雪、西日本でも日本海側では積雪の可能性が高くなるとのことで、道に迷っていた冬将軍がようやく訪れることになりそうです。


20200205_1200GPV.jpg
GPV気象予報で雨量・雲量の変化を見てみたところ、5日午後12時時点で、こんな感じの予報です。紫色が雨のエリアで、黄色の線はみぞれ、赤色や紫色の線が雪の降るエリアを示しています。北陸から東北にかけて日本海側や信州で雪予報です。地図には出ていませんが、もちろん北海道でも雪です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




20200206_0600GPV.jpg
6日午前6時では、このような状況です。寒気による筋状の雲が太平洋側まで延びていて、強烈な寒気が日本列島を覆っているのがわかります。また、中国地方の日本海側でも雪が降る予報になっています。これで、ようやくまとまった雪が山に降ってくれそうです。それにしても、この予報図を見ると、若狭湾から名古屋にかけて雲の通り道になっていて、琵琶湖北部や関が原周辺、鈴鹿山脈あたりに雪が降る理由がよくわかります。


今週末は新雪の冬山を楽しめそうですが、降雪直後は雪崩の危険があるので、登山にしろバックカントリーにしろ、入山する場合は十分な装備をもち、危険エリアには足を踏み入れないよう注意が必要です。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング













| 時事ネタ・ニュース | 21:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米国、中国への渡航禁止勧告

「米、中国への渡航禁止を勧告」


ニュースによると、米国務省は30日夜に中国への渡航禁止を勧告したようです。米国におけるコロナウィルス感染者数は6人で、日本と比べて特別に多いというわけではありませんが、感染拡大を阻止するために迅速かつ的確な決断を下し、それを直ちに実行にうつしたようです。


翻って日本はどうでしょうか。感染の可能性がある帰国者が検査を拒否しても、検査の強制は人権問題になるからと自宅へ返してしまうマヌケな対応をとるだけでなく、いまだに渡航禁止などの措置はとられる雰囲気もありません。


福岡市長が非常時には中国からのクルーズ船の入港と乗客の上陸を禁止すべきだとして国の関係機関に要請したそうですが、関係機関からの返答では感染症の可能性があるというだけでは拒否できないとして、いまのところ入港も上陸も認める方針だそうです。可能性がないから拒否しないというのならわかりますが、可能性があるのなら乗客およびクルー全員を検査し、検査結果がでるまでは上陸を許可しないとするのが当然ではないかと思うのですが、どういう理屈なんでしょうか。


実際には、中国政府によって国内外の団体旅行が中止されたため、福岡へ寄港する予定のクルーズ船も運航が取りやめになっているそうですが、受け入れる側がこれではたまったものではありません。この点においてはむしろ中国政府に感謝です。ちなみに、イタリアでは感染の疑いがある乗客がでたため、クルーズ船の乗客6000人が検査結果が出るまで上陸が許可されず船内に足止めされたとのことです。6000人も乗れる船があるという驚きはさておき、イタリア政府の措置は当然だと思いますが、なぜ日本ではできないのでしょうか。国民の財産と生命を守ることが仕事である日本の役人どもはどこまでも危機意識の低いバカばっかりです。事なかれ主義にとことん染まって、思い切った措置をしてあとでたたかれたくないというのが本音なんでしょう。こんなことで感染爆発が防げるか、はなはだ疑問です。日本政府も悠長なことを言っている場合ではないと早く気がついてほしいものです。


米国のように渡航禁止にしたら必ず感染爆発が防げるという保証はありませんが、すくなくとも危機意識の低い連中が興味本位でのこのこと中国に出かけていって感染して戻ってくるというケースはほぼなくなるでしょうから、それだけでもリスクは低くなるわけです。


IS国のことが国際問題になっていた頃、中東の該当地域への渡航が禁止されていてものこのこと出かけていって人質になった自称ジャーナリストもいたことを思うと、渡航禁止になっていなかったらYoutubeやSNSで”いいね”欲しさに行ってみようと思う連中がかならず出てくるに違いありません。第三国経由でないと渡航できないとなるとそれだけでハードルが上がるので、仕事ではなく興味本位で中国に行ってみようなどと考える連中への抑止力にはなるでしょう。


ところで、検査拒否した2名は、その後自ら検査を受けたいと申し出たそうです。マスコミで大々的に取り上げられたうえに、総理大臣からも非常に残念だと言及されたからなのか、それともネットなどでかなり批判されていたのを見て恐れをなしたのかもしれません。もっとも、最大の理由は、症状のなかった帰国者からも感染者が見つかったことなんでしょう。潜伏期間は2週間らしいので、帰国時に症状がなくても感染していない理由にはならないということは少し考えればわかることです。症状がないから自分は感染していないと信じていたとしたら、あまりにもお粗末といわざるをえません。どういう理由で検査を拒否したのか、ぜひ真意を聞いていみたいものです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 20:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

症状のない帰国者からも感染者が

「29日のチャーター便で帰国の3人、新型肺炎に感染」

yahoonews01s.jpg


やはりというべきか、昨日武漢から帰国した日本人の中で、症状のない人からも感染者が見つかりました。これは、検査を受けたからこそわかったわけで、検査を拒否して自宅に戻った2名が感染している可能性も十分あるわけです。


ちなみに、強制隔離に反対したのは厚生労働省だそうです。このバカ省庁は「法律上症状がない人に隔離を強制できない。人権問題が発生する」と主張したとか。どこまでバカなんだろうかとあきれてしまいます。フランスやオーストラリア、韓国などは帰国者全員を最長で2週間隔離措置するという方針を立てたというのに、頭のおかしい厚生労働省のおかげで日本で感染が広がる危険性が高まっているわけです。こういうのは総理大臣権限で強制隔離させればいいのに、この国の政府はやはり無能の集団ということなのかもしれません。


30日午前8時30分にチャーター機の第2便が羽田に到着したらしいですが、今度も検査を拒否して自宅に帰ることを許可するような愚行だけはやめてもらいたいものです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 13:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武漢からの帰国者2名が検査拒否して自宅へ帰宅!?

ヤフーニュースでまたまた気になる記事を見つけました。ソースは反日大好き朝日新聞で、「帰国者の入院、12人に 症状ない2人が検査に同意せず」という記事です。なんでもチヤーター便で帰国した日本人のうち、2名が検査を拒否して自宅に戻ったとのことです。


正直、この記事を見てハァ!?と思いました。中国では感染者が6000人を越え、死者も100人以上になっていて、パンデミックが現実になりつつあるというこの時期に、感染源である武漢から国が用意したチャーター便を利用して帰国しておきながら、入国時の検査を拒否するなどということがなぜ認められるのか理解できません。入国時に症状がなくても感染している可能性はあるわけで、検査は帰国の必須条件であるべきです。検査を受けないというのなら、入国を許可しないぐらいのことがなぜできないのでしょうか。


こういう手前勝手な人間が自宅に戻り、買い物や娯楽のために出歩いてもしも感染を広めたらどうなるのか、関係者がわからないわけがありません。なぜ、検査拒否が許されるのでしょうか。こんなことでは、水際で食い止めるなどということは到底無理な話で、いずれ日本でも感染者が爆発的に増加してしまうかもしれません。政府の対応の甘さには、失望を禁じえません。


29日夜に二便目が羽田を出発したそうですが、二便目では全員必ず検査を受けることを条件に帰国を許可するということにしてもらいたいものです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング











| 時事ネタ・ニュース | 00:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

約3年ぶりの天下一品

今日は最高気温が15度で、陽射しもあって 「春かよっ!」 と思わず突っ込みたくなるような暖かさでした。冬将軍はいったいどこに行ってしまったのでしょうか。


仕事帰りに天下一品の前を通ったので、午後2時という中途半端な時間ですがかえって空いているだろうと、食べて帰ることにしました。この前食べたのはいつだったかなとブログを確認してみると、なんと2017年3月8日でした。ということは、約3年ぶりということになります。


天下一品といえばこってりスープのラーメンが代表ですが、あっさりスープもあり、いつもあっさりを食べてみようかと思いつつ結局こってりしか食べたことがありません。今回ももちろん 「こってりにんにく入り」 を注文しました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




teniti.jpg
でてきたラーメンを見てちょっとした驚きがありました。記憶の中にある天下一品のどんぶりといえば、写真のどんぶりです。ところが、どんぶりの大きさが一回り小さくなっているのです。僕の手のひらは大きく開いたときに親指の先から小指の先までほぼ20センチあるのですが、それよりも少し小さいぐらいです。デザインもロゴ以外は竜のイラストなどもなく、いたってシンプルなものでした。その分、どんぶりの高さが高くなっていて深さが増しているので、容量的には以前のどんぶりと変わらないのかもしれませんが、見た目には直径が小さくなっているのでなんだかしょぼくなったように感じてしまいます。


幸い味のほうは記憶どおりのもので、満足することはできました。ただし、価格は値上がりしたらしく、以前は確か680円だったはずが、770円になっていました。見た目にしょぼくなって、価格も上がってなんだかすこしがっかりしました。


ところで、こってりとあっさりの2種類だったラーメンの種類ですが、他にもいくつかバリーションが増えていました。西日本限定の絶品こってりとか、白味噌ベースのスープだとか、新しい味ができたようなので、そのうち食べてみたいと思います。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 17:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | PREV