FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

住民税が4倍!

先日、岡山市から住民税の納税通知書が届きました。2019年度の確定申告では、2018年度に比較して課税所得が倍ぐらいになってしまったので、当然ながら税額は増えているだろうと思いつつ中身を確認してみると、なんと昨年の納税額の4倍となる数字が記載さえているではありませんか!?


課税所得が2倍だからせいぜい2倍ぐらいだろうと思っていたので、さすがに愕然としてしまいました。しかし、冷静になってサラリーマン時代のことを思い出してみると、月額にすればこれぐらいは天引きされていたような気がします。とすると、べらぼうに増税されたということではなく、課税所得に応じた妥当な税額ということなんでしょうが、それにしても4倍になるとは恐れ入りました。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




まあ、いろいろなところで新しい道が作られて便利になりつつあるので、それらのメリットを享受できる代価としての住民税と考えれば納得せざるを得ないというところです。ということで、素直に第1期分を納めてきましたが、思わぬ出費に軽くめまいを覚えました。


そういえば、老朽化した岡山市民会館を新しくするようですが、どうせなら2000人規模の大きな施設にすれば良いのに、1700人規模の中途半端なものにするようで、このあたりは納税者としては不満に思うところです。


岡山では倉敷市民会館が1979人のキャパがあり、メジャーなアーティストのライブ会場は100%倉敷市民会館が利用されています。新岡山市民会館を2000人規模にすれば、ライブ会場として利用される機会が増え、その分経済効果も増えるでしょうから、どうせ新設するならそういうことを考慮すれば良いのに、なんで中途半端な大きさにするのか理解できません。岡山はこうした文化施設に対する政策がおざなりで、集客力のある施設を作ろうという姿勢が感じられないのが残念なところです。地域の活性化などももう少し考えて欲しいものです。

ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












スポンサーサイト



| 時事ネタ・ニュース | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10万円給付金が振り込まれる

昨日、例の10万円給付金が振り込まれました。ありがたやと思う反面、特に収入が減ったわけでもないのにこんなにもらっていいのだろうかというなんとも言えない後味の悪さのようなものも感じてしまいます。もっとも、それを言えば公務員などもそうだろうし、逆にコロナ問題で収入が上がった人もいるわけだから、自分だけが罪悪感のようなものを感じる必要はないわけです。


個人的には、本当に困っている人がより多くの補助を受けられるような制度にすることこそ必要だと思います。なので、当初の政府案のほうが指示できますが、全国民に一律10万円のばら撒きで公明党に押し切られてしまったあたりが、安倍内閣のほころびが顕著になってきたような気がします。やはり、長期政権になるといろいろと問題が出てくるようですが、支持率も下がりっぱなしの安倍内閣は今後どうなるのでしょうか。親韓派の二階が応援し始めたのでますます信用できなくなった石破が政権をとるよりかなりましだろうと思いますけどね。嘘つきで口先だけのクソ集団である元民主党主体の野党連合なんかは、政権云々のレベルではなく、政治家としての資格があるのかを検証することから始めてもらいたいものです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング













| 時事ネタ・ニュース | 21:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晴天だからこそ、家事もろもろ

今日は朝からいい天気でした。6時に起きて山へ行こうと試みたものの、疲れていたのか気分が盛り上がらず、トイレに行ってそのままベッドへ出戻りとなってしまいました。次に目が覚めたのは10時前。山へ行くのは当然却下で、夏に向けてやるべきことをさっさと片付けることにしました。


まずは、冬用に使っていた羽毛布団を干して、これからの季節用の薄手の綿のブランケットを出してきていっしょに干しました。これで布団の入れ替えがやっとできます。


その後、容量がなくなってしまったマキタの充電池をポータブル電源で充電。充電完了後ほぼ空になったポータブル電源にソーラーパネルを接続して、ポータブル電源の充電開始。発電し始めたのがお昼近かったので、結局半分ほどしか充電できませんでした。


ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




つづいて、駐車場の草刈り。まだ地面が見えないほど雑草が生い茂っているわけではありませんが、成長して茎が太くなると刈り取るのが厄介になってくるので、さっさと処理することにしました。マキタの電動草刈機で20分もあれば完了です。雑草をはやしておくと蚊の隠れ家にもなってしまうので、雑草は早めの処理が肝要です。


草刈の後はしばし休憩して、衣替えです。冬用のシャツやセーターをしまい、夏用のTシャツをだしました。しかし、結局全部とはいかず、半分ほど残してしまいました。もう着なくなった服がいっぱいあるので断捨離すればいいのですが、それもまた手間だし、それほど着ていないのでもったいないというのもあります。おいおいフリマアプリやユーズドショップで売ることにします。


ということで、見た目には何もすっきりしていない部屋の状態ですが、とりあえず夏に向けてやるべきことはある程度すませることができました。


明日もいい天気みたいなので、明日こそは早起きして山に行こうと思いますが、はたしてどうなることやら・・・

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 22:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デマに踊らされトイレ紙を買占めたのはどの世代?

興味深いニュースを見つけました。「高齢者は朝のドラッグストアへ本当に「殺到」したか 購買データで解明 」という記事です。


一時期、マスクやトイレットペーパーを買うためにドラッグストアに朝早くから並んで買占める人たちがニュースになっていました。朝早くから並ぶことが出来る人たちだけがマスクやトイレットペーパーを購入でき、仕事をしている人で本当にそれらを必要としている人が購入できない不公平さが問題とされ、お店のほうでも朝から品出しをしないようにするなど対策を講じる必要に迫られました。マスクはさておき、トイレットペーパー不足は単なるデマで、落ち着いて考えればわかるし、ニュースなどでもデマだということは再三報道されていたにもかかわらず朝から並んで買い占める人たちがいたため、しばらくは店頭からトイレットペーパーが消えてしまいました。


ビッグデータによるマーケティング分析を手掛けるTrue Dataという会社が、全国のスーパーやドラッグストアにおける延べ約5000万人のPOS(販売時点情報管理)データを使い、ドラッグストアでの購買情報を抽出・分析した結果、朝からドラッグストアに並んでマスクやトイレットペーパーを買い占めていたのは、圧倒的に50~60代が多かったということがわかったそうです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




トイレットペーパー不足の時は、10~40代の集客増加率は10~30%だったのに対して、50~60代はいずれも40%を超えていたという結果でした。


東京都が初の外出自粛要請を出した3月下旬までは平年並みに落ち着いてきていたドラッグストアへの来店数の伸び率は、外出自粛要請以後増加に転じたものの、緊急事態宣言がだされ全国でも外出自粛要請が出されるようになると、10~40代では徐々に低下し、4月13日週では平時を下回るようになりました。ところが、同じ時期に50代以上の中高年では平時を上回り、4月13日週で50代は平時の7.3%増、60代は13.3%増でした。


また、時間帯別に見た場合、4月13日週では午前9時台で世代間の顕著な差が出ていて、10~40代が平時の1~20%台の伸びだったのに対して、50代は57.3%増、60代は62.1%増でした。トイレットペーパー騒動のあった2月24日週では、50代は約2.9倍、60代は約2.8倍と突出していたようで、デマに踊らされ早朝からドラッグストアに並んで買占めに走ったのは、50代以上の高齢層だったことが明らかになりました。


10~40代といえば学生だったり社会人だったりする世代なので、朝からドラッグストアに並ぶということがそもそもできません。なので、40代以下の世代の増加率が低いのは当然といえば当然かもしれません。とはいえ、50代も一般的にはまだ働いている世代だし、4月であればリモートワークで40代以下の世代も家に居る人が増えていたはずなので、朝から並ぼうと思えば並べたわけです。もしも、皆同じ条件だったら他の世代の増加率も少し違っていたかもしれませんが、50~60代が実際に朝からドラッグストアに並んで買い占めたコア層だというのは厳然たる事実なわけで、仮定の話で行動を正当化できるわけではありません。


50~60代といえば人生経験も長く分別があってしかるべきだし、社会的責任も問われる世代であるにもかかわらず、デマに踊らされて無意味な買占めに奔走するとは、あまりにも情けないといわざるを得ません。こういう人達が会社で役職についていたりするわけですから、下の世代からすればいい迷惑です。老害だといわれても反論できないところでしょう。自分もこの世代に含まれるので、浅はかで迷惑な世代と陰口をたたかれぬよう、肝に銘じておきたいものです。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 時事ネタ・ニュース | 14:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すごい映画に出合った: ミスミソウ


コロナのため家で映画や動画を観る時間が多かったGWですが、Yahooの映像配信サービスGYAOもよく利用させてもらいました。もちろん、無料の映画を観るためですが。


misumisou.jpg
最近観た映画の中で、もっとも衝撃的だったのが、「ミスミソウ」という映画です。2018年4月に公開された邦画です。正直、GYAOで見つけるまでは、まったく知りませんでした。同じ2018年に公開になった邦画では、「カメラを止めるな!」がずいぶん話題になりましたが、「ミスミソウ」は公開時はあまり話題にはならなかったようです。2018年の興行収入ランキングにも出てきていないので、興行的には成功しなかった作品なのかもしれませんが、もっと話題になっていてもおかしくないと感じました。むしろ、「カメラを止めるな」のほうが見終わったときのがっかり感が大きく、個人的にははまりませんでした。「ミスミソウ」は前知識も期待もなく観始めましたが、観終わってからしばらくは興奮冷めやらぬ状況で、久しぶりにすごい映画を観たなと思います。


misumisou2.jpg
この映画を観る気になったきっかけは、奇妙なタイトルもそうですが、使用されていた画像でした。この写真、おそらく多くの人がなんだろうと気になると思います。女の子の目力にはっとさせられるものがあります。しかも、R15+指定になっているのだから、興味をそそられて当然かもしれません。ミスミソウというのは野草の名前で、タイトルだけ見るとちょっと悲しい恋愛映画のような感じですが、ジャンル的にはサイコホラーになるようです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




映画の内容は、主人公の女の子に対するイジメがエスカレートし、やがて目を覆いたくなるような惨劇に発展するというものですが、R15+指定になるのも当然かと思える映像の数々に何度息を呑んだことか。単に刺激の強い映像表現を多用しているというだけで無く、イジメ、過保護、家庭内暴力、親子間の葛藤など、現代社会における問題を数多く描いている側面もあり、単にスプラッター的サイコホラー作品という域を超えた考えさえられる作品でもありました。日本映画もこのレベルまで来ていたのかと感心した次第です。


もちろん、手放しで百点満点の評価に値するというわけではありません。舞台となるのは過疎の進む田舎町の閉校予定の学校で、多くの学生は見た目にはまじめそうで普通なのに、都会のヤンキー学校のような学級崩壊状況という描き方がちょっと無理があると感じたりもしましたが、邦画にありがちな間延びした情緒表現などなくテンポもいい感じで進み、全体としてはよく出来た作品だと思います。


主演の山田杏奈さんはこの映画が初主演ということですが、とてもキュートでいい役者さんだと思います。いじめを受けていた生徒達に復讐していくシーンでは、冷たく無表情な中にも心の奥底に燃え上がる激情を感じさせるものがあり、初主演とは思えない演技力でした。


GYAOでの公開は5月23日23:59までとなっているので、外出自粛が継続されて暇をもてあましている方におススメです。ただし、それなりにグロテスクな表現部分もあるので、そういうのが苦手な方にはちょっと厳しいかもしれません。

GYAO「ミスミソウ」のページはこちら。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 12:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日はフラワームーン

最近知ったことですが、各月の満月にはそれぞれ英語の名前がついているそうで、5月はフラワー・ムーンだそうです。花が咲く時期だからということなのだろうと思いますが、英語圏にもこういう風流な呼び名があったのかと感心したのですが、どうやらネイティブアメリカンの文化のようです。


こういう呼び名はむしろ日本語にこそありそうですが、月々の満月に日本語の名前はありません。かわりに、新月、三日月、十六夜、立待月、有明月など日々の形に応じた呼び名があります。農耕民族である日本人にとっては、稲作を行う数ヶ月のうちに様々な予定を立てる上で日々の月の形がその目安になっていたのに対し、狩猟民族だったネイティブアメリカンは季節の移り変わりを知る目安として、毎月の満月を目安にしていたということなのでしょうか。ちなみに、各月の呼び名は、以下のとおりです。


1月 ウルフ・ムーン/Wolf Moon(狼月)
2月 スノー・ムーン/Snow Moon(雪月)
3月 ワーム・ムーン/Worm Moon(いも虫月)
4月 ピンク・ムーン/Pink Moon(桃色月)
5月 フラワー・ムーン/Flower Moon(花月)
6月 ストロベリー・ムーン/Strawberry Moon(苺月)
7月 バック・ムーン/Buck Moon(男鹿月)
8月 スタージェン・ムーン/Sturgeon Moon(チョウザメ月)
9月 ハーベスト・ムーン/Harvest Moon(収穫月)
10月 ハンターズ・ムーン/Hunter's Moon(狩猟月)
11月 ビーバー・ムーン/Beaver Moon(ビーバー月)
12月 コールド・ムーン/Cold Moon(寒月)


8月と11月はちょっと日本的感覚とは違うのでいまいちピンときませんが、ネイティブアメリカンにとってはそういうものなのでしょう。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMGP1390_20200507215521f00.jpg
せっかくの満月だということで、久しぶりにカメラをもって写真を撮りに行ってきました。撮影機材は、これまた久しぶりにペンタックスK-50 とFA☆300mmF4.5を使いました。APS-Cサイズのセンサーのカメラなので、月は450mm相当の大きさで写っています。本当は、どこかの山に登って撮りたいところですが、今回は近場の河川土手から撮影です。ここは昔は岡山市街地のビル群がよく見えていたのですが、超久しぶりに訪れてみると、高架道路はあるし、新しい建物もあるしで、ほとんどビル群が見えなくなっていて、手前にできた住宅越しのつまらない写真になってしまい、がっかりです。


やはり、厳しい自然の中でこそ月の美しさも増すというもの。雑然とした都会の町並みの中では、何かしっくりきません。いつかチャンスを待って、高い山の上で山並みの向こうから昇ってくる赤い満月の写真を撮りたいものです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 21:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コロナ禍の休日

4月29日から巣籠GWが始まって6日目となりました。ほぼ家の中にいるわけですが、することといったら、食べる、観る、寝るの3つだけ。パソコンばかり観ているおかげで、首、肩、背中が凝って体調が悪くなるので、5月に入ってから夜に30分ほどウォーキングを始めたら、少し改善してきました。ところが、昨日は雨で、いきなり出鼻をくじかれてしまいました。


体を動かさないため、夜なかなか眠くならず、ついつい夜更かしをしてしまい、午前2時過ぎになってようやくベッドに入るような習慣がつき始めたので、昨晩はむりやり午前0時にベッドに入ったものの、やっぱり寝られずにスマホでニュースを見たりして、結局寝たのは午前1時ごろでした。で、当然ながら朝は11時近くまでだらだらと寝てしまい、今晩も寝られないことになりそうな予感・・・


IMG_5732_20200504171254fab.jpg
とりあえず何か体を動かそうと、最近使わなくなったバックパックを処分するために風呂場にタライを持ち込んで洗いました。20リットルのほうはまだ楽でしたが、38リットルの中型バックパックとなるとけっこうな大きさがあるのでタライに入りきらず、なかなか手間がかかりました。まだ、大型が2つあるので、もはや風呂場で洗うのは無理だと判断し、晴れた日に外で洗うことにしました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




バックパックの洗濯を終えて、気分転換にドライブにでも行こうと駐車場に行くと、なんと運転席のドアが30センチほど開いているではありませんか! 車上荒しかと思いあわてて中を確認してみましたが、何も被害はありません。よくよく考えてみると、おととい車で作業していて、いったん部屋に戻ってすぐに車に戻るつもりでドアを開けっ放しにしてそのまま忘れていたことに気がつきました。ということは、昨日雨が降っている中丸一日ドアを開けっ放していたことになります。ドア内側のノブのへこみにしっかり水がたまっていて、ドアポケットの中も濡れていました。もしかして、パワーウィンドのスイッチ類がだめになっているのではないかと恐る恐るエンジンをかけて窓をあけてみると、幸い何事も無く開閉できて胸をなでおろしました。とはいえ、ドアの内部に水がたまっていないか不安は残ります。また、運転席の下のフロアカーペットもドアに近いあたりが少し濡れていて、床下にもある程度水がしみこんでしまっているかもしれず、錆びたりカビたりしないか気になるところです。


気分転換に1時間ほど一人カラオケしながらドライブしたら、けっこういい気分転換になりました。しかし、体を動かしていないので、なんとなく欲求不満のような雰囲気があるのは相変わらずです。


ところで、ドライブ中にスーパーやホームセンターの前を通りましたが、いつもの週末となにもかわらないほど駐車場は車であふれていました。わざわざ外出自粛制限をしても、これではなんの意味もありません。緊急事態宣言が月末まで延長されてしまいましたが、こんな状態を容認していてはいつまでたっても緊急事態宣言を解除できないような気がします。休業指示を無視して営業するパチンコ店に列をなす人のニュースを観るにつけ、人との接触が断然少ない山歩きを自粛することが馬鹿馬鹿しいことに思えてきます。スーパーやホームセンター、パチンコ店など混雑する場所にわざわざ出かけていく人が容認されていて、混雑のない山に行くのを自粛するなんてまったくもって無意味だなと感じるので、自粛は県をまたいだ移動までにして、県内の低山登山を再開することにします。もちろん、バカではないので人の多く集まるような人気の山は避けて、極力人のいない山を選んで行くことにします。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング













| 時事ネタ・ニュース | 17:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GW明けにマスクの価格が一気に下がるかも

文春オンラインの記事によると、中国でのコロナ禍が落ち着いてきて中国でのマスク需要が減り在庫が積みあがっているようです。そのため、中国からの輸出が増えて日本で販売されるマスク量が増え、一気に価格が下がる可能性が出て来たようです。


いままでマスクが不足していた理由は、中国政府が国内で生産されたマスクをすべて買い上げ、外国企業が中国企業に製造委託していた分まで出荷をとめたためのようです。当然、日本企業が製造委託した分も出荷停止になって、日本でマスクが不足してしまったというわけです。こういうことが平然と行われてしまう中国という国にマスク製造の80%を委託したいびつな構造になっていたのが問題であり、日本政府もこの機会に日本企業の日本回帰や東南アジアへの移転を補助する施策を始めたようです。いまさらという気もしますが、とりあえず中国は信用できる国ではないということが広く知れ渡って、中国から撤退したり進出をやめたりする企業が増えれば、今後マスクのようなことが起こりにくくなるのではと期待できます。


ただし、これから出回るかもしれないマスクに関しては基本的に中国で売れなくなった製品の横流しであり、衛生面や品質面で問題のあるものもかなりあるみたいなので、やたら安価なものはうかつに手を出さないほうがよさそうです。ネットで、中国のマスク工場の従業員がマスク用の素材で自分の靴を平然と拭いている動画が流れていましたが、そんな素材で作られたマスクがたくさん流通している可能性があるわけです。実際、オランダでは中国製マスクの品質が粗悪であるとして60万枚がリコールされ、中国に繰り返したというニュースも流れていました。このマスクは中国がオランダに寄付したものらしく、国内で使えない粗悪品を寄付の形で国外に処分しただけではないかという疑惑もあるようです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




今、どうしてもマスクが必要という人は、メルカリやラクマで検索すると、手作りの布マスクがちらほら出品されていたりするので、そういうものを購入したほうが安心かもしれません。


背に腹はかえられないということで、安価な中国製マスクを購入せざるを得ない場合は、そのまま装着するのはやめて、一度殺菌消毒してから装着したほうが安心です。消毒用アルコールが手に入らなくても、煮沸消毒でもいいし、キッチンハイターなどの漂白殺菌剤で次亜塩素酸ナトリウムが主成分となっているものであれば、規定の用量に薄めた液に浸しておくだけで殺菌はできるようです。厚生労働省のサイトで紹介されているのは、水1リットルに25ミリリットル(キャップ1杯)の割合で入れればOKだそうです。そもそも、キッチンハイターは、ふきんやまな板の殺菌消毒用のものなので、マスクの殺菌消毒に使っても問題ないわけです。ただし、次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性で体につくと有害なので、手指の消毒には使えません。類似品が100円ショップでも売られているので、バカ高いアルコールや消毒用スプレーなど買う必要はありません。もっとも、若干次亜塩素酸ナトリウムの匂いが残るのが玉に瑕ですが、市販の消臭スプレーで臭いは抑えられると思います。100円ショップでアロマ用のペパーミントを買って消臭スプレーを自作するという手もあります。知恵と工夫でコロナ過を乗り切りましょう。


余談ですが、アルコール殺菌においてはアルコール濃度50%~80%でないと十分な殺菌効果が期待できないそうです。殺菌効果をうたったアルコール入りスプレーがたくさん市販されていますが、濃度が50%以下だったり、濃度記載の無いものは殺菌効果があまり期待できない可能性が高いようです。スーパーなどで見つけてもむやみに飛びつかず、濃度表示などきちんとされているかどうかを確認してから購入しましょう。先日、スーパーに行ったら珍しくアルコール入り殺菌消毒スプレーが売られていたのですが、アルコール濃度の表記が無いので買うのをやめて別の商品をみていたら、おばさんが棚に残っていた7本ぐらいをごっそり買い占めていきました。1本280円ぐらいでしたが、効果の期待できないものを買い占めてもしょうがないのになと思ってそのあさましい様子をただ眺めていました。拡散希望というデマのチェーンメールも相変わらず広まっているようですし、こういうときこそ正しい情報を取捨選択し、無駄なもの買いあさったりデマに踊らされることがないようにしたいものです。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 16:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岡山県が瀬戸PAでの検温を撤回した理由

GWに他県から観光などで流入する観光客を減少させるための方策として、岡山県では山陽自動車道下りの瀬戸PAで非接触式の検温を実施するとしていました。といっても、強制ではなくあくまでも任意であり、実施することが目的というよりも、岡山への帰省や観光に伴う移動自粛を求めるのが狙いだったのですが、28日になって中止を決めたそうです。


中止の理由は、なんと50件にもおよぶクレームが電話やメールで寄せられたからだそうです。そのクレームの内容というのが、「現場に行って妨害する」「関西の人を病原菌扱いするのか」といったものや、職員に対し「危害を加える」といった電話が相次いだそうで、職員や周囲の安全を確保するために中止にせざるを得ないということだそうです。


それにしても、こうなると半ばテロや脅迫といってもいいレベルのクレームであり、どういう人がこのようなクレームを入れているのだろうかと思ってしまいます。そうまでしてGWに岡山に来て、いったい何をしたいのでしょうか? 検温の実施を発表したときの岡山県知事の発言が少し過激だったことも原因かもしれませんが、クレームを入れた人の品性を疑わざるを得ません。少なくとも職員に危害を加えるといった電話については、電話番号から相手を特定し脅迫罪で訴えればいいのです。ところで、同様のことを山形県でも実施するとしていましたが、やはり同じようなクレームが発生しているのでしょうか。先日、沖縄に来ないでと訴えていた沖縄県は、いったいどんな状況なのでしょうか。


大阪府の感染者は、28日現在1,507人、兵庫県が632人、京都府が286人です。一方、岡山県では22人なので、圧倒的に関西圏の感染者数が多く、GWに関西方面から多数の人間が岡山県を訪れればウィルスが持ち込まれる可能性が高いというのは誰でもわかるはず。だからこそ、大阪や京都は特定警戒都道府県に指定されているわけで、他県の感染防止策に脅迫まがいのクレームをつけるよりも、その点を踏まえて県をまたいだ移動を自粛することをまず考えるべきであるはずです。


脅迫に屈して感染症対策としての検温を中止してしまったというのは、悪しき前例になりかねません。ここは毅然として実施するべきだったのではないかと思わないでもありませんが、そうすると万が一のことを考えて警察の配備なども必要になり、警察官の感染リスクを高めてしまいます。もはや、フランスなどと同じように罰則がある外出禁止令を全国レベルで出してしまうのが一番いいのかもしれませんが、日本の法律では難しいらしく簡単にはいかないようです。


岡山県に限らず感染者のそれほど多くない地方では、GWに感染が拡大している大都市圏からの人の移動に対して、非常に危機感を持っているはずです。特に感染者の多い特定警戒都道府県に在住の方は、そのことをもう一度よく考えていただきたいと切に願います。一人一人が今何をすべきなのか、何をすべきでないのかをよく考えて行動すれば、検温のようなことをする必要もないわけです。ウィルスをもらわない、うつさないための行動を心がけ、1日も早く自由にどこへでも出かけられる日常をとりもどそうではありませんか。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 22:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感染者の出た津山でお仕事

せっかくの晴れた土曜日ですが、津山で仕事が入ったので行ってきました。仕事は夕方16時からだったので、どうせ津山まで行くのなら仕事の前に近くの山にでも登りにいくかと思っていたのですが、昨晩のニュースで津山で初の感染者が出たことを知り、やめました。


岡山県の感染者はまだ21名ですが、じわじわと感染が広がっているようで、これまで感染者がなかった県北地域でも感染が報告されたということは、もはやどこで感染するかわかりません。山ですれ違う人が保菌者かもしれないし、人がいないだろうと思って行ったのに思いのほか人がいたということもあるわけです。先週の伯州山がまさにそれでした。よくよく考えて行動しないと、アウトドアなら感染しないと思わないほうがよさそうです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ということで仕事の現場にだけ行って帰ってきた訳ですが、道中はいつもの週末となんら変わらない数の車が走り回っていて、土日祝日になるとやたら出てくる交通の流れを無視した自己中安全運転ドライバーもいっぱいいました。いくら政府や自治体が不要不急の外出を控えましょうといっても、いまのところあまり我がこととして考えている人は少ないようです。しかし、岡山市内に帰ってくると、いつもなら渋滞している場所がやたらスムースに流れていて、どうやら都市部では比較的外出を自粛する人が多いみたいです。つまり、感染者がでていない田舎ほど危機感がないということなのでしょう。


IMG_8947_202004251857107c5.jpg
家に帰る前にいつも利用しているガスステーションに給油に立ち寄ったのですが、道路から入ろうとして車が列を成していたのでちょっとびっくりしました。幸い、並んでいたのは給油ではなく洗車機でした。並んでいた車はどれも汚れているように見えない綺麗な車ばかりで、何のためにわざわざ外出自粛要請の出ている週末に洗車に来たのか理解に苦しみます。洗車に並ぶだけなら車から出ないし感染のリスクはほとんどないのかもしれませんが、今しないといけないことなんでしょうか。もしかして、GWに出かけるための準備として洗車しにきたのでしょうか。もしもそういう人が多いのなら、GWは感染爆発の起爆剤になりかねません。


GWが終わって2週間ほど経った時、はたして感染者数がどうなるか、現状では悲観的な予測しかできないのではないかという気がします。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 19:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

津山まで往復112km、2時間半が無駄足

今日は、15時に津山の現場で検査依頼が入ったので、片道約56kmの道のりを1時間15分かけて行ってきました。ところが、行ってみると現場は鉄筋が全然組みあがっていません。一部ができていないだけなら、できている部分で検査して適不適の判断をすることもできますが、外周部が立ち上がっているだけで、スラブや内部の立ち上がりなどまったく手付かずの状態なので、検査のしようがありません。


現場監督さんが到着してなぜ遅れているのか確認してもらったら、なんと雨で予定がずれたということを請負業者が監督にメールで連絡していて、そのメールを監督が見ていなかったというお粗末な結末でした。仕事にメールを使うのなら、1日の最後に必ずすべてのメールに目を通せよといいたいところですが、そこは大人なので黙って流しました。結局、明日の夕方にもう一度津山まで行くことになり、今日はまったくもって無駄な時間と労力を費やして午後をつぶしてしまいました。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング













| 時事ネタ・ニュース | 23:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コロナ問題 5人中4人が無症状で実際は12倍の感染者

今朝の文春オンラインにコロナ問題に関する記事が掲載されていました。医療崩壊を心配する有志の医師3人が、「 COVID-19対策への緊急提言 」を行ったという内容の記事で、5人中4人が無症状とも……現役医師が訴える「“三密自粛”だけでは、もう医療崩壊を防げないというタイトルの記事です。


提言の内容は記事を読んでいただくとして、驚きだったのが無症状感染者の割合です。記事中から抜粋してみると、

「有力な医学誌「BMJ(イギリス医師会雑誌)」の4月2日の報告によると、先週、中国で行われた新型コロナウイルス検査で陽性と確認された166人のうち、実に5人に4人にあたる78%(130件)が、明確な症状を示さなかった」

「乗船者の平均年齢が高いダイヤモンド・プリンセンス号の感染データでも、51%もの無症状者がいました。無症状者は感染者の2分の1から5分の4を占めると考えられる」

「無症状者からも他の人々に感染させる可能性が示唆されてきています。このような潜伏性により全国に散布されて、あちこちでクラスターが発生する状況」

「この感染症では、軽症者が約80%もいる。(中略) しかも、仮にPCR検査の感度(感染者を陽性と正しく判定できる確率)を70%程度、すなわち約3分の2とすると、偽陰性(感染しているのに、陰性と判定され見逃されること)が約3分の1になるので、感染者は検査で陽性となった人の約1.5倍いることになる」

「軽症者を含めた全症状者の最低約2倍は感染者がいることを考慮すると、現在顕在化している陽性感染者数の1.5(偽陰性による見逃し)×4(検査されない軽症者)×2(無症状)=12倍は感染者がいると考えるべき」



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




なんとも恐ろしい実態が明らかになっています。東京都の感染者数は、10日現在で1519名ですから、実際には18,000名以上いることになります。実に16,000名以上の感染者が、感染している自覚の無いまま普段どおりに生活しているわけですから、経路不明の感染が増えるのも当然です。こうした人たちが都内だけでなく、他府県に移動すれば全国に感染を広げていくことになるわけです。京都産業大学の学生が感染したまま各地に移動して感染を拡大させたのと同じことが、密かに確実に現在進行していると考えたほうがよさそうです。


東京だけでなく、他の大都市圏でも同じような状況でしょうから、もはや全国規模での緊急事態宣言発令もありえない話ではないのかもしれません。米国や欧州と同じ状況に日本もなってしまうのか、予断を許さないことになってきたようです。


ちなみに、この文春オンラインの記事の執筆者 鳥集 徹(とりだまり とおる)氏は、僕の大学の同級生です。珍しい名前なのですぐにわかりました。フリーのライターとして文春に寄稿しているのか、それとも社員になったのかわかりませんが、時々記事を見かけます。昔から文才のある男でしたが、あいかわらずいい記事を書くなと感心します。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 09:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

とうとう緊急事態宣言

政府から緊急事態宣言が出てしまいました。といっても、日本全国が対象ではなく、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県限定です。当初、多くの感染者が出ていた北海道は、その後は感染拡大を抑制できたようで、今回の緊急事態宣言の対象地域にはなっていません。とはいえ、対象になっていない地域で感染が無いわけではないので、基本的に全国区で考えておいたほうがいいのかもしれません。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




ところで、山へ行くのを自粛するべきかどうか悩んでいる人もいると思います。感染を防ぐために、密閉、密接、密集を避けるということが言われているわけですが、登山の場合、基本的にはこれらの3条件に該当しない場合が多いのでしょうが、高尾山のような人出の多い山に行くと、明らかに3条件に該当してしまいます。伯耆大山の夏山登山道でも、週末や祝日は人が多く、避難小屋の周辺や弥山山頂ではそれなりに密集、密接した状態になります。そのうえ、避難小屋に入ってしまえば密閉にも該当してしまうので、明らかに避けたほうがいいといえます。


つまるところ、人が少なく、3条件に該当しない山へ行くのなら自粛する必要はないでしょう。ただし、自家用車ではなく、公共交通機関を利用するという人は感染リスクが高くなるので、自粛したほうが賢明です。また、基本的に単独登山ではなく、友人知人などとグループで登山をするという人も、どこへ行くかにかかわらず集まった時点で密集、密接の2条件に該当するわけですから、やめておいたほうがよさそうです。症状が無くても感染している無症状感染者がいるわけですから、複数人で車に同乗して登山に行けば、車の中で感染する可能性もあるわけです。自分は大丈夫だとか、知り合いだから大丈夫などと思っていても、それはただの思い込みに過ぎません。


緊急事態宣言の対象地域においては、感染を拡大する危険性があるので、他地域への移動も自粛して欲しいと要請されています。ニュースに寄れば、首都圏から軽井沢の別荘地に避難する人も多いらしく、軽井沢のスーパーでは東京のナンバープレートをつけた車がたくさん見られるそうです。地元ではウィルスを東京から運んできているかもしれないと戦々恐々としているそうで、正直な話迷惑な連中だと思われているとか。鳥取砂丘にも関西圏から訪れる人が多いそうで、こちらも地元の人たちからは軽井沢と同様の反応があるようです。緊急事態宣言が出ても移動自粛要請に関して罰則があるわけではないのではたしてどれほど要請が受け入れられるのかなんともいえません。いずれにしても、早く治まって欲しいものです。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング













| 時事ネタ・ニュース | 18:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岡山市でコロナ感染者

本日21時30分に、岡山県知事と岡山市長がそれぞれ会見し、岡山市内在住の60代女性が新型コロナウィルスに感染していることが判明したと報告しました。


この女性は3月9~15日にスペインを旅行し、17日に発熱の症状が出たため、帰国者・接触者外来を受診。21日に再度受診し、22日にPCR検査で陽性と判明したということです。


大阪でも3月22日に感染がわかった人が3名あり、3名とも3月18日にスペインから帰国しているところを見ると、同じツアーだったのかもしれません。なぜこの時期にわざわざ感染が拡大しているところへ旅行に行くのでしょうか。自分だけが感染して終わるのならまだしも、自分が感染すれば家族や友人、仕事の同僚や取引先の関係者などにも感染させる可能性があるし、そうでなくても検査や自宅待機などで迷惑をかけるのですから、自重するという選択があっても良かったのではないかと思うのですが、状況がわかって行っているわけですから、そういう考えはなかったんでしょうねえ。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 23:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コロナウィルス関連 もろもろのこと

その1
先日、愛知県蒲郡市でコロナウィルスを撒いてやるといって飲食店2軒を訪れた男性が、入院先で亡くなったそうです。ニュースでカラオケを歌っている当人の画像が流れていましたが、かなり肥満体で、生活習慣病を患っていそうだなと思っていたのですが、どうやら肝臓癌だったようです。ただし、死因は肺炎だとか。他人を巻き込んではた迷惑な行動をした挙句に命を落としたわけですが、本人はどんな気持ちで最後のときを迎えたのでしょうか。してやったりと思ったのか、反省していたのか、回復してどこかで会見でもしてくれないかと思っていたのですが、本心を語らぬままかえらぬ人になってしまいました。


ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




その2
コロナウィルスは、エアロゾルという微粒子の状態で3時間程度生存できるというニュースが流れていました。エアロゾルというのは、人のくしゃみなどの飛沫よりももっと小さい微粒子だそうで、飛沫は1~2mほどしか飛ばず重さですぐに落下してしまうのに対して、エアロゾルは長時間空気中を浮遊するそうです。コロナウィルスはその微粒子に付着した状態で3時間程度生存するそうです。ただし、このことがすなわち空気感染するというわけではなく、外を出歩いているだけで感染するということではないので心配しすぎないことです。要するに、人の多く集まる場所で、近くに人がいて接触や会話があり、換気もよくない場所であれば、空気中にコロナウィルスが付着した微粒子が漂っていて感染リスクが高まるということのようです。いままでは、飛沫感染や接触感染が感染の原因だとされていたので、マスクをしてうがいや手洗いをしっかりすれば感染をかなり防ぐことができるとされていましたが、それほど甘くはないということだと認識しておいたほうがよさそうです。やはり、この時期に人の多く集まる場所に出かけていくのは、かなり感染リスクが高いということだけは間違いないといえます。


その3
茨城県で感染者が出ていないのは、納豆がコロナウィルスに効くからだというデマが広まって、納豆が品薄になっているとか。よくもまあ、そんなでたらめを思いつくものだと思う反面、そんなでたらめを信じるバカが世の中にいっぱいいるんだなとあきれてしまいます。納豆なんて日本中で食べられているのに、そんなわけないだろうとなぜ思えないのでしょうか。その理屈で言えば、18日現在感染者が出ていない県の特産品はすべてコロナに効くという話になってしまいます。鹿児島県の芋焼酎、富山県の白えび、青森県のリンゴ、山形県のさくらんぼ、岩手、福井、鳥取、島根は何でしょうか。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング












| 時事ネタ・ニュース | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | PREV