FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

紅葉には早かったが美しい森を堪能:  男三瓶山その2 

2019年10月20日(日) 島根県大田市三瓶町多根 男三瓶山(1126m) 単独日帰り 


IMG_4034_20191024182538660.jpg
10:10 山頂でしばらく晴れるのを待っていましたが、いっこうに晴れる気配がないので、ひとまず子三瓶山方面に下ってみることにしました。もともと今回の目的は紅葉した三瓶山の風景を撮影することなので、山頂にじっとしていても仕方がありません。


IMG_4035_201910292148124be.jpg
山頂から階段を下ると、山頂よりもさらに広い平坦な場所になっていました。茶色になり始めたススキが一面に広がっているのですが、ガスは相変わらず視界を閉ざしたままです。


IMG_4036_201910292148130fa.jpg
ススキは近くで見ると黒っぽい色に変色していて、秋になって枯れ始めたというよりもなにか病気にかかったような雰囲気でした。


IMG_4038_20191029214815f35.jpg
山頂から5分で西ノ原方面への分岐があったので、ここから左の室ノ内池方面に向かいます。


IMG_4039.jpg
分岐を過ぎると、道は急に藪っぽい雰囲気に変わりました。


IMG_4040.jpg
10:21 ずっと平坦だった道が急にがけっぷちで行き止まりのようになっていました。末端にベンチが一脚設置されていて、道は左へと下っていました。


IMG_4041_20191029214819c12.jpg
ベンチのある場所から左へ曲がると、道は急傾斜の下りになっていました。しかし、その先はガスの中に消えています。下っていけばガスも薄らいでくるのでしょうが、紅葉しているはずの山頂直下のあたりはガスに隠されて見えそうにありません。となりの子三瓶山まで行ったとしても、ガスに半分隠れた男三瓶山をみても仕方がありません。ベンチに座ってしばらく考えた結果、紅葉もほぼ期待できそうにないので、子三瓶山方面に下るのはやめました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_4042_20191029214821dce.jpg
10:30 山頂まで戻ってきました。山頂のガスは心なしかさっきよりも濃くなっているように感じます。


IMG_4044_2019102921482267b.jpg
若干人が少なくなっていたので、登って来たときにスルーした北の原展望台に来てみたものの、やっぱり展望は皆無でした。


IMG_4045_20191029214824108.jpg
展望台の近くには、三瓶山頂神社もありました。


IMG_4046_20191029214825f5b.jpg
なぜか囲いつきの三角点が設置されています。


IMG_4047.jpg
10:35 残念ながら天気予報には裏切られたようなので、あきらめて下山することにします。下山は名号コースを下ることにしました。このコースを下れば、もともと女三瓶山から下るコースに合流するので、そこからは予定していた中国自然歩道経由で姫逃池コース登山口に戻ることができます。


IMG_4048_20191029214940dd5.jpg
ガスの中に消えていく長い階段を下ります。


IMG_4049_2019102921494252e.jpg
階段を下りきったところで分岐があり、左が名号コースで、右は女三瓶山に行く稜線のコースですが、右は通行禁止になっています。ただし、この先に避難小屋があるためか、ここには通行禁止の看板などはせっちされていません。せっかくなので、避難小屋を見て行くことにしました。


IMG_4050_201910292149443c4.jpg
分岐のすぐ先にあった避難小屋は、思っていたよりも大きく立派なつくりでした。


IMG_4051_20191029214945a10.jpg
中に入ると6畳ほどの板土間と同じぐらいの広さの板間になっていて、状態はきれいでした。はしごがありますが二階はないので、収容人数はせいぜい10名が限界かなという感じです。外に別のドアが1枚あり、トイレがあるのかと思いましたが、鍵がかかっていたので、トイレがあるのかどうかは不明です。あったとしても使えないのならないのと同じ。


IMG_4052_201910292149462f8.jpg
分岐に戻って、名号コースを下ります。



IMG_4054_201910292149481e9.jpg
分岐のすぐ先に案内板が設置されていて、男三瓶山と女三瓶山をつなぐ稜線のコースが通行止めになっているので、名号コースを下って登り返せば女三瓶山に行けるという案内図が描かれていました。しかし、そんなめんどくさいことをする人がどれほどいるのかわかりません。


IMG_4055_20191029214949b95.jpg
歩き始めてすぐに、銀明水という道標が出ていました。


IMG_4056_2019102921495114e.jpg
しかし、その道はすっかり草薮に埋もれていて、ほとんど利用されていないようです。


IMG_4057.jpg
登山道沿いに赤く色づいた低木がありました。黄色か茶色の黄葉がほとんどなので、赤色がひときわ目を引きました。


IMG_4058.jpg
下り始めてすぐに傾斜が急になり、木の根が出ていたり、大きくえぐれた段差があったりで、けっこう大変な道になってきました。登って来た姫逃池コースと比べると、かなりタフな道です。


IMG_4059_20191029215121a8e.jpg
標高1050m付近ではそこそこいい具合に色づいている木々も見られました。


IMG_4060_2019102921512367c.jpg
ナナカマドの実が真っ赤に色づいていました。


IMG_4061_20191029215124294.jpg
ガスでかすんでいますが、ブナの黄葉がきれいでした。


IMG_4062_2019102921512630b.jpg
標高900m付近まで下りてくるとすっかり緑の森になってしまいましたが、大木が多いすっきりとした気持ちのいい森なので、気持ちのいい森林浴をしながら歩くことができました。


IMG_4064_20191029215127753.jpg
立ち枯れの大木はコケが分厚く覆い、キノコがたくさん生えていました。


IMG_4065_20191029215129e17.jpg
標高700mあたりは、シデ林になっているようです。シデという樹種はあまりよく知らないので、少し勉強してみようと思います。


IMG_4066.jpg
11:32 女三瓶山から下ってくる道との合流点に着きました。右手すぐのところにトイレもあります。名号登山口方面の左へ進みます。この分岐から中国自然歩道の分岐点までの森がなかなかいい雰囲気でした。林床の下草や低木が少なくすっきりとしていて、大木が広い間隔で生えていて、その間をうるさくない程度に細い木々が埋めていて、原生林というわけではないみたいですが、自然の状態に近い生命力にみなぎる森のような感じがありました。


IMG_4067_20191029215132e92.jpg
登山道の近くに年代を感じさせる巨木もありました。


IMG_4070_20191029215133ab6.jpg
おそらくケヤキだと思いますが、幹周は5~6mはありそうです。


IMG_4073_20191029215331ff5.jpg
こちらもケヤキと思われる巨木です。登山道のすぐ近くにありました。


IMG_4075_201910292153328ee.jpg
下るにつれてやや林床がうるさい感じになってきましたが、巨木・大木がならぶきれいないい森でした。大きく息を吸い込むと、なにか力が体の中にしみわたるような気にもなります。標高1200mにも満たない三瓶山の麓にこんないい森があったとは知りませんでした。


IMG_4076_20191029215334d94.jpg
11:49 中国自然歩道の分岐点です。右へ下って名号登山口から戻るほうが楽だと思いますが、せっかくなので左の中国自然歩道を通って戻ることにします。


IMG_4078.jpg
分岐からは緩やかな上り坂になりました。


IMG_4080_201910292153376f8.jpg
中国自然歩道だけあって、途中にいろいろと解説が書かれた看板が設置されいて、いい勉強になります。


IMG_4081_20191029215338f32.jpg
進むにつれて傾斜がきつくなり、次第に疲れと空腹感が強まってきました。


IMG_4082_201910292153400b2.jpg
名号登山口に下らなかったことを少し後悔し始めた頃、堰堤で対岸に渡る場所まで来ました。


IMG_4083_20191029215341d86.jpg
お昼が近いこともあってほとんどシャリばて状態になっていたので、堰堤をわたったところで何か食べようと思ったのですが、どうやら姫逃池コースとの合流点まであと少しのようです。それなら、姫逃池コース沿いの東屋のある広場でランチにしたほうがいいので、あと少し我慢することにしました。


IMG_4084.jpg
12:16 姫逃池コースに戻ってきました。右に少し下れば東屋のある広場です。


IMG_4085_20191029215344159.jpg
東屋の広場は誰もいませんでした。東屋の中にはテーブルがないので、奥に見えているテーブルのあるベンチでランチにしました。


IMG_4086_2019102921550830a.jpg
今日のランチは坦々麺とカルパスです。


IMG_4087.jpg
おいしそうに出来上がりました。いただきます。ごちそうさま。


12:57 お昼休憩で25分ほどゆっくりしてから、駐車場まで一気に下りました。広場から駐車場までは15分ほどでしたが、疲れていたためか、うっかり駐車場に着いたときの写真を撮り忘れてしまいました。


IMG_4090_2019102921551167b.jpg
駐車場を出て西ノ原経由で帰ろうと西へ車を走らせていると、男三瓶山が見えました。相変わらず上の方はガスの中で、あきらめてとっとと下山して正解でした。


山行時間は約4時間で、標高の割りにけっこう疲れました。おそらく朝早く起きて、3時間のドライブをして来たせいもあるのでしょう。残念ながらきれいな紅葉を見ることはできませんでしたが、全然予想していなかった美しい森を歩くことができてかなり満足感のある山行となりました。


帰路は西ノ原を経由して三瓶温泉に立ち寄りましたが、温泉の駐車場がいっぱいだったので、そのまま帰りました。

map20191020sanbesan.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










スポンサーサイト



| 2019年10月 三瓶山 | 22:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紅葉には早かったが美しい森を堪能:  男三瓶山その1 

2019年10月20日(日) 島根県大田市三瓶町多根 男三瓶山(1126m) 単独日帰り 


昨年11月2日に三瓶山を訪れたときは、室ノ内はいい具合に紅葉していたのですが、山腹の紅葉はすでに終わっていて、山の紅葉としてはいまいちでした。なので、今年は山腹の紅葉が見ごろになってそうな10月下旬を狙って行ってきました。しかし、最近まで暑い日が続いたりしていた影響か、ようやく色づき始めという状況でがっかりでした。


今年は北の原から登りました。昨年、楽をしようと東の原からリフトで登ったものの、女三瓶山と男三瓶山をつなぐ縦走路が通行止めで、最高峰の男三瓶山に登ることができなませんでした。なので、今回は北の原から登り、ぐるりと縦走して女三瓶山から名号方面に下って周回することにしました。このコースでは室ノ内を取り囲む外輪山を一周することはできませんが、すべてのピークを踏むことができるので、とりあえず周回することができるコースとなります。



装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス パラマウントタンク
 ベースレイヤ: マムート アイガーエクストリーム メンヒロングスリーブ
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: マムート クルーズジャケット
 ハードシェル: マムート エアロスピードジャケット
 インサレーション: バーグハウス ラムチェハイパーダウンジャケット
 グローブ: ブラックダイヤモンド クラッググローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: マムート エアロスピードパンツ
 ソックス: ノンブランド ウールソックス
 シューズ: マムート テトンGTX

●ギア
 バックパック: ハクバ GWアドバンス ピーク25
 ストック: なし


IMG_3996.jpg
今回はブラックダイヤモンドの新しいグローブ クラッググローブを使いました。といっても、購入したのは2019年1月なので、かれこれ9ヶ月近くも放置したままでした。いつも夏山で使っているコーナンの作業用グローブが先週の花見山では寒かったので、少し厚手のクラッググローブがようやく日の目を見ることになったわけです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3997_20191024182219f36.jpg
8:16 北の原の駐車場を出発します。ちなみに、北の原の姫逃池コース登山口前にある駐車場はトイレの立替工事をしているのか、仮設のトイレが設置されていて手洗いの水も仮設のものでした。出発前に公衆トイレの手洗いでコンタクトレンズを入れようと思っていたのですが、仮設の手洗いの水は飲用不可となっていたこともあり、車で西へ2分ほど行ったところにある北の原公衆トイレに行ってコンタクトレンズを装着しました。写真奥に並んで建っている白いボックスが仮設トイレになります。



IMG_3998_2019102418222193b.jpg
仮設トイレの前から森の奥へと進みます。


IMG_3999_20191024182223c65.jpg
登山口は少し歩いたところにあります。


IMG_4000.jpg
8:18 姫逃池コース登山口です。道幅もあり、よく整備されているようです。


IMG_4001_20191024182226506.jpg
頂上までの距離が表示された道標が設置されていて、あとどれくらいなのかわかりやすくて助かります。


IMG_4002_2019102418222795d.jpg
登山道入口付近はけっこう下草や低木の多い林床ですが、森の雰囲気は案外すっきりとしていて気持ちのいい感じです。


IMG_4003_2019102418222932d.jpg
はじめのうちは緩やかな上り坂でしたが、途中から傾斜が急になり、階段が現れました。


IMG_4004_201910241822307fd.jpg
ずっと急な階段が続くのかと思いきや、階段はすぐに終わって平坦な道になり、少し進むと東屋とベンチのある広場に出ました。森の中に忽然と開けた日当たりのいい広場なので休憩するにはいい場所ですが、登山口から20分もかからない場所なので、休憩するにはちょっと早すぎるという場所です。なので、そのまま通過しました。


IMG_4006_201910241822312df.jpg
8:46 東屋のある広場から5分で、中国自然歩道と交差します。女三瓶山から下山して、名合登山口までは下りずに途中から中国自然歩道を経由してここに戻ってくる予定です。


IMG_4007_20191024182406696.jpg
中国自然歩道との交差点から男三瓶山山頂まで90分となっていました。


IMG_4008_20191024182408e11.jpg
天気予報では晴れとなっていましたが、三瓶山にはガスがかかっていて森の中もしっとりと濡れた感じです。


IMG_4011_20191024182409a31.jpg
登るにつれてガスが濃くなってきました。山頂まで登ればすっきりと晴れて、雲海が望めるようになっていることを願いながら登ります。


IMG_4012_201910241824100b7.jpg
標高800mあたりから、わずかに色づき始めた木々も見られるようになって来ました、紅葉というにはにはまだまだ程遠いという状況です。


IMG_4014_201910241824126e3.jpg
標高900mです。道標の後ろにあるウルシのような葉が少し色づいていますが、色づいたというよりも枯れかけているという感じです。


IMG_4015_201910241824132b4.jpg
ガスもあいかわらずで、晴れそうな気配はありません。


IMG_4017.jpg
9:22 道はだいぶん傾斜がきつくなり、岩が出たりして歩きにくくなってきたものの、要所要所に階段が設置されていて厄介な箇所はありません。とてもよく整備されています。


IMG_4018.jpg
標高1000mあたりになるとブナが多く見られるようになってきて、登山道脇にひときわ大きなブナが立っていました。


IMG_4020_20191024182418f14.jpg
9:33 登山道の傾斜が緩くなったなと思ったら、頂上まで400mでした。このまま緩やかな道だといいなと思いつつ登っていきます。


IMG_4022.jpg
山頂近くのブナは、それなりに黄葉していたりしますが、ガスっていることもあり鮮やかさありません。


IMG_4023.jpg
色づき具合も少し枯れかけた葉も混ざっていたりして、今年の紅葉ははずれかもしれません。


IMG_4024_20191024182527a3f.jpg
それでも色づいたブナは美しいと感じます。


IMG_4025_20191024182528161.jpg
9:42 山頂まであと5分です。


IMG_4026_20191024182530678.jpg
あと100mのところまできました。もう着いたも同然です。


IMG_4027_20191024182531432.jpg
9:51 広い山頂広場に出ました。


IMG_4028.jpg
広場に出てすぐの左手にある北の原展望台周辺にはそこそこ人がいたものの、山名の書かれた標柱のあたりには人がいなかったので、とりあえず自撮りだけしておきました。


IMG_4030.jpg
山頂の気温は16度ぐらいで、先週の花見山とほぼ同じでした。風がそれほど強くなかったので、ダウンジャケットを着るほど寒くはなく、ウィンドブレーカーを羽織るだけで大丈夫でした。


IMG_4031.jpg
人の多い展望台とは反対側のベンチで休憩していると、ときおりうっすらと青空が見えたり、薄日が差したりして、もしかしたら晴れてくれるかもと期待が膨らみます。


IMG_4032_20191024182537366.jpg
晴れるのを待つ間、室ノ内展望台のほうに行って見ましたが、ガスガスでぜんぜん展望はありませんでした。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










| 2019年10月 三瓶山 | 18:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |