FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

猛暑と雨でも充実度100%: 大山剣ヶ峰その2 

2019年8月3日(土) 鳥取県大山町 大山剣ヶ峰(標高1729m) 日帰り単独行 


IMG_3280.jpg
槍ヶ峰へと直登する尾根道を登ります。あいかわらず猛烈な急斜面が続きます。


IMG_3281.jpg
トレース脇に咲く可憐なシコクフウロに癒されながら、体を押し上げていきます。


IMG_3282_20190804135005afa.jpg
このルートの一番の難関区間まで来ました。以前はロープもあり、それほど厄介ではありませんでしたが、すっかり崩落して手がかり足がかりの少ない崖地になっていました。登って登れない事はないのですが、下りはちょっと厳しいと思われます。そのため、右手から藪の中を巻くトレースができていました。


IMG_3283.jpg
12:11 ようやく直登が終わり、槍尾根まで上がってきました。


IMG_3284.jpg
尾根に出たところの崖沿いに咲いていた花ですが、ヤマホタルブクロかな。なんか色が違うような気もしますが、詳しくないのでよくわかりません。


IMG_3286_20190806170330c4f.jpg
12:21 三ノ峰に着きました。お昼時ですが誰もいないので、ゆっくり休憩することができます。この日は虫もあまり多くなく、ことに登山口から尾根に上がってくるまでまったくといっていいほど虫にまとわりつかれることがありませんでした。三ノ峰山頂ではアブなどがそれなりに飛んでいて、ときおり頭の周りに飛んできたりしましたが、休憩するのがうっとしいほどのことはなく助かりました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3290.jpg
休憩しながら天狗ヶ峰の方を観ていると、天狗尾根をおっかなびっくり下っていく登山者がいました。滑落するんじゃないかとはらはらしながら見ていましたが、なんとか無事に難所を通過して下っていきました。


IMG_3294.jpg
出発する前に、記念写真を撮っておきました。ここからはヘルメット装着でいきます。


IMG_3293.jpg
剣ヶ峰を眺めるの図。


IMG_3291_20190806170333850.jpg
ちょっとかっこつけてみた。


IMG_3295.jpg
12:44 ということで、剣ヶ峰に向けて出発です。


IMG_3296_20190806170339f28.jpg
三ノ峰から天狗ヶ峰までの尾根道は、特別崩落しているようなところもなく、昨年歩いたときととくに変わったところはありませんでした。ただし、もともと整備された安全なルートではないので、スリップや転倒が滑落転落に直結する危険性の高いルートであることに変わりありません。


IMG_3297.jpg
12:50 天狗ヶ峰まで来ました。


IMG_3298.jpg
岩に書かれた山名もだいぶん色あせてほぼ判読不能状態です。


IMG_3299_20190806170540668.jpg
ユートピア方面にはガスがかかってきました。


IMG_3300.jpg
天狗ヶ峰から先も、相変わらずの状態です。


IMG_3301_201908061705445a7.jpg
途中の南壁側の崩落もだいぶん進んできた感じです。この場所は、足元がえぐれたように崩落していて、いつ足元が崩れてもおかしくないような雰囲気があるので、通過するときにけっこうハラハラしました。


IMG_3303_20190806170545465.jpg
剣ヶ峰が近くなってくると、登山道が完全に崩落しているので、右手の北壁側の藪を迂回するようにトレースがついています。


IMG_3304.jpg
藪のトレースを進んでいくといったん尾根上に出てきますが、すぐにまた藪の中に入ります。


IMG_3305.jpg
再び尾根に出て来たところは、南壁側に奈落の底が口を開けています。


IMG_3306.jpg
ヤマハハコのお出迎えを受けつつ山頂に近づきます。


IMG_3307.jpg
13:01 お久しぶりの剣ヶ峰に登頂です。


IMG_3310.jpg
昨年は山頂碑の台座部分ががたがたになっていましたが、ある程度モルタルで補修されていました。


IMG_3311_20190806171046ac3.jpg
修復された台座に座ってのんびりとしていましたが、気がつけばなんだかやばそうな雲が空を覆い始めました。


IMG_3312.jpg
頭上には積乱雲が急速に発達してきました。雨になりそうな雰囲気です。雨だけならまだしも、積乱雲なので雷まで発生したらたまったものではありません。逃げも隠れもできない山頂や稜線で雷に遭遇なんて、考えただけでぞっとします。


IMG_3313.jpg
弥山の南壁をガスが駆け上がっているのも見えます。のんびりしている暇はないと判断して、急いで下山することにしました。


IMG_3314.jpg
13:10 涼しい山頂にわずか10分しかいることができませんでしたが、一刻も早く下山開始です。


IMG_3315_20190806171052833.jpg
13:17 天狗ヶ峰を通過。


少し気がせいていたためか、天狗ヶ峰の下りでスリップダウン。幸い、尻餅をついただけでしたが一瞬ヒヤリとしました。


IMG_3316_201908061710548fa.jpg
三ノ峰まで戻ってくると、頭上に広がっていた積乱雲は風に流されて弥山のほうに行ってしまい、青空が戻ってきました。急いで下山してきたのがバカみたいですが、どうなるかわからないのが山の天気なので、何もなければそれでOKです。


IMG_3318.jpg
ユートピアにかかっていたガスもなくなり、避難小屋や三鈷峰も見えています。


IMG_3319.jpg
三ノ峰で靴紐を締めなおして、そのまま槍尾根を下ります。



IMG_3320_201908061710588f5.jpg
槍尾根から草つきの急斜面を一気に下ります。少し休憩したいところですが、再びガスが出始めたので、とにかく大ガレまで下ってしまうことにしました。


IMG_3321_2019080617110010c.jpg
14:02 大ガレまで下りてきて、大堰堤までもう少しというところで、とうとうポツリポツリと雨が降り始めました。本降りになる前に大堰堤を越えてしまえば、あとは登山口まで森の中を歩くので、少々の雨なら大丈夫です。歩く速度を速めます。


IMG_3324_201908061712457ce.jpg
大堰堤の下に出ました。頭上には雨を降らしそうな雲が一面に広がり始めていました。


IMG_3326.jpg
工事箇所の迂回路から三の沢に出る直前に、とうとう本降りになってしまいました。この先は森から出て三の沢沿いの道になるので、そのままでは濡れてしまいます。しかし、すでに汗でシャツもパンツもすっかり濡れているので、いまさら雨に濡れたところで何も変わりません。ということで、雨具もつけずに雨の中を普通に歩いて下りました。


IMG_3327_201908061712497c7.jpg
14:37 駐車場に戻ってきました。雨の中を歩いた割には、それほど濡れた感じはしません。汗で濡れていたからなのか、思ったほど雨脚が強くならなかったからかはわかりません。しかし、やたら湿度が高く、濡れた服を脱いでしばらく工事事務所の軒下で涼んでいましたが、いっこうに体が乾かないので、車に戻ってエアコンをつけ、車内で全部着替えてようやく不快感から開放されました。


久しぶりに4時間を越える行動時間の登山をしましたが、ようやく登山らしい登山ができたということで、なんだか充実感が半端なく、お盆休みもまた信州遠征できそうだなと感じた1日でした。もっとも、重い装備を試していないので、GWのときのように腰痛で撤退することになりはしないかということが気がかりです。腰のほうは全快しているとは言いがたいので、本番前に一度ボッカ訓練をしておきたいものです。

map20190803daisen_kengamine.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











スポンサーサイト



| 2019年8月 伯耆大山剣ヶ峰 | 17:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猛暑と雨でも充実度100%: 大山剣ヶ峰その1 

2019年8月3日(土) 鳥取県大山町 大山剣ヶ峰(標高1729m) 日帰り単独行 


GPV気象予報では午後1時ぐらいから雨の可能性がありましたが、登山天気の予報では晴れになっていたので、久しぶりに伯耆大山剣ヶ峰に登りに行きました。


剣ヶ峰は2018年4月以来で、1年4ヶ月ぶりになります。お盆休み1週間前ということで、トレーニングをかねて負荷の大きい山行をしておく必要があるのと、暑さ慣れする必要もありました。なにより、体力的にも体調的にも猛暑の登山を問題なくこなせるのか確認しておく必要があります。先週登った花知ヶ仙では、すこし体調面に不安を感じたので、1週間前にきつめの登山をして確認しておかないと、ぶっつけ本番だと何が起こるかわかりません。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス パラマウントタンク
 ベースレイヤ: マムート パフォーマンスドライジップ L/S
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート エアロスピードジャケット
 インサレーション: なし
 グローブ: コーナン ネクストフォース 作業用グローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ランボールドパンツ
 ハードシェル: マムート エアロスピードパンツ
 ソックス: ハリソン 総パイルクライミングソックス
 シューズ: マムート テトンGTX

●ギア
 バックパック: マムート リチウムスピード20L
 ストック: なし
 ヘルメット: グラビティリサーチ アルパインヘルメット


IMG_3250_20190804134605372.jpg
新しい山シャツを着用しました。といっても、マムート パフォーマンスドライジップ ロングスリーブはすでに1枚持っているもので、好日山荘の夏セールで色違いを買い増ししたというだけです。夏用の山シャツは白系や青系ばかりなので、初めて赤系を買ってみました。素材は薄くて肌触りがよく、汗抜けもとてもいいので、暑い夏山登山にはぴったりのシャツです。







ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3251_20190804134606ff4.jpg
10:19 文殊堂の駐車場を出発します。本当は暑くなる前の早い時間に出発したかったのですが、寝坊して到着が遅くなりました。文殊堂の駐車場にはすでに12台ほどの車が停まっていて、人の姿はありませんでした。まあ、他に出発する人がいないということは、前後に人がいないのでマイペースで登ることができるわけで、それはそれで結果オーライです。


IMG_3252.jpg
三の沢に入ると、前方に大山の姿が見えていました。到着した頃はガスで稜線は見えていなかったのですが、どうやらガスが取れてきたようです。


IMG_3253_20190804134609d32.jpg
5分ほど登ると、登山者用の通路が左手の森の中に分岐していました。どうやらまた堰堤工事が始まっているようです。大山の治水工事は永遠に終わりはなさそうです。


IMG_3254_201908041346102fe.jpg
以前にも設置されていた迂回路なので、しっかりとしたトレースがついています。


IMG_3255.jpg
5分ほどで再び三の沢に出てきました。


IMG_3256.jpg
出て来たところがちょうど左岸に渡る二重堰堤の前でした。二重堰堤の下を渡って、対岸に上るための通路も新しく設置されていました。しかも、ロープの手すり付です。工事のおかげでかえって通路がしっかり整備されたわけです。


IMG_3258.jpg
左岸に上ると、まっすぐ登っていくだけですが、けっこう草がトレースに覆いかぶさるようになっていて、ややうっとおしい状態でした。


IMG_3259.jpg
そのうち、木の枝も上から覆いかぶさるようになってきて、軽い藪漕ぎ状態になりました。以前は、何度か三の沢に下りる区間があったように記憶していますが、今回は1度下りただけで、あとはひたすら藪や森の中を登っていくトレースになっていました。どうやら沢沿いの区間の崩落がひどくなって、新しく森の中にトレースがつけられたようです。


IMG_3260.jpg
10:56 最終堰堤手前に出てきました。ここまでずっと森の中だったので、ここに来てようやく大山南壁を見ることができました。


IMG_3261.jpg
11:02 最終堰堤を越えて大ガレに出てくると、曇りがちだった空はすっかり晴れて、照りつける日差しでオーブンの中にいるかのような暑さが襲ってきました。出発して50分ほど経っていたので、右手にある木の下に座って陽射しを避けながら休憩をとりました。


右岸の、三の沢と二の沢の間にある尾根の上のほうから人の声が聞こえてくるので、なんだろうと思いましたが、きのこ採りか、あえて二の沢へトラバースしようとしている団体なのでしょう。そのうち声も消えなくなりました。


IMG_3262.jpg
11:10 休憩を終えて、出発します。トレースは休憩場所からまっすぐ南壁方向に伸びていました。以前は、大ガレに出たところからすぐに右斜め方向に進んで大ガレの真ん中あたりを登っていった記憶があるので、妙だなと思いましたが、理由はすぐにわかりました。深さ3~4mぐらいありそうな大きな涸れ沢ができていたのです。


これほど深く大きな沢が大ガレにできているのを見たのは、今回が初めてです。今年それほどきつい雨がふったかなと思いましたが、7月に雨が多かったのが原因なのでしょう。トレースは涸れ沢に沿って少し登り、途中から沢に下りて対岸に渡りました。


IMG_3263.jpg
涸れ沢の中から南壁を見ると、こんな感じです。


照りつける日差しで猛烈に暑い大ガレを登っていくと、やたらのどが渇いてついつい水分補給が多くなります。いままでだったら0.5リットルのペットボトルが剣ヶ峰山頂までもっていたのですが、今回はもう半分ぐらいになってしまいました。1回あたり一口飲む程度ですが、回数が増えるのでどうしても消費量が増えます。


IMG_3264.jpg
たまに、雲が日差しをさえぎってくれると、それだけでも楽になったように感じます。幸い、花知ヶ仙で感じたようなしんどさはないので、体調は悪くなさそうです。


IMG_3265_20190804134756bed.jpg
大ガレ直登から右折して南壁下のトラバース区間に入りました。この右折場所があいかわらず草に覆われてわかりづらく、しかも直進方向はいかにもトレースらしく見えるので、おそらく多くの人が気がつかずに直進して間違いトレースが出来上がってしまったのでしょう。南壁近くで大ガレから右手の茂みの中に入って2分ほど直登したら右折するので、茂みの区間に入ったら常に右折箇所を探しながら登るよう注意しておく必要があります。下山時に、小さなケルンを積んでおいたので、崩れていなければ少しはわかりやすくなっているはずです。



IMG_3266_20190804134757b8c.jpg
このトラバース区間はいい具合にお花畑になっていました。こちらはシモツケソウ。



IMG_3267_20190804134759389.jpg
淡い薄紫がさわやかなオオバギボウシ。


IMG_3268_2019080413480095b.jpg
オレンジ色が目を引くコオニユリ。


IMG_3269.jpg
これはシシウドかな? なんか違うような気もしますがよくわかりません。


IMG_3270_20190804134803122.jpg
ビタミンカラーのダイセンオトギリ。


IMG_3272_20190804134952421.jpg
おそらくクサボタンという花だと思いますが、初めて見たかも。


IMG_3273_20190804134953e2b.jpg
沢筋にはヤマアジサイも咲いていました。


IMG_3274_201908041349553e6.jpg
トラバース区間が終わり、いよいよ槍ヶ峰への急登が始まります。このあたりで、急に疲れたようなしんどいような感じが出てきました。やはり体調不良なのか、それとも熱中症かと考えましたが、急速に空腹感もでてきたので、シャリばての雰囲気も濃厚です。そういえば朝は栄養ドリンクとゼリー飲料しか採っていません。


さらにまずいことに、今回は昼食なしの山行になってしまいました。というのも、蒜山ICを下りたところにあるローソンで昼食を調達するつもりだったのですが、なんとローソンが跡形もなく消えていたのです。少し蒜山方面に走ればセブイレブンがありますが、行動食に1本満足バーを2本持ってきているし、アミノバイタルのゼリー飲料もまだ1つあるので、まあいいかということでセブンイレブンにはよらずに来たのでした。ところが、出発時にアミノバイタルのゼリー飲料を車に置いてきてしまい、1本満足バー2本が今日の食料すべてなのです。


これから急登が始まるというのにシャリばてではどうしようもないので、行動食を食べようと思ったのですが、座って休憩できるようなところはありません。とりあえず少し登れば適当な場所があるだろうと、スポーツドリンクを2口ほど飲んで急登を登り始めました。ところが、スポーツドリンクが意外にも空腹感を紛らわせてくれたらしく、空腹感もしんどい感じも登っているうちになくなってきました。




IMG_3275_20190804134956a7c.jpg
途中でクガイソウを写真に撮る余裕も出てきました。


IMG_3276_20190804134958cad.jpg
きつい陽射しも急傾斜の登山道も、ばてることなくぐいぐい登ることができました。ビタミンやクエン酸は入っているもののカロリーゼロのスポーツドリンクでシャリばての解消になるとも思えないので、やはり熱中症気味だったのかもしれません。それとも、急登を前に自然に気合が入って精神的に不安要素を押さえ込んでしまったのでしょうか。なんにしても、不安要素がなくなったことは好都合でした。


IMG_3277_201908041349591a1.jpg
トレースを登り詰めていくと、上方に崖が見えてきました。以前はここに来ると道間違いということだったのですが、いまはこの崖下から左手にトラバースして尾根道に出ることができるようになりました。アリ地獄のようなガレを無理やり登っていたことを考えれば、このルートができたのはすごく助かります。


IMG_3279.jpg
11:54 尾根道に出てきました。ちょうど正面に一の沢の上流にあるタケノコ岩が見えていました。このあたりで行動食休憩にしても良かったのですが、あいかわらず空腹感もしんどさもないので、このまま先に進むことにしました。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング











| 2019年8月 伯耆大山剣ヶ峰 | 13:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |