FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

酷暑を克服! 夏山山行直前トレーニング: 三嶺その2 

2018年8月5日(日) 徳島県三好市 三嶺(標高1894m) 日帰り単独行 


7日の夜から急に涼しくなり、ほぼ1ヵ月ぶりにエアコンを切ったまま窓全開で気持ちよく寝ることができるようになりました。とくに、8日の朝は少し肌寒かったほどで、酷暑から一転秋めいてしまったという感じです。もっとも、昨晩はやや蒸し暑さがあり、今日も引き続き蒸し暑さは継続中です。暑すぎたり涼しくなったりで、まったく変な天気です。


明日10日から1週間の夏休みです。今年は、昨年途中で下山してしまった後立山連峰縦走を完遂するか、はたまた南アルプス南部に行くか、天気予報をにらみながらいまだ迷ってます。


とりあえず、三嶺の山行レポの続きをどうぞ。



IMG_0830_201808071744220bc.jpg
10:21 ダケモミの丘を出発します。


IMG_0831.jpg
4分ほど平坦な鞍部を歩いていくと、再び急登が始まります。三角点のある1544.4ピークの尾根の東斜面をジグザグに登っていくのですが、このあたりはややコースがわかりづらいところがあります。落ち着いて探せば、壊れかけの丸太階段や赤テープが見つかるので、ルートファインディングをしっかりして進みましょう。


IMG_0832.jpg
10:33 急登を登りきると、尾根上の屈曲点に出ます。ここから右手方向に尾根をたどって行きます。


IMG_0833.jpg
はじめのうちは比較的緩やかな登り坂ですが、標高1650mあたりから次第に傾斜が強まり、大きな岩がごろつき始めると尾根も細くなってきます。


IMG_0834.jpg
木立の隙間から、剣山への縦走路にあるカヤハゲと、その奥に白髭山が見えました。今年の秋はもう一度この縦走路を歩いてみたいと思います。


IMG_0835.jpg
岩ゴロの道が終わり、木立がなくなったと思ったら不意に砂利だらけの急登が現れました。ここはもう三嶺山頂直下のがけ下です(正確には避難小屋のあるピークの下)。ここから急傾斜の斜面を左手方向にトラバースして、山頂の池のほとりに突き上げます。


IMG_0836_20180809084507f9c.jpg
砂利道を少し登ると水場の道標があります。いままでのところ、まだ0.5リットルのペットボトルを飲みきっていない状態なので、ここで水を補給する必要はまったくありません。なので、水場には寄らずに山頂を目指しました。なお、水場の道標のあるところで道は右上にUターンするように曲がります。水場は左、山頂は右で、直進はありません。間違えないように気をつけましょう。


IMG_0837.jpg
砂利の多いすこし厄介な区間を抜けると、笹原の気持ちのいいトラバース道になります。目の前の巨岩の下を抜けると、右上に直登します。


IMG_0839.jpg
巨岩の下を通過したら、猛烈な急傾斜の直登がまっていますが、この上がもう山頂台地の池があるところです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0840_20180809084511ffa.jpg
11:13 池のほとりに出ました。右に行けば避難小屋、左に行けば山頂です。


IMG_0841_20180809084513c92.jpg
池の水は一見すると濁っているように見えますが、水そのものは澄んでいます。茶色っぽいのは水底の泥の色で、おそらく大雨で大量の土砂が流れ込んだのでしょう。


IMG_0842_20180809084514dd6.jpg
休憩なしですぐに山頂を目指します。池のほとりから一段上がるまで少し斜度があり、それを越えるとほぼ平坦な道になります。そして、三嶺山頂直下が最後の急登です。


IMG_0843_201808090845162c8.jpg
11:27 3時間15分ほどで登頂できました。少し睡眠不足気味でしたが、今回は熱中症になることもなく、水も0.5リットルのスポーツドリンクを1本消費しただけでした。雲が多く、日差しがそれほど出ていなかったことも良かったようです。別山で簡単に熱中症にかかってしまたのは、やはり睡眠不足による疲労で体調が良くなかったことが主要因だったのでしょう。


IMG_0844_20180809084632126.jpg
山頂には僕より少し前を登っていた二人組がいただけで、予想外に人がいませんでした。人のいないうちにさっさと自撮りを済ませて、山名板から少し離れたところに座って休憩することにしました。


IMG_0847_20180809084633fed.jpg
そのとき、どこからかあの不快感満載のタバコの匂いが漂ってきたので周囲を確認してみると、山頂から少し離れた場所で、ソロの登山者がたばこを吸っていました。距離にして20mぐらいでしょうか。気を使って離れたところで吸っているのはいいマナーだと思いますが、20m程度の距離だと風向きによっては臭いが届くということを知っておいてもらいたいものです。それよりも、あなたのいる場所の手前に「立入禁止」の看板が絶対に見落とすことができないぐらい明確に設置されているのに、気が付かなったのでしょうか。たしか、植生保護のためといったことも書かれていたと思います。人にも自然にも同等にマナーを守ってもらいたいと思います。山でタバコを吸おうとするからマナー違反を犯してしまうわけで、下山するまで我慢するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。飛行機のフライト中は皆喫煙しないで我慢するのですから、ちゃんとした大人なら日帰り登山の時間ぐらいならできますよね? 


IMG_0848_2018080908463521c.jpg
この日は晴天とはいえ比較的雲が多く、たまに日差しが降り注ぐといった天気だったため、木陰の全くない山頂にいてもあまり暑さは感じませんでした。展望の方は、霞んでいるもののよく見えました。こちらは天狗塚方面です。


IMG_0851.jpg
剣山と次郎笈もなんとかシルエットが見えていました。


お昼も近いので山頂でランチタイムにしようと思っていたのですが、座ってしばらくするといつの間にかアブやハエがまとわりついてくるようになりました。ハエはとにかく、アブがうっとおしいことといったら! 数匹が常に周りをブンブンと飛び回って、しかもすぐそばまで来てホバリングするので、ほとんど嫌がらせをされている感覚です。一匹のアブに虫よけスプレーを直撃してやったら、地面に落ちて悶絶していましたが、1分もすると再び飛び上がってまとわりついてきました。ハッカ油や天然オイルで作った虫よけはしょせんその程度の効果しかないのかとがっかりしましたが、いまさらどうすることもできません。さすがに我慢できなくなって、ランチは避難小屋の中でとることにして、そそくさと山頂を後にしました。


IMG_0853_20180809084639db3.jpg
避難小屋に入ってみると、ソロの男性がいましたが、荷物を置いたまますぐに出かけて行ったので、誰もいない小屋を一人で使うことができました。


IMG_0852_20180809084638d19.jpg
本日のランチは、昨夜の残り物である炊込みご飯です。少量のワサビを絡め、ピリッとした辛みでおいしく食べることができました。


IMG_0854_20180809084641b12.jpg
12:28 山頂と避難小屋でかれこれ1時間ほどのんびりと過ごした後、下山開始です。下山時も水の心配はなかったので、水場のには寄りませんでした。なので、水場がどんな状況だったのかは不明です。



IMG_0855_2018080908464272c.jpg
12:54 尾根上の屈曲点まで下りてきました。このあたりからなんとなく膝に痛みが出始めましたが、まだ歩くのに支障があるというほどのものではないので、とりあえずダケモミの丘まで下りて休憩することにしました。


IMG_0856.jpg
ダケモミの丘でしばらく座って休憩をとりましたが、膝痛がどうなるかはこの後の状況次第です。やはり2週間空くと、すぐに膝が弱ってしまいます。


休憩を終えてダケモミの丘から下り始めると、ついに膝痛が本格的になってきました。本当は、2週間のインターバルがあった後の登山は、3時間程度の軽い登山にしておいたほうが膝痛が出なくていいのですが、夏山本番直前ということでハードな山を選んだので仕方がありません。林道出合まで下りてきたころには、歩くのがつらいぐらいの状況になってしまいました。


比較的楽な林道経由で下りようかとも思いましたが、その分歩く距離が長くなるし、崩落個所がどこでどんな状態なのかわからないので、登山道をゆっくりと下ることにしました。


IMG_0857.jpg
14:12 ペースが一気にダウンして、小さな歩幅でちょこちょこと下り続けて、それでもなんとかミズナラの巨木のところまで来ました。ここまできたらもう少しです。


IMG_0858.jpg
14:32 痛む膝をかばいつつ、なんとか登山道を下りきって、ようやく駐車場に戻ってくることできました。結構な膝痛でもう歩きたくないというぐらいの状況だったので、これで歩かなくて済むと思うとひと安心です。下りは1時間40分ほどで下りてきたので、途中膝痛でペースダウンしたとはいえ、まあまあいいペースだったようです。


帰路は、菅生にあるいやしの温泉郷で汗を流した後、途中事故渋滞にも遭遇しましたが、それ以外は車の流れも順調で19時半頃に帰宅することができました。

20180805miune.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング










スポンサーサイト



| 2018年8月 三嶺 | 08:56 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酷暑を克服! 夏山山行直前トレーニング: 三嶺その1 

2018年8月5日(日) 徳島県三好市 三嶺(標高1894m) 日帰り単独行 


酷暑の別山から2週間が空いてしまい、10日から予定している夏山山行前にどうしても一度山に登って体を作っておく必要があるため、あいかわらず続く猛暑の中を出かけてきました。


基本的にトレーニング目的なので、できるだけ標高差があり、5時間以上の山行になり、しかも人が多くない山ということで、ほぼ三嶺一択でした。一番手頃な大山は、夏山登山道の混雑がうんざりだし、人の少ないユートピアでは標高差が稼げません。行くとすれば、いつものように三ノ沢から剣ヶ峰ということになりますが、4月に行ったばかりということもあり、いまいち気が向きませんでした。ということで、7か月ぶりの三嶺に行ってみることにしました。


最近は菅生から登ってばかりだったので、初めて三嶺に登った時に使った名頃からのコースで行くことにして、前日の夜に出て車中泊を考えていましたが、結局朝出かけることになってしまいました。まあ、自宅から3時間の距離なので、朝出てもそれほど大変ではないということで、快適なベッドで寝る方を選んでしまったというわけです。


0時に寝て、4時に起床。睡眠時間は十分とは言えないまでも、眠くて起きれないということもなく、そこそこすっきりと目が覚めたので、睡眠不足による疲労は大丈夫のようです。4時45分頃自宅を出て、8時前に名頃登山口駐車場に着きました。


本日の装備
●アッパー
 ドライレイヤー: ミレー ドライナミックメッシュ
 ベースレイヤ: マーモット クライムスピードストレッチL/Sジップ
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: なし
 ハードシェル: マムート エアロスピードジャケット
 インサレーション: なし
 グローブ: コーナン プロアクト 作業用グローブ
 キャップ/ハット: バーグハウス サイドスナップブリムハット
 ヘルメット なし

●ボトムス
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: ファイントラック クロノパンツ
 ハードシェル: ミズノ ベルグテックEX/レインパンツ
 ソックス: ミズノ ドライベクター中厚手ソックス
 シューズ: マムート テトンGTX

●ギア
 バックパック: マムート リチウムスピード20L
 ストック: なし


IMG_0812_20180807174208dfc.jpg
別山ではドライレイヤーを着ませんでしたが、大汗をかくとやはり多少なりともシャツが張り付く感じがあって、少し不快感がありました。なにより、シャツと肌の間に空間がなくなるためか、シャツの乾きが遅いような気もしたので、今回は最強のドライレイヤーといってもいいミレー ドライナミックメッシュを着てきました。


また、先日購入したばかりのファイントラック クロノパンツもさっそく投入しました。好日山荘で試着したのは実はカミノパンツのほうで、本当はカミノパンツを買うつもりでした。メーカーのサイトで詳細を確認しようとしたら、夏山に特化したクロノパンツがあるということで、試着しないままネットで購入したというわけです。実物を触っていないので、生地の肌触りがカサカサしてあまり快適ではないのが失敗したなと思う点ではありますが、一番の購入理由であるベンチレーションによる清涼感がどの程度効果があるのかが一番の注目点です。生地の肌触りはドライレイヤを履けば解消できそうなので、清涼感が優れていればOKです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0813_20180807174209edd.jpg
8:14 駐車場を出発です。この時点で駐車場には6台ほどの車が停まっていただけなので、登山者は少なそうです。


IMG_0814_20180807174211357.jpg
駐車場を出てすぐ先が登山口です。このコースを歩くのは、初めて三嶺に登った2015年8月1日以来、実に3年ぶりです。あのときは剣山まで縦走するつもりの宿泊装備だったのでけっこうばてました。今回は日帰りの軽装備ですが、別山のときの記憶がいまだ鮮明に残っているので、水だけは3リットルを用意しました。このコースは山頂下に水場があり水の補給が可能ですが、水場が枯れている可能性もないわけではないし、トレーニングなので少し荷物を重くしておいた方がいいということで、水はたっぷり用意しました。


IMG_0815.jpg
10分ほど登ったところで、記憶にない風景に出合いました。右手から林道が伸びてきていて、Uターンして登山道のある尾根にそって上へと続いていました。3年前にはなかった林道ですが、まだ造成したばかりのようで、道はけっこう荒れていました。以前は登山道として利用されていた林道が崩落のため閉鎖され、今の登山道が整備されたようですが、崩落した林道の復旧をあきらめて新しく迂回路を作っているのか、それとも単なる支線を作っているのかわかりませんが、無残に切り開かれた森の様子がちょっと悲しげです。


IMG_0816_201808071742144f9.jpg
下草の全くない、乾いた感じの森の中を登って行きます。どこの山でもたいてい下草ぐらいは多少なりとも生えているものですが、このコースは不思議なほど下草がありません。その分、見た目にすっきりしていて気持ちのいい森ですが、ちょっと不思議なコースです。


IMG_0817_201808071742162cd.jpg
8:35 大きなミズナラのある場所に着きました。前回はここですでにバテ気味で、荷物を降ろして休憩した記憶がありますが、今回は通過します。


IMG_0821.jpg
朝のうちは気温がそれほど高くないので、森の中であまり風も吹いていないにも関わらず、それほど暑苦しい感じはありません。それでも、出発してからすでに20分以上がたっているので、汗もしたたり落ちるようになってきました。


IMG_0822_201808071742193eb.jpg
8:54 林道出合に着きました。広い平坦地になっていて、木陰もあるので、ここで最初の休憩をとります。出発してから45分ほど経ったところなので、タイミング的にもいいところです。少し風も出てきたので、涼しく休むことができました。


IMG_0823_20180807174220084.jpg
先日購入したモンベルのL.W トレールチェア26で休憩します。グリベルのチェアを持っていますが、重量が400グラムとけっこう重いので、290グラムのL.W トレールチェア26を新たに購入しました。クッションシートで地面に座ってもいいのですが、座ったり立ち上がったりがけっこう面倒なので、荷物の重量がシビアでない場合はこのような椅子があると便利です。汚れたりアリンコがいつの間にか上がってきたりということもないので、その点でも楽です。







IMG_0825_20180807174416ab1.jpg
林道出合から50mほど林道を上がると、右手の尾根に登る階段があります。これを上がって、再び尾根道を進んで行きます。


IMG_0826_20180807174417fbb.jpg
9:42 尾根に上がってからしばらくはそれほど傾斜もきつくなく、二重山稜のようになった尾根を登っていきますが、標高1400mあたりから急登が始まります。このあたりは、広葉樹の巨木が多く、原生林っぽい雰囲気があります。


IMG_0828_2018080717441909a.jpg
巨木が並ぶ急傾斜地が終わり、傾斜が緩み始めると、ダケモミが密生するようになります。そして、鹿除けのネットが登山道の両脇にでてくると、ダケモミの丘までもうすぐです。


IMG_0829_2018080717442047c.jpg
10:00 ダケモミの丘に着きました。丘といっても、実際に丘になっている1517ピークを通り過ぎた鞍部がそう名付けられています。ここは、以前の林道を利用した登山道が合流する場所ですが、以前の登山道は林道の崩落のため通行止めになっています。


yamakeimap.jpg
ヤマケイオンラインの地図閲覧で名頃からの登山道を見ると、いまだに通行止めになっている登山道が正規の登山道として記載されていて、尾根コースはバリエーションルートのような扱いになっているので、初めて登る場合は要注意です。国土地理院の地形図には、尾根コースすら記載されていません。


出発してから1時間45分が経過し、けっこうな汗もかいたので、ダケモミの丘で大休止をとることにしました。鞍部のためかそこそこ風が通り抜けてくれて涼しくて気持ちのいい場所です。水分補給と、アミノバイタルのゼリー飲料で栄養補給をしてゆっくり休憩しました。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









| 2018年8月 三嶺 | 17:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |