FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

GW対策トレーニング山行第3弾: 伯耆大山剣ヶ峰その2 

2018年4月21日(土) 鳥取県大山町 大山剣ヶ峰(標高1729m) 日帰り単独行 


本日22日も快晴です。21日の山行で首筋を日焼けしてしまったみたいで、うなじがヒリヒリして痛いです。今日もお出かけしたいところですが、さすがに昨日の疲れがたまっていて出かける気力が出ませんでした。10時過ぎに起きて洗濯をした後、マッサージ機でマッサージをしながら動画を見ているうちに寝落ちしてしまったりと、また~りとした休日を満喫しました。やっぱり土日の週休二日はいいですね。


さて、剣ヶ峰山行の続きです。


IMG_0585_20180422234759659.jpg
槍ヶ峰の下をトラバースして肩に出たところです。槍ヶ峰のピークに登るルートは、取り付き部分が崩落してかなりもろそうな岩が露出した状態です。うかつに取り付くとボロッと足元が崩れそうで、さすがにこれを登ろうという気にはなれません。


IMG_0586_20180422234801b76.jpg
槍ヶ峰の背後に見える烏ヶ山は、北斜面にはまだかなり雪が残っていました。


IMG_0587_20180422234802ace.jpg
足元に見える東壁下の谷筋にもまだ雪は残っています。地獄谷や振り子沢もGWぐらいまでは雪渓歩きができそうな感じです。


IMG_0588_201804222348047fb.jpg
三ノ峰まで来ました。山頂にひとり休憩している登山者がいたので、登山道脇のところで休憩することにしました。


IMG_0590_20180422234805e95.jpg
雲一つない快晴の天気です。


IMG_0593_20180422234806032.jpg
しばしの休憩の後、出発前にヘルメットをかぶりました。歩きなれた稜線ですが、安全第一です。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0594_2018042223480828b.jpg
11:17 三ノ峰を出発します。


IMG_0595.jpg
三ノ峰と天狗ヶ峰の間の尾根道は、部分的に痩せている場所もあったりしますが、通行が困難というほど悪くなっているわけではありませんでした。しかし、全体的に砂利が浮いていたり足場が良くない場所があるなど、以前と比べると難しくなったように感じます。


IMG_0596.jpg
天狗ヶ峰の少し手前が一番厄介でした。写真ではよくわかりませんが、1mぐらいの長さで尾根が左右に崩落して足を置くのがためらわれるような状態の場所があり、大股で踏み越えたのですが、その先が砂利が浮いた急斜面になっていてなかなか厳しい状況でした。登りはまだましですが、これを下るのはかなりやばそうだと思いつつ通過しました。


IMG_0597_201804222349270cb.jpg
11:23 天狗ヶ峰です。あいかわらず狭く小さなピークです。


IMG_0598_20180422234928286.jpg
ユートピア方面です。快晴の土曜日ですが、ユートピアや三鈷峰に人影は見えませんでした。天狗ヶ峰下の難所がどうなっているのか気になるところですが、わざわざ見に行くのは面倒なのでやめておきました。


IMG_0599_20180422234930520.jpg
三ノ峰を振り返ると、山頂に人影が見えます。キリン峠方面から登って来ていた登山者だろうと思います。


IMG_0600_201804222349314b2.jpg
足元には三ノ沢と二ノ沢が見えています。もう少し右の方には一ノ沢も少し見えていました。この次は一ノ沢沿いに弥山山頂まで登ってみたいものです。


IMG_0601.jpg
さて、そろそろ剣ヶ峰に向かいたいと思います。この先の稜線がどうなっているのか、少し心配もありますが、先行者がいたのでとりあえず歩けるみたいです。


IMG_0602_20180422234934019.jpg
まずは、天狗ヶ峰のすぐ先で崩落の激しい個所を通過します。浮石に注意してささっと越えていきます。


IMG_0603.jpg
その先も南壁側が崩落して痩せ細った尾根を渡って行きます。以前よりも細くなったような気がします。


IMG_0604_2018042223505226d.jpg
このあたりはえぐれたように崩落している場所で、灌木が稜線が崩れ落ちるのを防いでいるものの、下側はなくなって雪庇のようになっているみたいです。歩いているといきなり足元が崩れそうでかなり怖い場所でした。できるだけ、北壁側を歩くようにしましたが、草や木の枝に足が引っかかって、それはそれでひやりとする怖さがあります。


IMG_2738.jpg
ちなみに、これが2015年7月25日に撮影した同じ場所です。見比べると、登山道から左側の部分がすっかり崩落していて、登山道右側の灌木あたりがかろうじて残っているという状態になっているわけです。


IMG_0605.jpg
前の写真を渡り終えたところから振り返ってみると、まさに庇のような稜線になっています。この上を歩いているなんてゾッとします。


IMG_0606_20180422235054581.jpg
その先も庇になっていないだけましというぐらいの道が続きます。


IMG_0607.jpg
山頂手前の北壁側を巻く場所は、途中に雪渓が残っていて、これを渡るのがちょっとビビりました。この雪渓は下までずっと伸びていて、途中に引っかかるようなところがないのです。幸い雪が柔らかかったので、足元をしっかりと固めて慎重に渡りました。


IMG_0608.jpg
渡り終えてホッとしたのもつかの間、すぐ先にもう一つ雪渓がありました。今度はさらに傾斜が急で、その上渡るだけでなく途中から登らないといけません。登り始めるところまではなんとかつかまることができる木がありますが、登るところから先は何もありません。


IMG_0609_20180422235058318.jpg
下はこんな感じで、滑ったらまず止まりません。とにかく、足元を固め、つかめるものはしっかりとつかみながら歩を進め、登る部分はグローブが濡れるのも構わず手を雪の中に突っ込んで三点支持をとりながら登りました。距離があまりなかったのがせめてもの救いでした。


IMG_0610_20180422235100602.jpg
雪渓を登りきって土の道に出ると、もう目の前に山頂が見えます。


IMG_0611_2018042223534682f.jpg
11:39 山頂に着きました。伯耆大山の本当の山頂剣ヶ峰です。割れて崩れていた慰霊碑の土台部分が土嚢で手直しされていて、ベンチとして使える状態になっていました。


IMG_0613.jpg
ひとまず記念の自撮り。


IMG_0614_2018042223534975b.jpg
荷物を置いて縦走路の様子を見に行ってみました。近くまで行ってみようかと思いましたが、デジカメの望遠で確認するだけにしました。もっとも、剣ヶ峰からだと核心部分が見えないので、いまいち状況はわかりません。


IMG_0615.jpg
拡大すると、中央の丸い小ピークの向こう側が核心部分だと思われます。丸い小ピークにとりつく部分も見る限りけっこうやばそうな雰囲気です。


IMG_0617.jpg
慰霊碑のところに戻ってランチを食べながら天狗ヶ峰のほうを見ると、三ノ峰で休憩していたグループが天狗ヶ峰まで来ていました。


IMG_0618.jpg
北側を見ると、地表付近に灰色の空気層があって、その境目が水平線のように見えています。


IMG_0619.jpg
南側には北側のような境界線はありません。単に逆光だから見えないだけなのか、北側と南側で何かが違うのかはわかりません。


IMG_0620_201804222353565c8.jpg
12:16 食後のカフェオレを楽しんだ後、下山開始です。今日は天気もいいし、時間に余裕もあったので、山頂でかなりのんびり過ごすことができました。


IMG_0621.jpg
山頂直下の雪渓は、バックステップで慎重に下りました。


IMG_0622.jpg
天狗ヶ峰から先の槍尾根も、ワンミスが命取りと肝に銘じながら慎重に下りました。特に、登ってくるときにやばいと思った天狗ヶ峰のすぐ下の崩落個所は、ほんとうにやばかったです。立った状態では危なくて下れないので、足をまげて両手を地面につけてゆっくりと下りました。


IMG_0623_201804222356099ef.jpg
三ノ峰には誰もいなかったので、今度は山頂に登って小休止をとりました。


IMG_0624_201804222356102ad.jpg
12:40 休憩を終えて、槍尾根を下ります。


IMG_0625.jpg
槍の肩から先も気を抜けない場所です。


IMG_0626.jpg
稜線から三ノ沢に向けて下って行く途中の崩落個所です。登るときも苦労しましたが、下りも同じくらい大変でした。


IMG_0628.jpg
途中から砂すべりで砂利とともにずり落ちて一気に下ってきました。大ガレまで出てくれば、残る厄介な個所は大堰堤を下りるところだけですが、登ってくるときに確認したように、雪渓を渡って立木を手掛かりにすると楽に下りることができました。


IMG_0629_201804222356186db.jpg
13:24 大堰堤下に出てきました。あとはなだらかな道をのんびりと下るだけです。


IMG_0630_20180422235619efb.jpg
13:49 無事に戻ってきました。三ノ沢から剣ヶ峰に登るコースは、いつも膝がじんわりと痛んで体もかなり疲れるのですが、最近のトレーニング山行のおかげで、今回はほとんどそんな感じがありません。やはり、トレーニングは大事だなと実感しました。


IMG_0632.jpg
帰路、内海峠から大山南壁がきれいに見えました。つい数時間前まであのピークにいたというのが、なんだか不思議です。


来週末からGWが始まります。まだどこに行くか決めていませんが、それまでにもう一度トレーニング山行をしておきたいと思います。

20180421daisenkengamine.jpg


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング







スポンサーサイト



| 2018年4月 伯耆大山剣ヶ峰 | 00:02 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GW対策トレーニング山行第3弾: 伯耆大山剣ヶ峰その1 

2018年4月21日(土) 鳥取県大山町 大山剣ヶ峰(標高1729m) 日帰り単独行 


久しぶりに土曜日が休みになり、その上めったにないぐらいの晴天ということで、GW対策トレーニング山行第3弾として、中国地方最高峰の伯耆大山剣ヶ峰に登ってきました。


睡眠時間は5時間半ほどでしたが、早起きの割に比較的すっきりと目が覚めて、6時半には家を出ることができました。高速道路も順調で、今日は少し飛ばし気味だったためか、蒜山ICまで1時間20分ほどで到着。三ノ沢の駐車場には8時半ごろには着きました。車は7~8台停まっていただけなので、駐車場所にも困りませんでした。


本日の服装
●アッパー
 ドライレイヤー: ノースフェイス L/S ハイブリッドパラマウントメッシュクルー
 ベースレイヤ: マムート メンヒ ロングスリーブ
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: マムート クルーズジャケット(不使用)
 ハードシェル: モンベル バーサライトジャケット(不使用)
 ウォーマー: なし
 グローブ: コーナン プロアクト 作業用グローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット
 ヘルメット グラビティリサーチ アルパインヘルメット

●ボトムス
 ベースレイヤ: なし
 アウター: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: モンベル バーサライトパンツ(不使用)
 ソックス: バーグハウス メリノウールトレッキングソックス
 ゲイター: なし
 シューズ: マムート テトンGTX


ノースフェイスのロングスリーブ ハイブリッドパラマウントクルーというドライレイヤを購入したので、今回初めて使ってみました。いままで使っていたパラマウントタンクの長袖バージョンになりますが、アスレチックフィットでタイトなメンヒ ロングスリーブとの組み合わせでも窮屈感がなく、汗冷え感、べたつき感ともほぼ感じることなく快適な山行が行えました。タイトなフィット感のシャツと組み合わせるには、ミレー ドライナミックメッシュよりも楽です。


ロングスリーブ ハイブリッド パラマウントクルー

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】
春祭りで40%オフ4200円


グローブは、コーナンというホームセンターで買った作業手袋で、500円ぐらいのものです。夏の山行ではたいていこの手のグローブを使います。甲側はメッシュで、掌側は滑りにくい人工皮革で、山でも十分実用になります。無雪期の寒くない時期ならホームセンターの作業手袋でなんら問題ありません。


ハードシェルのモンベル バーサライトの上下は、念のためのレインウェアです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_0559.jpg
8:56 さっさと準備を済ませて出発です。この時期はまだうっとおしいブヨなどがいないので、ドアを開け放して準備をしてもまったく大丈夫でしたが、GWが終わるころになるとそうもいかなくなります。それでも、念のため虫よけスプレーを首筋などにつけておきました。


IMG_0560_2018042121365513d.jpg
三ノ沢の堰堤工事はひととおり終了しているみたいで、工事車両は見当たりません。右岸の道を登って行きます。空は快晴、大山の稜線もくっきり見えています。


IMG_0561.jpg
右岸の道を登って行くと、終点に軽トラが2台停まっていて、近くてチューンソーの音がしていました。工事中の頃はここから左手の森の中を抜けてこの先で三ノ沢にでてくるコースがあったのですが、すでにその案内板はなかったので、林道終点からまっすぐ三ノ沢の中に入りました。


IMG_0562_20180421213658580.jpg
なだらかな傾斜の土手を下って行きます。


IMG_0563_201804212137005bf.jpg
しばらく三ノ沢を歩いていくと二重堰堤にぶつかります。この右手、左岸につけられた道を上がって堰堤を越えます。このあたりは以前と変わりません。


IMG_0564_20180421213701bdf.jpg
二重堰堤を越えると再び沢の中を通り、2つ目の堰堤でまた左岸側から堰堤を越えます。


IMG_0565_20180421213703ae4.jpg
登山道わきに少し残雪がありましたが、歩くのに支障はありません。


IMG_0566_20180421213810ab5.jpg
大堰堤手前の堰堤を越えるところでは、以前の登山道は半分崩落していて、右手に新しい道ができていました。


IMG_0567_201804212138122b0.jpg
大堰堤下に出てきました。今度は対岸の右岸に渡り、右岸側を越えます。


IMG_0568_20180421213813be4.jpg
取り付き部分に少し残雪がありましたが、トレース上には残っていませんでした。


IMG_0569_20180421213815786.jpg
登って行くと、残雪が道をふさぐように残っていて、あろうことかお助けロープが残雪の下に埋もれていて利用できません。その上、一番上の大堰堤によじ登るところには雪庇のような残雪があって、手がかりもないし超えるのにてこずりました。堰堤の上に登って改めて確認してみると、左側から雪庇に登って、雪庇の上をトラバースしたほうが楽だったようです。下りはその方法で行くことにします。


IMG_0570.jpg
大堰堤を越えたところには、まだ大きな雪田が残っていました。


IMG_0571_201804212138186f0.jpg
しかし、雪田の先の大ガレにはまったく雪はなく、その先の南壁とりつき部分あたりも問題なさそうです。

ここでお腹が空いてきたので、休憩をとって車中で食べ残したコンビニおにぎりを食べました。ドライレイヤーと山シャツ1枚という服装ですが、まったく寒くはありません。登りでかなり汗をかきましたが、風がほとんどないうえに日差しが強烈なので、汗冷えも感じません。こんないい日に山に来ることができてラッキーです。


IMG_0572.jpg
大ガレを詰めて砂走りの下まで登ってきました。今日はクランポンもアックスももっていないので、もしもコース上に残雪が多かったら撤退かもと思っていましたが、雪はまったく見当たりません。さすがに南壁側は谷筋にしか残っていませんでした。


IMG_0573_20180421213821561.jpg
以前は砂走りを這いつくばるようにして斜めに登りながらわたって登山道にとりついていましたが、今は砂走りの下を抜けて、登山道がついている尾根の下からまっすぐ登って行くルートができています。いつのまにこんなルートができたのか知りませんが、ピンクテープもあってコース間違いもしなくて済むようになっていて、バリエーションルートの趣はなくなってしまいました。とはいえ、ガレガレでかなり厄介なコースコンディションであることに変わりはなく、一般道のつもりで登ってくると痛い目を見ることになります。


IMG_0575.jpg
新しくできたコースは、登山道がついている尾根の右手に見える白い崖に向かって伸びています。以前はこの崖に向かっていくと逃げ場がなくなるので間違いコースとされていたので、本当に行けるのか半信半疑ながらピンクテープに従って登ってみました。


IMG_0576_201804212140149d8.jpg
アリジゴクのように崩れる砂利の急斜面をなんとかかんとか登りつめていくと、白い崖のすぐ下でコースが左手に向きを変えました。これなら行けそうだということで、先に進みます。


IMG_0577_20180421214015f7e.jpg
本来の登山道がついている小さな尾根に出てきました。これでもう安心です。このコースなら、まったくグリップのきかないアリジゴク状態の砂すべりを這いつくばりながら登るよりもかなり楽です。それでも、普通の登山道と比べるとかなり大変であることにかわりはありませんが。


IMG_0578_2018042121401706e.jpg
登山道に出たところで、座って小休止をとりました。さすがにグリップのきかない砂利の急坂道を登るのにかなり体力を削られて疲れました。


IMG_0580_201804212140187b9.jpg
休憩している場所から、剣ヶ峰の慰霊碑も見えました。大ガレを登っているとき、槍尾根を二人歩いていくのが見えたので山頂に誰かいるのかと思っていましたが、人影は見えませんでした。


IMG_0581_2018042121402023b.jpg
休憩を終えて、あいかわらず滑りやすい砂利の浮いた急坂道をスリップしながら遮二無二上ります。


IMG_0582_20180421214021be7.jpg
ふきのとうでしょうか。いっぱいありました。


IMG_0583.jpg
途中、すごい轟音と大量の土砂が流れ落ちるよな音が聞こえたのでそちらの方を見てみると、二ノ沢の上流にある南壁で大きな崩落があったようで、土煙を上げながら滝のように土砂が流れ落ちていました。写真ではいまいちよくわかりませんが、正面の白い部分が流れ落ちている土砂です。少しもやっとしているのが土煙です。


IMG_0627.jpg
稜線に出る少し手前の、以前ロープが設置してあった崖がかなり崩れていて、ロープがなくなっていました。コースは大変滑りやすく、土も柔いし、石もすぐにボロッと取れてしまうような状態で、まともに登れません。コースわきの灌木につかまって無理やりよじ登ることになりましたが、この場所以外にも崩落して道がなくなりかけているようなところも何カ所かあり、三ノ沢から槍尾根に登るコースもそのうち通行不可になるかもしれないと感じました。


IMG_0584_20180421214024895.jpg
10:54 ようやく稜線に出ました。ここから槍ヶ峰下をトラバースして、槍ヶ峰の肩で尾根道にのります。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング






| 2018年4月 伯耆大山剣ヶ峰 | 21:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |