FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

極寒の八ヶ岳を往く: 赤岳・硫黄岳その4 

2018年1月2日(火)~4日(木) 長野県茅野市 
八ヶ岳・赤岳(標高2899m)、硫黄岳(標高2760m) 小屋泊単独行 


IMG_9896.jpg
爆裂火口の縁まで行って火口を覗いてみましたが、ちょっとビビって手を伸ばして写真を撮っただけで引き上げました。


IMG_9897.jpg
今日行くつもりだった天狗岳もよく見えます。手前の崖に沿ってずっと下って行くわけですが、結構な距離があるし、人影も全く見えません。冬にこのコースを行く人はあまりいないのかもしれません。


IMG_9899.jpg
振り返れば、横岳、赤岳、阿弥陀岳がそろって見えています。横岳へ続くなだらかな稜線を見ていると、横岳まで行ってみようかという思いもわいてきます。行って帰って2時間ぐらいとしたら、13時過ぎには硫黄岳に戻って来れます。しかし、下山にかかる時間を考えると美濃戸口に着くのが17時ごろになりそうなので、やめました。


IMG_9900.jpg
横岳往復をやめて時間に余裕ができたので、しばし硫黄岳山頂からの眺めをゆっくりと楽しむことにしました。南西方面に見えるスキー場は富士見パノラマスキー場でしょうから、その背後に見えているのは中央アルプスの峰々です。木曽駒は右端のピークでしょうか。


IMG_9902_20180117150908701.jpg
阿弥陀岳の背後には、南アルプスの名峰三座が顔をのぞかせています。右から仙丈、甲斐駒、北岳でしょう。北岳は若干かぶり気味ですが、なんとかピークが見えます。


IMG_9903.jpg
横岳の山腹からタケノコのように突き出ているのは大同心でしょうが、ものすごい存在感です。


IMG_9906.jpg
展望を楽しんでいる間に、いつの間にか雲が増えてきました。まだ崩れるという雰囲気ではありませんが、予報では明日から雪となっているので、徐々に雲が増えてくると思われます。


IMG_9908.jpg
天狗岳方向にはわりと分厚い雲もかかり始めています。


IMG_9911.jpg
10:37 硫黄岳山頂でかれこれ30分ほど過ごしたので、そろそろ下山開始です。


IMG_9913.jpg
15分ほどで赤岩の頭まで下りてきました。せっかくなので、赤岩の頭の山頂まで行ってみることにします。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_9914.jpg
赤岩の頭山頂までは緩い上りを5分歩くだけです。


IMG_9915_20180117151031815.jpg
ここも横岳、赤岳、阿弥陀岳の好展望地です。


IMG_9918.jpg
硫黄岳山頂よりも少し西にあるため、阿弥陀岳にかぶり気味だった北岳がちゃんと見えています。


IMG_9919.jpg
北岳にズーム。北岳の右側に少し見えているのは塩見岳っぽい感じです。


IMG_9920.jpg
甲斐駒と仙丈もズーム。


IMG_9921.jpg
赤岩の頭山頂からの眺めをしばし楽しんだら、下山再開です。


IMG_9922.jpg
モンスターになりかけの木々の間を下って行きます。


IMG_9927.jpg
南八ヶ岳の峰々に別れを告げて、先を急ぎます。


IMG_9930.jpg
11:51 赤岳鉱泉まで下りてきました。小屋に入ってみると、受付前に本日の夕食がステーキだと書いてあります。もう一泊してステーキを食べようかと思いましたが、ステーキを食べるためだけに1泊9000円をはらうのもコスパが悪すぎます。さっさと下山して、街でステーキを食べれば2000円ぐらいで済みますから、やっぱり下山することにします。


IMG_9932.jpg
13:01 小屋に置かせてもらっていた荷物を再度パッキングし直して、行動食の軽い昼食をとった後、美濃戸口に向けて出発です。北沢コースはクランポンはしまって、チェーンスパイクで行きます。


IMG_9938.jpg
アイスキャンディーの下を回り込んで下ります。


IMG_9940.jpg
晴天の赤岳に見送られます。


IMG_9941.jpg
この次は横岳にも登りたいものです。


IMG_9942.jpg
なだらかな北沢コースを下ります。


IMG_9945.jpg
北沢は鉄分が多いのか、赤い水が流れています。南沢と違って凍結していないところをみると、温泉成分が混ざっているのでしょうか。


IMG_9946.jpg
13:40 大きな堰堤を乗り越えます。どうやらここが堰堤広場のようです。


IMG_9948.jpg
堰堤下の橋を渡ると、ちょっとした広場になっていました。


IMG_9949.jpg
広場から下は林道が伸びています。南沢コースよりも確かに楽ちんです。


IMG_9950.jpg
林道を下って行くと、コンクリート舗装が露出しているように見えるところがありました。近寄って行くと、コンクリートではなく林道が氷に覆われた状態でした。チェーンスパイクを装着しているので、氷の上でも問題なく歩くことができます。


IMG_9951.jpg
14:25 長い林道歩きを経て、ようやく美濃戸山荘前まで戻ってきました。しかし、まだ1時間の林道歩きが待っています。


IMG_9953.jpg
赤岳山荘から美濃戸口に向かう林道は、車がちょくちょく通過してうっとおしいので、途中の分岐を入ってみることにしました。入山時に下山者が入って行くを見たので、通れるのだろうと思っていました。


IMG_9954.jpg
分岐の道は車が通らないので気兼ねなく道の真ん中を歩くことができます。車道に沿って伸びているのでおかしな方向に行くわけでもないようです。電柱が道沿いに建っているところ見ると、どうやら旧道のようです。道幅を広げるために、この区間だけ新しい道を作ったのでしょう。


IMG_9955.jpg
15:02 車道に合流しました。ちょうどショートカットの道が合流する場所のすぐ上でした。


IMG_9956.jpg
合流地点のすぐ先から、今度はショートカットの道に入ります。これでまた車に煩わされずに歩けます。


IMG_9957.jpg
15:19 美濃戸口に着きました。遅すぎず早すぎずいい時間です。駐車券でサービスされるコーヒーを飲みながら、漫画「孤高の人」を読んでゆっくりして、17時前に出発しました。


少し下ったところにある「もみの湯」に17時過ぎに行ってみると、入浴料が300円になっていてお得でした。ちょっと混んでいたのが玉にきずですが、300円なら仕方がありません。


その後、茅野市内でステーキが食べられる店を探していたら、諏訪南IC近くでステーキガストを発見。ステーキとカキフライのコンビネーションという夢のようなセットを2000円ちょっとで楽しむことができました。


IMG_9958.jpg
その夜はまた諏訪湖畔で車中泊して、翌朝10時のオープンとともに片倉館で温泉を楽しんで帰りました。

20180104a.jpg

20180104b.jpg

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング




スポンサーサイト



| 2018年1月 赤岳・硫黄岳 | 12:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

極寒の八ヶ岳を往く: 赤岳・硫黄岳その3 

2018年1月2日(火)~4日(木) 長野県茅野市 
八ヶ岳・赤岳(標高2899m)、硫黄岳(標高2760m) 小屋泊単独行 



1月4日(木) 3日目
IMG_9860.jpg
8:04 今日もよく冷えてます。マイナス15度は昨日よりもさらに冷えてます。夜晴天だったので、放射冷却で冷えたようです。とはいえ、昨日と打って変わっての青空が広がっていて、気持ちよく出発できます。


IMG_9861.jpg
今日は硫黄岳に登ってから下山予定です。当初は、硫黄岳から天狗岳をまわって本沢温泉に宿泊することも考えていましたが、なんだか疲れたので下山することにしました。


IMG_9863.jpg
中山乗越の向こうに赤岳がきれいに見えています。雪煙が流れているので、風がかなり強そうです。晴天の赤岳に登りたいという気持ちもありますが、逆に赤岳の雄姿を見るには他の山に登ったほうがいいわけで、今日は硫黄岳から南八ヶ岳の名峰群を見ることにします。


IMG_9864.jpg
赤岳鉱泉から樹林帯の中を登って行きます。初めのうちは緩やかな上り坂で、ウォーミングアップにちょうどいい感じです。


IMG_9865.jpg
木立の向こうに硫黄岳らしい山が見えます。


IMG_9866.jpg
8:40 急登を登りきると、フラットな尾根に出ました。日差しも当り始め、風があたらないので、休憩するにはいい場所です。


IMG_9869.jpg
フラットな尾根から進んで行くと再び勾配がきつくなりますが、真っ白に雪化粧した森に朝日が差し込んでキラキラと輝いて美しく、登りのつらさも忘れてしまいます。


IMG_9871.jpg
高度があがり、樹林が次第にまばらになってくると、青空が見え始めました。白と青の冬山でしか見られない美しい森があたりに広がります。


IMG_9872.jpg
霧氷の花をつけた木々が、息をのむような美しさです。


IMG_9873.jpg
木々の向こうに横岳が見えてきました。


IMG_9875.jpg
美しい森を楽しみながら、のんびりと進んで行きました。


IMG_9876.jpg
硫黄岳山頂が見えてきました。この距離ならあと30分ぐらいで着きそうです。


IMG_9878.jpg
木々の隙間から赤岳が顔をのぞかせます。


IMG_9879.jpg
横岳と赤岳がそろって姿を見せてくれました。


IMG_9880.jpg
最後に阿弥陀岳も姿を現しました。位置的に逆光になってしまうのが残念です。


IMG_9881.jpg
森林限界を越えていきます。


IMG_9882.jpg
赤岩の頭に着きました。ここからは吹きさらしの稜線を登って行きます。


IMG_9883.jpg
赤岩の頭から西の風景です。左手にあるピークが峰の松目のようです。


IMG_9884.jpg
こちらは北方面。白いピークがおそらく西天狗岳だと思います。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_9885.jpg
赤岩の頭から稜線を登って行きます。雪はありますが、あまり深くなくしっかりとしまって歩きやすい状態です。強風で新雪が吹き飛ばされてしまうのでしょう。


IMG_9885b.jpg
山頂直下の岩場が見えていますが、右手に見えるケルンの方向へ斜面をトラバースするルートと、岩場を左から登るルートがあるみたいですが、右のトラバースルート方が楽だし危険も少ないので、右から回るのがおススメです。


IMG_9887.jpg
10:08 硫黄岳のだだっ広い山頂に出ました。地形図ではもっと先の爆裂火口脇が2760mの山頂になっていますが、ほぼまっ平にしかみえないので、先に見えるケルンあたりが山頂ということでいいのでしょう。


IMG_9892.jpg
記念の自撮り。ヘルメットをかぶってますが、硫黄岳のみの登山なら必要ないですね。


IMG_9895.jpg
赤岳・横岳をバックにもう一枚。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング



| 2018年1月 赤岳・硫黄岳 | 15:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

極寒の八ヶ岳を往く: 赤岳・硫黄岳その2 

2018年1月2日(火)~4日(木) 長野県茅野市 
八ヶ岳・赤岳(標高2899m)、硫黄岳(標高2760m) 小屋泊単独行 



日曜日は一日部屋にこもっていたので、体調は回復してきたようです。とはいえ、まだ寒気や胸の不快感は少し残っているし、夕食後には腹痛までおきてしまって、いったいなんだという感じです。


先日、風邪をひいたらしいという記事を書きましたが、あのときもおなかの調子がよくなかったことを考えると、どうやらまだ完治していなくて、先日からの寒さでぶり返したのかもしれません。今日もこの記事をアップしたら、風呂に入ってさっさと寝ようと思います。


1月3日(水) 2日目
1月3日の朝は5時半に起床。まずはぬるくなったポットのお湯を温めなおします。そのあと布団をたたみ、パッキングをしていると朝食の時間になりました。まだ6時なので外の様子はよくわかりませんが、どうもいい天気ではなさそうです。天気予報では晴となっていたのに、がっかりです。


食後、再びパッキングの続きをしながら、ようやく明るくなってきた外を確認してみると、どんよりとしたガスが立ち込めていて、赤岳はまったく見えません。今日は阿弥陀岳と赤岳を登ってから赤岳鉱泉に向かう予定ですが、この天気では再考したほうがいいかもしれません。あわてて出る必要もないので、少しコタツで暖を取りながらどうしたものかと考えました。ガスと強風の中で両方登るのは気が進みません。まだ登頂していない阿弥陀岳だけ登って降りてくるか、それとも赤岳のみにするか。そのときふと、数年前に大学生が二人阿弥陀岳で遭難死した事件を思い出しました。そういえば、阿弥陀岳は山頂からの下山ルートが多く、ガスがでると間違いやすいという話も聞くので、GPSがあるとはいえこの天候で登るのはリスクが高そうです。というわけで、赤岳のみ登ることにしたのですが、気温マイナス19度で風速30m/sという予報が出ているので、中岳のコルまで行って最終判断とすることにしました。


IMG_9814.jpg
8:00 必要のない荷物はバックパックに残して行者小屋に置かせてもらい、ポットとカメラと防寒着など必要なものだけを小型バックパックに詰めて出発です。外に出ると、雪がぱらついていますが、風はそれほどありません。


IMG_9815.jpg
キュルキュルと鳴く雪を踏みしめながら進み、阿弥陀岳方面へのルートの分岐点を通過します。分岐点を通過して標高が上がってくるとじわじわと寒さがしみるようになってきました。風がないのに寒さがしみてくるということは、稜線に出て風に吹かれると相当冷えるはずです。樹林帯を抜ける前に防寒対策を施しておく必要がありそうです。


ちょうど出発してから30分が経ったところで、傾斜が緩く少し道幅に余裕のある場所があったので、そこでもう一枚着ておくことにしました。トレース脇に立ち止まってバックパックを下そうとしたとき、ちょうど後ろから団体が登って来たので、彼らをかわすこともできてラッキーでした。


ここまではハードシェルの下に厚手長毛フリースのマウンテンバーサロフトジャケットを着ていましたが、ソフトシェルとしてマムート グラナイトフーデッドジャケットを追加しました。このジャケットは基本的にウィンドブレーカーなので断熱性能はありませんが、そこそこの防風性能があるのでバーサロフトジャケットがため込んだ暖かい空気を閉じ込めると同時にハードシェルからしみ込んでくる冷気を遮断してくれるだろうという目論見です。今シーズンはフリース+ウィンドブレーカーという組み合わせを2度試してみて、ソフトシェルとして使えるという確信をもったわけですが、さすがに厳冬期の八ヶ岳でも通用するかどうかはわかりません。念のため中綿入りのバーグハウス ライトインシュレーティッド ジャケットももってきているので、まだ寒ければ着替える予定です。


IMG_9816.jpg
この時の気温はマイナス12度でしたが、おそらく体温の影響を少し受けていたと思うので、実際はもう少し低かったのだろうと思います。グラナイトフーデッドジャケットを追加した後は、ハードシェルからしみ込んでくるような冷気はほぼ気にならないようになり、目論見があたったことにほっとしました。


IMG_9817.jpg
急傾斜の尾根道を登りつめていくと、階段が現れました。年末年始に雪が降ったわりにはあまり積雪量はなかったようです。階段にクランポンの爪をひっかけないように気を付けながら登ります。今回がデビュー戦となるペツル サルケンLLUは、冬靴のスカルパ モンブランGTX用にフロントバインディングをワンタッチ仕様に交換してきました。初めて使うワンタッチ式クランポンですが、今まで使っていたグリベル エアーテックニューマチックに比べて爪が長いためか、雪面をがっしりととらえる食いつきの良さを感じます。脱着も楽だし、やはりワンタッチ式が一番いいなと感じました。ただし、爪が長い分ひっかけやすいので、階段や岩場の通過には少し気を使う必要があります。


IMG_9818.jpg
森林限界を超えて、樹木のない尾根道になってくると風も次第に強くなってきました。


IMG_9820.jpg
9:13 ふと気が付くと前方に見覚えのある道標が見えました。中岳のコルに着いたようです。道標の下まで来ると、猛烈な風が吹き付けてきました。阿弥陀岳方向から強烈な北西風が雪粒をたたきつけるように襲ってきます。30m/sまではいかないにしても、20m/sは軽くあったでしょう。


IMG_9821.jpg
強風でじっと立っていることができないので、コースから少し外れた場所で膝をついた状態になって温度計を確認してみると、予報通りマイナス19度をさしていました。風が20m/sなら、体感温度はマイナス39度ということになります。実際の気温も体感温度も、どちらも経験したことのない寒さですが、幸いにもウェアリングはこの寒さに耐えうるだけの防寒性能を有していたようで、とりあえず手足も含めて凍えるような状態にはなっていません。


IMG_9822.jpg
寒さのほうは問題ないとして、コース状況はどうだろうと上を見上げてみると、単独行の男性が下山してくるのが見えました。上の方には登って行く登山者も見えます。彼らは風にほんろうされるような足取りではなく、それなりにしっかりと歩いているので、どうやらそれほどひどい状況ではなさそうです。それに、いま吹いている風は北西の風なので、この先尾根を南側から回り込むコースになれば、風は尾根にさえぎられて直撃するような場所は山頂までないはずです。問題は山頂ですが、山頂へは南側から登って行くので、たとえ30m/sの風が吹いていたとしても、山頂に立つまでは影響されないはずです。昨年、地蔵尾根から登頂し、文三郎道で下山した時も、山頂まではけっこうな強風でしたが、下山コースではあまり風が吹いていた記憶はありません。であれば、風がきついのは今いる中岳のコルだけでしょうから、先に進むことにしました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_9823.jpg
尾根を回り込んで南側の斜面に入るまではかなりの強風にさらされましたが、岩場に入ると風は不思議なほど穏やかになりました。ただ、風が岩などにぶつかって乱れるらしく、ときおり思いもよらない方向から雪粒をたたきつけてくることがありました。昨年より雪の付き方が少ないなと思いながら登って行くと、道標の建つ分岐路らしいところに来ました。こんなところに分岐なんてあったかなと思ったものの、赤岳頂上と書かれた道標はしっかりと見えていたので、道標に従って岩場に向かいます。ちょうど下山する人がいたので、ルートがわかり助かりました。


IMG_9824.jpg
9:42 雪の少ない岩場を、クランポンの爪をひっかけないように気を付けながら登って行くと、ようやく頂上直下の尾根の分岐に着きました。途中で風が巻いて吹き上げてくる雪粒が痛いのでゴーグルを装着しようとしたら、うっかりとバラクラバの上からゴーグルをかぶせてしまい、一瞬にしてレンズ内側が曇りそのまま凍結してしまいました。こうなったら、ゴーグルは役に立ちません。胸元に入れて温めて凍結を溶かして拭くしかないわけですが、今そんなことはしてられません。ゴーグルはあきらめて、目を細めて雪粒が目に入らないように注意しながら登りました。


IMG_9825.jpg
9:46 不思議なほど穏やかな山頂が見えました。人の姿はなく、風はわずかに吹いているだけで、中岳のコルの強風はどこへ行ったのかという感じです。中岳のコルでマイナス19度だったので、山頂はマイナス20度ぐらいだったのでしょうが、全然そんな寒さは感じませんでした。


IMG_9826.jpg
山頂に立ってまずは1枚写真を撮り、引き続き自撮りをしようと思ったら、ここで電池が落ちました。朝出る前に充電済みの電池に交換したばかりだというのに、わずか12枚撮影しただけで電池切れになってしまいました。寒いので、いつものようにショルダーベルトに外付けにしないで、ハードシェルの内ポケットに入れていたのですが、どうやらハードシェルからしみ込んでくる冷気にやられたようです。冬はソフトシェルの内側の暖かい場所でないとだめみたいです。


IMG_9829.jpg
仕方がないので、誰もいない山頂にひとり立ちつくしながら、カメラの電池を交換し、ようやく自撮り完了です。今年こそは、晴天の赤岳山頂からの展望を期待していたので、2年連続でガスガスの山頂というのはがっかりですが、こればかりは仕方がありません。展望もないので、さっさと撤収します。


IMG_9830.jpg
下りは地蔵尾根経由で行こうと、頂上山荘のほうに歩き始めると、途端に強烈な風にさらされました。山頂の先の稜線からは強風がもろにぶち当たるようです。しかも、左斜め前から風を受けることになるので、ゴーグルなしではとても歩けたものではありません。ということで、地蔵尾根経由はやめて、ピストンで文三郎道を下ることに変更です。


IMG_9831.jpg
とりあえず、ゴーグルの代わりにサングラスでもしておこうと、サングラスを装着してみましたが、少し歩いただけですぐに曇ってしまってこれまた役に立ちません。こうなったらあきらめて裸眼で下りるしかありません。ハードシェルのジッパーを上げて、ヘルメットの額のところにゴーグルを下げ気味に装着して、目の部分だけが細く開いているような状態でなんとか下山したのでした。


IMG_9832.jpg
行者小屋が近づいてきたころ、下の方に日が差し始めました。もともと晴れ予報なのでこれから晴れてくるのかもしれませんが、もう下ってしまったので、いまさら晴れてもなあという思いをかみしめながら下ります。


IMG_9834.jpg
10:53 行者小屋まで戻ってきました。


IMG_9835.jpg
この時の気温はマイナス13度。朝からあまり変わっていません。


IMG_9836.jpg
ひとまず小屋に入って荷物をまとめて、昼食に行者ラーメンを食べてから再び外に出てみると、なんと赤岳がくっきりと見えています。


IMG_9838.jpg
大同心、小同心も見えます。こんなことなら出発を1時間半ほど遅らせればよかったと思っても、後の祭りです。それなら、赤岳鉱泉に行く前に、中山乗越展望台によってせめて写真だけでも撮っておくことにしました。


IMG_9839.jpg
12:25 日の差し始めた行者小屋を出発です。


IMG_9840.jpg
地蔵尾根への道を右に分け、赤岳鉱泉へ向かいます。


IMG_9842.jpg
12:34 緩やかな森の中を登って行くと、すぐに中山乗越に着きました。


IMG_9847.jpg
目の前にそびえる大同心と小同心の岩塔が圧巻です。


IMG_9851.jpg
中山乗越展望台まで登ると、眼前に大きく立ちはだかるような赤岳の雄姿が眼に飛び込んできました。見ていると、時折強烈な風が雪を巻き込みながら岩壁を白い塊となって駆け上がり、山頂から噴煙のように雪煙を舞い上げています。


IMG_9853.jpg
横岳も城塞のような荒々しい絶壁を広げて、強烈な存在感を放ちます。


IMG_9854.jpg
時折舞い上がる雪煙に白くかすむ姿が、厳冬期の厳しさを感じさせます。


しばらく展望を楽しんでいると、鼻をつくあの不愉快極まりない臭いが漂ってきました。後から来たオヤジがタバコに火をつけたのです。どこにでも出てきて人を不愉快にさせるゴキブリのような喫煙者にうんざりして、すぐにその場を離れました。


IMG_9856.jpg
13:33 赤岳鉱泉に着きました。中山乗越からはけっこうな下り坂だったので、赤岳鉱泉から赤岳や阿弥陀岳に登るのはちょっと面倒かなと感じます。


IMG_9857.jpg
受付をする前に、名物のアイスキャンディーを見に行きました。かなり立派なキャンディーに成長しています。


受付を済ませて大部屋に案内されたら、まずは寝床の準備をし、着替えを済ませました。部屋に石油ストーブが設置してあって室内はぽかぽかです。これなら乾燥室に服を持っていく必要はないということで、グローブなどの湿ったものも部屋に干しておいて、あとは談話室に行って漫画を読みふけっていました。


夕食は期待していたステーキではなく焼き魚でしたが、脂がのっていて美味でした。何の魚か知りませんが、金目鯛かなという気もします。


なお、宿泊者はそれなりにいたようで、食事時には大きな食堂の席が八割ぐらいは埋まっていました。それでも混雑しているという雰囲気ではなく、大部屋も一人一枚の布団でゆったりしており快適でした。


夜は晴れていたようですが、小屋泊まりということでテント泊で使うごついダウンジャケットやダウンパンツを持ってこなかったので、夜の撮影はあきらめてさっさと寝ました。


20180103.jpg
行者小屋から赤岳鉱泉までの区間は、GPSの電源を入れ忘れていたのでログがありません。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング



| 2018年1月 赤岳・硫黄岳 | 23:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

極寒の八ヶ岳を往く: 赤岳・硫黄岳その1 

2018年1月2日(火)~4日(木) 長野県茅野市 
八ヶ岳・赤岳(標高2899m)、硫黄岳(標高2760m) 小屋泊単独行 


2017年-18年の年末年始の山行は、当初北アルプスの唐松岳を考えていました。12月25日頃に見た登山天気だと、正月前後に晴れマークがついていたからですが、年末が近づくにつれて晴れマークから曇りマークへ、そして雪マークへと変わって行きました。北アルプスはどこも似たような状況だったので、目的地を南アルプスの塩見岳に変更しました。ところが、天気はそれなりに悪くないものの、猛烈な強風予報がでていました。標高3000m付近で最大風速30m/s以上という予報です。さすがに、並みの台風を上回るほどの強風の中で塩見岳の急斜面を登下降するのは自殺行為に近いと言わざるを得ません。それに、何かあった場合にヘリはまず飛べないだろうし、営業小屋もなく登山口からも距離があることを考えると、南アルプスはリスクが高いといえます。


ということで、天気が比較的良く、営業小屋もあり、登山の難易度もそれほど高くない南八ヶ岳に行くことにしました。最初はテント泊で考えていましたが、せっかく営業小屋があることだし、今回は少し贅沢をして(楽をして)、小屋泊に変更しました。入山が1月2日の火曜日で平日だし、1月4日が仕事始めになる人が多いだろうと予想して、小屋も混んでいないはずと考えたわけです。昨年も1月2日に行者小屋に宿泊しましたが、全然余裕の状態でした。


1月1日の11時前に岡山を出発し、諏訪に同日17時30分頃到着しました。大晦日の夜は夜更かししたこともありわりと睡眠不足状態でしたが、明るい昼間のドライブだったので睡魔に襲われることはありませんでした。早く到着して諏訪湖畔にある片倉館という温泉に入りたかったこともあり、トイレ休憩を3回とっただけの強行軍になりましたが、わずか6時間半ほどで着くとは思っていませんでした。片倉館のHPを見た限りでは正月の終了時間が早いというような情報は載っていなかったので、先にご飯を食べてからゆっくり温泉につかることにしたのですが、これが大失敗。18時過ぎに片倉館に着いてみると、なんと営業終了の札がでているではありませんか。何時に終了したのか知りませんが、早すぎるだろうと怒ってみてもどうしようもありません。


急ぎ車に戻ってグーグルで近くの日帰り温泉を検索してみたところ、車で8分ほどのところに高浜健康温泉センター「ゆたん歩」というのがあることがわかりました。営業しているかどうかわかりませんが、とりあえず急いで行ってみると幸いにも営業中でした。こじんまりした温泉施設でしたが、空いていて気持ちよくドライブ疲れを癒すことができました。


温泉の後にドラッグストアに立ち寄ったところ、日本酒の紙パックが安かったので、正月だし何年かぶりに酒を飲んでみることにしました。しかし、これがよくありませんでした。車のドリンクホルダーでぬる燗にして飲んで寝たのですが、なんだか熟睡できず、朝まで浅い眠りを繰り返してしまいました。睡眠時間は8時間ほどとれたので時間的には寝不足ではないのですが、熟睡していないためなんとなく寝不足のような妙な状態で朝を迎えました。


weathermail.jpg
起きてからメールをチェックしてみると、前の晩にヤマケイオンライン登山予定日天気予報メールが届いていました。ヤマケイオンラインで登山計画書を作るとき、登録しておくと登山予定日の山頂の天気予報がメールで届く仕組みになっているのです。メールを開いてみてみたら、驚きの予報がでていました。なんと、2日の最大風速は27m/s、3日は30m/sです。大晦日に見た登山天気では、24m/sぐらいだったはずなのに、なんで??? 赤岳アタック予定の3日が30m/sの風速だなんて、これでは塩見岳とたいして変わりません。しかも、最低気温はマイナス19度です。これだと体感温度はマイナス49度ということになります。そんな低温で登山などしたことはないし、今回の装備ではたして大丈夫なのかと不安になってきます。とはいえ、登ってみないことにはなんともいえないので、とにもかくにも美濃戸口に向けて車を走らせました。


1月2日(火) 1日目
美濃戸口に着いたのは9時前でした。駐車場はけっこう空いていて、予想通り入山者はそれほど多くなさそうです。今日は行者小屋まで行くだけなので、急ぐ必要はありません。ゆっくりと準備を整え、忘れ物がないことを入念に確認しました。


今回の服装
●アッパー
 ドライレイヤ: ミレー ドライナミックメッシュ3/4シャツ
 ベースレイヤ: モンベル スーパーメリノウールEXP.ハイネック
           バーグハウス ロングスリーブ クルー 250 メリノウール(予備)
 ミドルレイヤ: ノースフェイス マウンテン バーサロフトジャケット
          マムート ゴブリンアドバンストジャケット(予備)
 ソフトシェル: マムート グラナイトフーデッドジャケット(初使用)
          バーグハウス ライトインシュレーティッド ジャケット(予備)
 ハードシェル: バーグハウス チベッタジャケット
 グローブ: スマートウール メリノ150グローブ(旧製品)
        ブラックダイヤモンド ソロイスト
        モンベル メリノウール インナーグローブ(予備)
        マジックマウンテン ラックナー ヒマラヤングラブ(予備)
        ノースフェイス マウンテンロングシェルグローブ(予備)
 キャップ: マムート フリースビーニー 
        マムート グアパビーニー(予備)

●ボトムス
 ベースレイヤ: ミレー スーパーパワーパンツ
           モンベル ジオラインEXP.タイツ(予備)
 アウター: モンベル アルパインパンツ
 インサレーション:モンベル ULダウンパンツ
 ソックス: モンベル メリノウールエクスペディションソックス
        ミズノ ブレスサーモウール 極厚パイルソックス(予備)
 シューズ: スカルパ モンブランGTX
 ゲイター: アウトドアリサーチ バーグラスゲイター

昨年赤岳に登った時と同じウェアでもよかったのですが、今年は厚手長毛フリースをミドルウェアとして使ってみて、その可能性を確かめてみようということで、上記のようなウェアリングにしてみました。結果的に、これでも十分極寒の八ヶ岳で通用することがわかりました。これに関しては、近いうちにミドルウェアについての考察としてまとめてみようと思います。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_9797.jpg
9:33 美濃戸口を出発です。


IMG_9798.jpg
年末年始に降った雪が積もった林道を進みます。気温が低く降って間もない雪ということもあり、まだ凍結していなくて歩きやすい状態でした。


IMG_9800.jpg
10:35 赤岳山荘に着きました。1時間の林道歩きの後なので、少し休憩していきます。


IMG_9799.jpg
気温はマイナス6度でした。昨年が何度だったのかわかりませんが、今年の方が冷え込んでいるように感じます。


IMG_9801.jpg
少しガスが巻いた阿弥陀岳が森の向こうにそびえているのが見えました。雲の流れが速く、上空はけっこう風が強いようです。行動食を食べたり、トイレに寄ったりしていると、いつの間にか20分が経っていました。チェーンスパイクを装着して先を急ぎます。


IMG_9802.jpg
11:02 美濃戸山荘前から南沢に入ります。


IMG_9803.jpg
南沢コースは昨年よりも雪が多い状況ですが、チェーンスパイクがしっかりと食いついてくれるので、まったく不安はありません。気温が低く雪が乾いているので、チェーンスパイクに雪団子がつくこともありませんでした。まさにチェーンスパイクに最適なコンディションです。


IMG_9804.jpg
12:31 時間的な中間点まで登ってきました。ここから美濃戸山荘へも行者小屋へも40分という場所ですが、当然ながら距離的な中間点ではありません。美濃戸からここまで1時間半かかっているので、登りだけで言えばすでに3分の2以上登って来たことになります。少しドリンク休憩をしてから、再び歩き出しました。


IMG_9805.jpg
中間点あたりから気温が少し下がったような感じです。昨年同様、凍結した渓流も健在です。赤岳山荘の標高が約1690mで、中間点が約2050mなので、360m登って来たわけで、気温は1.8度下がってマイナス7.8度ということになります。ただ、登り坂なので汗をかかないようにずっとフロントジップを開けて、首回りもネックゲイターなど巻かずにうなじがそのまま露出した状態でした。どうやらこれが良くなかったようです。マイナス5度以下の冷気に脳に血液を送る重要な動脈が通っている首を素肌の状態で1時間以上もさらし続けていたわけですから、いいわけがありません。素手で歩いていたらとっくの昔に寒さで我慢できなくなっているような状況ですから、体調不良を引き起こしても不思議ではありません。


少し歩いたところで妙にしんどい感じになってきました。なんだか息苦しいような、頭がくらくらするような感じがして、足が前に出なくなってきました。立ち止まってしばらく深呼吸をしてみましたが、改善する兆しはありません。なんとなく寒気のようなものも感じてきたので、首回りを冷やし過ぎたのかもしれないと思い、バラクラバをネックゲイターがわりに巻いてハクキンカイロをうなじのところに入れてみました。通常、ハクキンカイロを直接地肌に触れさせると熱いと感じるものですが、このときは全く熱さを感じなかったので、かなりうなじが冷えていたようです。とりあえず、その状態で少し休んでいると、体調も徐々に回復してきたので、ゆっくりですが歩き始めることができました。


ところが、渓流沿いの急傾斜の部分を過ぎて、ようやく樹林帯の中に入ったところで、再び体調が悪くなってきました。しんどさに加えてだるさも出てきました。なんとなく心拍数も上がっているみたいです。とにかく、行者小屋まであと少しのところまで来ているはずなので、ゆっくりでいいから進もうとしたのですが、まったく足が前に出ません。めまいがして立っていられないというわけではないのですが、なんとなくふらつくような感覚もあります。


首周りはちゃんと保温しているのに、いったいどういうことだと原因を考えてみました。首から来る冷えはひとまず解消されているはずなので、原因はほかにあるはずです。体調不良になる理由として考えられるのは、やはり寝不足による疲労の蓄積に登山というハードな運動で体力を消耗したことにくわえて、寒さで体が冷えたこともあるのかもしれません。


シャリバテという可能性はどうかと考えましたが、さっきの中間点でチョコレートを食べているし、美濃戸から1時間ほど登ったところで菓子パンも食べています。空腹感もないので、シャリバテの線は薄そうです。


とにかく、立っているのもしんどいので、トレース沿いの段差のあるところに座って休むことにしました。もしもこのまま動けない状態になったり、意識を失うようなことになったら助かる可能性はあるかと考えましたが、時間的にまだ14時前だし、八ヶ岳に登る主要コースなので登山者の通行は十分あるはずです。なので、救助を求めることもできるだろうし、倒れたとしても早い段階で誰かが発見してくれる可能性は十分あるはずです。であれば、あわてて救助要請する必要はないわけで、とにかく少し休憩をして体調が戻るのを待つことにしました。


待っている間、ただ座っていてもしょうがないので、暖かいドリンクを飲んだり、チョコレートを食べたりして栄養補給もしておきました。なんにしても、体が発熱するための材料や行動するためのエネルギー源が体内になければ話になりません。


どれぐらいの時間休憩していたのかわかりませんが、気が付けばどんよりとした気分がだいぶ楽になっていました。しんどさやだるさも感じなくなっているし、ドキドキする感じもありません。立ち上がってみると、問題なく歩けそうです。GPSのログを見ると、標高2220m地点に5分間座っていたようです。2000mを越えていたので、酸素が少し薄くなっていたことも多少影響していたのかもしれません。もしかすると、睡眠不足による疲労の蓄積で体力が衰えて、軽い高山病の症状になっていたということも考えられます。


IMG_9806.jpg
13:45 再び体調不良にならないように、ゆっくりと歩を進めていくと、ようやく横岳が見えてきました。


IMG_9810.jpg
さらに進んで行くと、ガスに巻かれた赤岳も見えました。ここまでくれば行者小屋は目と鼻の先です。


IMG_9811.jpg
13:55 何かが燃えた臭いがかすかに鼻をくすぐるのを感じて顔を上げると、行者小屋が姿を現しました。なんとか無事にたどり着けてひと安心です。今回小屋泊にしたことを、つくづく良かったと思いました。この状況で極寒のテント泊では、夜十分眠れないかもしれません。そうなると、睡眠不足が重なってますます体調が悪くなり、明日からの行動がどうなるかわかったものではありません。暖かい小屋でおいしい食事をとって、暖かい布団にくるまって十分な睡眠をとれば、きっと体調もよくなるはずです。


チェックインしてから、コタツで温まりながら夕食までのんびりと過ごしました。入山前は夕方に中山展望台へ行ってみようと思っていましたが、さすがにそんな気にはなれません。食事の後はしばらくくつろいでから、布団にもぐりました。


夜中に一度寒気を感じて目が覚め、昼間感じた体調不良の状況になりかけたのですが、脱いでいた中綿入りのジャケットを着こんでからもう一度布団にもぐって丸まっているうちに、いつの間にか眠りに落ちていました。

20180102.jpg

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング



| 2018年1月 赤岳・硫黄岳 | 15:06 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |