ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

積雪期しか歩けない縦走路: 毛無山~西毛無山その3

2017年3月13日(日) 岡山県新庄村 毛無山(標高1218m) 日帰り単独行 


ランチを終え、少しのんびりしてから下山の準備に取り掛かります。


IMG_7039.jpg
午後になって雪が緩んできたので、下山はスノーシューを装着することにしました。エキスパートオブジャパンのスノーシューを使うのもずいぶん久しぶりです。もう一つ持っているTSLのスノーシューに比べると浮力は劣るものの、軽さで優り、ワカンタイプのため足の自由度が比較的あって斜面での使い勝手はこちらの方がいいので、雪が比較的締まっている春先の山にはこちらを使います。それに、前後に爪がついているし真ん中に滑り止めのL型金物を自分で付けたおかげで、けっこうな急斜面でも踏ん張ってくれます。とっくの昔に廃番になっているところを見ると売れなかったのでしょうが、僕はけっこう気に入ってます。


IMG_7040.jpg
12:33 西毛無山から南へ延びる尾根を下ります。下山コースは、尾根通しに南に下ったところにある996ピークから東へ続く尾根を利用する予定です。996ピークまでは、毛無山―西毛無山間と同じぐらいの距離なので、45~50分ぐらいかかるとみています。


IMG_7041.jpg
初めのうちは広くて緩やかな斜面が続きます。


IMG_7042.jpg
ひとつ南のピークへの登り返しも、緩やかなのでまったく問題なしです。


IMG_7043.jpg
12:50 西毛無山の南側にある1180mぐらいのピークを通過します。このあたりから急に尾根の幅が狭くなってきました。


IMG_7044_20170317172103e55.jpg
ピークをを越えると、尾根はどんどん細くなっていきます。両側の斜面も傾斜を増してきました。


IMG_7045.jpg
地形図の等高線の間隔は、1180ピークのすぐ南側はわりと幅が広くゆったりしているのですが、実際に目にするとけっこうな角度で下っています。


IMG_7046.jpg
滑りやすくなった下り坂を下りていくと、トレースが分岐していました。標高1120mぐらいの場所です。


20170312kenasiyama3.jpg
左の斜面へと下っていくトレースは、登ってきた足跡でした。左側の斜面は地形図で見てもかなり等高線が詰まった斜面だし、そのまま下ると谷へ下りてしまいます。実は、1180ピークから東へ下る尾根も下山コースとして検討しました。地図の黄色い線がそうです。ただ、ピークから東へ下り、1100mのあたりで右の支尾根に分岐する場所が分かりにくそうだということでやめにした経緯があります。検討した尾根とは違いますが、登ってきたトレースがあるということは、これをたどれば労せずして駐車場までもどれるということですが、谷筋の急傾斜地から登ってきているというのが気になります。


IMG_7047.jpg
実際に左手の斜面は、すぐ先で見えなくなっていて、傾斜が急であることがわかります。朝のうちの雪が締まっているときに登りで使うならまだよかったのかもしれませんが、すでに雪が緩んでここに来るまでの下りでさえずるずると滑りながら下りてきているような状態ですから、これ以上傾斜の急な場所を下るのは厄介なことになりそうです。というわけで、トレースを追うのはやめて、当初の計画通り996ピークから下りることにしました。


IMG_7048.jpg
下るにつれて尾根はさらに幅を狭め、傾斜もきつくなってきました。雪がゆるくなっているため、スノーシューでも表面の雪がすぐに流れてしまい、半分ずり落ちるようにしながら下る時間が多くなってきました。そのため、足に力が入って疲労がたまってきました。


IMG_7052.jpg
13:19 996ピーク手前の鞍部まで下りてきました。予想通り50分ほどかかりました。996ピークは目の前に見えていますが、下りで足が疲れてしまい、40mほどの標高差を登り返す気力がわきません。トレースは996ピークへと向かっています。


20170312kenasiyama4.jpg
そこで、地形図を取り出して下山コースを再検討することにしました。996ピークから東へ下る尾根に描いたピンク線が当初の下山予定コースです。このコースを選んだ理由は、途中で沢を渡らずに尾根通しで下れるからです。ただし、山頂直下の950mから850mにかけての区間がけっこう等高線の幅が狭く、傾斜のきつい斜面だと思われるので、この区間が問題なく下れるかどうかが懸念材料です。


いまいるのが996ピークの西側の鞍部ですが、ここから北へ下る尾根の等高線は予定コース上部のものよりも幅が広く傾斜がゆるそうです。ただし、900mから850mの区間が少し幅が狭くなっています。それでも予定コースの950mから900mの区間よりも広いし、すぐ下が谷になっているので、万一滑落するようなことがあっても確実にそこで止まるという安心感もあります。下りきった谷を渡って北側にある尾根に出れば尾根通しでキャンプ場上部へ出ることができるので、それほどリスクは高くなさそうです。


谷が渡れるかどうかだけが気になるところですが、積雪量や標高などから考えると、渡れないほど深く水量の多い谷である可能性はないと思われるので、そこのところは心配しなくても大丈夫だろうと判断しました。鞍部のすぐ北側にある谷も、完全に雪に埋まっている状態なので、多分同じ状況だろうと思ったわけです。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_7053.jpg
ということで、左手前方に見えている尾根へトラバースし、あとはその尾根を下っていくことにしました。この時スノーシューを履いたままだったので、斜面の上を向いた状態で横歩きしながらトラバースしました。


IMG_7054.jpg
尾根上に出たので、あとはこれを下っていくだけです。


20170312kenasiyama4.jpg
しばらくは問題なくサクサクと下っていくことができたのですが、やがて思いのほか傾斜のきつい斜面になってしまい、スノーシューではずるずると滑って安全に下ることができなくなってしまいました。そこは地形図のちょうど900mあたりで、等高線の間隔が狭くなるまさにその場所でした。地図の赤線が実際に下ったラインですが、920mあたりから谷へ下るまでかなり右往左往しているのがわかると思います。


IMG_7055.jpg
最初はうろうろしてスノーシューのまま下れそうな場所を探したのですが、少し下ってみてこれは無理だと判断し、クランポンに交換しました。じつは入山時に、残雪期の山だし4本爪のクランポンでいいかなと思ったのですが、初めて歩くコースだし何があるかわからないからと思い直して10本爪のクランポンを持ってきたという経緯があり、このときつくづく10本爪にしておいてよかったと思いました。


IMG_7057.jpg
表面に融けかけの柔らかい雪がのった斜面でしたが、下には硬い雪の層があり、クランポンの爪を下の硬い雪に食い込ませるようにけりこみながら斜面を下り始めた時、自分が落とした雪がきっかけになって足元の雪が突然わらわらと壊れるかのように崩れて流れ始めました。ビミョーなバランスで均衡を保っていた表層の柔らかい雪が、人が歩いたことでその均衡が崩れて一気に崩れ落ちてしまったようです。小さくわずかな規模ですが、これはまさに表層雪崩だと思いました。自分よりも上の斜面の雪が同じように落ちてきたら、もしかしたら流されていたかもしれません。埋もれてしまうほどの量はないので少し流されるだけで済むとは思いますが、気温の高い春の山は要注意です


IMG_7058.jpg
雪崩れた雪が落ちて行った先は、2mほどの高さの段差になっていました。下に雪もあるので、万一ここから落ちても命の危険はなさそうですが、場合によっては立木に頭部などを強打して重傷を負うという可能性も否定できません。やばいやばいと思いつつ、なんとか谷まで無事に下ることができました。


IMG_7059.jpg
谷は予想通り雪に埋まっていて、幅も狭く問題なく隣の尾根にとりつくことができそうです。ただ、この時点では対岸の尾根の高さがけっこうあるので、尾根が低くなるところまで谷の右岸をたどっていくことにしました。


IMG_7060.jpg
少し歩いて標高800mのあたりまで来ると、その先から谷が急に深く広くなっているのが見えました。これ以上進むと谷を渡れなくなるし、ちょうど左手の尾根も低くなって登りやすくなったので、ここで谷を渡りました。


IMG_7061.jpg
ところが、左岸の尾根に登ってみると、尾根の反対側にももう一つ谷があり、どうやらこの尾根の先で先ほどの谷と合流しているみたいです。


20170312kenasiyama4.jpg
地図の小尾根が今いる尾根になるということのようです。ビミョーな等高線のカーブを見落としていたので、てっきり一本の谷だと思っていたのですが、間に小さな尾根を挟んだ2本の谷筋になっていたわけです。とすると、取り付く予定の尾根は小尾根のもう一本北側にある大尾根であるはずで、小尾根の北側の谷を渡る必要があります。


IMG_7062.jpg
小尾根の今いる場所のすぐ下は、すでに雪が融けて水が流れている状態だったので、少し上流側に戻ってまだ雪に埋もれている場所で谷を渡りました。


IMG_7063.jpg
大尾根の斜面を登っていくと、尾根上の立木に赤いテープが巻いてあるのが見えました。どうやら、積雪期に利用されている尾根のようです。上の鞍部から下ってくるときはまったく人の気配がない状態だったので、多少なりとも不安を感じながらの下山でしたが、ここにきてようやく安心することができました。


IMG_7064.jpg
赤テープをたどりながら、尾根を下ります。しかし、赤テープがついているとはいえ、トレースはまったくありません。


IMG_7066_201703171727130b5.jpg
14:14 キャンプ場上部にでました。毛無山山頂を出発して以来、初めて見る道標です。ところが「ゆりかごの小径」というのが地形図に描かれている道なのかどうかがわかりません。

20170312kenasiyama4.jpg
当初、この道標の手前、写真の下側に林道が左右方向に走っていて、地形図に黒線で描かれている道路だとすっかり勘違いしてしまいました。ただ、その林道は右手方向に斜面上へと続いています。地形図では尾根に沿って下っていくようになっているので、地図と現状が違っています。とすると、地形図の黒線がゆりかごの小径ということなのかもしれません。


IMG_7067.jpg
ということで、道標の示す矢印の方向に進んでみることにしました。ところが、GPSを確認すると尾根を南へ下るように移動しているのがわかりました。ぜんぜん進む方向が違います。ということで、道なき雪原を無理やり進むのはやめて、林道をたどってみることにしました。結局、この林道は地形図には載っていない道でした。


IMG_7068.jpg
元の場所まで戻って、前方へ下る方向へと林道をたどります。


IMG_7069.jpg
林道脇の木に赤テープがあったので、どうやらこれが正解だったようです。


IMG_7070.jpg
丁字路のような場所に出ました。GPSを確認してみると、ここが地形図の黒線で示されている道路との合流点でした。あとはここを右へ下っていけばいいだけです。


IMG_7071.jpg
人工林の中に続くわずかな凹みをたどって行きます。クランポンなので時々大きく踏み抜いてしまうのですが、さすがにここでスノーシューに履き替えるのは時間の無駄だということで、そのまま歩き続けました。


IMG_7072.jpg
道がS字状に大きくカーブした先で、小さな沢を渡ります。スノーブリッジではなくて、橋の上に雪が積もっただけなので、安心して渡れました。


IMG_7073.jpg
14:34 キャンプ場に出ました。駐車場まではもうすぐです。


IMG_7074.jpg
14:39 駐車場に戻ってきました。休憩込みで6時間ほどの山行だったので、思っていたよりは疲れました。この次は、霧氷がついている寒い時期に歩いてみたいものです。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》

スポンサーサイト

| 2017年3月 毛無山・西毛無山 | 17:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

積雪期しか歩けない縦走路: 毛無山~西毛無山その2

2017年3月13日(日) 岡山県新庄村 毛無山(標高1218m) 日帰り単独行 


毛無山山頂で休憩しているときに、早めにお昼を食べるかどうか迷いましたが、ぽつぽつと登山者があがってくるし、まだお昼まで1時間もあるので西毛無山まで行ってからランチにすることにしました。なので、ここではエネルギー補給にチョコレートを2個食べるだけにとどめておきました。


IMG_7016_20170315122420de9.jpg
10:58 西毛無山にむけて出発です。毛無山から南西方向に下っていきます。


IMG_7018.jpg
もともと登山道のないコースなので初めて歩くわけですが、トレースがしっかりと残っているのでまったく問題ありません。


IMG_7019_20170315122423d87.jpg
山頂直下のやや急な斜面を下りきると、鞍部に向かって広くなだらか斜面が続きます。


IMG_7020_201703151224253a2.jpg
左手を見ると九合目避難小屋がわりと近いところに見えていました。斜面をトラバースすればいいショートカットコースになりそうです。


けっこう深そうな踏み抜き跡があったので、踏み抜き跡を避けて60㎝ほど右側を通過しようとしたら、突然右足がひざ上まで雪に潜り込んでしまい、見事に前のめりに転倒してしまいました。


IMG_7021.jpg
何事かと思って足を引き抜いてから中を覗いてみると、結構大きくて深いクラックになっていました。


IMG_7022.jpg
写真ではちょっとわかりにくいのですが、深さは人の背丈ほどあり、まともに踏み抜いて両足ともずっぽりと落ち込んでしまうと、脱出するのに苦労しそうなクラックです。左の踏み抜いた跡まで内部でつながっていて、さらに左右に続いています。斜面にできたけっこう大きなクラックが新雪に隠されてしまっていたようです。いってみればヒドゥンクレバスのミニチュア版のようなもので、幅が狭かったおかげで足を踏み抜くだけで助かりました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_7024.jpg
気を取り直して、鞍部に向けて斜面を下っていきます。よく締まった雪の斜面なので快適です。しかし、ときおり半分凍結したような場所もあったので、あまり気を抜くわけにはいきませんでした。


IMG_7026.jpg
鞍部の近くまで下ってきました。鞍部の向こう側の斜面には雪崩れた跡が見えています。立木のない笹原の斜面のようなので、雪崩れやすいのでしょう。


IMG_7027_20170315122509785.jpg
鞍部を越えて登り返しです。このあたりから若干雪が緩んできて、やや歩きづらくなってきました。それにしても展望のきく気持ちのいい尾根です。


IMG_7028.jpg
毛無山と西毛無山の中間に位置する1200mほどのピークが近くなってくると、雪庇の発達した稜線歩きになりました。とはいっても、それほど大きく張り出した雪庇ではないので、あまり心配する必要はなさそうです。


IMG_7029_20170315122605111.jpg
だいぶお腹が空いてきて、小ピークの頂上まで来たらランチにしてしまおうかと思いながら上り詰めたのですが、雪庇が連なる狭い尾根状のピークで居心地がよくなさそうでした。それに西毛無山がもうすぐそこに見えていたので、空腹を我慢して西毛無山まで行くことにしました。


IMG_7031.jpg
西毛無山への登りが一番しんどい時間でした。アミノバイタルウォーターで空腹をごまかしながら、黙々と登ります。


IMG_7032_201703151226081ce.jpg
11:50 西毛無山に着きました。といっても山名板もなければ、標柱もありません。GPSで確認して西毛無山山頂にいることが確認できたというだけです。わりと木立に囲まれた山頂ですが、山頂部は比較的平坦で広々としていました。グリーンシーズンは展望がよくないかもしれませんが、今の時期は大山もきれいに見えています。風もなく、ぽかぽかの陽気が気持ちのいい山頂です。もちろん、貸切状態です。


IMG_7033_201703151226104b4.jpg
雪を踏み固めて休憩場所を作ったら、さっそくランチタイムです。


IMG_7034.jpg
本日は、コンビニで買ってきたコク旨カレーパンともちふわパンケーキに、れもん湯の簡単ランチです。セブンイレブンのコク旨カレーパンは、カレーのルーがとろりとしていておいしいし、もちふわパンケーキは昨年来のお気に入りです。しっとりもっちりとしたパンケーキにメープルシロップとマーガリンの組み合わせが絶妙のおいしさです。もっとも、もちふわパンケーキは食べずに持ち帰って、翌日の朝食となりました。


暖かい日差しに包まれ、周囲の風景と静寂を楽しみながらランチタイムを過ごしていると、久しぶりにとてもリラックスした気分に満たされました。人の多い大山の山頂ではこうはいかなかったでしょうから、西毛無山に来たのは大正解でした。


サラリーマンをやめてから仕事の上であまりストレスを感じることはなくなりましたが、それでも日々の生活の中では大なり小なりストレスと向き合う生活にならざるを得ません。それに、少し前までは厳冬期の山に登っていたわけで、山頂でのんびりランチを楽しめるほどの快適な環境は望めなかったわけです。


しかし、今この瞬間はあらゆるストレスから解放された状況にあるといえます。誰もいないことで対人関係のストレスはありませんし、暖かい日差しが寒さのストレスを消してくれます。美しい風景を眺めることで視覚的な癒され効果もあります。そのうえおいしい食べ物があれば、ストレスの発生する余地はありません。まさに至福のひと時でした。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》

| 2017年3月 毛無山・西毛無山 | 12:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

積雪期しか歩けない縦走路: 毛無山~西毛無山その1 

2017年3月13日(日) 岡山県新庄村 毛無山(標高1219m) 日帰り単独行 


20170312kenasiyama.jpg
岡山県北の鳥取県との県境に位置する毛無山はブナ林が美しい山です。毛無山の山頂から東へと延びる稜線には登山道があり、白馬山から金ヶ谷山を経て朝鍋鷲ヶ山までの長い縦走が楽しめますが、反対の西方面へは登山道がありません。毛無山の南西には標高1216mの無名の山がありますが、一般的には西毛無山と呼ばれているようです。毛無山から西毛無山を経て稜線を縦走し、適当なところから登山口のある田浪キャンプ場へ下山するという周回コースがとれるので、日曜日に歩いてきました。


IMG_6979.jpg
8:43 駐車場を出発します。ここまでの道のりは積雪や凍結箇所はなく、そろそろスタッドレスをノーマルタイヤに交換してもいい時期かもなあと運転しながら思ったのでした。もう春になったということです。登山口の駐車場には、自分の車のほかには3台ほど停まっていただけなので、この時点では入山者は数名だけのようです。


IMG_6980.jpg
登山口へと続く道は除雪されていたのですが、駐車場から雪原をショートカットして直進します。朝は気温が低かったので、雪は締まっていて踏み抜くこともありませんでした。美甘(みかも)のあたりを走っていたときにマイナス2度の表示が出ていたので、登山口の気温もそれぐらいだったのではないかと思います。日差しがあるため、全然寒いという感じはありませんが。


IMG_6981.jpg
登山道へと続く道はアスファルトが見えていました。


IMG_6982.jpg
しかし、毛無山山の家を過ぎたところで除雪区間は終わりです。


IMG_6983.jpg
8:59 スノーシューコースとの分岐点となる看板のある場所まで来ました。夏道の登山道はこのまま直進ですが、今回は夏道を使わずに登るつもりです。2012年2月に途中で敗退している山頂まで続く尾根筋に再チャレンジしようという計画なのです。前回は新雪が深く、ラッセルがきつかったことに加えて、今考えると軽装過ぎて体温調節に失敗し、冷えすぎて眩暈を起こしてしまったのではないかと思うわけです。2012年といえば冬山登山を初めて2年目ですから、装備も知識も経験もまったく足りていなかったわけで、敗退もやむなしだったのでしょう。


IMG_6984.jpg
看板の場所から左へと進みます。スノーシューの跡がありましたが、奥からこちらへきている足跡なので、先行者はいないようです。


IMG_6985.jpg
スノーシューの跡はコースに沿って続いているので、このあたりで右へ折れて尾根にとりつくことにしました。


IMG_6986.jpg
しばらくは足跡すらないきれいな雪尾根を登ることができましたが、やがて古いトレースの跡が現れました。しかし、時々足跡がわかるという程度の状態なので、少なくとも1週間以上は前のもののようです。


IMG_6987.jpg
足跡のないきれいな尾根を一人でのんびりと登っていきます。実は、天気もいいし大山の縦走も考えたのですが、快晴の日曜日の大山は人が多すぎてうんざりするのでやめました。稜線を縦走する人はあまりいませんが、それでも狭い稜線ですれ違ったり、せっかくの稜線を誰かの後ろをついて歩くなんてのはあまりうれしくありません。


IMG_6988_20170313115003fd9.jpg
9:23 やがて、見覚えのある場所に着きました。比較的平坦で広い場所です。前回、引き返した場所です。風もなく日差しが暖かくて気持ちいいので、ここで休憩をとることにしました。

20170312kenasiyama2.jpg



IMG_6990.jpg
気温は6度。多少日差しの影響を受けて高めになっているかもしれませんが、まあそんなものかなという感じです。ちなみに、以前使っていた黄色のものは、いつの間にか紛失してしまったので、あたらしく黒色のものを購入しました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_6992.jpg
9:34 休憩を切り上げて出発です。この先は傾斜が急になるので、ここからが本番といえます。


IMG_6994_201703131150488d3.jpg
登るにつれてさらに傾斜が増してきました。歩きやすそうな場所を選んで行くと、自然と古いトレースとかぶるようで、見た目にはトレースがなくても足を置くと急に沈み込んだりしてけっこう難儀しました。古いトレースは雪が柔らかいときについたものらしく、割と深い足跡が多く、その上に雪が積もって隠してしまったため、一種の落とし穴のようになっていてむかつきます。そのため、できるだけトレースがなさそうな場所を選んで歩くようにせざるを得ないのがつらいところです。


IMG_6997.jpg
標高900mあたりになると、きれいなブナ林が目につきます。毛無山のブナ林は原生林だそうで、太くて立派なブナが距離を開けて立ち並んでいます。一本一本が大木なので枝振りが広く、生育するのに一定の空間が必要になるわけです。自然はうまくできています。


IMG_6998.jpg
尾根上に立ちはだかるように立つブナの大木。24㎜相当の焦点距離だと、この程度しか写せません。やはり16㎜相当がほしいところですが、コンデジではこれが限界。今回は昼間のトレッキングということで、一眼レフは置いてきました。


IMG_6999.jpg
982ピークの手前の斜面が一番きつい傾斜でした。たまにズリッと滑ったりもしましたが、雪質がまだましだったので、ツボ足のまま登りきることができました。


IMG_7000.jpg
982ピークの近くにあった枝振りのいいブナの大木です。背後に見えるのが今日の目的地、西毛無山だと思われます。急斜面の登りで大汗をかいてしまったので、休憩をとり、上着も脱いでモンベル ジオラインLWのアンダーウェアだけになりましたが、全然寒さは感じません。


IMG_7001.jpg
982ピークから先は尾根の傾斜もゆるくなり、明るいブナ林の中をのんびりと登っていきます。


IMG_7002.jpg
ここまで全く人に会っていません。静かで気持ちのいいトレッキングを楽しみます。しかし、さらに進んで夏道との合流点近くになると、遠くの方から男性の叫ぶ声が時折聞こえてきました。何を言っているのかと聞き耳を立ててみると、「おーい、早く来い!」などと怒鳴っているようです。彼らが見えるようになると、その状況がわかりました。二名のパーティーらしく、一人が先行し、もう一人が遅れていて、先行する男性が後ろの人(性別不明)に怒鳴っていたのです。静かな山がぶち壊しです。


個人的な意見をいえば、こういう性格の人と山に登るのはやめた方がいいと思います。複数人でパーティーを組むときは一番弱い人(遅い人)にペースを合わせるべきで、強い人(早い人)が自分のペースで勝手に登り、遅れた人を急がせるというのは一種のパワハラです。やいやい言われながら登っても楽しいはずがありません。登るペースは体力や体調によって個人差が大きいものです。体調が悪かったり体力がないのに無理なペースで登り続けた挙句、具合が悪くなってしまったらそれこそ生死にかかわることもあります。


また、一部の人が勝手に先行してパーティーが分断してしまうと、道迷いなどが発生する可能性も高くなり、いいことはひとつもありません。自分勝手に先行してしまうような人は、結局自己チューな性格でしょうから、何かあった時に信用できるかどうかも疑問です。そういう人と一緒に登っても、疲れて不愉快になるだけで楽しくはないと思うのです。あくまでも個人の考えですが。


ちなみに、かくいう僕も基本的には自己チューです。だから、単独で登ってます。しかし、誰かと登る場合は自己チューをコントロールするぐらいの自制心はもっています。皆いい大人なんだから、自己チューであっても自制心ぐらいは持ちたいものです。


IMG_7003.jpg
10:36 九合目避難小屋まできました。扉に外からつっかえ棒がかけてあったので、中に人はいないようです。山頂まですぐなので、小屋には寄らず通過します。


IMG_7004.jpg
真っ青な空と雪の稜線が見えてきました。山頂はもうすぐです。


IMG_7009.jpg
10:45 毛無山山頂です。登ってきたときは年配のご夫婦がいましたが、すぐに下山されたので貸切になりました。


山頂の標柱そばで休憩すると誰か来たときに写真を撮る邪魔になるし、にわか観光カメラマンをやらされる羽目になりがちなので、少し離れたところにバックパックを降ろしました。


しかし、後から登ってきた単独男性は標柱そばに荷物を降ろして休憩していたため、さらに後から登ってきた人に案の定カメラマンをやらされていました。しかも、縦構図も撮ってくれとか、あっちの方角も入れてとかけっこう注文が細かくて聞いていてイラッとするぐらいでしたが、文句も言わずにスマホのシャッターを押していました。ご苦労様です。


IMG_7010.jpg
貸切状態のときに、ひとまず自撮り。


IMG_7006.jpg
今日はびっくりするぐらいいい天気で、空気も透明感があって抜群の展望です。大山と烏ヶ山が驚くほどクリアに見えています。


IMG_7015_20170313115720ed1.jpg
右に目を移すと、鏡ヶ成の擬宝珠山と象山、皆ヶ山と続きます。


IMG_7014.jpg
そして、蒜山三座もきれいに見えていました。


IMG_7008.jpg
これから向かう西毛無山への稜線もきれいです。


つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山用品・アウトドア用品専門店 好日山荘《公式通販》

| 2017年3月 毛無山・西毛無山 | 12:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |