ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いにしえの登山道を往く: 伯耆大山正面登山道その2

2016年12月3日(土) 鳥取県大山町 伯耆大山(標高1709m) 日帰り単独行 

20161203daisensyoumendou.jpg

IMGP0595.jpg
登って行くときにずっと見えていた岩頭がだいぶ近づいてきました。地形図の山頂付近に「大山のキャラボク純林」と書かれている文字の「山」の字の下にある等高線が丸くなっているところだと思います。下方に向かって崖地の記号が連なっているのも見た目と同じです。この場所は1370m付近ですから、岩頭まであと100mほどの標高差ということになります。


IMGP0596.jpg
標高1450mあたりになると、融け残った雪が出てきました。登山道にもたまに残っていますが、融けて再凍結したような氷ではないので、踏めばザクッと壊れて粉々になります。なので、まったく問題なく登っていくことができました。


IMGP0598.jpg
11:40 標高1500mを越えたところで椅子代わりになるいい石があったので、座って休憩をとることにしました。ここまで立ったまま数分の休憩を2度とっただけなので、ようやく大休止をとることができました。休憩しているときに上から男性二人組みが下ってきました。今日初めて出会った登山者です。彼らは半ば小走りのようなスピードで、あっという間に小さくなっていきました。


IMGP0599.jpg
10分ほど休憩してから、再び山頂を目指して歩き始めました。頂上台地の縁が標高1580mぐらいなので、あと少しのはずです。見上げたときに見えるスカイラインもそれほど遠くにあるように感じません。


IMGP0600.jpg
深い緑色のキャラボクの茂みが見えました。あれが頂上台地の縁のはずです。中央のあたりに杭のような物も見えるので、まず間違いないでしょう。


IMGP0601.jpg
大ノ沢の左岸の影地にはまだ雪がちらほら残っています。北向きの斜面になるので、融けにくいのでしょう。


IMGP0602.jpg
登りながら見上げていた岩頭がいつの間にか眼下の遠くに見えていました。


IMGP0603.jpg
12:00 頂上台地の縁に出ました。上のほうに夏山登山道から続く木道が見え、登山者が歩いているのが見えました。


IMGP0605.jpg
木道まで出ると、木道周辺にはけっこう雪が残っていました。


IMGP0606.jpg
水溜りは完全に凍結していました。


IMGP0607.jpg
石室を経由して山頂を目指します。


IMGP0609.jpg
石室の中はこんな状態です。嵐とか吹雪とかで緊急避難の必要がある場合以外は、あえて入りたいとは思えない雰囲気でした。


IMGP0610.jpg
石室をすぎると台地の傾斜が強くなるので、木道もけっこうな坂道になりますが、そういう場所に限ってキャラボクの影になっていて、雪が残って凍結していました。滑り止め無しでもなんとかなりましたが、こちらの木道をあえて歩く理由はあまりなさそうです。


IMGP0611.jpg
キャラボク林を抜けて、やっと雪や凍結のない山頂エリアに出てきました。案内板がたっているところが夏山登山道の分岐点です。


IMGP0612.jpg
12:18 山頂避難小屋の手前まで登ってきました。山頂付近には登山者がちらほら見えますが、夏の頃のような混雑はありません。やはり雪の降る時期になると晴天の週末でも登山者は減るようです。


IMGP0613.jpg
日当たりもいいし風もそれほど強くないので、山頂まで行ってそこでランチにしてもよかったのですが、トイレに行きたかったので小屋の中でランチにすることにしました。小屋に入ると意外なほど空いていました。二組が食事をしていただけで、南から日が差している窓の前が1ヶ所空いていたので、そこに荷物を下ろしてランチにしました。ちなみに、トイレは使えましたが、水洗トイレはもう閉鎖されていて、汲み取り式の個室がひとつ使えるだけです。冬期はずっとこの状態です。ペーパーは備え付けがありましたが、念のため持っておいたほうがよいかと思います。


ランチのときにソフトシェルジャケットを脱いでみると、けっこう汗で湿っていました。昨年あたりから気になっていたのですが、バーグハウスのジョラスソフトシェルジャケットは生地の厚さがそこそこあるためか、行動中に着っぱなしだと汗を吸ってわりと濡れてしまいます。汗をかきにくい厳冬期でもこの傾向は変わらないので、冬季の行動着としてはあまり具合がよくないという気がしてきました。まあ、今季はあたらしく買ったマムートのソフテック グラナイトハイブリッドジャケットやマーモットのアイソザムフーディーがあるので、比較しつつ使ってみようと思います。今までのところ、汗抜けについてはマムート、マーモットともにジョラスソフトシェルジャケットよりは優秀だと感じてます。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMGP0614.jpg
ランチ休憩を終えて外に出ると、入口前の温度計は約3度を差していました。数字だけ見るとけっこう寒い気温ですが、風があまりなく日差しもあるので、日向にいる限りは気温ほどの寒さは感じません。


IMGP0615.jpg
小屋の前から三鈷峰がきれいに見えていました。背後の甲ヶ山や矢筈ヶ山にはまったく雪がないのに、三鈷峰からユートピアにかけての山肌にはけっこう白くなっていました。とくにユートピア小屋下の尾根斜面の白さが目立ちます。


IMGP0616.jpg
山頂付近も日当たりがいいのにたくさんの雪が残っていました。


IMGP0617.jpg
12:49 弥山山頂です。弥山に登ったのは2015年12月23日以来なので、ほぼ1年ぶりです。冬季以外で弥山に登るのは、2013年10月以来になるので、3年ぶりというわけです。その間、三ノ沢経由で剣ヶ峰などには何度か登っていたものの、人の多い夏山登山道と弥山にはどうしても足が向かなかったというわけです。


IMGP0618.jpg
日当たりのいい南壁は、さすがに雪はほとんど残っていません。


IMGP0620.jpg
西向きの槍尾根斜面は、少し雪が残っています。


IMGP0621.jpg
頭上からブーンという音が聞こえたので見上げてみると、モーター付パラグライダーが頂上よりも高いところに浮かんでいました。


IMGP0622.jpg
気持ち良さそうですが、やってみたいとは思いません。


IMGP0624.jpg
遥か南の方角にひときわ高い山波が見えていましたが、方向的にも距離的にもおそらく剣山のあたりだろうと思いますが、同定することはできませんでした。


IMGP0625.jpg
さらに右手、南西の方角にも同じような山波が見えました。こちらは石鎚山系ではないかと思われます。


IMGP0627.jpg
13:15 山頂からの展望をひととおり楽しんだら、そろそろ下山の時間です。


IMGP0626.jpg
海に近い伯耆大山の魅力は、眼下に青い日本海が広がっているこの風景かもしれません。カタパルトのような木道を歩いていくと、まるで海に向かって滑空していくような爽快感があります。


IMGP0629.jpg
山頂から木道を下っていきますが、しばらくは雪や氷もなくまったく問題ありません。


IMGP0630.jpg
しかし、キャラボク林の中を通るようになると、日陰になるところに融けて凍結した雪が残っていて、滑らないように慎重に足を運びます。


IMGP0631.jpg
頂上台地の縁から眺める北壁には、まだたくさんの雪が残っていました。


IMGP0632.jpg
弥山の上には、まだパラグライダーが浮かんでいます。


IMGP0633.jpg
頂上台地から尾根道を下るようになると、日陰が増えて凍結箇所が多くなってきました。とはいえ、ツルツルで歩けないというほどでもないので、登山靴のままゆっくりと下ればなんとかこなせました。


IMGP0634.jpg
13:56 6合目まで来るとさすがに凍結箇所はなくなりました。ひとまず荷物を下ろして休憩しました。いつも混雑している6合目ですが、今日は誰もいません。


IMGP0636.jpg
14:16 五合目で立ったまま少し休憩をとりました。この時点でまだ登ってくる人がちらほらいるのが驚きです。



IMGP0638.jpg
14:30 三合目を通過します。


IMGP0639.jpg
14:57 阿弥陀堂前まで降りてきました。ここまで来たら下山したも同然です。


IMGP0641.jpg
登山口の手前で横手道へと左折します。


IMGP0642.jpg
苔むした石垣の道を抜けていきます。この道を歩くのは初めてのことなので、けっこう新鮮でした。


IMGP0643.jpg
15:21 そのまま横手道を歩くと駐車場所を通り過ぎてしまうので、途中から車道を歩いて戻ってきました。


正面登山道は思っていたよりもずっとまともな道でした。今の伯耆大山には夏山登山道がほぼ唯一の登山道となっていて、過密化しているしダメージで大きく掘れている場所もあるので、正面登山道を復活させてもいいのではないかという気がします。まあ、環境問題などで異論もあるかもしれませんが、過密化する夏山登山道から登山者を分散できるし、夏山登山道と正面登山道を使うことで周回できるので、そのぶん山の楽しみ方も増えていいのではないかと思うわけです。登山道が複数あれば、それぞれ登ってみたいと思うのが登山者の性なので、リピート率も増えて経済効果もあがるだろうし、そのあたり検討してみる価値はあると思います。

おわり。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2016年12月 大山正面登山道 | 22:25 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いにしえの登山道を往く: 伯耆大山正面登山道その1

2016年12月3日(土) 鳥取県大山町 伯耆大山(標高1709m) 日帰り単独行 


快晴の土曜日、かねてより登ってみたいと思っていた桝水原からまっすぐ大山頂上へと続く正面登山道から大山登頂を目指しました。


20161203daisensyoumendou.jpg
下山は夏山登山道を使うつもりだったので、車は横手道とパークウェイが合流する桝水分かれのすぐ近くの路肩の広い場所に停めました。地図のPの位置です。ただし、どうせ停めるなら、地図の*記号を書いてある場所のほうがよさそうです。路肩の広さも十分だし、*の場所なら横手道に直接入れるし、下山時も横手道経由で戻ってこられるので、車道を歩かなくてすみます。


IMGP0569.jpg
9:14 出発です。横手道との分岐点である桝水分かれは、このカーブのすぐ先にあります。


IMGP0571.jpg
桝水分かれから左の横手道に入ります。


IMGP0572.jpg
正面登山道入口となる桝水高原まで1.4kmのトレッキングになりますが、朝のウォーミングアップにちょうどいい感じです。


IMGP0573.jpg
古道である大山道の案内板があり、登山道を描いた地図もありましたが、廃道となった正面登山道は当然ながら描かれていません。


IMGP0574.jpg
横手道はおおむね等高線に沿ってつけられているので、アップダウンのない平坦な道が続きます。なので、汗もかかないだろうからということで、アッパーはTNFパラマウントタンクをドライレイヤーにして、ウール混紡の山シャツと薄手フリース、ジョラスソフトシェルジャケット(バーグハウス)と気温が氷点下になっていない日にしてはそこそこ厚着の状態でしたが、暑くもなく寒くもなくちょうどいい具合でした。ボトムは、ジオラインMWニーロングタイツにTNFバーブパンツです。こちらもいい具合でした。


IMGP0575.jpg
横手道には一町地蔵というおじぞうさんがあり、おおむね100m間隔でたっています。


IMGP0577.jpg
9:41 桝水高原スキー場の上に出ました。リフト降り場のすぐ上で、ベンチと展望台もあり、休憩するにはいいところです。こんな快晴の土曜日だというのに、誰一人いません。夏山登山道ならたくさんの登山者がいる時間帯でしょうが、こちらは廃道になっていることもあり、対照的な静けさです。


IMGP0578.jpg
今日は空気もきれいで、かなり遠くのほうまで視界が広がっています。


IMGP0579.jpg
展望台のすぐ後の斜面はゲレンデでもないのにきれいに草が刈られています。なんとなくトレースのような凹みが見られ、これがかつての正面登山道入口かなと思われるのですが、道標もなければテープもありません。正面登山道はスキー場の上から登っていくということぐらいしかわからないため、ここが登山道であるという確証がありません。念のため、横手道をもう少し先まで行ってみることにしました。


IMGP0580.jpg
5分ほど歩いたところで道標があり、赤テープも見つかりました。しかし、道標には「連合の森」(2003年6月)植樹と書かれているだけだし、赤テープの先もトレースらしいものは皆無で、明らかに正面登山道ではなさそうです。これ以上行っても無駄だろうと判断し、展望台まで戻りました。



ここで一息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





9:52 ベンチで小休止し、フリースを脱いでバックパックにしまってから、草刈のされた斜面にあるトレース痕らしいものをたどって登り始めました。


IMGP0581.jpg
きれいに草刈された斜面に残るかすかなトレース痕をたどっていくのですが、刈られたままの草の上を歩くことになるため、これがけっこう滑って困ります。何の目的で草刈が行われたのかわかりませんが、もしも正面登山道の整備目的なら、せめてトレースの上の草ぐらいは掃いてほしいところです。しかし、廃道になっている道を整備する理由はなさそうなので、なにか別の目的なのでしょう。


IMGP0582.jpg
登るにつれて傾斜もきつくなり、刈られた草でスリップしないように慎重に進みます。


IMGP0583.jpg
草刈された箇所が終わると、明瞭なトレースが残っていました。これなら始めから草刈をしていないほうがわかりやすくていいのにと思いました。


IMGP0584.jpg
やがて樹林帯の中に入りました。落ち葉がたくさん積もっていますが、トレースはまだまだしっかりしていて、廃道とは思えないほどわかりやすい状態です。


IMGP0585.jpg
10:28 ちょっとわかりにくいですが、左手下に堰堤が見えるところに出ました。ここは少し展望が開けていて、眼下に孝霊山らしき山が見えました。


IMGP0586.jpg
堰堤をすぎると傾斜が増してきました。ほぼ直登のルートが多く、落ち葉が積もって滑りやすいこともありけっこう大変です。道標はもちろん、ロープもなければテープナビもありませんが、トレースはしっかりしているので、道迷いの心配はなさそうです。


IMGP0587.jpg
途中、ぐるっと一回転した変な木がありましたが、どうすればこんな形になるのでしょうか。


IMGP0588.jpg
10:43 樹林帯が終わり潅木帯に入ってきました。急に空が広がった感じです。


IMGP0589.jpg
振り返ると、いつの間にかスキー場が小さくなっていて、けっこう登って来たなと感じます。概ね標高1200mあたりです。


IMGP0590.jpg
水平線のように見えているラインは、実は雲のできている高さにあり、ラインの上と下で空気の色が違っています。どういう現象なのかよくわかりませんが、ちょっと不思議な光景です。


IMGP0591.jpg
11:01 潅木帯もそろそろ終わりかけの雰囲気です。このあたりになると視界をさぎるものがなくなり、上のほうまでよく見えるのですが、山頂はまだまだです。


IMGP0592.jpg
標高1320mあたりで崩落箇所のようなガレ場に出て、トレースが左右に分かれていました。とりあえず右へ行ってみましたが、正解は左でした。これは右からガレ場をまいてガレ場の上に出て、ガレ場を上から写した写真です。左からきたトレース(写真では右側)に再び合流して山頂を目指しました。


IMGP0593.jpg
標高1200mあたりから草付斜面になりますが、1300mを超えてくるとガレ場も多くなってきました。しかし、トレースは相変わらずしっかりしており、ガレ場をジグザグに縫うように続いています。直登だときついのでしょうが、ジグザグなのできつくないし歩きやすい道です。崩落が進んで廃道になったようですが、ここまでのところ危険なところもないし、正規の登山道として復活させてもまったく問題ないと感じます。


IMGP0594.jpg
このあたりの斜度は40度を越えていそうな雰囲気です。もしも積雪期だったら巨大な1枚バーンとなり、けっこう怖いかもしれません。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2016年12月 大山正面登山道 | 18:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |