ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

青空独り占め: 氷ノ山 その2

2015年8月15日(土) 兵庫県若桜町 氷ノ山(1509.8m)単独日帰り


IMG_3193.jpg
7:51 トイレのある休憩小屋を出て、三ノ丸方面へと歩き出しました。ここからしばらくは背丈を越える笹薮の中の道です。展望はほとんどなく、まるで笹原の迷路を歩いているような雰囲気です。


IMG_3194.jpg
ただ、道は緩い下りになっているため、前方方向だけはそれなりに展望があり、樹林帯の中の道よりは開放感もあって気持ちのいい道でした。


IMG_3195.jpg
なだらかに下ったり上ったりしながら、次第に大きく見えるようになってきた三ノ丸を目指します。


IMG_3196.jpg
ずっと笹原の道かと思いきや、途中杉の天然林の中を通りました。この一帯だけ杉林になっていて、湿地帯のような場所でした。杉は比較的水分の多い場所を好む傾向があるので、この湿地帯のような場所が生育に適していたということなのでしょう。


IMG_3197.jpg
モコモコのコケのじゅうたんが朝日に輝いて気持ち良さそうです。


IMG_3198.jpg
白骨化した杉の枯木が青空にすくっと立っているのが印象的でした。


IMG_3199.jpg
杉林を抜けると、再び笹原の中の道です。笹の背丈は幾分低くなって、最初の頃よりも展望はよくなってきました。前方のピークの上に展望台のようなものが見えているので、おそらくあれが三ノ丸なのでしょう。


IMG_3201.jpg
8:27 三ノ丸です。朝早いためか、誰もいませんでした。コースタイムだと30分ですが、のんびり歩いていたためか10分ほど遅いタイムでした。


IMG_3202.jpg
看板がありましたが、なにを書いているのかほぼ判読不可能な状態でした。


IMG_3203.jpg
展望台の上から振り返ると、うねる笹原の中に登山道がくねくねと伸びているのが見えます。左奥のピークが氷ノ山なので、けっこう下ってきたのがよくわかります。


IMG_3209.jpg
8:45 静かな展望台の上でのんびりと休憩していましたが、氷ノ山方面から登山者の鈴の音が聞こえてきたので、出発することにしました。


IMG_3210.jpg
展望台からすぐのところに避難小屋がありました。


IMG_3211.jpg
中はこんな感じです。


IMG_3212.jpg
避難小屋の先で道が分岐しています。右が鳥取側の三ノ丸コース登山口。左は兵庫県側に下るコースなので、右へ進みます。


IMG_3215.jpg
分岐からは、またまた背の高い笹原の道です。


IMG_3216.jpg
8:52 氷ノ山山頂にあったのと同じタイプのトイレ付休憩舎がありましたが、工事予定らしく立ち入り禁止になっています。ここのトイレをあてにして来た人がこれを見たら愕然とすることでしょう。いつ工事が終わるのかわかりませんが、ここのトイレはあてにしないほうがよさそうです。


IMG_3217.jpg
登山道脇に真っ赤な実をたくさんつけた木がありました。なんていう木なんでしょうか。ナナカマドもそうですが、真っ赤な実の色は青空に良く映えます。


IMG_3220.jpg
緩い下りの道をたどって行くと、やがて下枝のないブナっぽい木がちらほらと出てきました。


IMG_3222.jpg
笹原が終わり樹林帯に入って少し進んだあたりから尾根を下り始めます。そこそこ急傾斜ですが、間伐材の階段がつけられているので、歩きやすく助かります。


IMG_3223.jpg
9:23 スキー場のリフト降り場に出てきました。ここから先はゲレンデ内を歩くコースです。


IMG_3224.jpg
最初はかなりの急傾斜です。スキーで下るにはけっこう厳しい斜度です。35度以上あるかもしれません。昔はこういうコースが好きでよく滑ってましたが、もう長いことスキーから遠ざかっています。


IMG_3226.jpg
スキーで滑り降りればあっという間なんでしょうが、徒歩で下るとやたら長く感じます。


IMG_3227.jpg
9:32 リフト一本分を下って、自然探勝路との分岐にきました。前方から下ってきたので、探勝路は写真の左手方向です。三ノ丸登山口は右。休憩しながらどちらに行こうか考えました。探勝路は、このままゲレンデを突っ切って仙谷コースの途中で合流するので、三ノ丸登山口からキャンプ場へ登り返すよりも標高差は少なくて済みます。ただし、森の中を通るし途中で谷を越えたりするようなので、多少のアップダウンはありそうです。三ノ丸コースは、登山口まで降りてしまうと登り返しの標高差が大きくなりますが、一段上を通っている林道を歩けばゲレンデ一本分下らなくてすむし、アスファルト舗装の道をそのまま歩いていけば仙谷コース登山口を経由してキャンプ場までいけるので歩くのは楽そうです。なので、三ノ丸コースを下り、途中で林道へと抜けることにしました。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





IMG_3228.jpg
分岐からサマースキー場によくあるブラシ状の人工芝の上を歩いてゲレンデへと進みます。


IMG_3230.jpg
草原となったゲレンデの脇を下っていきます。登山道部分は草が刈ってあったので歩きやすかったです。前方に見える丘のような場所を越えて、左方向に緩く下って行くと、いつの間にかコースが不明瞭になりました。


IMG_3231.jpg
ゲレンデ左手の脇に道標があり、登山口を示す矢印がかかれています。


IMG_3232.jpg
しかし、矢印の方向は一面の草原で、踏み跡は痕跡すらありません。少し進んでみましたが、まったく人が歩いた痕跡が見当たらなかったので、どうやら違うらしいと感じて戻りました。


IMG_3233.jpg
ゲレンデは先ほどの道標のあたりから右手方向にカーブしながら大きく下っています。こちらも明瞭な踏み跡があるわけではないのですが、ブルドーザーが通ったような跡はありますし、出発時に撮影しておいた登山道の案内板の画像を見ると、コースはリフトの下をくぐっているので、どうやらここを下ってリフトをくぐり向こう側へ出るのが正解のようです。


IMG_3234.jpg
リフトをくぐって反対側に出ると、ゲレンデの下にアスファルト舗装の道が見えました。どうやら林道に出たようです。ずっと下に見えている水色の屋根の建物のあるところが三ノ丸コースの登山口です。


IMG_3235.jpg
10:02 林道を突っ切ってもうひとつゲレンデを下れば登山口ですが、そちらへは行かずに林道を右手に進みます。


IMG_3240.jpg
10分ほど歩くと、隣のゲレンデのイヌワシコースのリフト乗場のところに出てきます。ただし、後で地形図を見ていたら、すこし手前の分岐を右に進むと、このあとにでてくる変形十字路に出るショートカットになるようです。


IMG_3239_2015091202032147f.jpg
建物のすぐ前でキャンプ場まで続いている林道に合流するので、廃屋になっているやまびこ荘前で右に折れて登って行きます。


IMG_3241.jpg
5分ほどで変形十字路に出ます。正面に「アルパインヒュッテ」「若桜観光」と書かれた看板があるので、そこを左に進みます。


IMG_3242.jpg
この十字路の右手奥に「氷ノ山登山道入口(セン谷コース)と書かれた看板がたっています。登山コースの案内板によれば、この十字路を直進してゲレンデを登っていくコースという意味らしいのですが、看板の立っている場所は十字路からわりと離れているので、看板のところから森の中へ入るかのように勘違いしてしまいそうです。ただし、この十字路から左に進んだ先にも仙谷コース入口の看板があるので、現在はそちらが正規の登山口のようです。


IMG_3243_201509120203277ff.jpg
先ほどの十字路から5分ほど歩いたところにある仙谷コース入口の案内板です。


IMG_3244.jpg
今は使われていない野菜集出荷所と書かれた倉庫の脇から入っていくようです。


IMG_3245.jpg
さらに進んでいくと、左に下る分岐がありますが、そのまま直進します。


IMG_3246.jpg
このあたりから眺めがよくなり、スキー場が見渡せるようになってきます。


IMG_3247.jpg
左手に響きの森の建物が見えてきます。


IMG_3248.jpg
すぐ先でキャンプ場へと続く道と合流しますので、まっすぐ進みます。


IMG_3249.jpg
10:42 キャンプ場の駐車場に戻ってきました。林道に出てから40分ほどかかりました。天気もいいし、比較的涼しかったのであまり辛くはなかったのですが、これが雨降りだったりするとけっこう辛いかもしれません。車は響きの森の駐車場に停めておけば、下山後の登り返しを10分ほど短縮することはできます。


氷ノ山をぐるりと一周回るコースですが、それなりに休憩をとりながらでも4時間40分ほどでまわれました。戻ってくるのはお昼過ぎぐらいかもと思っていたので、やや拍子抜けした感じです。コースもなだらかな区間が多く、登山というよりハイキングに近い感覚でした。


ところで、キャンプ場へ上ってくる途中に「氷山命水」という看板があったので、帰りに寄ってみたのですが、水が引いてある簡素な流し台のようなところに「ご自由にお飲みください」と書かれていたので、水筒に汲んでいこうとしたところ、そばにあった工事現場の事務所のようなコンテナハウスからオヤジが出てきて、「持ち帰るなら30円」といきなり言ってきました。「自由に飲んでいいと書いてある」というと、「それはちゃんと消してある」というのでもう一度見てみると、細いマジックで落書きしたような線が文字の上に書かれています。有料と明記してしまうと観光客が寄り付かなくなるので、ぱっと見わからない程度の線で文字を消してあると言い訳して、知らずに汲んだ観光客から小銭を巻き上げているのかとかんぐってしまいます。


ネットで調べてみるとその場で飲む場合は無料で、持ち帰る場合のみ「維持管理費」という名目で1リットル30円を取っているようです。どうせ流しっぱなしの水だしその場で飲むのは無料なんだから、持ち帰るからといっていちいち30円なんてせこい料金をとってもたいした金額にならないだろうにと思います。以前は寄付という名目でお金を入れる箱を置いていたようですが、最近はオヤジが直接徴収しているのでしょう。想像するに、寄付しないでポリタンクなど持ち込んで大量に汲んでいくような人がいて、そういう人を排除するためにコンテナハウスで目を光らせているのではないかと思うわけです。マナーの悪い連中に業を煮やしてのことなのかもしれませんが、持ち帰りは30円とひとめでわかるように表示してあるわけでもないし、蛇口に近づいただけの状態でいきなり出てきて30円だという言い草がなによりも不愉快だったので、「だったらいらない」と言ってさっさと帰りました。知らずに水筒などに水を汲んだら30円を請求されて支払う人もけっこういるのかもしれません。30円ぐらいという感覚なのかもしれませんが、こういう詐欺まがいの行為に対してはたとえ1円でも支払いたくないと思うのであります。

おわり。

氷ノ山


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2015年8月 氷ノ山 | 02:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青空独り占め: 氷ノ山 その1

2015年8月15日(土) 兵庫県若桜町 氷ノ山(1509.8m)単独日帰り


荒天予報で予定よりも2日早く立山から下山したものの、2日後の土曜日は快晴という予報がでていたので、そのまま帰るのはもったいないという思いが強く、富山の街ででどうしたものかと思案していました。温泉に入ったあとに地図を見ながらいろいろと考えたのですが、日帰りで登れそうな山で登ってみたい山は富山周辺だととくに見当たりません。白馬まで移動すれば、八方尾根から唐松岳へ登れそうですが、帰りの移動距離が長くなる上に名古屋経由のルートになると、お盆のUターンラッシュに巻き込まれそうなので気が進みません。なにより、わざわざ白馬まで行って一座のみ日帰りで登って帰るというのは効率が悪すぎます。新穂高からロープウェイを使って西穂も考えましたが、お盆休みという時期を考えると、駐車場の混雑と登山者の多さなどであまり気乗りがしません。


では、帰り道で立ち寄れるところはどうかと考えると、思いつくのは白山ぐらい。しかし、やはり時期的に人出の多さが予想され、しかも市ノ瀬から別当出合いまでバスを使わないといけないことを考えると、やはり気乗りがしません。福井県大野市側から三ノ峰経由で別山に登るというのもありかなと思いました。登山口にある刈り込み池にも行ってみたいのでいい機会です。でも、どうせいくならやはり白山まで一気に縦走したいところです。それに、刈込池は秋のほうが絶対良いはずなので、今の時期はちょっと中途半端です。


ああだこうだと考えるよりも行ってしまえばそれなりに満足できるだろうとは思うのですが、遠征でないといけない場所に日帰りでちまちまと小刻みに行くのは好きではないので、結局白山も却下となりました。そうすると、おとなしく帰るしかないかとあきらめかけていたところ、ふと氷ノ山を思い出したのでした。


googlemap.jpg
氷ノ山は、岡山からでも日帰りで行ける山ですが、岡山方面からだといまひとつアクセスが面倒で、いままで足が向かなかった山です。というのも、基本的に高速道路がほぼ使えないからです。グーグルマップで検索すると、山陽自動車道の岡山から備前まで行って、上郡、佐用、西粟倉、智頭、若狭という経路が一番早いルートのようですが、高速を使わずに岡山から北へ進んで奈義町からR53で智頭へ出て、あとは同じルートで行った場合と3分しか違わないのです。高速を使ったほうが走行距離が長くなることもあり、高速道路を使うメリットがまったくありません。


ところが、岡山へ帰る途中に立ち寄るのであれば、アクセスはそれほど問題ではありません。どうせ舞鶴若狭自動車道を使うわけですから、途中で降りてR9経由で行けばいいだけです。氷ノ山の東側から登ればアクセスも楽ですが、下山後のことを考えてぐるっと山を回りこんで鳥取の若桜町側から登れば楽に帰れます。どうせ13日、14日は移動にあてればいいだけですから、時間はたっぷりあります。


ということで、夕方に富山を出て、氷ノ山を目指してのんびりと移動しました。養父市でR9から県道6、県道48とつないでR29に出て、戸倉トンネルを抜けて若桜町から若狭氷ノ山スキー場に着いたのは14日の夕方でした。


IMG_3159.jpg
思いつきで来てしまったので登山地図を持っていません。なので、案内板の地図を見ながらどこから登ってどこへ下りるのがいいかを検討した結果、氷ノ山キャンプ場から氷ノ越コースを登り、三ノ丸コースで下山することにしました。下山口から氷ノ山キャンプ場までの登り返しがちょっとめんどくさいのですが、自転車などあるわけではないので、どちらにしても車がある場所までは歩いて戻らざるを得ません。三ノ丸登山口に車を置いて仙谷コースから登れば、はじめの移動もあまり距離がないし下山後に移動する必要がないのですが、せっかくなのでぐるりと一周してみることにしました。


ひとまず、下見を兼ねて登山口であるキャンプ場まで行ってみたところ、キャンプ場は大盛況で、駐車場では親子がバトミントンをしていたり、あちこちで子供が騒いでいたりしてとてもゆっくりと車中泊ができる雰囲気ではありません。炊事場でプラティパスに水だけ補給して、三ノ丸登山口のあるスキー場の駐車場までもどりました。ここは水洗トイレもあるし、オフシーズンのスキー場ということで、他には誰もいなくて安眠するにはもってこいの場所でした。


翌朝、キャンプ場の駐車場に5時30分頃行ってみると、さすがに早朝から騒いでいる子供はおらず、昨日の喧騒が嘘のように静かでした。靴を履いたりして用意をしていると、やたらとアブがまとわりついてきてうっとおしいことこのうえなしです。アブやブヨは明け方に活動が活発になるらしいので、この時間帯はしょうがありません。あまりじっとしているとかまれてしまうので、首筋などはタオルをかけて守り、手や顔はできるだけ動かしてやつらがとまらないように気をつけながら準備を終えました。もちろん、パーフェクトポーションを塗りこんで虫対策も忘れません。おかげで被害は皆無でした。


IMG_3161.jpg

IMG_3162.jpg
5:49 出発です。地図を持っていないので、とりあえず大きな画素数で看板の地図を撮影しておきます。これを地図代わりにしてコースの確認ができます。あとはGPSのマップとあわせて確認しながら歩けばコースミスは防げそうです。


IMG_3163.jpg
登山口は、駐車場からは山に向かって左手方向に少し歩いていきます。


IMG_3164.jpg
トイレの壁に登山口と書かれた看板が貼り付けてあったのですぐわかりました。



IMG_3166.jpg
トイレの前から階段を登って行きます。


IMG_3167.jpg
すぐに動物よけの電流柵があります。伊豆の事故を思い出しましたが、さすがにキャンプ場のすぐそばで死亡するような電流が流れているはずはないでしょうから大丈夫だと思いつつも、念のためタオルでワイヤーの取っ手をつかんでフックをはずして通過しました。


IMG_3168.jpg
その後は斜面を横切るようについている平坦な道を進みます。


IMG_3169.jpg
やがて沢にぶつかると沢沿いに上流へと登って行き、最後は荒れた沢を斜めに横切るように渡渉します。


IMG_3170.jpg
登山道脇の木々は、豪雪地帯特有の根もとが斜面下へ押し倒されたような形状をしていました。若木のときに雪に押し倒されてこのような形になるそうですが、植物の生命力には驚かされます。


IMG_3171.jpg
道が急登になってくると、左手に赤倉山と思われるピークが見えてきました。氷ノ越までもうすぐです。


IMG_3172.jpg
6:35 氷ノ越に出ました。避難小屋前のベンチにカップルがいたので、休憩はしないでそのまま通過します。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_3173_201509071759341db.jpg
氷ノ越からは稜線の道になるので、展望がよくなりました。氷ノ山山頂の避難小屋が見えます。このとき気がつかなかったのですが、画面の左上に黒いものが写っています。最初は虫かと思いましたが、他の写真にも同じような場所に写っているものが多く、センサーについたゴミのようです。レンズ交換式のカメラなら自分で掃除することができますが、コンデジの場合はメーカーに修理に出すしか方法がありません。以前持っていたパナソニックのコンデジでも同じことがありましたが、振ったり手のひらにぶつけて衝撃を与えてみたりしたらとれたので、家に帰ってからいろいろとやってみましたが、今回はうまくいきませんでした。修理に出すか、予備カメラか仕事用に格下げして新しいのを買うか、そのまま下取りにしてしまうか思案中です。ゴミがあるのがわかっていて下取りに出すというのは良心が痛むし、仕事用にするには高価すぎるので、修理か放置かのどちらかなんでしょうが。


IMG_3174.jpg
氷ノ越からはしばらくブナ林の中を登山道が通っているようですが、伯耆大山あたりのブナ林と比べるとなんとなく疎らな感じがありました。あまり太い木もないみたいだし、もうひとつブナ林らしい雰囲気がないのが残念です。


IMG_3176.jpg
基本的に土の道ですが、一部木道がありました。


IMG_3177.jpg
標高1350mあたりまでくると、山頂の避難小屋がだいぶん大きく見えるようになって来ました。


IMG_3179.jpg
前方におにぎりのような盛り上がりが見えます。あれが甑(コシキ)岩なんでしょう。


IMG_3180.jpg
7:11 仙谷分岐です。コースタイムより5分遅い程度のペースなので、まあ悪くない感じです。今日は水1.6リットル、レインウェア、行動食、コンデジしか荷物がないので、登りでも辛さはほぼ感じません。やはり登山において軽さは体力と同じです。荷物が軽ければ軽いほど、体力が増えたかのように感じます。自分ももう少し軽量化に取り組む必要がありそうです。


IMG_3181.jpg
仙谷分岐を過ぎると道が次第に険しくなってきましたが、荷物が軽いおかげですいすい登っていけます。


IMG_3182.jpg
甑岩の下までやってきました。この岩は上まで登れるらしいので、登ってみようと思います。


IMG_3183.jpg
巻き道の登山道は左。甑岩へは右の道を進みます。


IMG_3184_20150907180130f8e.jpg
少し登ったところで見晴らしのいい場所があったので、登ってきたルートを見ながら朝の景色を楽しみました。しかし、ここから上に行くには、滑りやすそうな大きな岩を、かなりの角度で登らないといけないみたいで、縦走用の登山靴ではやばそうなので、てっぺんまで行くのはあきらめました。


IMG_3185.jpg
7:29 登山道に戻ってから10分程度で山頂に着きました。山頂手前で追い越していったトレラン風の単独行者以外誰もいなくて、とっても静かな山頂でした。もう1時間もすると人が増えてにぎやかになるのかもしれませんが、早く出てきて正解でした。トレラン風の男性は、しばらくすると来た道を下って行ったので、広い山頂には僕一人だけになりました。ひんやりとした朝の空気と、ぽかぽかと暖かい日差しが気持ちよく、頭上に広がる真っ青な空を独り占めすることができました。


IMG_3186.jpg
避難小屋の中を覗いてみました。1階はこんな感じで、広い土間(といっても合板敷き)を囲むようにL字型の床があります。4人ぐらいしか寝られないと思われます。真ん中に囲炉裏のようなものがありますが、合板で蓋がされているので冬場に使えるかどうかは不明です。この小屋にはトイレはありません。


IMG_3188.jpg
2階にはふとんなどがありましたが、マムシが潜んでいるかもしれないので要注意と書かれていました。鉄骨に外壁材を貼り付けただけの構造なので断熱効果はまったくないでしょうから、真冬はかなり冷え込みそうです。部屋の隅に畳が立てかけてあったので、寝るときは畳を敷いて寝ることができるようです。


IMG_3189.jpg
小屋から北東方面の眺め。ハチ高原あたりでしょうか。


IMG_3190.jpg
左手には氷ノ越避難小屋が白く光っているのが見えました。


IMG_3191.jpg
山頂のすぐ南側にある展望台ですが、ここになんと雨水を利用した水洗トイレがあります。バイオトレイなので、冬季は使用できないようです。となると、積雪期は使えるトイレはないということのようです。携帯トイレ必携ですね。山頂周辺に野糞をすると、春に悲惨なことになるので、慎みたいものです。


IMG_3192.jpg
展望台から南を眺めると、なだらかにうねる笹原の向こうに三ノ丸の頭がぴょこんと見えていました。距離はそこそこありそうですが、かなりフラットなコースなので、30~40分で行けそうです。行動食を食べて、トイレ休憩を終えると、三ノ丸に向けて出発しました。

つづく。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2015年8月 氷ノ山 | 18:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |