ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

三嶺~剣山の縦走計画が腰痛発生でピンチ: 三嶺その2

2015年8月1日(土)~2日(日) 徳島県三好市東祖谷菅生 三嶺(標高1894m) 単独避難小屋泊


IMG_2831.jpg
三嶺ヒュッテで一息入れてから、サブザックにカメラなど詰め込んで、山頂へと出かけました。小屋の前から池越しに山頂が顔を覗かせているのが見えます。


IMG_2837.jpg
右手に広がる笹腹の中にできた踏み跡をたどって山頂へ向かいます。


IMG_2838_201508061717252b8.jpg
途中で振り返ると、緑の笹原と池、そして赤い屋根の小屋の組み合わせがなんともメルヘンチックでした。


IMG_2841.jpg
三嶺のピークが目の前に近づきます。


IMG_2844.jpg
15:17 登頂しました。中国地方の最高峰伯耆大山よりも高いだけあって、けっこうきつい登りでした。


IMG_2846_20150806171730706.jpg
誰もいないしせっかくなので自撮り。


IMG_2847.jpg
西熊山方面。高い樹木はなく、笹原の稜線が続いています。こちらの縦走もけっこう面白そうです。


IMG_2851_2015080617183652c.jpg
こちらは剣山への縦走路。午後になって高知県側にガスが沸き始めました。上空の雲もけっこう厚くなってきて、ちょっと雨っぽい雰囲気も出てきたので、小屋に戻ることにしました。


小屋へ戻る途中で雨がパラパラと落ち始め、小屋へ戻ってすぐに本降りになりました。いいタイミングで戻ってくることができました。小屋へ戻ってもすることは特にないので、出かける前に沸かしておいた水を水筒へ移し、もう一度沢水を沸かしておきました。これで約1リットルの飲み水ができました。


その後は、腰の痛みを緩和するために寝転がってじっとしていましたが、17時ごろに夕飯を食べ、再びごろごろしていたらいつの間にか眠ってしまいました。


IMG_9668.jpg
19時を回ったころに、同宿者が小屋を出て行く音で目が覚めて外を覗いてみると、見事な夕焼け空になっていました。あわててカメラと三脚を持って外に出て、なんとか5カットほど撮ることができました。


IMG_9681.jpg
その後、すぐに月の出の時間になったので再び外に出て待っていると、剣山の左手方向から赤い満月が昇ってきました。事前に月齢や月の出の時間を調べていたわけではありませんが、ガーミンeTrex20には月と太陽の出入りの時間データが入っているので、山の上でもすぐに調べることができて助かります。今回は望遠レンズを持ってこなかったので、あまり大きく写すことができませんでした。それがちょっと残念です。もっとも、月だけを単独で大きくとっても写真としては面白みがないので、望遠レンズがあっても同じだったかなという気もします。


IMG_9688.jpg
振り返ると、日没後の西の空が赤く染まって美しいグラデーションを描いていました。幸い、道標のシルエットがアクセントになる位置にあったので、写真が単調にならずにすみました。


IMG_9696.jpg
南を見ると、高知県側には雲海が発生していて、その雲の一部が稜線を越えて滝雲のように流れ下っていました。スローシャッターで撮影してみましたが、あまりボリューム感もスピード感もなかったので、たいしてダイナミックな写真になりませんでした。その後、満月があまりにも明るいので、今日は星景写真は難しいかもしれないと思いながらいったん小屋に戻りました。


IMG_9708.jpg
21時を回ったころ、そろそろ星空も出ているかと思い外に出てみました。月明かりで地上が真っ暗にならないのはいいのですが、星空が明るくなってしまい、やはりちゃんとした星空になりません。


IMG_9730.jpg
場所を変えながら数カット撮影して歩きましたが、結局星景写真はこれといったものが撮れず、遠くに浮かぶ剣山・次郎笈のシルエットと月明かりの三嶺の写真を撮って、22時を回ったころに小屋に戻りました。


IMG_9731.jpg
小屋に戻ったときに、ちょうど月明かりが池面に届くようになっていたので、最後に池と山嶺のピークを入れた星景写真を撮ってみましたが、これが一番まともな星景写真になりました。月の位置が左手後方ということで、空があまり月光の影響を受けなかったのがよかったようです。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




8月2日(日)
夜なかなか寝付けなくて、寝たのがかなり遅い時間になったおかげで、午前3時起床の予定がすっかり寝過ごしてしまいました。それに、腰の痛みも相変わらずです。遅い時間に出発して、無理をした挙句に腰を悪化させては翌週の夏山山行に支障をきたしてしまいます。それに、出発時間が遅くなり見ノ越から名頃へ戻るバスに間に合わなかったりしたら、何時間も歩いて戻らなくてはならなくなるので、剣山への縦走は取りやめて、名頃へピストンで戻ることにしました。


IMG_9740.jpg
朝の時間に余裕ができたので、とりあえず日の出の写真でも撮影しておこうと外に出てみると、ちょうどいい位置に残月が昇っていました。


IMG_9742.jpg
昨晩の月と同じで、小屋の横から撮影しても日の出だけしか写っていないつまらない写真になってしまうので、山小屋と笹原が前景になる場所まで移動してカメラを構えました。太陽が昇ってくる前に、三嶺のピークと残月をカメラに収めます。


IMG_9748.jpg
やがて太陽が顔を出しました。地平線近くに雲があったみたいで、地平線より少し上ったあたりでやっと顔を出したため、出てきたときにはすでにけっこう明るくなっていて、白飛びした太陽になってしまいました。いちおうハーフNDフィルターで空の輝度を押さえていますが、太陽のまぶしさには効果なしです。地平線上に薄い雲があるぐらいのときなら、雲がNDフィルターの役目を果たしてくれるので、真っ赤な太陽を撮ることができますが、今日は条件が良くなかったようです。


IMG_9770.jpg
太陽が少し昇って、笹原が光りだしたタイミングで撮影してみました。肉眼ではもう少し笹原がキラキラしていましたが、写真にするともうひとつです。コントラストを高めればいいのかもしれませんが、空の色が白とびしやすくなるので、単体でのレタッチはこのあたりが限度のようです。フォトショップなどをつかってレイヤーで空と地面を別々にレタッチすれば肉眼で見た感じに近づきそうですが、それはまたいずれということで。


IMG_2856.jpg
小屋に戻って朝食をとり、下山する前にもう一度三嶺の頂上を踏んでおくことにしました。小屋を出てみると、すっかり日が昇って笹原の緑がまぶしく輝いています。


IMG_2865_20150806171839c74.jpg
山頂に登ってみると、いつの間にかぼんやりとした薄曇のような空模様になってきました。西熊山方面もいまいちすっきりと見えません。


IMG_2867.jpg
下山する名頃方面は逆光ということもあり、白く霞んでいます。


IMG_2870.jpg
やがて黒い雲がたくさん流れてくるようになり、どうも天候が悪化しそうな雰囲気になってきました。狭い山頂でかれこれ1時間ものんびりしていましたが、さっさと下山することにしました。


IMG_2871.jpg
小屋の近くまで降りてくると、雲間から日が差して池と山小屋がきれいに見えました。池が空を写しているため、ドーナツ状のブリッジの上に小屋が立っているかのような、ちょっとした錯覚のような不思議な感覚を感じました。


IMG_2875.jpg
北の空に少しだけ見えていた青空です。


IMG_2877_201508061722422d2.jpg
8:30 一晩お世話になった三嶺ヒュッテを後にします。心配していた腰痛は、重い荷物を背負ってもとりあえず普通に立って歩くぶんには大丈夫でした。前かがみになったりして腰に負担をかけるとピキッと痛みが走りますが、幸い下りでは前かがみになることはほぼないのでなんとかなりそうです。


IMG_2879_20150806172244964.jpg
池のほとりの分岐から左へ下ります。


IMG_2880.jpg
大岩の下の急斜面をトラバースしていきます。


IMG_2882.jpg
ガレ場も難なく通過します。


IMG_2884.jpg
水場の道標がわかり易い位置に移動されていました。昨晩、同宿者が水を汲みに行ったので、その時に移動させたのかもしれません。


IMG_2887_20150806172326aa3.jpg
サクサク下って、三角点1544.4の上の曲がり角に着ました。以前、ここを直進して遭難した人がいたらしく、その後この道標が設置されたようです。旧道は直進していたらしいので、何もなければ確かに間違いそうです。


IMG_2888.jpg
9:18 ダケモミの丘を通過。5分ほど歩いた先で休憩をとりました。


IMG_2896_201508061723290b1.jpg
こもれびが気持ちのいい尾根道を下ります。


IMG_2897.jpg
10:19 林道との合流点。ここでも休憩をとります。


IMG_2898_20150806172452d20.jpg
林道から登山道に入るところにあった張り紙。遭難が頻発しているってなぜ? 林道を下って遭難したということなんでしょうか。よくわかりません。


IMG_2899.jpg
11:00 駐車場に戻ってきました。登りは約4時間、下りは約2時間半という行程でした。くだりでもやっぱり汗だくになってしまい、着替えのパンツを忘れてきてしまったため、とりあえずレインウェアのパンツに履き替えて、びしょ濡れになった登山パンツやシャツを乾かしながら1時間ほどのんびりして、すこし国道439号を下った菅生にあるいやしの温泉に入って帰りました。この温泉、入浴料500円とリーズナブルな割りに浴室はすごくきれいで広く、おすすめです。温泉の脇からも三嶺への登山道があるようですから、次回はこちらから登って西熊山方面へ縦走してみたいものです。


温泉を出て祖谷川にそって車を走らせていると、土砂降りの雷雨になりました。道路が川のようになるすさまじい豪雨と雷鳴とどろく悪天候で、もしも山の上でこんな天気になったら大変だったなあと、縦走をやめて早めに下山してよかったと安堵した次第です。



ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2015年8月 三嶺 | 17:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三嶺~剣山の縦走計画が腰痛発生でピンチ: 三嶺その1

2015年8月1日(土)~2日(日) 徳島県三好市東祖谷菅生 三嶺(標高1894m) 単独避難小屋泊


お盆休みを1週間後に控えた週末。GW以来宿泊装備での山行を行っていないばかりか、まともな山歩きもほとんどできていない状態でした。例年、似たような状況でお盆休みの長期山行に突入し、かなりバテバテになっていることもあり、今年はせめて事前に重装備の山行をやっておこうと計画しました。


前から登ってみたかった徳島県は剣山系の三嶺(みうね/さんれい)から剣山への縦走プランをたてました。最初の登りが短時間で済む剣山から入り、途中の白髭避難小屋あたりで宿泊。三嶺から名頃に下りてバスで見ノ越へ戻るというのが一番現実的なプランです。しかし、どうしても三嶺山頂にある避難小屋で宿泊し、山頂の池をからめた星景写真が撮りたかったので、三嶺から入山し剣山へ縦走するというプランにしました。初日は三嶺に登るだけとなり、全工程の大半を二日目に消化するというけっこうタフは計画になりますが、朝5時に三嶺山頂を出発すれば、見ノ越発15:10のバス(最終)に間に合うという予定でした。


今回、小屋泊まりの1泊2日なので荷物が少なくて済むため、2014年11月に購入したまま一度も使う機会がなかったオスプレー イーサー60を初めて使うことができます。単に山行の装備だけなら40リットルのバックパックでも大丈夫ですが、カメラと交換レンズがあるため、やはり60リットルの容量が必要になりました。


1日は三嶺に登るだけなのであまり急ぐ必要もなく、6時40分に家を出て、名頃登山口に着いたのは9時30分過ぎでした。国道32号の大歩危から県道32号と国道439号をつないでいくのですが、祖谷川沿いのこの道が狭くて曲がりくねっていて、時間もかかるし神経も使うしで大変でした。登山口には水洗トイレつきのきれいな駐車場があり、30台ぐらい駐車できそうな広い駐車場は60%ぐらいの混み具合で、あまり混雑はしていませんでした。団体による避難小屋の混雑もありうるとして、念のためテント装備も持ってきていましたが、駐車場の状況を見て問題無しと判断。テント装備は車においていくことにしました。


IMG_2799.jpg
10:00 出発です。トイレの前を通って、奥へ進んだところが登山口です。


IMG_2801.jpg
名頃からの登山ルートは、以前は平尾谷川沿いに登るルートがありましたが、途中が崩落したために現在は通行止めになっています。新しい登山道は、名頃駐車場から三嶺まで続く尾根上につけられていて、僕が持っている2009年の山と高原地図にはまだ反映されていません。ヤマケイオンラインのコースタイム作成マップでも平尾谷川沿いのルートが使われていて、ルートが変更されていることがまだ周知されていないようです。しかし、登山口から先はピンクのテープナビがいたるところにつけられていて、しっかりと前方を注意しながら歩く限りにおいては、地図がなくてもおよそ迷うことはなさそうです。


IMG_2803.jpg
登山口から少し登ったところで鉄塔の下を通過し、その後は本格的な尾根上の登山道になります。


IMG_2806.jpg
10:27 登り始めからそこそこの傾斜があり、久しぶりに重い荷物を担いでいるとけっこうこたます。30分ほどで大きな木がたっているフラットなテラス状の場所があったので、小休止するにはいいタイミングでした。


IMG_2807.jpg
その後、再び一本調子に近い上り傾斜の尾根をひたすら登ります。多くの場合、これぐらいの標高の場所は人工林になっているものですが、ここは麓からずっと自然林のままなので、森の中でもそこそこ明るく、空気もひんやりしていて気持ちのいい登山コースでした。


IMG_2808.jpg
10:50 林道に出ました。ちょうどいい時間だったので、ここで大休止をとります。日陰に入ると心地のいい風が吹き抜けて行きますが、なにしろ連日の猛暑続きです。重い荷物を背負って1時間も森の中を登っていれば滝のような汗が流れ落ちてきます。少々風に当たったぐらいでは、なかなか汗は引いてくれません。気温のことや水場が小屋の近くにないことなどを考慮して、3リットル担いできましたが、はたして頂上に着くまでにどの程度消費するかです。山頂下の登山道脇に水場があるそうですが、必ず水が確保できるという保証は無いので、とりあえず今晩と明日の朝の食事と途中の飲み水は確保しておく必要があるということで、いつもより余分にもってきました。


IMG_2809.jpg
林道との合流点からすぐ先に登山口があります。ここから再び尾根にのぼります。


IMG_2810_2015080317251657b.jpg
今までと違ってここからは尾根らしい尾根の道になりました。傾斜は多少緩くなって楽です。


IMG_2811_201508031725188c9.jpg
登山道の傾斜は緩急を繰り返しながら見通しの利かない樹林帯の中をまっすぐに登って行きます。しんどいルートですが、歩いた分だけ確実に高度を稼げるので個人的にはこういうルートのほうが好きです。


IMG_2812.jpg
12:19 地図上で「ダケモミの丘」と書かれた場所に着きました。ここは旧登山道との合流地点ですが、「ダケモミの丘」という表示は何もありません。とりあえず、荷物を下ろして休憩をとります。


IMG_2813_201508031726161d6.jpg
ダケモミという木の名前は、初めて聞く名前です。このあたりの生えている木がそうなのでしょうが、見た目はモミの木のような針葉樹です。ウィキペディアによると、正式にはウラジロモミという名前で、ダケモミは別名だそうです。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。




IMG_2814_20150803172617d40.jpg
ダケモミの丘からはしばらく平坦な道になりますが、すぐに傾斜のある斜面をジグザグに登るようになります。


IMG_2815.jpg
ジグザグにのぼってきたところで、ポンッと尾根の上に出ると、目の前にずいぶんしっかりとした道標がありました。


1544地点
国土地理院の地形図で見ると、この尾根の先に三角点1544.4があるようで、以前の登山道は三角点を通過するように大きく迂回していたようですが、現在のルートは三角点をショートカットするようになっています。なので、下山するときに間違って三角点のほうへ行かないように目立つ道標を設置しているのでしょう。


IMG_2816.jpg
その後、登山道は緩急を繰り返しながらじりじりと標高をあげていきます。このあたりですでに標高1600m近い高さですが、樹林に邪魔されてまだ山頂は見えてきません。


IMG_2817.jpg
13:16 尾根の傾斜がきつくなり、巾も狭まってきました。雰囲気的に山頂が近くなったと感じます。


IMG_2818.jpg
急激に尾根巾が狭まってきました。樹間から、目の前に大きく立ちはだかるような斜面がちらりと見えたりして、だいぶん登り詰めてきたようです。


IMG_2819_201508031728388fc.jpg
13:30 道は尾根の直登からトラバースへと変わりました。大きな岩の上を伝いながら、斜面を左へと進みます。


IMG_2820.jpg
突然現れたガレ場。


IMG_2821.jpg
そして、草の中に隠れるようにして「水場」とかかれた道標がありました。うっかりしていると見落としてしまいそうな道標です。



IMG_2822_20150803173000b5f.jpg
水場は道標から左下へ下ります。


荷物を下ろし、プラティパスを持って水を汲みに行きました。途中で飲んだ水の量は1リットルもない程度でしたが、とりあえず、明日の分もまとめて2リットル汲んでおくことにしました。3-1+2=4リットルということで、出発時よりも1kg荷物が増えてしまいましたが、山頂まではあと少しなのでなんとかなるだろうと思ったのでした。ちなみ、水場は登山道分岐から1分ほど下ったところにあり、水もしっかり出ていました。念のため煮沸して飲みましたが、わずかに土臭い味がしました。


水汲みを終えて荷物を担ぐと、なんだかぐっと重くなったように感じました。ちなみに、避難小屋からここまでは約10分ほどかかります。


IMG_2824.jpg
ガレ場を右側から巻くように詰めて、ガレ場の上部を左上へとトラバースして行きます。ガレ場を越えると急斜面を木の枝をよけながら腰をかがめて登るような区間があったりして、このルートの一番きついところがこのあたりでした。それなのに水を汲んで荷物を重くしたものだから、かなりきつい思いをしながら通過しました。


IMG_2825.jpg
ようやく厄介な場所が終わり、草つき斜面にステップがある歩きやすい道になります。それでも傾斜はそこそこあるので、やはり楽というわけにはいきません。


IMG_2826.jpg
道の傾斜は緩くなったものの、斜面の傾斜はけっこうな急角度です。前方の大岩の下に向かって道は続きます。


IMG_2827.jpg
大岩の下には鹿よけのテキサスゲートが設置されていて、そこを通過すると道はUターンするように斜面上へと向かいます。


IMG_2828.jpg
14:05 急傾斜の道を登りきったところが、三嶺山頂部にある池のほとりでした。


IMG_2829.jpg
池のほとりの分岐路から三嶺ヒュッテ(避難小屋)までは2分ほどでした。


IMG_2830.jpg
空いてるかなあと思いながら中に入ってみると、宿泊者は左手奥にひとりだけでした。右手側に荷物を下ろして、さっそくパッキングを解きます。しかし、このとき体に異変を感じたのでした。そうです、腰が痛いのです。これまでなんとなく痛いという程度の経験はありましたが、これほど明確に痛いという感覚を覚えたのは初めてでした。じっと立っている分にはそれほどつらくはないのですが、腰をかがめたり立ち上がろうとしたりするとけっこうきついものがありました。久しぶりに重い荷物を担いで登ってきたので、結果的に腰痛になったのかもしれませんが、水汲みの時まではそんな感覚はなかったので、最後の難所を通過する直前に荷物を重くしてしまったのが原因かもしれません。腰の痛みに耐えながら寝床の用意を済ませて、汲んできた水を400ミリリットルほど沸かしておきました。冷めたら空になったボトルに詰めておくために、山頂に出かける前に準備しておきました。

つづく。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2015年8月 三嶺 | 17:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |