ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

気持ちのいい縦走路: 滝山~那岐山 その2

2015年4月26日 岡山県奈義町 滝山・那岐山 単独日帰り


IMG_2331.jpg
12:00 ランチ休憩を15分で切り上げて、那岐山への縦走に出発します。おおむね1時間というところでしょう。


IMG_2332.jpg
長い階段を下りきると、比較的フラットで道幅もある縦走路になりました。


IMG_2333.jpg
途中笹原になっていて、南側の展望が開けた場所を通過。風が心地よくて、ご機嫌な縦走になりました。


IMG_2334.jpg
小さなアップダウンがありますが、高低差はあまりないし勾配も緩やかなので、上りも下りもあまり苦労はありません。


IMG_2338.jpg
上りきったらまた下る。縦走路の宿命ですが、ややゲンナリ感が首をもたげます。


IMG_2339.jpg
この縦走路にある階段は巾が広くないので、左右の足を交互に出して上り下りできるところがいいところ。たいていの登山道はどういうわけか同じ足ばかり出るような巾になっていることが多いのですが、交互に足を出せると疲れにくいし通過もスムースです。


IMG_2340.jpg
12:30 階段を登りきると、東屋がありました。人がいっぱいで、東屋に入りきれないほどだったので、そのまま通過。


IMG_2341.jpg
東屋の先は、もう那岐山が目の前です。といっても、緩やかに下って上りかえさなければなりません。


IMG_2342.jpg
笹原で見晴らしのいい縦走路をサクサク歩き、やっと最後の上り坂まで来ました。三角点のピークにある東屋がだいぶん大きく見えるようになりました。


IMG_2343.jpg
12:54 三角点に到着です。1時間をちょっと切るぐらいの行程でした。


IMG_2344.jpg
三角点から那岐山山頂を見ると、かなりの賑わいです。わざわざあの人ごみの中へ行く気にはなれず、本日の縦走は三角点で終了にしました。


IMG_2346.jpg
行動食を食べ、記念写真を撮って、少しのんびりします。


IMG_2347.jpg
三角点山頂にある謎の柵囲い。中心に白っぽい卵のような石(直径50cmぐらい)があるのですが、いったいなんなんでしょうか。


IMG_2349.jpg
お守り代わりにバックパックにつけている「おこじょ」のキーホルダー。正月の仙丈ヶ岳登山の帰りにかったもので、ちょっとしたゲンかつぎ。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





IMG_2350.jpg
13:24 のんびりする時間はあっという間。下山します。


IMG_2351.jpg
下山途中、南側斜面下のほうに見えた彩り。薄いピンクは桜でしょうが、赤っぽいのなんでしょうか。


IMG_2352.jpg
人があふれていた東屋は、すっかりもぬけの殻でした。せっかくなのでちょっとだけ休憩していきました。


IMG_2353.jpg
滝山への登り返しが見えてきました。滝神社への分岐はもうすぐです。


IMG_2354.jpg
最後の階段がけっこう長い・・・


IMG_2355.jpg
14:25 往路とほぼ同じぐらいの時間で分岐に着きました。左膝に若干の痛みが出始めたので、少しの間座って休みました。ここからは下りばっかりですし、勾配もけっこうあります。膝の痛みが本格化しないようにゆっくり下ることにします。


IMG_2357.jpg
八合目を過ぎたあたりで、小鳥のさえずりがすぐ近くで聞こえました。写真を撮ってみると、どうやら勝田ヶ山でも撮影したソウシチョウのようです。外来種ということですが、すっかり日本に定着してしまったようです。


IMG_2359.jpg
15:06 五合目まで下りてきました。やはり膝の負担は厳しいようで、少し痛みが増してきたようです。とはいえ、歩くのが困難というほどではないので、まだましなほうです。少しでも回復するように座って休憩をとりました。


IMG_2361.jpg
五合目から奥の院滝分岐までがもっとも勾配のきつい部分です。無理をしないように、ゆっくりと下ります。


IMG_2362.jpg
転んだりすることも泣く、ぶじ奥の院滝分岐まできました。あとは、比較的緩やかな道なのでひと安心です。


IMG_2365.jpg
15:28 滝神社です。だいぶん日が傾いて、朝とは雰囲気が変わっています。


IMG_2366.jpg
滝神社下の登山道では、新緑がきれいでした。上ってくる時は気がつかなかったのはなぜでしょうか。


IMG_2367.jpg
二ノ渡あたりで左膝がつらくなってきたので、林道を下ることにしました。登山道よりフラットだし、段差もないから楽そうです。とはいえ、ずっと下り坂になっているというのも、それはそれで疲れました。ある程度段差があったりしたほうが、フラットな場所ができるので、小休止しながら下ることができ、膝の負担も軽減されるのかもしれません。


IMG_2368.jpg
16:03 やっと駐車場までたどりつきました。軽いトレーニングのつもりでしたが、案外ハードな山歩きになってしまい、膝に負担をかけてしまいました。はたしてGWの山行までに回復できるのでしょうか。そのまえに、どこに行くか決めないと・・・ 

20150426滝山那岐山


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 2015年4月 滝山・那岐山 | 19:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気持ちのいい縦走路: 滝山~那岐山 その1

2015年4月26日 岡山県奈義町 滝山・那岐山 単独日帰り



GWを目前に控えた4月最後の日曜日。土曜日から引き続きのからっとした晴天で、絶好の登山日和となりました。雪のあるうちに登りたかった甲ヶ山に行ってみようかと思いましたが、数日前から左膝に妙な違和感があり、GWの長期山行を控えて膝を痛めてしまっては元も子もありません。なので、今回は足慣らしとトレーニング目的で滝山から那岐山への縦走路を歩いて見ることにしました。


IMG_2291.jpg
10:00 自衛隊の演習地を通って滝山の登山口に着きました。予想通り、那岐山と違って閑古鳥が鳴いている状態です。車は1台しか止まっていません。


IMG_2292_20150427232439da5.jpg
駐車場を囲むように映えている木々の枝には、目にも鮮やかな新緑が日の光を浴びて輝いています。


IMG_2293.jpg
10:10 軽く柔軟体操をして出発です。今日は、足慣らし目的ということで、一眼レフなどの重い荷物は置いてきました。25リットルの小型バックパックに、水と行動食、コンパクトデジカメ、ジャケットという程度の軽装なので、足取り軽く登ります。


IMG_2295.jpg
稲荷神社の長くてきつい階段は、荷物が軽くてもやっぱりパス。右の巻き道を進みます。


IMG_2296.jpg
二ノ渡の橋を通過。


IMG_2297.jpg
10:30 滝神社に到着。出発してから20分しか経っていませんが、ひとまず休憩を取ります。


IMG_2303.jpg
2月に来たときに、スローシャッターで滝を白糸のように撮ればよかったと思っていたので、今回それにチャレンジしてみました。コンデジではそういう芸当はできない場合が多いのですが、Powershot S110には、内蔵のNDフィルターがあり(電子的な擬似NDなのかもしれませんが)、これを使うとスローシャッターにすることができます。シャッター速度優先モードTvにして、シャッター速度を1/2とか1秒、2秒という具合にして撮影してみると、こんな感じです。確かに意図通りですが、水量が少なすぎて滝というより白いシミのようになってしまいました。


IMG_2304.jpg
撮影休憩を終えて、先に進みます。2月には右手の斜面を高巻いた倒木のある場所ですが、雪がなければなんとか潜り抜けられる状況でした。とはいえ、できれば撤去してほしいものです。


IMG_2305.jpg
倒木のすぐ先にある渡渉地点はぱっと見わかりにくいのですが、こちら側と向こう側に赤テープがあるのでちゃんと見ればわかります。


IMG_2306.jpg
10:52 奥の院滝分岐です。今回は奥の院滝はパス。滝山に向けて右に曲がります。


IMG_2307.jpg
分岐から先は尾根の直登ルートになっていて、けっこうな急坂です。途中トラロープが設置してありましたが、かなり痛んでいて今にも切れそうなので、下手に頼らないほうがいいでしょう。それにロープが必要なほどの勾配でもありません。


IMG_2308.jpg
ツツジが鮮やかに咲いていました。青空と新緑との取り合わせが絶妙です。


IMG_2311.jpg
11:00 五合目に着きました。立ったまま小休止をとります。



ここでひと息。ぽちっと押して休憩したら続きをどうぞ。





IMG_2310.jpg
目の前に咲いているツツジが鮮やかです。


IMG_2312.jpg
背景を暗い森にしてみてもなかなか映えます。


IMG_2314.jpg
モミジの若葉も心が洗われる様なすがすがしい緑色を纏っていました。


IMG_2319.jpg
五合目を過ぎると道は少し緩やかになりました。尾根の直登ではなく、尾根をジグザグに縫うように登る感じにかわります。


IMG_2320.jpg
登るにつれて大きなブナやミズナラの点在する森になり、林床は笹が繁茂し始めました。


IMG_2321.jpg
このあたりは国有林になっているらしく、人の手が入ったことがなさそうな雰囲気で、なかなかいい森です。野鳥のさえずりが耳に心地よく響きます。那岐山にはこういう森がないので、山として楽しむなら滝山のほうが断然良いと思うのですが、人気はなぜか那岐山に集中しています。まあ、山は静かなほうがいいので、滝山はいつまでもマイナーな存在で良いと思います。


IMG_2323.jpg
11:30 八合目まで来ました。山頂までもうちょっとです。


IMG_2324.jpg
登山道の先が青空になったので、どうやらこの上が稜線のようです。


IMG_2325.jpg
右手に那岐山が見えました。このあたりは針葉樹の立ち枯れした木が多く、ちょっと意外な雰囲気でした。


IMG_2326.jpg
11:41 縦走路と合流です。右へ行けば那岐山、左が滝山山頂。ひとまず滝山山頂を目指します。


IMG_2327.jpg
登山道脇にもたくさんの立ち枯れがあり、星空写真を撮ったら面白そうです。


IMG_2328.jpg
山頂の展望台が見えてきました。わりと人が多そうです。那岐山から縦走してきたのでしょう。


IMG_2329.jpg
11:45 展望台前に滝山山頂の標柱がありました。標高は1,196.5mです。展望台の上は日差しがもろに当たるし、人もそれなりにいるので、展望台下の日陰にあるベンチにすわって休憩することにしました。日陰に入ると、すぐにひんやりと涼しくなります。日差しはけっこうきつい感じですが風はまだ熱を帯びていないので、しばらくすると寒くなるぐらいです。


IMG_2330.jpg
眼下の風景は、モヤがかっていていまいちすっきり見えませんが、上空の青空はきれいです。休憩中にも、那岐山方面から数人の登山者がやってきました。那岐山から滝山まで縦走する人もそれなりにいるようです。行動食を食べ、水を飲んで少しの間休憩をとってから、那岐山への縦走に出発しました。

つづく。

ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2015年4月 滝山・那岐山 | 23:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |