ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

駆け足の冬山デビュー:那岐山(なぎせん) vol 3

2011年1月8日 岡山県奈義町 那岐山(標高1255m)日帰り山行
vol 1vol 2はこちらをご覧ください。

山頂下部の雪原
ソフトシェルを着てそれなりに防風対策を整えて、山頂を目指して出発です。真っ白い雪原に続くトレースをたどって上って行くと、それなりに風はありましたが寒さは感じませんでした。シェルの効果が効いているようです。

シュカブラ
 頂上近くになると、雪の表面は少し硬くなり、シュカブラ(雪紋)がみられました。寒さでウィンドクラストした雪の表面を、強風が削って作る雪の彫刻です。それほど発達したものではありませんが、シュカブラを生で見るのは初めてなので、ちょっと感動です。

山頂直下からの展望
 振り返ると、真っ白な雪原の彼方に、広大な風景が広がっていました。

1240.3mのピーク
 14時52分、やっと頂上です。といっても、1240.3mのとりあえずのピークであって、那岐山頂上はまだ先です。那岐山は双耳峰のようになっていて、登山道Cコースは西側にある低いほうのピークに繋がっています。ここから尾根伝いに1255mの那岐山山頂まで縦走しなければいけません。もっとも、わずか400mほどの距離なので、5分程度の縦走です。

雪原に見える笹の葉
 このあたりでは雪の下から笹がわずかに顔を出しています。風が強いので雪が飛ばされてしまうのでしょう。その向こうには雲間から漏れる太陽光がシャワーのように大地に降り注いでいました。

那岐山頂を望む
 目指す那岐山頂はあのピークです。いったん鞍部までおりて登り返すのですが、標高差は50mもないぐらいのものなので、楽勝です。

那岐山頂上で記念写真
 ほぼ15時ちょうどに山頂につきました。気温は0.4度、時折微風がある程度の穏やかな天候でした。うすいソフトシェルの下はミドルウェアとアンダーウェアだけしか着ていないし、ボトムはワコールのCW-Xタイツと夏山でも使っているコロンビアのパンツでしたが、上着を羽織る必要があるほどの寒さは感じません。手袋も、どこかのホームセンターで購入したフリース生地のものでしたが、こちらも大丈夫でした。たくさんの登山者があったらしくて、山頂はしっかりと踏み固められていました。山頂の石碑だけ撮影してもさびしいので、ザックにカメラを載せて記念撮影です。一眼レフのタイマー機能なんて、久しぶりに使いました。

山頂の樹氷
 山頂周辺の木々には、もこもこの樹氷がたくさんついていました。樹氷にもいろいろな形や種類があっておもしろいです。

扇山方面
 山頂から北西方向の展望がいい感じでした。恐らく兵庫県と鳥取県の県境にある扇山あたりの山塊だと思われます。右端にちょこんと頭を出しているのが、もしかしたら氷ノ山かもしれません。のんびりと写真を撮っていると、黒い雲が出て来ました。時間も15時10分になったので、急いで下山開始です。

えびのしっぽ
 来た道を戻り、再び1240.3mのピークに戻ってきました。気温が下がったのか、指先がジーンとしびれたような感じになり、ちょと冷たい感覚がありました。道標に「えびの尻尾」と呼ばれる樹氷ができていたので、記念に撮影しました。生で見るのは初めてです。普段見られないものがいろいろと見られて、冬山も面白いです。

十字架のような道標
 十字架のような道標にもえびの尻尾がびっしりとついていました。なぜだか縦方向の木にだけついていましたが、なぜでしょう? そんなことを思いながら写真を撮っていると、いつのまにか時間は15時27分です。日が暮れてしまいかねないので、大急ぎで下山を開始しました。

 雪道の下山はとっても楽チンです。体をまっすぐにしてかかとから脚を下ろせば少し足がもぐって滑らないし、衝撃は雪が吸収してくれますから、膝にも負担がありません。時々踏み固められたところに脚を下ろしてかかとがもぐらず、軽い衝撃を受けることもありましたが、土や岩の道に比べればたいしたことはありません。半ば走るように下って、大神岩まで20分で下りてきました。

駐車場近くから山頂を望む
 その後も、さくさく下って、駐車場上の伐採跡地に着いたのは16時28分。那岐山頂上を振り返ると、夕陽に照らされてほんのり赤く染まっていました。

 今回は新雪状態で凍結したところがなかったこともあり、結局クランポンもアックスも使うことはありませんでした。しかし、クランポンはある程度つかって慣れておかないと爪を引っ掛けて転倒することもあるので、どうせなら使ってみてもよかったと反省。まあ、あまり時間的余裕もなかったので、次の機会にはぜひ着用してみたいと思います。


■山行データ
<往路所要時間> 2時間45分
登山口12:15→大神岩13:50→1240.3mピーク14:52→頂上15:00

<復路所要時間> 1時間20分
山頂15:10→大神岩15:47→登山口16:30

<登山道情報>
Cコースは途中危険なところはないので、冬季でも装備がしっかりしていれば登りやすい山です。A,Bコースは未確認。
トイレ・水場は駐車場にはありませんが、車道を少し上がったところに公衆トイレあり。登山口から少し下にある山の駅にもあります。登山道案内図によると1240.3mのピークにトイレの記号がありますが、未確認です。もしかしたら休憩小屋に併設されているのかもしれません。また、1240.3mピークに「水のみ場」の道標がありましたが、こちらも未確認です。那岐山避難小屋周辺にはトイレ・水場共にないようです。


記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 2011年1月 那岐山 | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駆け足の冬山デビュー:那岐山(なぎせん) vol 2

2011年1月8日 岡山県奈義町 那岐山(標高1255m)日帰り山行
vol 1はこちらをご覧ください。


登山口から見る那岐山
 登山道入口から仰ぎ見る那岐山頂上部は、けっこう積雪があるようです。

登山道下部
 12時30分、樹氷が見られることを期待して、登り始めました。しばらくは伐採跡を登っていくため、あいかわらず見晴らしのいい広々とした雪原を歩いているような雰囲気です。

林道との再合流点
 12時56分、いったん別れた林道に再び合流します。登山道はそのまま林道を横断して、森の中へと続いていきます。ここからいよいよ本格的な登山道になります。

檜林の中の登山道
 森の中は30cm程度の積雪ですが、トレースはしっかりしており、雪質もさらっとしているため滑ることもなく夏道と同じような感覚で歩くことができました。もちろん、クランポンは必要なしです。

雪の斜面をトラバース
 檜の森を抜け、また木のない斜面に出ました。雪が覆っているため伐採跡なのかどうかよくわかりませんが、おそらくそうなんでしょう。登山道はこの斜面を斜めに横切りながら登っていきます。うっかりトレースをはずして谷側を踏むと、太ももまで一気に潜ってしまうので、注意しながら歩きました。

山頂まで2.1km
 13時14分、2.1kmの道標のところまで登ってきました。駐車場から約1時間かかりました。早いのか遅いのかよくわかりませんが、まあこんなものでしょう。道はここでほぼ直角に左折します。

大神岩
 13時50分、標高1000mの大神岩に到着です。ここまでは林間の斜面をジグザグに登ってくる道で、展望もなくあまり面白くない道でしたが、ここからは尾根伝いになり、しばらくは傾斜も緩くなります。

大神岩からの展望
 大神岩に登ると、爽快な展望が広がっていました。やっぱり山は気持ちがいいです。ここで10分間の休憩をとりました。出発時間が遅く気持ち焦り気味で登ってきたせいで、けっこう大汗をかいてしまいました。冬山での大汗は体を冷やすのでよくありません。大神岩は尾根上になるため、きつくはありませんが少し風があり、あっというまに冷えてきました。ポットを取り出して熱いお湯を飲むとそこそこあったまりますが、やはりじっとしていると寒さを感じます。カロリー補給のためにキャラメルを口に入れ、体が冷え切らないうちに出発です。

大神岩上部の登山道
 大神岩からは、緩い林間の上り坂を進んでいきます。このあたりの積雪は、ほぼ股下までもぐるほどの深さになっていました。もっとも、トレース部分はしっかり踏み固められているので、ほとんど足がもぐることもなく歩くことができました。この時点でもクランポンの必要性は感じなかったので、装着しないで登りました。

山頂まで1.1km
 14時13分、残り1.1kmの道標まで来ました。ここから軽く下って、その後再び上りになります。

山頂下部の尾根道
 鞍部から再び上り始めると、道は林間をまっすぐ登っていきます。広い尾根上の道なのですが、木があるのでそれほど展望はききません。

雪の積もった木々
 標高が1100mを越える頃になると、枯れ木の枝分かれした部分に雪が積もって、樹氷っぽくなってきました。頂上あたりでは樹氷が見られるかもしれません。

樹氷と展望
 頂上まで500mの道標を過ぎて背の高い木々がなくなると、一気に視界が開けました。背の低い木々の枝先には樹氷が付着しており、まるで白い花が咲いたようです。

青空と樹氷
 真っ青な空に咲き誇る樹氷の花々がとても綺麗でした。晴れた日の冬山がこんなに気持ちのいいものだったとは! かつてスキー三昧の頃があって、冬山と縁がないわけではなかったのですが、スキー場はしょせんスキー場です。滑ることが目的なので、ゲレンデのコンディションやコースにばかり目が行って、あまり風景を楽しむということはありませんでした。リフトやゴンドラで簡単に登ってしまうと、ありがたみもないですしね。自分の足で登ってきて出会うこの光景は、やはりひと味もふた味も違って見えます。

雪原と樹氷
 山頂付近の笹原はすっかり雪の下になり、真っ白な雪原が広がっています。そこに、白い花をつけた木々が点在している風景は、どこか凛とした美しさを感じました。とはいえ、写真を撮っていると次第に体が冷えてきます。山頂まではあと少しなので運動量が減るし、風をさえぎる木々もなくなるので、先日購入したモンベルのライトシェルアウタージャケットを着てみました。薄っぺらいジャケットですが、防風効果に加えて内側についているクリマプラスメッシュのおかげで、寒さがすっとなくなりました。これなら、山頂部に出ても大丈夫そうです。

vol 3につづく


記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 2011年1月 那岐山 | 20:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駆け足の冬山デビュー:那岐山(なぎせん) vol 1

2011年1月8日 岡山県奈義町 那岐山(標高1255m)日帰り山行
Keyword: 冬山、登山、那岐山、単独


 2010年の年末から、山陰地方はずっと荒天が続いていました。最近はいろいろなところにライブカメラがあるので、伯耆大山や蒜山などの状況をネットで見て、あまりの大雪ぶりにちょっとびびっていました。年明けの新聞でも、年末からの大雪で鳥取県内の国道が大渋滞となり、路上で年越しする人も大勢出たとか。年が明けてからも、天候のよくない日が続き、せっかくの正月休みも家でごろごろせざるを得ない状況でした。

 三が日も終わり正月気分が抜けても、あいかわらず天候不順は続いていました。8日からの三連休は、8日は予定があり、9日と10日は登山用にあけていましたが、天気予報はいまいちです。8日の午後に仕事が入った関係で8日に予定していた用事はキャンセルし、9日と10日をどうするか考えていたところ、なんと8日だけ天気が良くなるとの予報が!? 「ホンマでっか?」と天気予報を逆恨みしながら、このさいせっかく買ったハードシェルジャケットの性能評価をかねて、天候がどうあれ蒜山にでも行ってみるかと思っていたところ、7日の夕方になってうれしい連絡が来ました。8日の午後の仕事は11日の午後に変更し、かわりに8日の朝9時に別件を頼みたいとのことでした。仕事というのは、建築現場の検査(本業は建築士です)なので、1回の所要時間は30分以内ですむのです。ちょっと早めに行けば9時過ぎには終えることができるので、なんとかお昼前には県北の山に行けるではありませんか。

 2時間程度で登れる山で、高速道路を使って一番アプローチの容易な山といえば先日登ったばかりの櫃ヶ山ですが、さすがに連続になるので却下です。米子道湯原IC近くには三坂山や雨乞山など標高900m前後の山がありますが、この時期トレースがあるほど人気の山ではなさそうなので、こちらも却下。蒜山まで行くとなるとけっこう距離があるので、あまり高速を使うメリットがありません。ということで、高速道路は使えないけれど2時間もあれば到着できるであろう那岐山に行くことにしました。

 那岐山は、岡山県北の町津山市の北東、鳥取県との県境にある山で、麓を国道53号線が通っているのでアプローチが容易だし、53号線から登山口まで勾配はそれなりにあるけれど距離が短く日当たりのいい直線に近い道なので、積雪や凍結の恐れも少ないというメリットがあります。最悪は、登山口から少し下にある山の駅に車を停めれば、せいぜい10分程度よけいに歩くだけで行けるでしょうから、今回のように時間がない場合はリスクが少なくていい山です。岡山あたりでは人気の山なので、間違いなくトレースがついているでしょうし、登山ルートは林間の道ばかりなので危険箇所もなく、冬山入門には最適です。

 ということで、目的地は那岐山に決定です。年末からパッキングしたままのザックを再点検して、8日の朝は仕事道具の入った鞄とクランポンやアックスがくくりつけられたザックを担いで車に乗り込みました。現場には5分前に到着し、てきぱきと検査をこなして9時15分には終了です。現場が岡山市の南側だったので、市街地を抜けるのに20分以上費やしましたが、53号線に入って一路北を目指します。スムースに流れれば11時30分頃には到着できるはずです。

 津山市内のコンビニで昼食を買い、食べながら那岐山に向かいました。お昼を先に済ませるのであれば燃料やクッカーは不要ですが、万一のことを考えてそのまま持っていくことにしました。日帰り登山だというのに40リットルザックがいっぱいという状態ですが、中身はほとんどウェア類なので見た目のわりに軽いザックです。おそらく10kg程度でしょう。北アルプスに行くときの20kgオーバーのザックと比べれば楽勝です。

R53からみた那岐山1
 中国自動車道津山ICを過ぎると、正面に那岐山が見えてきました。那岐山の山頂部は笹原になっていて、冬季は白い雪帽子をかぶっているように見えるので、すぐわかります。

R53からみた那岐山2
 白い山頂から比較的なだらかな尾根が右に下っていますが、今回使う予定の登山ルートCはこの尾根を登っていくルートです。

 11時30分ごろ、やっと山の駅に到着です。国道53号線からのアプローチに雪はなく、ノーマルタイヤのまま問題なく上がってこられました。山の駅のトイレに立ち寄った後、すぐに登山口に向かいます。登山口近くになると道路わきに雪が残っていましたが、路面には雪がなく大丈夫でした。ただ、登山口駐車場へ上がる道は勾配があるうえに雪も残っていて、4WDといえども半分坊主のノーマルタイヤ(交換が必要なほど磨り減っている)では無理っぽい雰囲気です。仕方がないので、少し上の蛇淵の滝入口にある駐車スペースに車を停めようと行ってみたところ、なんと積雪が20cmほどあり、しかも軽トラの家族連れが駐車スペースをふさいでいる始末。狭い道で切替してUターンし、駐車場入口の30mほど下の路肩の広いところに車を停めることにしました。ここも積雪が10cm程度ありましたが、アックスのブレードでタイヤの通るところだけ雪かきをしてやり、問題なく駐車できました。新品のアックスの初仕事が駐車スペースの雪かきとは、なんとなくトホホな気分です。

駐車場入口
 駐車に少し時間がかかってしまい、準備をして歩き出した時にはすでに12時を回っていました。気温は約4度。風がなく日差しがあるため、寒さはあまり感じません。モニターで当選したブレスサーモシャツに、ミレーのミドルウェアだけで問題なしです。駐車場入口に立つ石造りの立派な登山道表示を写真に収めたのが、12時10分でした。

駐車場背後の伐採跡
 坂道を上がって駐車場まで来てみると、あんがい車が停まっています。10数台はあったでしょうか。駐車場の上は見事に伐採されてすっかり見通しが良くなっていました。那岐山に来たのは8年ぶりぐらいです。当時の記憶では駐車場はもっと狭く、当然うっそうとした人工林に囲まれた場所でした。登山道は、駐車場から蛇淵の滝への遊歩道をかねていて、滝の上から分岐していたと記憶しています。

駐車場奥の階段
 駐車場の奥に階段があったので、おぼろげな記憶を頼りにその階段を登ってみると、階段の上から先にはまったくトレースがありません。どういうこっちゃ? と思いつつ駐車場入口まで引きかえしてみると、駐車場からさらに上の伐採跡地に上っていくアスファルト道に足跡が残っています。どうやら立派な林道ができたので、こちらが登山道をかねたアプローチルートになったようです。12時15分、やっと登山開始です。

伐採跡の林道
 崩壊地のような伐採跡の中を伸びる林道ですが、車の轍の跡が残っていて歩きやすい状態でした。轍跡の雪はシャーベット状に解けていてあまりすべることもなく楽でしたが、朝早い時間だと凍結していて逆に滑りやすいのかもしれません。遅い時間に来たのも悪いことばかりではないようです。

蛇淵の滝入口
 駐車場から10分かかって、蛇淵の滝入口に着きました。滝の音が聞こえてきます。わりと立派な滝なので、時間があれば立ち寄ってみたいところですが、今回はそれどころではありません。

登山道案内図
 蛇淵の滝入口から5分ほど行ったところに登山道入口があり、登山道の案内図もありました。今回はCコースのピストンです。Cで登ってBで下山のほうが面白そうですが、時間が遅くなる下山時に初めて歩くルートを使うのもリスキーなので、安全のために同じルートで下りることにします。左下に描かれている声ヶ乢(こえがたわ)から広戸仙、滝山を経由する縦走路もなかなか面白そうですが、まずは雪のない時期に一度歩いて見てからです。今年の春にでも予定しておきたいと思います。

登山道入口
 さて、15分の林道歩きはこれでおしまいです。ここからいよいよ登山道に入ります。12月の伯耆大山ですでに雪道を経験しているとはいえ、初の本格的冬山登山となるため、やはり多少の緊張感は否めません。危険度からいえば大山のほうがよっぽど危険ですが、積雪量は今回のほうが確実に多いはず。どうなることやらと思いつつ、登山道に脚を踏み入れました。

vol 2につづく。



記事内容が気に入ったら、クリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


| 2011年1月 那岐山 | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |