FC2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

展望抜群の山というから行ったのに・・・: 天狗山その2 

2021年1月3日(日) 岡山県備前市 天狗山(391.9m) 日帰り単独行 


年末年始は寒波と車の故障で遠出ができませんでしたが、今度の三連休もなかなか厳しい状況です。初日の本日9日はかなりの荒天のようで、さすがにこの天候で山に入る気にはなりません。岡山でも雪が舞っていて、かなりの寒さです。しかし、明日はすこし回復してくるような感じなので、もしかしたら遠出するかもしれません。なにしろ、今シーズンはまだ雪山に入っていないので、寒さばかりが身に染みる今日この頃です。一度、雪山の厳しい寒さを経験すると体が慣れるのか、その後はそれほど寒さをきついと感じないので、早く雪山に登りに行きたいものです。


というわけで、家でぬくぬくしながら天狗山レポを書き上げたので、さっそくアップしておきます。




IMG_8251_20210109143146ee0.jpg
9:54 天狗山への登り返しは案外あっけなく終わり、不意に目の前に道標が建っているのが見えました。ここが山頂なの? という感じですが、登山道からは道標になにも書いていない状態で見えていたので、山頂ではなく道順を示す道標かと思ったほどです。


IMG_8253_2021010914314942c.jpg
道標のそばまで来ると、西に向いた面に天狗山山頂と書かれていました。なぜ、南からの登山道に向けて書かれていないのか謎ですが、昔は下山路で使う三ツ池方面からの道がメインの登山道として使われていたのかもしれません。


IMG_8252_20210109143148353.jpg
道標の先に、一群の巨岩がありました。これが、かつて米相場の情報を手旗信号で送るための旗振り台として使われた岩なのでしょうか。とはいえ、周囲は高い木々がたくさんあり、周囲から旗が見えるような雰囲気ではありません。昔は瀬戸内沿岸は薪炭用に伐採が進み禿山が多かったらしいので、もっと展望があったのでしょうが、いまではその面影は感じられません。


IMG_8257_20210109143151e81.jpg
岩の上に登ってみても、南方面がわずかに開けているぐらいです。


IMG_8258_20210109143152185.jpg
南東方面も多少展望があり、瀬戸内海の風景が望めました。


IMG_8259_20210109143153dcc.jpg
北も半分ほど展望が得られていましたが、この日は天気がいまいちで、遠くのほうはまったく見えていませんでした。ガイドブックには360度の展望があると書いてありましたが、いったいいつの話だよという感じです。ガイドブックも改訂版を出すときに、ちゃんと登り返して現状を反映するようにしてもらいたいものです。


IMG_8260_202101091431551b5.jpg
天気も今いちで展望もあまりないので、岩に座って休憩することにしました。まだ10時過ぎなので、おなかも減っていないということで、ポットに入れて持ってきたカフェラテだけのドリンク休憩です。いままでは、山専ボトルに入れてきたお湯でその都度作っていましたが、それだと面倒なので、今後は0.35リットルのポットに2杯分を入れて持参することにしました。いちいち作る必要がないし、飲みたいときにすぐに飲めるので便利です。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_8261_202101091431576f1.jpg
10:16 休憩中にトレランの単独男性と男女2人組の登山者が登ってきたので、休憩を終えて下山することにしました。山頂から西へ向かいます。


IMG_8262_20210109143158e0d.jpg
山頂に設置されていた案内板です。山頂から西の三ツ池へ下り、そこから南へ谷沿いに下るルートで下山します。


IMG_8263.jpg
下山路の近くに岩場があったので行ってみると、山頂の巨岩よりも南側の展望は開けていました。


IMG_8264_202101091433335f4.jpg
下山路は背の高い木々の中を縫うように下ります。


IMG_8265_20210109143334706.jpg
途中ロープ場もあったりして、けっこうな激下りでした。2~3度スリップして、1度は手をついてしまったほどで、滑りやすいので要注意です。


IMG_8266_20210109143336654.jpg
軽く登り返したところが三峰越ですが、どこが三峰越なのかわからいないまま通過しました。その先は緩やかな道になるものの、展望はほとんどない退屈な藪道が続きます。


IMG_8268_202101091433370c5.jpg
10:33 二度目の登り返しを登りきると大きな立木のある中峰のピークですが、道標の類は何もありません。


IMG_8269_20210109143339f2a.jpg
中峰からの下りで振り返ると天狗山がきれいに見えていました。


IMG_8270.jpg
下り始めると一瞬展望のいい区間がありましたが、すぐにシダと立ち木のジャングル道のような状態になりました。


IMG_8271_2021010914334263e.jpg
10:42 3度目の登り返しをこなし、道が平坦になって下り始める直前で、道の真ん中に柱状の石が埋め込まれていました。おそらくこの辺りが西峰のピークなのでしょう。あいかわらず、何もないピークです。


IMG_8273_20210109143343f12.jpg
西峰から下っていくと、エメラルドグリーンの溜池が眼下に見えました。あれが三ツ池です。和気アルプスの宗堂池と同じようなきれいな色の溜池です。


IMG_8275_202101091433450ac.jpg
三ツ池に下る途中から、シダのジャングルのような状態になって、しかも結構な下りで地面が見えないので、意外と難儀しました。


IMG_8276.jpg
池の脇に出てからは、池沿いに平坦な道を進みます。


IMG_8277.jpg
10:59 三ツ池の堰堤に着きました。ここには林道が通じているので、右方向に林道が伸びています。


IMG_8278_20210109143611673.jpg
登山道は左折して堰堤上を渡ります。


IMG_8279_202101091436131dc.jpg
三ツ池は、結構透明感のあるきれいな水でした。


IMG_8280.jpg
堰堤の下、右手方向には別の池もあります。


IMG_8281.jpg
堰堤を渡りきると、道は右にカーブし、そのまま下っていきます。


IMG_8282_202101091436173a8.jpg
林道は下の池の堰堤の所で終わりとなります。


IMG_8283.jpg
登山道はここから分岐して下っていきます。


IMG_8284_20210109143620337.jpg
登山道は谷筋の左岸を下っていきますが、大きな1枚岩の上を横切っていたり、木々の中をくぐるように進んだり、けっこう目まぐるしく状況が変わります。


IMG_8285_20210109143622f27.jpg
岩の多い細い渓谷なので、登山道も狭く岩場の多い区間が続きます。


IMG_8286_20210109143623306.jpg
突然大きな露岩のある場所に出ました。岩の上を横切ってロープが張ってあるので、てっきり右岸井渡るのかと思ったら、どうも違うようです。下のほうにもロープが張られていて、そのまま露岩の上を下り、下のほうで再び左岸に戻ります。


IMG_8287_20210109143825303.jpg
不意に大きくて平坦な岩の上に出てきたのですが、その瞬間ぎょっとして足が止まりました。岩の上に鹿の死骸が横たわっていたのです。見た感じ、まだそれほど日にちが経っていないようで、その意味では不幸中の幸いだったかもしれません。そこはかとない死臭を感じながら、急ぎ足でその横を通り過ぎました。


IMG_8288_202101091438269fe.jpg
11:20 用水路沿いの道に出合いました。見た感じ用水路沿いの道を右へ行くのかと思いますが、登山道は用水路を横切って直進します。


IMG_8289.jpg
用水路を越えると、道は渓谷から離れて平坦な歩きやすい道になりました。


IMG_8290_20210109143829023.jpg
11:24 民家のある平地に出てきました。これで登山道は終わりで、この先はアスファルト道歩きになります。


IMG_8291_20210109143831bb3.jpg
川沿いのアスファルト道に出たところで、川を渡って対岸を行く道とアスファルト道と分岐していて、地形図を見るとどちらでも行けて、この先で合流するみたいです。しかし、地形図も100%信用できるとは限らないので、無難にアスファルト道で行くことにしました。


IMG_8292.jpg
地形図を見ながらアスファルト道を15分ほど歩いて、駅の入口まで戻ってきました。道の先に見えるのが、お好み焼きタマちゃんです。


IMG_8293_2021010914383471c.jpg
店舗にも駐車場はありますが、駅の入り口前にも駐車場があり、警備員が立っているほどの盛況ぶりでした。往路はこの駐車場の向こう側を右へ入りました。


IMG_8294.jpg
11:43 寒河駅に戻ってきました。ガイドブックには4時間の行程となっていましたが、実際には3時間15分ほどでした。うまい具合に11時49分の岡山行きがあったので、ほとんど待つこともなく電車に乗ることができました。


展望の山というガイドブックの紹介文に惹かれて登った天狗山でしたが、あいにく今の天狗山はそれほど展望はありませんでした。車の修理が終わったので、今後はJRなどの公共交通機関を使って山に行くことはなくなりそうですが、思っていたよりも面倒くさくなかったし、時間をうまく調整すれば待ち時間もあまり必要なさそうなので、ケースバイケースで使うというのもありだなと思いました。


それよりも、前回、今回含めて、アスファルト道歩きがけっこう長かったのですが、マムート デュカンハイGTXの歩きやすさには感心しました。いままで下山後のアスファルト道歩きは、足裏が痛くなったりして苦痛を感じることがほとんどでしたが、この靴は楽に歩けるし、心なしか足が前に自然に出ていくような感覚もあって、苦痛を感じることはほとんどありません。トレッキングシューズとしては、かなり完成度の高いいい靴です。

map20210103tenguyama.jpg


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング








スポンサーサイト



| 未分類 | 14:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長野県は松川町に来てます

30日17時現在、中央道松川IC近くです。これからあるところに向かいます。さて、松川ICを利用する山とは? 


正解はまた後で。

| 未分類 | 17:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FREETELのプラスワン・マーケティングが民事再生

FREETELブランドでおなじみのプラスワン・マーケティング株式会社が、昨日民事再生法の適用を申請したそうです。


少し前に、通信サービスの部門を楽天に売却して、スマホ本体の開発・製造に専念するということになったわけですが、どうやら資金繰りが悪化して自力再建が無理になったようです。


2016年9月からFREETELのSIMでデータ通信をしているわけですが、このサービスはすでに楽天が引き継いでいるので、個人的になにも影響はありません。しかし、最近たまに接続がよくないことがあり、完全に楽天の運用になるまでは多少不安定な状況があるのかもしれません。データ通信専用のSIMなので、状況がよくなければ他の会社に変更すればいいだけです。とりあえずは、しばらく様子見することにします。


ランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




登山ランキング



| 未分類 | 12:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜叉神峠より

ただいま下山中です。北岳、輝いてます。

| 未分類 | 15:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨晩届いた訃報

昨晩、「訃報」とタイトルがついたメールを受け取りました。3月11日ということで、いったいなんだろうと思いながら開いてみると、学卒で入社した会社の同期会からでした。


まだバブルのなごりが色濃い時期に入社したこともあり、同期は数百人という人数で、同期会と言われても正直ほとんど知らない顔ばかりですが、その訃報にかかれていた名前は見覚えのあるものでした。いや、見覚えがあるというレベルではありません。数多い同期入社の中から、ただ二人同じ部署に配属されたその人の名前でした。


僕は総合職でしたが、彼女は一般職ということで、配属時期は彼女のほうが少し早く、僕が配属されたときにはすっかりなじんでいて、仕事もてきぱきとこなしていました。彼女は僕が配属された課付きの秘書だったので、伝票の処理をはじめ、いろいろなことでお世話になりました。


3年後、僕は配属転換で部署を移動し、勤務先も変わったので、ほとんど会うことはなくなりました。そして、転職したり東京から岡山に戻ったりで、最後に会ったのがいつだったのかすらよく覚えていませんが、なぜか今でも年賀状だけはやり取りしていました。


メールには、10日の朝に病気で亡くなられたとしか書かれていませんでしたが、お酒が好きでちょっと姉御肌の彼女が闘病生活を送っていたなんてまったく思いも寄りませんでした。いったいいつから入院していたのか、どんな病気だったのか、何も知らないまま永眠したという事実だけを知ることになり、とまどいと信じられない気持ちでなにかが胸につかえたような気分です。


彼女にはまだ未成年のお子さんがいたと記憶しています。これからお子さんの成長を見守りながら未来へ夢と希望をつなぐことが楽しみだったはずでしょうから、きっと後ろ髪を引かれる思いだったに違いありません。まだ40代という若さを思うと、残念でなりません。


彼女のご冥福を心よりお祈りいたします。

IMG_5771.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 未分類 | 19:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友の死と果たせなかった約束

”君の掌を
胸の上
さあそっと押し当てて
脈を打つその鼓動
しっかり聴くんだ
どんな悲しみに出会っても
生きてれば何とかなる
負けそうになったら
勇気は左の胸に・・・”


カーラジオから流れてきた歌の詞を聴いたとき、心の奥にしまいこんでいたある出来事が突然よみがえってきました。


記憶の彼方からよみがえってきた出来事とは、苦悩の中で自ら死を選んだ友のことと、彼とかわした約束のことです。


それは、2004年3月のことでした。当時、僕はサラリーマン生活に嫌気がさし、自分の生き方を考え直すため社会人入試制度を利用して2度目の大学生になっていました。もともと文科系だったのですが、環境問題に関心があったことから環境工学を専攻する学部に編入学したのですが、すでに記憶の彼方にとんでいた理数系の教科に苦戦しつつも、なんとか卒業にこぎつけていたところでした。


2度目の学生生活ということで、さすがに合コンだのクラブ活動だのという遊び系のことには縁遠く、大学へは単に講義を聴きに行くだけという感じでしたが、多少なりとも興味のあった国際ボランティアのサークルの催しに顔を出したのがきっかけで、そのサークルに時々参加するようになりました。サークルの主催者でもあったA君は医学部の学生で、医師になって国境なき医師団のような国際ボランティア活動をすることを夢みていたまっすぐな青年でした。


すでに社会人経験をつんでいてわりと物事を冷めた目で見がちなところがあった僕からすると、A君の夢や理想はややもすると青臭いと感じるところもありましたが、その純粋でひたむきな気持ちはまぶしく、うらやましくもありました。


卒業論文の製作に取り掛かるころになるとさすがに忙しくなり、そのサークルに顔を出す機会は少なくなり、2003年の秋になった頃にはすっかり縁遠くなっていました。噂で、A君は米国に短期留学したという話を聞き、夢に向けて着実に努力しているんだなあと感心していました。ところが、その留学が彼のまじめで一途な性格には逆効果だったらしく、留学から戻ってきてからは人が変わったように内向きな性格になってしまったらしいのです。


後から聞いた話ですが、どうも留学先で自信を喪失するような経験をしたらしく、それ以来ふさぎこみがちになったようです。当時はそんなことはまったく知るよしもなく、自分の卒業論文を仕上げるのにいっぱいいっぱいの状況でした。


年が明けて、なんとか期日に間に合うように卒業論文を提出することができ、あとは卒業を待つばかりというのんびりムードのところに突然飛び込んできた悲報。それは、A君が亡くなったというものでした。最初は交通事故かと思ったのですが、実は自ら命を絶ったということで、しばらく彼と会っていなかった僕にとっては、にわかには信じられない話でした。


告別式で、サークルのメンバーから留学後にA君がうつ状態になっていたことを聞き、自分の卒業論文のことだけにかまけていた僕には大きなショックでした。2004年1月に一度彼がなにか悩んでいるという話を聞いて、考えすぎないようにとメールをしたことがありました。その時にはもう気にしないで生活を立て直すという返信をもらっていたので、まじめすぎるがゆえにちょっとしたことを大げさに考えすぎていたのだろうという程度に思っていて、うつ状態になるほど深刻に悩んでいたとはまったく想像もしていませんでした。もしも彼の状況を知っていれば、年上の友人として、彼の悩みを聞き、何らかのアドバイスをすることができていたかもしれません。たいしたことは言えなかったとしても、命を絶つようなことは思いとどまらせることができたかもしれないと思うと、自分の無力さとふがいなさにどうしようもない苛立ちを覚えました。


そのうえ、A君とある約束をしていたことを僕は完全に覚えていなかったのです。当時、僕は巨樹めぐりにはまっていて、樹齢数百年以上の巨樹を探して訪ね歩き、写真を撮っていました。その堂々たる風格や、長い年月を生きてきた生命力に大きな魅力を感じていたのです。自分ではまったく覚えていませんでしたが、その話をどうやらA君にしたようで、彼も興味をもち、一緒に見に行く約束をしたらしいのです。話の流れで安請けあいしてしまったようなのですが、A君はかなり本気で興味を抱いたらしく、サークルのメンバーにその話しをして、連れて行ってもらうのを楽しみにしていると言っていたというのです。


IMG_6304.jpg
A君が深い苦悩にさいなまれていたことを知らなかったばかりか、彼とかわした約束すら覚えていなかったのです。僕は何もできませんでした。彼の悩みをわずかでも軽減してあげることも、彼の悩みを聞いてあげることもできませんでした。あの約束をちゃんと覚えていて、風雪に耐えて数百年、ときには千年以上の年月を生き抜いてきた巨樹にもしも彼が直接触れる機会をつくることができていたら、もしかしたら生きることのすばらしさをもう一度彼に思い出させることができたのかもしれない。思い上がりかもしれませんが、そんな想いがあれ以来ずっと心の奥底にくすぶっています。それは、決して消えることのない火種のようにくすぶり続け、これからも何かのきっかけでときどきぽっと燃え上がるに違いありません。


”そんなに
弱くない弱くない
ホントの君を
知っている知っている
君ならできる
もう一度立ち上がってみようよ

君の掌を
胸の上
さあそっと押し当てて
脈を打つその鼓動
しっかり感じろよ
どんな暗闇に迷っても
生きてれば出口はある
絶望する前に
勇気は左の胸に・・・”
(乃木坂46 「 左胸の勇気 」)


せめて彼にそんな言葉をかけてあげることができていたら、少しは違う結果になっていたのでしょうか。そして、あの約束を果たすことができていたら、彼に違う未来を描かせてあげることができていたのでしょうか。どんなに悔やんでも、もうあの約束を果たすことは決してできません。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| 未分類 | 14:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |